【運転中の閲覧禁止!】スマホのながら運転は本当に危険!

昨今話題になっている運転中の「ながら運転」。警察庁の注意喚起のほか、自動車免許の更新の際にもその説明が徹底されています。ただ、それでもついつい運転中や赤信号の際にさわってしまうスマホ。「ちょっとくらい」「自分は運転がうまいから大丈夫」そんな油断こそが事故のもとです。自動車保険の加入はもちろん大切ですが、事故を起こさない、遭わない、巻き込まないためにも「事故のもとになる」ながら運転がいかに危険なのかについて知って頂けたらと思います。

近年注意喚起が増している、スマホでの「ながら運転」

出典:警察庁「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

警察庁から出されている平成28年の「携帯電話使用等に係る交通事故発生状況」によると、平成28年中の携帯電話の使用等によって発生した交通事故の件数は1,999件と、5年前から約1.6倍。なかでもスマホの画面を見たり操作したりして起きた事故は約2.3倍にまで増えています。

出典:警察庁「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

ちなみに死亡事故に絞ると、27件中17件がスマホの画面を見たり操作したりして起きた事故です。他にも要因はあるかもしれませんが、データ上で見ると、スマホをさわっていなければ、この17件は阻止できた可能性があると言えます。

時速60kmだと2秒で●メートル進むんです!

「でもそれって運転が下手な人だからでしょ?自分は安全運転だし車間距離も十分にとっているから大丈夫だよ」

いま、そう思った方、あなたこそが要注意です。

以下は同じく警察庁のデータです。

出典:警察庁「やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

この表を見ると、時速60kmだと2秒間で33mも進むことがわかります。
流れる車窓の向こうに見える風景を動画で撮ってSNSにUPしたい、スマホのカーナビを調整したい、急ぎのメールが来た…理由は様々あるかと思いますが、この「2秒」は想像よりもあっという間です。

──この2秒の間に、とっていた車間距離が縮まるような事態が前を走る車に起きたら。
──この2秒の間に、歩道から、突然飛び出してきた子どもがいたら。

あなたはそれでも、スマホを見ますか?

一般道でも高速道路でも、ダメ!ながら運転!!

カービックタウンは複雑でわかりにくい自動車保険の仕組みを解説して最適な保険選びを提案していますが、自動車保険はあくまでも「転ばぬ先の杖」だと考えています。
まずは、事故を起こさないことが大切です。
ながら運転をしないことはもちろんのこと、している友人・知人にもしっかり注意するためにも、この動画をぜひ活用してください。

安全運転は「事故のもとを防ぐ」、そして自動車保険で「備え」を

「カービックタウン」は5年前に発足し、世界の車の画像や動画をまとめて発信するサイトとして運営、その後は車関連で自動車保険マイカーローンの情報メディアサイトとして運営しています。
特に自動車保険の情報に注力しており、複雑で分かりにくい自動車保険を解説して最適な保険選びを提案しています。

まずは気軽にアクセスを。
安全運転と自動車保険、両方備えて無事故を心がけましょう。
カービックタウン カービックタウン
https://carbic-town.com/

【関連記事】

最終更新日: