自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 固定金利のマイカーローン比較!固定金利がオススメな人のポイント3つ

固定金利のマイカーローン比較!固定金利がオススメな人のポイント3つ

「変動金利と固定金利ってどっちがいいの?」
「固定金利のローンはどんなのがある?」
マイカーローンで固定金利と変動金利では約0.25~0.4%の金利の差があります。
どちらにもメリットとデメリットがあり、悩む人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、変動金利型と比べた固定金利型のメリットとデメリットや、固定金利を採用しているマイカーローンの金利比較を紹介します。
    固定金利のメリット

  • 金利の変動がない
  • 近年は変動金利との差が小さい
  • 固定金利がオススメな人

  • 3年以上の返済期間がある
  • 金利変動の心配をしたくない
  • 長期の安定した返済計画をしたい

固定金利のマイカーローン

マイカーローンの返済で固定金利と変動金利どちらがいいの?

固定金利か変動金利のどちらがいいかは状況や判断によりますが、3年以上の返済は固定金利、3年以下の返済は変動金利をおすすめします。

その理由としてまずは、固定金利と変動金利について、「どういったものなのか」「メリット・デメリット」「どういった人に向きやすいタイプなのか」について紹介していきます。

固定金利とは

固定金利とは、契約したときの金利がローン返済中ずっと変わらないタイプの金利を指します。

そのため、返済期間中に経済動向が変化したとしても契約時に決められた金利には影響を及ぼさず、一定金額の返済を続けることができるという性質を持っています。

一方変動金利は景気や市場の金利によって、ローンの金利が変動します。

固定金利のメリット

固定金利のメリットとして、「市場の金利の影響を受けない」「資産の管理がしやすい」の2点があります。

市場の金利の影響を受けない。「金利が高くなるかも…」と余計な心配をしなくていい!

    市場の金利の影響を受けないと

  • 金利が上がっても元の金利のまま返済できる
  • 「金利が高くなるかも…」と余計な心配をしなくていい

まず、経済動向の変化にかかわらず金利が一定であるため、「市場の金利が上昇したとしても返済に影響を受けない」ということが挙げられます。
このため、返済プランが立てやすく市場の金利が上昇しても以前の安い金利のまま返済を続けることができます。

また、金利は変動しないので「余計な心配をしなくていい」こともメリットの一つです。

資産の管理がしやすい

また、返済金額が固定額になるため、「返済計画や資金管理といった点で管理しやすい」こともメリットとして挙げられるでしょう。

近年は変動金利との差が小さい

マイナス金利政策の影響で固定金利と変動金利の差が小さくなりました。
数年前は、変動金利と固定金利の差は1%以上ありましたが、近年は差が小さくなり0.3%ほどにとどまっています。
これは変動金利のデメリットである「金利が高い」が小さくなったと言えます。

固定金利のデメリット

変動金利型と比べると設定金利が高めに設定されていることがデメリットとして挙げられます。
これは、金利の変動リスクを銀行などの金融機関が負担することになっているためです。そのリスク分が上乗せされていると考えたほうがわかりやすいかもしれません。

固定金利がおすすめの人

3年以上の返済期間でしたら固定金利をオススメします。

固定金利型のメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのような人が固定金利型を選ぶと良いのでしょうか。
まず、金利が変わることによって返済総額が増えるのは避けたいと考える人には向きやすいといえるでしょう。

また、3年以上の長期間の返済期間の場合は金利の変動するリスクに長くさらされることになるので固定金利にした方が金利の変動に対して備えやすいといえます。

そして、今後教育費や住宅をはじめとしたライフプランの変化に伴ってさまざまな支払いが想定されるという人にとっても固定金利タイプは向きやすいといえるでしょう。

固定金利で低金利のマイカーローン

変動金利とは

変動金利は契約時の金利がそのときどきの金利情勢によって変動するタイプのものを指します。
したがって、そのときの経済情勢によっては金利が下がって返済額が抑えられる可能性もあれば、金利上昇によって返済額が上昇してしまう可能性もあることが特徴です。

変動金利のメリット

変動金利のメリットとして、まずは「固定金利よりも金利が低いこと」が挙げられます。

これは金利変動リスクを契約者が負担することになるからです。

そして、先述したように金利が下がることによって返済額が当初の予定よりも軽減される可能性があるというのも大きなメリットだといえるでしょう。

変動金利デメリット

  • 金利が上がる可能性がある
  • 返済計画が立てにくい

まず、金利が上がることによって返済額が大きくなる可能性があるというのは大きなデメリットになります。
そして、ローンの返済額が金利情勢の影響を受けて変動するため、返済計画が立てにくいというのも注意が必要なポイントです。

変動金利がおすすめの人

まず、ローンを3年未満の短期間で終える計画の人には向いているといえます。
なぜなら、金利変動のリスクが小さく返済額も安くなるからです。

【マイカーローン】変動金利と固定金利の比較表!金利は何%違う?

各ローンの金利を下記にまとめました。
表をみると固定か変動を選べる機関はでは、固定金利と変動金利の差は5年以下だと0.25%5年以上だと0.4%の金利の下限が違います。

これは、前述したようにマイナス金利政策の影響で固定金利と変動金利の差が小さくなった影響です。
数年前は固定金利と変動金利の差は1%以上ありましたが近年は差が小さくなり0.25%ほどになりました

表を見ると、固定金利で金利が一番安いのは損保ジャパン日本興亜となりました。

損保ジャパンのマイカローンってどう?実は銀行系よりも良い理由4つ

マイカーローンの金利一覧
ローン機関名 金利(年率)
住信SBIネット銀行 ■変動金利
・1.17%~3.97%
東京三菱UFJ銀行 ■変動金利
・1.85%~2.5%
静岡銀行 ■変動金利
・2.4%~5.3%
関西アーバン銀行 ■変動金利
・2.70%~3.80%
■固定金利
・2.95%~4.05%
(5年以内)
・3.10%~4.20%
(5年超)
中央労働金庫 ■変動金利
・2.70%~3.80%
■固定金利
・2.95%~4.05%
(5年以内)
・3.10%~4.20%
(5年超)
損保ジャパン日本興亜 ■固定金利
・1.90%~2.85%
セディナ ■固定金利
・6.4%~8.4%
ホンダ ■固定金利
3.5%前後
日産 ■固定金利
6%前後

ジャパンダ・ネットマイカーローン

固定金利と変動金利で何万円違うの?シミュレーションしてみた

借入額は200万円で5年(60回)の支払い回数で支払う利息がいくらになるかシミュレーションしました。

結果は200万円の借入ですと、約1万~2万の差額がでました
これを高いと評価するかはあなた次第で、前述した固定金利のメリットを見比べながら固定金利か変動金利のどちらかを決めましょう。

金利 利率 支払い利息 変動金利との差額
変動金利 2.7% 140,282円 -
固定金利(5年以内) 2.95% 153,578円 +13,296円
固定金利(5年以内) 3.1% 161,580円 +21,298円

ジャパンダ・ネットマイカーローン

オススメのマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

ジャパンダ・ネットマイカーローン

  • 金利は1.90%~2.85%と低金利!
  • 土日祝も審査可能で迅速回答
  • 保証料は0円!!
  • 最大999万円まで借り入れ可能で最長10年の返済期間が選べる!

マイカーローンを申し込む

×