自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険の他車運転特約は条件が細かい!適用される補償範囲まとめ

「他人の車を借りて運転することがあるけど、他車運転特約を使うと損しない?」

他車運転特約とは、友人から借りた車を運転していて事故を起こしてしまった際に、保険金が支払われる制度のことです。
この特約をつけておけば、たとえ友人の車で事故を起こしたとしても、自分の保険で補償がききます。しかし、誰の車までなら補償されるのでしょうか。

ここでは、他車運転特約の特徴や補償範囲を詳しく解説していきます。
    【ポイント】

  • 他車運転特約に加入していれば、他人の車を運転中に事故をしても自分の保険で補償ができる
  • 他車運転特約は保険会社によって自動付帯されている
  • 他車運転特約を適用して複数の保険会社を比較するなら一括見積もりがオススメ

一括見積もりしてみる


自動車保険の他車運転特約とは

他車運転特約とは、記名被保険者が、友人などから借りた車を運転中に交通事故を起こしてしまったとき、記名被保険者の保険から賠償金が支払われるものです。

通常、自分の車を運転中に交通事故に遭って車を壊したり、相手にケガを負わせたりした場合、自分の加入している保険を使って賠償します。
しかし借りた車の場合、車の持ち主の保険を使う必要があるのです。

こうした状況を避けるため、他車運転特約に加入していれば、たとえ他人の車であっても自分の保険で補償をすることができます。

自動車保険の他車運転特約についての補償内容

では、他車運転特約に加入していれば誰の車であっても補償は降りるのでしょうか。
ここでは、他車運転特約の補償内容について具体的に説明します。

他車運転特約の補償適用対象者

他車運転特約の適用対象は、原則「記名被保険者とその家族」です。

つまり、妻や夫の配偶者、子どもや両親といった同居親族、さらに、別居の未婚の子どもが当てはまります。この家族間であれば誰でも、友人や知人の車を借りて運転中に事故を起こしたときに、補償の対象になります。

他車運転特約の補償対象となる事故

他車運転特約の補償対象は次の4つです。

  • 「対人事故」事故によって生じたケガ人を補償
  • 「対物事故」事故によって車や建物などの物を破損した時の補償
  • 「自損事故」自分の運転ミスにより自分自身のケガの補償
  • 「車両事故」事故により車を破損したときの修理代などの補償
    (※車両保険加入済の場合)

しかし、停車中に他人の車からぶつけられたといった場合は、相手側の車の過失となることがほとんどであり、他車運転特約の補償対象にはなりません。

他車運転特約の補償対象となる車種

他車運転特約の対象車種は下記の「自家用8種」と呼ばれる車種に該当する場合に限ります。

  • 自家用乗用車(普通車、小型車、軽四輪車を含む)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用小型貨物車(軽四輪車を含む)
  • 特種用途自動車(キャンピングカー)

一方、対象車にならないものは配偶者や同居の親族が所有している車です。
家族間で使う車とみなされるため、他車運転特約の対象車種にはなりません。

自動車保険の他車運転特約が適用されないケースとは?

他車運転特約には、適用が認められないケースは以下の3つです。

  • 運転しているとき以外の損害
  • 車の所有者の承諾を得ずに運転している場合
  • 被保険者が法人の役員で、法人が所有している車を運転している場合

運転しているとき以外の損害とは、完全に車が止まっている状況で追突された場合などが当てはまります。踏切や信号待ちの追突は運転中になるため、補償されます。
しかし、パーキングエリアに停車中、他人の車から追突されてしまったなどは、加害者側の責任が多いため他車運転特約は適用されません。

車の所有者に承諾をを得ずに運転している場合も補償対象外です。友人の車を黙って運転したときに事故を起こしても、補償はされないので注意しましょう。

保険会社ごとにみる他車運転特約の付帯状況

他車運転特約は、保険会社によって自動付帯されていることもあります。

アクサダイレクト」は、契約車が「自家用8車種」の場合、他車運転特約が自動付帯されています。

ソニー損保」も他車運転特約は自動付帯されています。借りた車を契約車両として補償してくれますが、記名被保険者が「法人の場合」は、この特約は適用されません。

チューリッヒ」は、他車運転特約は特約としてではなく、基本補償である対人賠償保険・対物賠償保険に組み込まれています。自家用普通乗用車などの「自家用5車種」を契約の対象にしていますが、レンタカーでも支払われる保険金が超過する場合は補償してくれます。

自動車保険の他車運転特約を使うと等級は下がる?

他人の車を運転した際に補償される特約ですが、記名被保険者の保険を使うので等級は下がります
つまり、自身の車の事故と考え方は同じです。

一つの事故につき3等級ダウンしますが、事故内容によってはノーカウント事故となることもあります。
ただし、車の持ち主の等級に影響はありません。

自動車保険の他車運転特約についてのまとめ

他車運転特約は、被保険者とその家族が他人の車を運転した際に補償される特約です。

他車運転特約は、保険会社によっては自動付帯されていることも多いため、自分の保険に自動付帯されているのかどうか確認してみましょう。

新たに他車運転特約をつける場合や、他車運転特約をつけたうえで他社と保険料を比較する場合は、5分で簡単にできる一括見積もりがおすすめです。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×