自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

ハイブリッド車や電気自動車なら、エコカー割引を活用

新しく車を購入するにあたり、ハイブリッドカーや電気自動車を検討している人はいませんか? いわゆる「エコカー」と呼ばれる車には、地球環境に優しい、燃費がよいのでお財布にも優しいなどのメリットがあります。 しかし、エコカーのメリットはそれだけではありません。 なんとエコカーで自動車保険を契約すると、割引を受けられるということをご存知でしたか? そこで今回は、知って得するエコカー割引について紹介しましょう。

エコカー割引とはどのようなもの?

エコカー割引の基礎知識(対象となる車両)

エコカー割引とは、電気自動車やハイブリッド自動車を対象とした割引のことです。

損保ジャパン日本興亜の「THE クルマの保険」では、「自家用自動車の電気自動車、ハイブリッド車、または圧縮天然ガス自動車で、契約期間の初日の属する月が初度登録から13ヶ月以内の場合に3%保険料を割り引く」と規定されています。

また、三井ダイレクト損保では、「ハイブリッド車または電気自動車(燃料電池自動車を含む)の場合で、保険始期日の属する月が初度登録年月の翌月から起算して13ヶ月以内の場合に保険料を割り引く」とされています。ちなみに、三井ダイレクト損保では「ECO割引」という名称です。

適用される期間に若干の違いはありますが、ほかの保険会社も同様の規定となっています。これらの規定から読み取れるのは、保険始期と初度登録の期間をベースに考えているということであり、仮に中古車であってもこの規定を満たしているのであれば、エコカー割引が適用されるという点です。

そしてエコカー割引の対象車種ですが、具体的に指定されているわけではありません。そのため、契約前にエコカー対象かどうかを見極めるためには、車検証での表記がどうなっているかを確認する必要があります。

例えば、車検証の項目で原動機の型式という欄にはエンジンの型式が記載されるのですが、電気自動車の場合はモーターが記載され、燃料の欄も電気となります。ハイブリッド車の場合は、エンジンとモーターの2つが併記され、備考欄にハイブリッド車と記載されます。

エコカー割引は、契約者側から「エコカー割引をつけてください!」と申請せずとも、見積もりの段階で型式と初度登録と契約期間が合致していれば適用されるようにシステム手当てされているので、適用が漏れるということはありません。

エコカー割引の割引率や割引額はわずかですが、少しでも自動車保険料が安くなるならそのほうがよいもの。

一方で、そもそもエコカー自体が長距離を走るのに向いておらず、充電スポットが充実していないなどのインフラの面で整っていない面もあるので、この割引をつけたいがためにエコカーを購入するという考え方は現実的ではありません。

そのため、「エコカーを買ったら自動車保険がちょっと安くなったよ、ラッキー♪」くらいの認識でいたほうがよいと思います。

エコカー割引を取り扱っている損保会社

損保会社の多くでエコカー割引を受けられる

それでは、各保険会社のエコカー割引についてもっと詳しく見ていきましょう。

ソニー損保
名称:電気自動車割引
割引額:1,000円
適用条件:次の3つを満たしている場合
自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車のいずれかであること
電気を燃料とし、車検証に電気自動車と記載されていること
保険開始月が初度登録後(または初度検査後)37ヶ月以内であること
あいおいニッセイ同和損保
名称:ECOカー割引(先進環境対策車割引)
割引率:3%
適用条件:自家用自動車の電気自動車、ハイブリッド車、または圧縮天然ガス自動車で、契約期間の初日の属する月が初度登録から13ヶ月以内の場合
チューリッヒ保険
名称:エコカー割引
割引率:明記なし
適用条件:被保険自動車が、「ハイブリッド自動車、電気自動車(燃料電池自動車を含む)、メタノール自動車、天然ガス自動車、自動車重量税および自動車取得税の特例措置の対象となる自動車」のいずれかであること
東京海上日動
名称:Eco割引(ハイブリッド車・電気自動車割引)
割引率:3%
適用条件:自家用自動車の電気自動車、ハイブリッド車、または圧縮天然ガス自動車であることが確認でき、かつ契約期間の初日の属する月が初度登録の翌月から13ヶ月以内の場合

なお、アクサダイレクト(アクサ損害保険)やSBI損保、イーデザイン損保、三井住友海上でもエコカー割引を取り扱っているようですが、HPやパンフレットなどに記載がないため、詳細については不明です。

このように、エコカー割引の有無やその適用条件など、保険会社によって様々であることが分かります。

なお、通販型自動車保険だとエコカー割引がないというわけではないようです。エコカー割引を取り扱っているかどうか、またその割引率がどうなっているか気になるときは、加入したい保険会社のHPやパンフレットの確認、もしくは問い合わせをしましょう。

また、同じエコ関連の割引として、証券を発行しないことで保険料を割引するもの(証券不発行割引)もあります。こちらは通販型自動車保険に多く、利用すると500円ほど保険料が安くなります。ただし、エコカー割引とは全く別のものなので注意しましょう。

エコカーなら税金面で優遇される(自動車税・自動車重量税・自動車取得税)

エコカー減税とはどのようなもの?

さて、これまでエコカーと自動車保険の関わりについて説明してきましたが、改めてエコカー減税とは何なのかを確認してみましょう。

エコカー減税の仕組み

電気自動車やハイブリッド車のように、環境性能に優れた新車の購入を促進するために導入されたのが「エコカー減税」の制度です。

この制度では、一定の燃費基準を満たす対象車(新車)を購入した場合にかかる「自動車取得税」と、適用期間中の新車新規検査の際にかかる「自動車重量税」、そして「自動車税」が減税されます。なお、自動車税が減税となるのは「グリーン化特例」という制度に基づいているので、エコカー減税とは分けて表記されていることがあります。

ただし、車を購入するときにかかる「消費税」については対象外です。

エコカー減税の対象車種

ディーラーのHPを見ると、エコカー減税対象車という案内があります。

エコカー減税対象車を数えてみたところ、トヨタでは59車種、ホンダも35車種ありました。

車に楕円形の青いシールや緑色のシールが貼られていたら、それがエコカー減税対象車の印なので、販売店に行かなくても周囲を見渡せばどんな車なのか確認できるかもしれません。

エコカーの利用体験

私事ですが、仕事で電気自動車を1年ほど運転していた時期があります。やはりエンジンがないので、走行は静かですね。スーッと動き出し、スーッと止まるという感じです。

しかし、問題は冬。エアコンを使うと、電気の使用量が半端ないのです。電気を熱に変えるのには非常にエネルギーがかかるそうで、エアコンをつけると最高120キロ走れるはずなのに、60キロしか走れないという有り様。近所に買い物で行く程度ならよいのですが、仕事の営業先回りなどで使うには向いていないかもしれません。

当時(2012年ごろ)電気自動車は珍しかったので、話のネタにはなったものの、充電スポットは限られているし、急速充電したとしても1時間はかかるという状況でした。

バッテリーの残量によって行動が変わってくるのが、エコカーの宿命ですね。今は性能も上がって走行距離も伸びているし、充電スポットも増えているので、以前よりも利用しやすくなっているとは思います。

車の購入費用だけではなく、保険料も安くしてくれるエコカー。東京都では有料駐車場の駐車料金が安くなるなど、割引の種類が広がりつつあります。

そんなエコカーの保険料を比較するなら、一括見積もりサイトを利用するのが便利。ものの数秒で保険料が分かるので、ぜひ利用してみましょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

平均1.8万も安くなる

×