自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

加入方法別のメリットとデメリットを知り、安い自動車保険に!

通販型(ダイレクト型)の自動車保険の広告をインターネットやテレビ、雑誌などで見かけて気になっている、という方も多いのではないでしょうか。補償内容を詳しく検討する前に、まずは第一歩として加入方法を知る事も大切です。新しく自動車保険への加入を考えている場合は、通販型で加入する方法と、代理店型で加入する方法の違いを知った上で、自分に合った自動車保険に加入しましょう。既に自動車保険に加入している場合でも、必ず更新の時期がやってきます。加入方法別のメリットとデメリットを知る事で、更新時に自分に合った自動車保険を選ぶ事が出来ます。

自動車保険の2つの加入方法、ご存知ですか?

自動車保険には、通販型と代理店型という2つの加入方法があります。

最近では自動車保険も通販型(ダイレクト型)と呼ばれる加入方法が一般的になってきました。
通販型は、損害保険会社と契約者がダイレクトに繋がっています。申込手続きや各種変更手続き、事故受付などは、契約者から損害保険会社へと届け出る必要があります。

そもそも自動車保険は、損害保険会社と契約者の間に代理店が介在していました。自動車販売店や修理工場などの
保険代理店を通して加入する事が一般的で、自動車の購入時・廃車時などと併せて保険の手続きが行われてきました。
通販型と代理店型、どちらにもメリットとデメリットがありますので、次項で詳しく解説していきます。

通販型(ダイレクト型)で加入するメリットとデメリット

通販型の自動車保険は、保険会社と契約者の間に代理店がありません。その点がメリットでもあり、デメリットでもあります。
「代理店手数料が無い為に安い」といった事が宣伝されていますが、代理店手数料とは別に、宣伝広告などの経費に費やされている会社もあり、
保険料はそれぞれ違いますので一概に通販型の方が安いとは言えません。

メリット ・対面での手続きが不要で書面やWeb上、電話などで申込手続きが完了する
・複数の見積が欲しい場合も時間に縛られず見積依頼が可能
・ある程度の自動車保険の知識を持っていれば
自分好みの補償にカスタマイズ出来る
デメリット ・万が一自動車事故に遭った場合基本的に当日は電話やメールでのやり取り
・保険会社と直接やり取りの為、更新時や保険を使う場合などに、
契約者側にも知識がある程度必要
・コールセンターなどで電話での対応時に、不明点を伝えると教えてくれる

代理店型で加入するメリットとデメリット

損害保険会社と契約者の間に代理店が介在するのが代理店型です。代理店にはいくつかの形態があり、
自動車販売と共に代理店として保険募集をしているところや、その他の保険と併せて保険募集を専門で行っているところなどがあります。
以前は通販型よりも見積などが遅い事もありましたが、現在はデジタル化が進められ、パソコンやタブレットなどの端末上で意向に合わせた見積をしてくれる代理店が増えました。

メリット ・自動車の購入や廃車時など適切なタイミングで手続きが出来る
・契約者が失念しがちな補償や手続き、改正事項などを対面で教えてくれる
・基本的に自分の担当者がいる為ある程度お任せできる。
事故時に駆けつけてくれる場合もある。
デメリット ・代理店や担当者によって対応に違いがある。
・通販型よりも対面での手続きが多い為、対応に時間と場所が必要になる
・代理店を通して加入しても対応が通販型とあまり変わらない場合がある

気になる事故時の対応方法

通販型自動車保険の場合は、万が一事故に遭った場合に、電話やメール、スマホアプリなどで契約者から保険会社へ連絡をし、その後の保険会社とのやり取りもしなければなりません。
一方、代理店型は担当者に連絡をすると、後は担当者が出来るだけ行ってくれる場合があります。
しかし、代理店を通した保険加入であっても、通販型と同じように保険会社へ電話などで連絡が必要な時もあります。

どうやって選ぶ?通販型と代理店型

通販型にも代理店型にも、メリットとデメリットがあり、なかなか判断出来ない…といった方の為に、どのような方に、どちらの加入方法がオススメか解説します。

    【通販型自動車保険をおすすめする人】

  • ある程度自動車保険についての知識がある人
  • 自分好みの自動車保険に加入したい人
  • 手続きなどで日中に時間を取るのが難しい人
  • 状況にあった適切な補償内容を選ぶ事が出来る人

コールセンターなどで不明点を解消しながら、カスタマイズして保険に入る事が出来ます。
加入や更新などの際にも自動車保険について正しい知識があると、Web上で短時間で手続きが終わり便利です。

    【代理店型自動車保険をおすすめする人】

  • 自動車保険の内容がなかなか理解出来ない人
  • 自動車保険の補償について学ぶ時間が取れない人
  • 書面やWeb上での手続きに不安がある人
  • 対面での手続きにこだわりたい人
  • 既に加入している人で代理店に不満が無い人

代理店に信用できる担当者がいるなどの保険料以外にメリットを感じて代理店型を選択する方もいます。

安いのか高いのか…判断材料の為に見積依頼をしてみませんか?

既に自動車保険に加入なさっている方で、今の保険料が妥当か知りたい場合や、自動車保険を切り替えたい場合には、自動車保険の一括見積をオススメします。
見積りは必ず保険を切り替えなければならないものではありません。
しかし、見積りをしてみると年間で保険料が随分違う事も多々あります。同じ損害保険会社ばかりではなく、他社のサービスや特約を知ってみることも、大切な事です。

通販型自動車保険の見積依頼時にチェックしておきたいポイント

対面で見積もりをする代理店型と違い、通販型自動車保険に見積をする時にチェックしておくべきポイントがあります。

まずは弁護士費用特約です。保険会社の規模や歴史などで語られることの多い、事故時の交渉能力ですが、保険会社の対応よりも弁護士の対応の方が、より良い交渉結果を得られることも多いのです。
保険料も特約の中では安価なもので、新しい保険会社へ加入する場合には付けておいた方が安心です。加入を検討する前に、是非弁護士費用特約を付けて見積もりしておきましょう。

次に、更新時の取り扱いについてチェックしておきましょう。対面での手続きが基本の代理店型の場合には、
電話などで更新時期を知らせながらアポイントを取ってくれる事が多いのですが、通販型自動車保険の場合は契約者の自己責任で行う必要があります。
万が一、更新手続きを失念した場合の取り扱いがどうなるかは最低限チェックしておきたいポイントです。

まとめ

自動車の販路や、消費者の意向などを考慮しながら、自動車保険の加入方法は多様化してきました。

そもそもはディーラーや修理工場などの代理店が事故時に駆け付けていたのに対抗して、通販型自動車保険のロードサービスが充実したものの、現在では代理店型自動車保険にもロードサービスが付帯しているものがあります。
通販型であっても代理店型に負けないアフターサービスを行っていたり、代理店型でも担当者との関係は希薄な場合もあり、通販型と代理店型の差が無くなってきている事も事実です。

通販型、代理店型のメリット、デメリットについてよく調べた上で、自動車保険に何を求めているかを知ることで、最適な加入方法を選ぶ事が出来ます。
通販型の方が自分には合っていた、代理店型に加入していて不満がある方などは、是非、一括見積サービスを利用してみて下さい。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×