自動車保険を比較するなら

カービックタウン

マイカーローンの仮審査と本審査の違いは?仮審査しないと損する理由

「仮審査と本審査の違いって何?」
「仮審査に落ちたら履歴に残るか心配…」

マイカーローンの仮審査は主に「返済能力」をチェックする簡易的な審査です。
一方、本審査は「情報が正しいか」信用情報などを調べるものです。

マイカーローンの仮審査を利用しないと損する理由は合否が履歴に残らないので、複数社の仮審査をすると一番条件のいいマイカーローンを選べることにあります。
また、事前に合否を知ることができるので審査に自信のない人は仮審査がおすすめです。

この記事では仮審査と本審査の違い、仮審査にかかる日数、仮審査に落ちてしまったときの対処法についてご紹介します。
    本審査と仮審査の違いは

  • 仮審査:返済能力があるかどうかを簡易的にチェックする
  • 本審査:情報が正しいかどうか、信用情報などを詳しく確認する

マイカーローンを申込む

マイカーローンの仮審査って?本審査と何がちがうの?

マイカーローンの仮審査を利用することで事前に自分が審査に通過するのかを調べることができます。

しかし、仮審査を通過したからと言って必ずしも本審査に通過するとは限りません。
仮審査と本審査の違いについて詳しく説明していきます。

マイカーローンの仮審査と本審査の違い

おもな違いは下記になります。

【仮審査と本審査の違い】
仮審査 審査をする機関:借り入れの金融機関
審査の内容:申込時に申告した情報
本審査 審査をする機関:借り入れの金融機関、保証会社がある場合は保証会社
審査の内容:申込者の申告情報、在籍確認、信用情報など

仮審査と本審査での大きな違いは「情報の確認を行う」かどうかになります。

本審査の場合は勤務先への在籍確認や年収を確認するために源泉徴収票の提出を求められます。

また仮審査はその借り入れの金融機関で完結しますが、本審査の際には保証会社の保証が受けられるかどうかの審査も加わります。

マイカーローンの仮審査や事前審査とは?

マイカーローン(自動車ローン)の仮審査や事前審査では主に返済能力を見ます
簡単に言うと「この人は返済できるかどうか」を大まかに見る審査です。

仮審査で見られるのはおもに申し込み時に記入した情報になります。
具体的な内容としては

  • 申し込み情報(名前、年齢、住所、住居種など)
  • 職業
  • 前年度の年収
  • 申込内容(希望借り入れ額、借り入れ期間など)
  • 他社からの借り入れ状況

申込の機関によっては信用情報の確認を行うこともあります。

仮審査の結果が出るまでの期間・日数・時間は?

金融機関によって変わりますが、仮審査はコンピューターが自動で行う金融機関もあり、自社内で完結するのであらかた3営業日長くて7営業日ほどで結果が返ってきます

マイカーローンの仮審査や事前審査は、最短即日回答という金融機関もあります。

本審査とは

マイカーローンの本審査では、情報の確認などを調べます。

仮審査は簡易的なチェックですので、収入や借入状況は自己申告となります

そのため本審査では申告した情報が本当に正しいのかを確認されます。

    【おもに確認される項目】

  • 申告した内容(勤務先や年収など)に間違いがないかの確認
  • 金融事故(滞納・未払い)はないかの確認

本審査の場合、勤務先に電話で在籍確認を行い、「信用情報機関」に照会をかけて信用情報の確認をします。

信用情報とは仮審査時における申込人の現在及び過去の借り入れの返済履歴の健全性です。

過去に支払い遅延や滞納があった場合は審査に通りにくくなります。

マイカーローンの審査に落ちたときはどうすればいいの?審査に落ちたときの対処法

仮審査に通っても本審査で落ちる場合もあります。

本審査で落ちた場合、審査結果が履歴として残ってしまいますので注意が必要です。
ここからは本審査で落ちないための対処法について詳しく説明していきます。

    仮審査に通るための対処法

  • 借入額を減らす
  • 金利が高いディーラーローンにも申し込む
  • 3社~5社は申込む

頭金を増やして借入額を減らす

マイカーローンは借入額が少ない方が審査に通りやすくなります
借入額が少ないと利用者の負担が少なく完済できる確率が高くなるからです。

頭金を用意するための唯一の方法

頭金を少しでも用意できれば、借入金額をおさえることができます。
しかし、何十万の金額はすぐに用意できるものでもありません。

もし、できるだけ早くマイカーローンを申し込みたいならカードローンを利用するのも手です。
カードローンの中には即日で融資をしてくれるところもあり、頭金を早く用意することができます。

【即日で融資してくれるカードローン】
会社名 特徴 詳細
【アイフル】
最大30日間利息0円
最短30分で審査完了
【アコム】
利息は利用日数分だけ
即日融資可能

    【カードローンにはマイナスイメージがある…?】

  • マイカーローンとの違いは金利のみ
  • 借りただけで信用情報に傷がついたりしない
  • 悪質な取り立てをされたりもしない

金利が高いディーラーローンにも申し込む

販売店が提供しているディーラーローンは比較的審査には通りやすいと言われています。

しかし、その分デメリットも存在します。

    【ディーラー系マイカーローンのデメリット】

  • 金利が高い
  • 返済期間が銀行・信販系に比べて短い(最長でも7年)
  • 車の名義が自分ではなく、保証会社or販売店名義になる
  • 車購入時に必要な諸経費は現金払いになる(約20~30万程度)

ディーラーローンの場合、完済するまで車の所有権はディーラー側になります。
そのため、万が一借り入れ者が返済できなくなっても車を担保することによってリスクを最小限に抑えることができるのです。

ディーラーローンを検討する場合はデメリットもしっかり理解した上で検討しましょう。

履歴は残らないので3社~5社は申込む

詳しくは後述しますが、マイカーローンの仮審査を何回もしたからといって審査には影響しません

また、ローン業者ごとに審査基準は変わるので、仮審査に落ちたとしても他のローンの仮審査に通過することがあります。
そのため通過できるマイカーローンを知りたいときは複数のローンに一度に申込をしましょう。

マイカーローンの仮審査・本審査の履歴は残るのか?

仮審査:履歴は残るが結果までは残らない!

仮審査をしたという事実は履歴として残りますが、審査結果までは履歴に残りません
また、仮審査の回数が多いからといって、仮審査を通過できないことはありません。

本審査:履歴も結果も残る

本審査の履歴は審査の結果まですべて残ります。
審査に何回も落ちた履歴があると少なからず他の審査に影響します。

仮審査は何社も受けていいですが、本審査は仮審査を通過した上で慎重に申請しましょう。

マイカーローンの仮審査を複数同時進行しても審査に影響はないのか?

マイカーローンの仮審査や事前審査を複数社で受けても審査には影響しません。
むしろ複数の金融機関を比較検討してみるのは賢い消費者として有効な方策です。

例えば、金融機関でもメガバンク、地方銀行、信用金庫などで微妙に審査基準も違いますので、メガバンクで仮審査がパスしなくても地方銀行ではパスするというのはよくあることです。

マイカーローンの審査に必要な書類は?

仮審査に必要な書類

マイカーローンの仮審査や事前審査において、必要な書類はありません

本審査に必要な書類

マイカーローンの本審査では、大きく分けて次の3つの書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 年収確認書類
  • 資金使途確認書類
  • 所得証明書
  • 自動車の見積書

「年収確認書類」は収入証明書ともいわれており、住民税決定通知書や、会社からの直近の給与明細、源泉徴収票などがそうです。

次に「資金使途確認書類」です。マイカーローンはあくまで車に関する必要経費をサポートするものですから、自動車の注文書や見積書を提示する必要があります。

マイカーローンは仮審査・本審査通過後にキャンセルできる?

マイカーローンの仮審査でも本審査でも通過後にキャンセルできます
あくまで審査は契約の手続きではないのでキャンセルできます。契約においては店頭や銀行などに足を運ぶ必要があります。

審査後にキャンセルできるので他社のローンと比較検討して、好条件の金融機関での借り入れを選択することをおすすめします。

オススメのマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

  • 金利は1.90%~2.85%と低金利!
  • 土日祝も審査可能で迅速回答
  • 保証料は0円!!
  • 最大999万円まで借り入れ可能で最長10年の返済期間が選べる!

マイカーローンを申し込む

×