自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

マイカーローンの申し込み方法

車を買うためにマイカーローンを利用したいと思っている人も多くいます。 ここではマイカーローンの申し込み方法についてご紹介します。

金融機関のマイカーローンを申し込む時期はいつか?

金融機関のマイカーローンを申し込む時期としては、車の価格が決まった後になります。マイカーを買う際に、提携ローンをディーラーで申し込み手続きをする場合は、全部お任せするようになります。

では、金融機関のマイカーローンの場合はどのような方法になるのでしょうか?

マイカーローンを、例えば、ゆうちょ、日立キャピタル、ja、労金などの金融機関に申し込みする際には、車の価格が決まっていなければ申し込みはできません。

そのため、基本的に、車の価格が決まった後のタイミングで申込をするようになります。

商談をいろいろ行って値引きを担当者もしてくれた後で、マイカーローンの審査にやはり受からなかったというような場合はがっかりします。

しかし、例えば、オリコ、京葉銀行、山陰合同銀行、四国銀行などの金融機関のマイカーローンの審査に実際に受からなくても、何とかディーラーの提携ローンで対応してくれたりする場合もあります。

申し込みする方法としては、一般的に、金融機関に価格が書いてある見積書を提出して、審査を受けるというようなものになるため、見積書をまず入手してください。

マイカーローンは未成年でも申し込みできるか?

マイカーローンは未成年で申し込みするのは困難です。18歳で車の免許は取れるため、免許をせっかく取ると、当然ですが、車も欲しくなってきます。

では、マイカーローンは未成年でも申し込みできるのでしょうか?マイカーローンの場合は、契約できる条件があるため、この条件を見ると対象年齢も分かります。

例えば、ネットバンクのローンで高い人気がある住信SBIネット銀行のマイカーローンの場合は、満20歳からの条件になっています。そのため、マイカーローンは未成年で申し込みするのは困難です。

マイカーローンの審査の場合は、勤続年数や勤務スタイルが大切になるため、マイカーローンの申し込みができるようになって申し込みをすぐにしたい場合は、仕事の経験を積み重ねておくのがおすすめです。

しかし、車の免許をせっかく取ったのであるため、やはりマイカーが欲しくなります。では、未成年でもマイカーローンの申し込みをしてマイカーを買うことは本当にできないのでしょうか?

最も一般的なのは、親に相談してマイカーローンの申込書などの必要書類を準備してもらってマイカーを買う方法です。しかし、この方法のデメリットとしては、負担が親にかかるということがあります。

また、運転免許証を取ったすぐ後や乗り始めたすぐ後は、事故も特に多いため、新車を買わないで中古車を購入することをおすすめします。

30万円程度であれば、アルバイトをしてでも貯めることはできます。あるいは、親が使っている自動車を譲ってもらう方法もあります。

では、20歳になるとマイカーローンの申込みがすぐにできるのでしょうか?年齢条件をクリヤーしたということでも実際にはマイカーローンの申し込みをするのは容易ではありません。

マイカーローンの申し込みをするためには審査が信用力についてあるためです。審査の場合は、マイカーローンの申し込みをした人の信用力、返済能力、年収が大切になります。

年収以外に勤続年数も大切です。そのため、20歳の場合は、就職してまだ勤続年数が少ないのでマイカーローンの審査に受かる可能性が低くなります。

では、マイカーを買うのは本当にできないのでしょうか?信用力として自分のものだけでは不十分で、マイカーローンの申し込みができなければ、2つの対応方法があります。

1つ目の対応方法は、保証人を付けるものです。しかし、この方法は、親であれば保証人は問題ありませんが、親以外の家族に保証人をお願いすることはできません。

2つ目の対応方法は、信用力として自分で足りない部分は頭金を資金として準備するものです。

例えば、自分が申し込みできるマイカーローンの融資額が50万円で、100万円の車の価格の場合は、頭金で足りない50万円を準備するというものです。

事前審査をマイカーローンで対応しているのは多くないようですが、対応しているところがあれば事前審査をそこで受けて借り入れできる金額を掴むことができます。

例えば、ネット銀行の住信SBIネット銀行のマイカーローンの場合は、事前審査ができます。

事前審査をいかに受けて、自分の現在の信用情報でどの程度融資してくれるかを予測しても、実際にマイカーローンの審査に受かるかどうかは分かりません。

もしマイカーローンの審査に受かればマイカーを買う、受からなければマイカーを買わないというような考え方でマイカーローンに申し込むこともできます。

マイカーローンは住宅ローンを利用したすぐ後でも申し込みできるか?

住宅ローンを利用したすぐ後に、またマイカーローンを申し込みしても問題は基本的にありません。当然ですが、住宅ローンを利用したすぐ後でも、マイカーローンが必ず利用できるということではありません。

しかし、問題がこれ以外の条件に無ければ問題ありません。一方、マイカーローンの返済がまだ残っている場合は、住宅ローンを利用することが困難になることがあります。

例えば、住宅ローンを利用する場合に、マイカーローンの完済が条件になっていることなどもあるようです。

マイカーローンの返済が別のローンなどと合計すると厳しいことが多くあります。また、マイカーローンを先に利用している場合に、住宅ローンは利用できないのでしょうか?

当然ですが、住宅ローンは利用することができます。しかし、年収に対してマイカーローンの返済比率が大きすぎたりすれば、住宅ローンが利用できない可能性があります。

住宅ローンを利用するために、足かせマイカーローンがなっている場合は、マイカーローンを先に完済する方法があります。

例えば、少し対応としては異常かもしれませんが、マイカーを一旦売却してマイカーローンを完済するような方法もあります。

では、マイカーローンを利用している場合に、住宅ローンが利用できるか事前に確認する方法はあるのでしょうか?

住宅ローンの場合は、年収に対して返済額の割合が何%以内というようにほとんど決まっています。例えば、400万円の年収であれば、返済額の割合は35%以内の場合が多くあります。

400万円の年収の35%の場合は、140万円の年間の返済額になるため、返済額の最高は毎月11万円余りになります。

11万円余りからマイカーローンの毎月の返済額を差し引いた金額が、住宅ローンとして借りられる金額の一つのポイントになります。

返済額の最高が毎月11万円余りの場合、マイカーローンなど返済額が毎月6万円余りとすると約5万円が残ります。

毎月5万円の返済と設定すれば、35年の返済期間、3%の適用金利で借入できる金額は約1300万円になり、返済額のトータルは約2100万円になります。上記金利で計算をすると、相当利息額が大きくなります。

もし、融資利率が2%の固定金利とすれば、借入れできる金額は約1500万円になり、返済額のトータルは少し増えます。

また、11万円の最高額の場合は、借入れできる金額は約2800万円になり、この金額であればある程度の物件を買うこともできます。

マイカーローンの場合も同じように、基本的に、借入金額は年収から返済額を差し引いた残りの額によって決まります。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×