自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険の補償内容を比較!安い保険料で充実したサービスの選び方

「自動車保険の補償はたくさんあるけど、どの補償内容を選んで良いか分からない」
「でも全部つけると保険料上がりそう…」

自動車保険には自分で補償内容を選べる任意保険があります。しかし、よくわからず保険会社に言われるがまま補償をつけてしまうと、保険料がとても高くなるリスクがあります。

一方で、保険料を抑えるために補償内容を削りすぎると、いざという時に補償が受けられないデメリットもあるでしょう。

ここでは、自動車保険への加入を考えている人向けに自動車保険の詳しい補償内容を比較し、選び方のポイントを徹底的に解説します。

自動車保険の補償内容を選ぶときのポイント

自動車保険選びは、何よりも「補償内容をしっかりと理解すること」が大事です。自動車保険には、加入が義務づけられている補償と、自分に合った補償選びが可能な任意保険があります。

多くの任意保険には「対人賠償保険」「搭乗者傷害保険」といったさまざまな補償があり、一見どの保険会社も同じような補償です。

しかし、保険会社によって賠償金に限度があったり、被保険者によって加入できない保険があったりします。つまり、似たように見える補償でも保険会社によって微妙に違うので、複数の保険会社を比較することが大切です。

それでは、自分で選べる補償とはどのようなものがあるのか詳しく見ていきます。

自動車保険の補償内容の種類

加入が義務付けられているのは「自賠責保険」で、補償されるのは事故にあった人のみです。

しかし交通事故を起こした場合、車の修理代、相手の治療費などが必要になってきます。自動車保険ではそうした費用をカバーしてくれる保証がたくさんあります。

対人賠償責任保険

対人賠償責任保険とは、交通事故で相手方の車に乗っていた人や歩行者に対し、ケガをさせたり、死亡させたりしてしまったときに支払われる補償です。

こうした事故は自賠責保険で補償されますが、それだけでは賠償金が足りないケースが多いのです。
対人賠償責任保険は、そうした自賠責保険の補償上限を超えたときに、損害賠償をカバーしてくれる保険です。

対物賠償責任保険

対物賠償責任保険とは、人身事故で他人の物を壊したときに支払われる保険です。
例えば、自分の交通事故で他人の車を大破させてしまったり、店舗の窓ガラスを割ってしまって建物の修復中に本来の営業ができない場合の利益損失を出してしまったりと、他人の物に損害を与えた場合に、保険金が支払われます。

なお、この保険は相手方への補償となるため、自分の物が壊れても補償対象にはなりません。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、自動車事故で運転手や同乗者がケガや死亡といった被害にあったとき、過失割合にかかわらず補償される保険です。歩行中に自動車にひかれてケガをしたときも補償されます。

保険金は、保険会社の基準によって「実損害額」を支払われることが多いでしょう。

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、自動車事故で運転手や同乗者がケガや死亡したときに支払われる保険です。人身傷害補償保険と似ていますが、金額の計算方法や、補償される範囲が違います。

搭乗者傷害保険は、「人身傷害保険で足りない分の上乗せ補償」と考えて良いでしょう。入通院日数や後遺障害の程度などに応じ、保険会社で契約された補償額が支払われます。

自損事故保険

自損事故保険とは、単独の自動車事故で運転手や同乗者がケガや死亡したときに支払われる保険です。
例えば「運転中にうっかり電信柱に激突してしまった」「運転ミスで溝に落ち、その拍子にケガを負ってしまった」といった事故が当てはまります。

基本的に、被害者となる他人がいない自動車事故において支払われることが多いでしょう。

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険とは、自分が被害者になり賠償金を受け取る立場になっても、加害者が自動車保険に入っておらず、損害賠償を受けられないときに補償される保険です。

自動車を運転する人は自賠責保険に加入することが義務付けられていますが、中には保険に全く未加入な悪質ドライバーもいます。
もし、そのような車が加害者となった場合、相手に賠償金の支払い能力がなければ泣き寝入りとなってしまいます。無保険車傷害保険は、そのような加害者に変わって賠償金を支払う制度です。

車両保険

車両保険とは、自動車事故で自分の車が破損したときの修理代を補償してくれる保険です。そのため、新車を持つ人ほど手厚い補償のついた車両保険に入ることが多いでしょう。

車両保険には種類があり、単独事故や当て逃げに対しても補償される保険と、接触事故のみ補償する保険があります。自分の車の車種や年式などを考え、必要な車両保険を選びましょう。

自動車保険でかけておくべき補償内容

自動車保険の補償内容を解説してきましたが、補償内容一つの中にもいくつかの違いがあります。
例えば、対人補償において、保険金が1億円までと制限のあるものから、無制限に支払われるものまで、補償内容に差があるのです。

必要な補償と不必要な補償を見極め、損しない保険にしましょう。

対人・対物補償は無制限

保険会社では、基本補償の保険が決まっており、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「人身傷害補償保険」「無保険車障害保険」の4つは、基本補償としてセットにされています。

これらの保険は、数多くの交通事故において非常に重要となることが多く、1つでも欠けていると事故後の生活に支障をきたすこともあります。

特に、「対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険」は、自分が加害者になってしまったときに心強い保険です。

例えば、自分の運転が原因で死亡事故を起こした際、自賠責保険で支払える金額は3000万円。しかし、死亡事故における賠償金は1億円以上を要求されることが多く、残りの7000万円は自分で用意しなくてはなりません。
そんなときに対人と対物保険に無制限で加入しておけば、賠償金をきちんと支払えます。

交通事故における賠償金は年々増加傾向にあり、数億円以上求められるケースもあります。
万が一自分が交通事故の加害者になったとき、高額損害賠償に耐えられるよう補償額は「無制限」にしておくことが大切です。

運転が不慣れなら自損事故傷害特約をつける

自損事故傷害特約とは、運転ミスによる単独事故をカバーしてくれる保険です。ガードレールや電柱に運転ミスで激突してしまったり、崖から転落したりといった事故が対象です。

このような事故を起こす人は、運転免許を取り立てであったり運転に不慣れな場合だったりすることが多く、こうした事故は自賠責保険では補償されません
そのため、初心者や運転に不慣れな人は、自損事故傷害特約に加入しておいた方が安心です。

新車は車両保険をつける

自分の車が交通事故や運転ミスで大破した場合、「車両保険」に加入しておかないと修理代は補償されません。また、車両保険は交通事故だけでなく、「火災により車に被害が出た」「外部から物が飛んできて傷ついた」というケースも適用されます。

さらに、「盗難により車を紛失した」といった際も、契約時の時価額相当が保証されます。

一方、車の買い替えを考えていたり、多少傷がついても気にしなかったりする場合は、車両保険には入らず保険料を抑えられます。

家族が多いなら個人賠償責任補償特約をつける

個人賠償責任補償特約とは、被保険者またはその家族が日常生活において事故を起こし、損害賠償を負った際に保険金が支払われる特約です。

例えば、過去に高校生の子どもが自転車通学中に事故を起こし、歩行者を死亡させてしまったという事故があり、このとき請求された賠償金額は6000万円以上と言われています。

このように、車の運転以外の日常の事故においても高額賠償が発生することがあります。子どもや家族が多い人は、個人賠償責任補償特約を備えておくと安心です。

自動車保険の補償内容を知らないと思わぬリスクが

自動車保険の補償は、内容があまりわからないままなんとなくつけてしまうと、無駄な保険料を払っていたり本当に必要な補償を受けられなかったりします。

自動車保険の補償内容を正確に把握し、足りない部分は補足するといった行動が重要です。
そして、さまざまな自動車保険会社の補償を比べて最も安い保険を探すには、5分で簡単にできる一括見積もりがおすすめです。

一括見積もりしてみる

自動車保険の補償内容を選ぶポイントまとめ

  • 自動車保険の補償には、加入が義務の補償と任意の補償がある
  • 任意保険は自分に本当に必要な補償を選ぶことで、保険料を節約できる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法