自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車を売る時、査定や見積もりの手続き、その後の入金までにどれくらいの時間がかかるのかご存知ですか?

車を売るとなると最も気にするのはその査定額だと思います。ただし、入金までは1日でも早い方がいいですよね。

またよくあるのが車を早く売りたいがためにあまり他社と比較せずにA社に売却したがその後よく調べたらB社の査定額の方が高くて後悔してる…というケースです。

できるだけ早く車を売りたいのに査定額で損をしてしまっては元も子もないですよね。

この記事ではそのようにならないために車を時間をかけず高額で売るためのおすすめな業者の選び方や入金までの手続きの流れについて紹介していきます。

車を売るまでの流れ

ここからは車を売るまでに必要な手続きを一つ一つ詳しく解説していきます。

車を売ってから入金が完了するまでの大まかな流れは以上のようになります。 1-1買取店を選ぶ 買取店の選定は車を売るうえで最も重要といっても過言ではありません。なぜなら買取店によって買取価格が大きく異なることもあり、下手に決めてしまうと後で損してしまうこともあるためです。そのため買取店の選定自体は大体1~2日程度の時間があれば可能ですができるだけ高い金額で査定を受けたい方は入念に買取店の比較を行う必要があります。 1-2車の査定、価格交渉 買取店を選んだ後には実際に車の査定を行います。査定は自ら車を買取店に持って行き査定を受けるか、業者に家まで来てもらう出張査定が選べる。 その後、業者から査定額が提示されると価格交渉に移ります。価格交渉においては業者はできるだけ安く車を買取りたいため最初は少し安めの金額を提示してきます。そのため自分が希望する価格に近づくまで交渉を粘り強く行うことが大切です。 1-3売買契約 査定金額が決まると売買契約が結ばれます。売買契約とは「車買取店に車を売却します」というものなのでこの契約を結ぶとその後のキャンセルは基本的に不可能です。 1-4必要書類の準備 契約を結んですぐに車を渡すのではなく、所有権の解除などを行うために必要な書類をいくつかそろえなければいけません。書類の中には市役所から取り寄せなければならないものもありスムーズに手続きを進めたい場合は前もって書類を準備をすることをおすすめします。 必要な書類については後ほど詳しく説明します。 1-5車の引き渡し 必要な書類が全部そろった段階で車を引き渡します。 車の引き渡しは1日で終わりますが査定時の状態のまま引き渡したほうが喜ばれるかもしれませんね。 1-6入金 車を引き渡し後、買取店での事務作業が完了すると入金が行われます。入金される期間の目安は3日~1週間程です。 2,必要書類の詳細 ここからは車の売却を行う上で必要になる書類の解説を行っていきます。 必要な書類は大きく分けて8つあります。 1,自動車検査証 2,自動車税納税証明書 3,自賠責保険証明書 4,実印 5,印鑑登録証明書 6,リサイクル券 7,委任状 8,譲渡証明書 サキちゃんの記事の内部リンクを貼る(自動車の書類のやつ) 書類の準備については先ほども説明しましたが、発行までに時間がかかるものもあるため手続きをスムーズに進めるためには前もって書類を準備しておいたほうがよいでしょう。 3,より時間をかけずに高い査定額を受けるにはどうすればいいの? ここまで 3,車を売る手続きの流れについて解説してきましたが、さらに早く車を売る方法はないのかと筆者は独自で調べたところ高額査定サイトを利用することで上記の手続きをより早く簡単に行うことができます。高額査定サイトとは、買取店をいくつも掲載している一括サイトとは違い、あらかじめ車の情報を入力することで高額での可能な会社に絞って紹介してもらえるサービスのことを指します。一括サイトとの大きな違いはランダムに大手の査定業者から何度も査定を受けるのではなく、もっとも高く買い取りを行う業者のみを紹介してくれるため、車を売る際に最も重要な買取店選びをより早く行うことができ、さらに高い査定額を受け取ることができるというものです。 車の売却は査定や手続きなどにどうしても時間がかかる傾向があり、そのうえ時間をかけないようにすると十分な査定額を受けれないまま車を売却してしまうことになります。 高額査定サイトを利用するとより早く高い金額で車を売却することができるため、非常におすすめです。 CTA挿入 この記事では ユーザーインサイト→車を売った後にすぐお金が欲しい

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法