自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 自動車保険のエコカー割引が気になる!適用車種やおすすめの保険を徹底紹介

自動車保険のエコカー割引が気になる!適用車種やおすすめの保険を徹底紹介

自動車保険を探す中でエコカー割引について見たことはありませんか?同じ内容の保険であっても、エコカーを利用しているだけで保険料が割引になるのです。燃費が良く環境に優しい上に、ガソリン代などのランニングコストを抑えられるエコカーのメリットを最大限生かすためには自動車保険に加入するときにも割引制度を使ったほうがいいでしょう。どういった車種がエコカー割引の対象になるのか、どれくらい割引になるのか、注意点はあるのかなど、エコカー割引について紹介していきます。

すべてのエコカーが対象ではない!?自動車保険のエコカー割引とは

自動車保険のエコカー割引とは、エコカーに乗っている人に対して保険料を割り引く制度です。エコカー割引と聞くとエコカーに乗っている人であれば誰でも割引が使えると思う人がいるかもしれません。

しかし、実際には誰でも使えるわけではないので注意が必要です。エコカー割引の内容は各保険会社の裁量に委ねられています。

したがって、世間一般の認識ではエコカーであっても、保険会社のいうエコカーに該当しなければエコカー割引が適用されませんので注意しましょう。

自分の車は対象?自動車保険のエコカー割引の対象車種を解説

エコカー割引が使える車種としてはハイブリッド車や電気自動車といった低公害車が挙げられます。また、低燃費自動車や低排出ガス車などもエコカー割引の対象です。

該当車種の購入を検討している人はエコカー割引が使える可能性がありますので調べてみるといいでしょう。ただし、エコカー割引の対象車種は保険会社によって異なりますので注意が必要です。

また、エコカーというとエコカー減税をイメージする人がいるかもしれません。ですが、エコカー減税とエコカー割引の対象は一致しない場合があります。

したがって、エコカー減税が適用される車種であっても自動車保険のエコカー割引が必ず適用されるわけではありません。

少しでも自動車保険料が安くなるならそのほうがよいもの。

せっかくお得な割引を利用できる状況なのに適用できないのはもったいない話です。自分の車種がエコカー割引の対象かどうかはしっかりと確認しておきましょう。

自動車保険でエコカー割引を受けるための適用条件とは

自動車保険でエコカー割引を受けるには、該当自動車が保険会社の指定した車種である必要があります。ですが、対象車種だったとしてもエコカー割引が適用されないケースがあるので注意しましょう。

エコカー割引を適用する場合、新車登録日がいつなのかも重視されることが多いです。では、具体的にどういった場合はエコカー割引が適用になるのかを確認しましょう。

新車で購入した場合の自動車保険のエコカー割引は?

エコカー割引の対象となる条件として車種が割引対象に該当しており、かつ新車登録から13カ月以内としている保険会社が多いです。そのため、エコカーを新車で購入した場合はほぼ問題なくエコカー割引が適用できます。

新古車や中古車を購入した場合の自動車保険のエコカー割引は?

新古車や中古車の場合はどうでしょうか。条件は同じなので、新車登録から13カ月以内の対象車種であればエコカー割引が適用されます。ただし、それ以外のケースではエコカー割引を受けられないため注意が必要です。

いつまで自動車保険料が割引になるの?エコカー割引の割引期間

エコカー割引が適用されるのは新車登録日から13カ月以内の自動車とされる場合が多いです。したがって、新しく自動車保険に加入した場合、初回の契約期間のみが割引対象となります。

エコカー割引が適用されている自動車保険を一度更新すると、次からは割引対象外です。エコカー割引は一度適用されたらずっと割引になるわけではないということは覚えておきましょう。

エコカー割引を活用したい!自動車保険会社を選ぶポイント

エコカー割引の内容は各保険会社によってまちまちです。したがって、エコカー割引を活用したいと考えるのであれば、各保険会社の比較が欠かせません。

では、どういった点を比較するといいのでしょうか。自動車保険選びのポイントを紹介していきます。

登録年月の制限

保険会社を比較するためのポイントのひとつが登録年月の制限です。登録年月をエコカー割引の適用条件とする保険会社は多いですが、どれくらいの期間であれば割引するかは保険会社によって扱いが異なります。

新車登録から13カ月以内とする保険会社がありますが、37カ月以内でも割引適用対象とするなど、長い期間が経過していても割引適用対象とする会社もあるのです。

新古車や中古車の購入を考えている人は、後者の保険会社を選択することでお得に自動車保険に加入できます。一度チェックしてみるといいでしょう。

自分の買う車が対象車種に入っているか

世間的にエコカーといわれる車種であってもエコカー割引の対象とならない場合があるため、対象車種の確認は重要です。

保険会社によってはエコカー割引の対象は電気自動車のみという場合がありますが、ハイブリッド車やエタノール車、燃料電池自動車といった車種もエコカー割引の対象に含めている会社もあります。

したがって、自分の買いたい車によっては選ぶべき自動車保険会社が変わってくるのです。自分が購入を検討している車がエコカー割引の対象となっているかはきちんと確認しておきましょう。

割引率はどれくらいか

エコカー割引を適用するとどれくらいお得になるのでしょうか。割引内容についても保険会社によって異なります。

保険料の3~7%を割引する会社があれば、一律金額の割引をかける会社もあるのです。保険会社によって割引率に幅があります。

保険料が高い場合は一律金額の割引よりも保険料の割合で割引を適用してくれる会社を選択するほうがいいでしょう。逆に保険料が低廉な場合は一律の割引を適用したほうがお得な場合があります。

各保険会社の割引内容を確認し、どの会社が一番お得かを比較するといいでしょう。

割引対象となる保険料はどうなっているか

エコカー割引が適用される場合、割引対象は主契約部分のみなのか、それとも特約部分も含めて割引をしてくれるのでしょうか。このポイントも保険会社によって異なってきます。

特約を含むすべての保険料を割引対象とする会社があれば、ファミリーバイク特約などの一部特約は割引対象外とする保険会社もあるのです。

割引対象がどうなっているのかについては保険会社に問い合わせて確認しておくといいでしょう。

エコカー割引がある自動車保険会社

エコカー割引が適用できる自動車保険会社として、まずは損保ジャパン日本興亜が挙げられます。

損保ジャパン日本興亜は電気自動車はもちろんのこと、ハイブリッド自動車や圧縮天然ガス自動車もエコカー割引の対象車種になっています。割引率は一律3%です。

また、マイカー共済の場合は割引率が一律7%と高く設定されています。割引対象車種も電気自動車や天然ガス自動車、メタノール自動車やハイブリッド自動車、液化石油ガス自動車と燃料電池自動車の6車種と豊富です。

さらに、割引期間が無制限というのが他社と比べると有利な条件になっています。そして、ソニー損保のエコカー割引は新古車や中古車を買う人にとって使いやすいです。

電気自動車であることが条件ですが、初度登録後37カ月以内であれば適用可能になっています。割引となる金額は一律1000円です。初度登録から期間が空いている場合、ソニー損保の自動車保険であれば割引が適用しやすくなるでしょう。

まずは見積もりから!自動車保険のエコカー割引を賢く活用しよう

エコカー割引の適用条件や割引額など、内容は保険会社によって千差万別です。また、自動車保険の保険料は走行距離や自動ブレーキなど、さまざまな要素によって決まります。

エコカー割引はあくまでも車種によって利用できる割引のひとつであり、それだけで自動車保険を決めるポイントとなるわけではありません。

せっかくエコカー割引が適用できるのであれば、使える会社に見積もりを出して保険料を計算してみるといいでしょう。同じ保障内容であってもエコカー割引を賢く利用することでお得に自動車保険に加入できます。

まずは自分の車がエコカー割引の適用可能車種かどうかを確認してみるところから始めてみるといいでしょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件