自動車保険を比較するなら

カービックタウン

沖縄の自動車保険料が安いのはなぜ?沖縄に特化した自動車保険を紹介

沖縄は自動車保険が全国で1番安い県として知られています。しかし、実際にはなぜ沖縄の自動車保険が安いのかという正式な理由の発表はなく、はっきりしたことは分かっていません。

そこで今回は沖縄の自動車保険がなぜ安いのか、考えられる理由と、沖縄に特化した自動車保険をご紹介していきます。

沖縄で利用できる沖縄に特化した自動車保険とは

沖縄には全国でも利用できる保険会社も多数存在しますが、ここでは沖縄に特化した保険会社をご紹介していきます。

沖縄県民の自動車保険シェアNo.1の保険会社「大同火災」

沖縄に特化した自動車保険といえば「大同火災」があります。大同火災は沖縄の郷土企業ともいえる損害保険会社で、沖縄県民の自動車保険シェアNo.1を長い間維持しています

    大同火災の自動車保険の基本補償3つ

  • 交通事故を起こしたときに相手方を補償
  • 事故の際に車に乗っていた人を補償
  • 事故に遭って大破してしまった車の補償

加えて、大同火災では運転スタイルに合わせて選べる補償も充実しています。

たとえば、自動セットされる「他車運転補償特約」は、被保険者が契約車ではない他人の車を運転して事故を起こした場合に補償されるものです。そして「被害者救済費用等補償特約」は、車の欠陥やリコール対象車が原因で事故を起こした場合でも補償される特約です。

このほかにもオプション特約として、「事故・故障時代車費用補償特約」「原動機付自転車に関する特約」「弁護士費用等補償特約」「身の回り品補償特約」「旧盆期間中の運転者範囲に関する特約」など、安心・安全の特約を数多く用意しています。

また、各種割引制度も充実しており、「ゴールド免許割引」「運転者限定割引」「新車割引」など10種類、顧客にうれしい割引特典が整備されています。

沖縄の自動車保険が安いのは沖縄料率があるから

沖縄の自動車保険の特徴!沖縄料率とは

沖縄は、自動車保険料を算定するベースとなる「沖縄料率」が低いことでも有名です。

沖縄料率とは、沖縄県における保険料率を示す言葉です。自動車保険料は都道府県ごとに若干違うのですが、沖縄県の場合、本州と比べて平均約20%程度安いとされています。

    沖縄とその他の県との月々の保険料の違い

  • 本州・・・23,400円
  • 沖縄・・・16,780円

条件をまったく同じにして、実際に自動車保険の見積もりをしてみたところ、上記のような結果となり確かに沖縄の保険料は安いことがわかりました。

ここで注意すべきなのは、沖縄料率は実際に沖縄に住んでいる人でなければ、利用できないことです。
本州在住の人が「沖縄県在住」「沖縄ナンバー」などと偽って保険に加入してはいけません。

もし事故が起きても保険金は出ない可能性が高く、むしろ虚偽の申告をした場合、告知義務違反となり契約の解除や補償なしという結末になることもあります。
ですから、沖縄在住と偽って保険料を安く済ませよう、という考えは絶対にやめましょう。

沖縄の自動車保険の加入率は全国で1番低い

沖縄は自動車保険の加入率が53.8%(2017年3月末時点における対人賠償)と、全国で1番低くなっています。

沖縄県は地域住民のつながりが強いため、わざわざ自動車保険金を利用せず、話し合いで解決する傾向にあるようです。
そのため、保険会社側としても沖縄では保険金の支払のリスクがそれほど高くないと考えて保険料を安くしているのか、もしくは任意保険の加入率をふやすために沖縄県の保険料を安くしているのではないかと考えられます。

いずれにせよ、沖縄の保険料率は他県と比べると低いため、運転をする人にとっては保険料が安くなるのでお得といえます。

沖縄に特化した自動車保険会社「大同火災」

ここからは、沖縄におけるおすすめの自動車保険について詳しく紹介していきます。
自動車保険は、補償内容重視か、サービス重視か、保険料重視かによって、選ぶべき保険は変わってくるので、自動車保険を選ぶ際に自分が何を一番重要とするか、選択段階で決めておくことが大切です。

ということで今回は、➀補償内容、➁ロードサービス、➂保険料の3つのポイントから大同火災を見ていきましょう。

大同火災の補償内容

 「相手への補償」「自分・家族・同乗者の補償」「車の補償」という3つの基本補償がしっかりしている点が特徴です。

また、自分の運転スタイルに合わせて特約をオプションとして選ぶことも可能です。
ゴルフ中の事故を補償する「ゴルファー特約」や、自転車事故といった日常で起きるトラブルにも対応する「日常生活賠償責任特約」など、それぞれの家庭で必要不可欠な特約を低価格でつけられることもポイントが高いです。

大同火災のロードサービス

「ゆいゆいサポートDX」という名称で手厚いサービスが補償されています。

ゆいゆいサポートDXには

  • レッカーかけつけサポート(万が一の事故で車を移動させなくてはならないとき)
  • 応急処置かけつけサポート(タイヤのパンクを直すなど軽作業)
  • ガス欠時ガソリンお届けサポート(ガソリンが切れてしまったとき)
  • おくるま故障時相談サポート(急な車の故障を電話対応でアドバイスしてくれる)

といったサービスが含まれています。

また、JAF会員の場合は「JAF+ゆいゆいサポートDX」に加入すれば、トラブル時のサービスをさらに充実させることもできます。

大同火災の保険料

 「ゴールド免許割引」「新車割引」「早期更新割引」などの割引制度が整備されています。衝突被害軽減ブレーキが装備された車や電気自動車に対しては「AEB割引」「エコ割引」が用意されているので、車種によっては何かと特典割引を受けられることが多いでしょう。

沖縄の自動車保険を一括見積もりサイトで比較してみよう

沖縄は、安全運転をする県民が多いとはいえ、万が一のためにも何らかの自動車保険には入っておくべきでしょう。しかし、自動車保険は数が多すぎて、自分の年齢や車の利用頻度に合わせた保険を選ぶのが難しいのは確かです。

そんなときは、自動車保険の一括査定サイトの利用がおすすめです。サイトを利用することにより、自分の運転に合った保険内容がピタリと適合し、損をすることなく自動車保険に加入することができるでしょう。
適切な自動車保険を選ぶためにも一括査定サイトを利用して、いざというときのための補償をしっかりとつけておきましょう。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法