自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険の長期契約メリットとデメリット!等級で損するかも?

自動車保険の長期契約ってどうなの?

自動車保険は1年ごとに更新しなくてはならない、そう考えている人は多いかもしれません。実は、自動車保険によっては「長期契約」ができるものもあります。これにより保険料が安くなったり、毎年行う更新手続きが省けたりといったメリットがあるでしょう。しかし、運転内容によっては長期契約が向いていない人もいます。ここでは、自動車保険の長期契約を考えている人を対象に、長期契約のメリットとデメリット、どのような人が長期契約をすべきかなど、詳しく解説していきます。

自動車保険の長期契約とは2年以上の契約のこと

自動車保険の長期契約とは、保険期間が2年以上ある長期の契約のことです。一般的な自動車保険の契約期間は1年が基本であり、1年毎に更新していきます。

しかし、長期契約では1年以上更新なしで契約することであり、保険会社によっては2年~7年まで契約できるものもあります。

長期契約により、契約時の等級や料率は満期まで適用されるため、保険料が改定されたときでも対応できる制度として注目されているのです。

自動車保険の長期契約のメリット3つ

自動車保険を長期契約にすると、契約更新の手間が省けたりするなどのメリットがあります。1年毎に更新するのと比べると、何かと便利なことが多いようです。では、長期契約のメリットについて詳しくお伝えします。

(1)1年契約より少し保険料が安くなる

自動車保険を長期契約にすると、1年契約よりも少し保険料が安くなる場合があります。まず、1年契約の場合、無事故であれば1年ごとに等級が上がり、保険料は安くなっていきます。

対して、3年契約の場合は3年間無事故であることを前提に1年ごとの保険料を計算するので、3年間の保険料は1年更新の保険料よりも安く感じるでしょう。

例えば、加入時に10等級だった場合は、事故の有無を問わず2年目は11等級になり、3年目には12等級になると仮定し、1年ごとの保険料が決定します。

実際には、3年後には1年更新タイプとさほど変わらないか、数千円程度安くなっていることが多いです。

(2)1年ごとに契約更新しなくてもいい

自動車保険を長期契約にすることにより、毎年の契約更新手続きは不要になります。1年契約の場合は、毎年同じ時期になると、契約内容を見直したり、更新手続きが必要だったりします。

契約更新の手間を面倒に感じる人は、長期契約のほうが便利です。

(3)事故を起こしても契約期間内は等級が変わらない

自動車保険の長期契約は、1年目で事故を起こしても、契約期間年数中は等級が変わらず、保険料も変わりません。

通常、1年契約の場合は等級の変更が1年ごとにあるため、事故を起こしてしまうと翌年には保険料は高くなります。しかし、長期契約の場合には、契約期間中に事故を起こしても、それが反映されるのは3年後の契約時です。

つまり、契約期間内である3年間は保険料が変化しないのが特徴です。ただし、次の契約更新の際には、事故を起こした分等級は下がってしまうので注意しましょう。

自動車保険の長期契約のデメリット4つ

自動車保険の長期契約は、保険料が安くなったり、契約更新の手間がなかったりと、良い点が多いようにも見えます。

しかし、長期契約にはデメリットも存在します。では、そのデメリットについて詳しくお伝えします。。

(1)代理店型の自動車保険しか選べない

長期契約の自動車保険を扱っているのは「代理店型のみ」です。保険料が安いことで有名なダイレクト自動車保険では、長期契約は行っていません。

そのため、ダイレクト型を利用している人が長期契約を望む場合、代理店型自動車保険を選ぶことから始める必要があるでしょう。

(2)事故を起こすと更新のときに一気に保険料が上がる

長期契約の自動車保険は、契約中に事故を起こしても保険料は変わらず、等級も下がることはありません。その代わり、更新が来ると1年更新よりも保険料が一気に上るように感じることが多いでしょう。

例えば、保険契約中に自動車事故を2回起こしてしまい、保険金を2度請求したとします。ただ、契約期間中は保険料が上がらないため、それほど影響はないように思えます。

しかし、契約更新後には2回の保険金請求の影響を受け、保険料が一気に2倍に上がってしまうこともあるのです。そのため、長期契約の方が保険料の値上がりを実感するケースも多いです。

(3)自動車保険の中途解約が面倒

長期契約だと、中途解約が面倒くさいこともあります。まず、長期契約だからといって、中途解約ができないわけではありません。それに伴う違約金なども基本的には発生しないでしょう。

ただし、保険会社を乗り換える場合、多くの保険会社では「始期日ちょうどの乗り換えでない限り対応してくれない」ケースが多いです。

もし長期契約したのが8月1日なら、翌年の8月1日でないと乗り換えができない、といった制約です。自分が自動車保険を乗り換えたいと思った時にすぐ行動できないのは、やはり面倒と言えるでしょう。

(4)乗り換える場合に等級が低くなる可能性がある

長期契約は、自動車保険を乗り換える際に等級が低くなる可能性があります。長期契約は3年契約なら3年間、無事故で過ごせば同じ等級のままで、更新日に等級が上がります。

しかし、保険開始日と同月同日以外に乗り換えてしまうと、低いままの等級になってしまう場合があるのです。つまり、長期契約の途中で解約をすると、等級が据え置かれているため、1年目の等級のままになってしまいます。

例えば、15等級で3年契約をし、無事故で過ごしたら本来であれば16,17級と等級が年々上がるのですが、途中解約すると1年目の等級が据え置かれるため、15等級として次の保険も扱われることになります。

自動車保険の長期契約が向いている人と向いていない人

自動車保険の長期契約が向いている人と向いていない人は、具体的にどのような人でしょうか。

安くなるから、手続きが楽だからといって何も考えずに長期契約をしてしまうと、後悔してしまう人もいるようです。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

自動車保険の長期契約が向いている人

自動車保険の長期契約が向いている人は、「乗り換えの予定がない人」「毎年の更新手続きが面倒だと感じている人」「保険料の支払いを一気に済ませたい人」です。

特に、今の車を長く乗り続ける予定があり、保険内容も満足しているという人は、長期契約を結んでも後悔することは少ないでしょう。

自動車保険の長期契約に向いていない人

自動車保険を長期契約にしたいと考えていても、実は短期契約の方が向いている人もいます。「支払う保険料を安くしたい」と考えているだけならば、1年更新でダイレクト型保険を選んだほうが安くなるケースが多いのです。

長期契約で安くなるのは、ずっと同じ保険会社を利用した場合であり、安くなるのもトータル的に見て数千円程度です。

その点、1年更新毎のダイレクト型は、長期契約ができる代理店型よりも人件費などのコストが抑えられているため、こちらを利用したほうが保険料は安くなることが多いでしょう。

コストの面だけで長期契約を考えているならば、短期契約にして自分に合った自動車保険を選んだ方が良さそうです。

自動車保険会社ごとの長期契約内容と期間の選び方

自動車保険の長期契約は、保険会社ごとに契約内容にも違いがあります。せっかく長期契約をするなら、しっかりとどの保険会社がいいのか判断してから加入することが大切です。

そのためには、まず、保険会社ごとの契約内容についてチェックしてみましょう。

自動車保険会社別にみる契約期間

自動車保険会社ごとの長期契約の期間は次のようになります。まず、「損保ジャパン日本興亜」は3年~7年、「朝日火災海上保険」は3年~6年の長期契約が可能です。

6、7年という長期契約は保険会社の中でも最長であり、しばらく自動車保険を乗り換える気がない人には向いているでしょう。

また、「あいおいニッセイ同和損害保険」は3年、「三井住友海上火災保険」と「共栄火災海上保険」はそれぞれ2年~3年の長期契約となっています。

どの会社も自動車保険としての歴史は古く、実績があります。そのため、長期契約をして数年補償を任せてみるのも良いかもしれません。

自動車保険の契約期間の選び方

自動車保険の長期契約は2~7年と幅広く、どの契約期間が良いのかは人それぞれです。

長期契約を展開している保険会社の多くが3年を目安にしています。初めて長期契約を結ぶ人は、まずはお試し期間として2~3年程度の契約を利用してみても良いでしょう。

また、資金があって一気に支払いたい人や、同じ車にこれから何年も乗り続ける人は、思い切って6~7年の長期契約をしても良さそうです。

毎年の更新手続きから解放され、長期契約割引といった特典を受けることも可能です。

自動車保険の長期契約は要検討

自動車保険の長期契約は、毎年の更新手続きから解放され、契約中は事故を起こしても保険料が上がらないといったメリットがあります。

その一方、更新時には大きく保険料が上がったりするケースもあり、長期契約だからといって一概にお得な保険とは言い切れません。長期契約はメリットもデメリットも存在します。

長期契約をしようかどうか考えているのなら、まずはその自動車保険会社の長期契約におけるデメリットに注目し、自分にとって本当に必要な契約なのかを再確認することが大切です。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法