自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

  • マイカーローンは総量規制の対象外!それでも審査に落ちた理由2つ

マイカーローンは総量規制の対象外!それでも審査に落ちた理由2つ

マイカーローンは総量規制の対象になる?
借金があるけど審査に通るか不安…

マイカーローンは総量規制の対象にはなりません。
マイカーローン自体は総量規制の対象外ですが、他社に借入があるという点で審査に落ちる可能性があります。

そこで当サイトでは、他社に借入があってもマイカーローンの審査に通った人や借入が少なくても落ちた人を対象に調査を実施しました。
この記事では、調査内容をもとにマイカーローンの審査に落ちる大きな要因を解説していきます。
    この記事のまとめ

  • マイカーローンは総量規制の対象外!総量規制の対象は消費者金融などの貸金業者のみ
  • 総量規制の上限ギリギリでも審査に通過できる
  • 審査に落ちる理由は借入の金額と滞納状況が影響する

マイカーローンは総量規制の対象なの?

マイカーローンは総量規制の対象ではありません。
総量規制は借り入れ業者からのローンやクレジットカード会社のキャッシングに適応されるもので銀行や住宅ローンやマイカーローンは対象外です。

そもそも総量規制とは?

総量規制とは借入金額が年収の3分の1以上を超えないようにする規制

総量規制とは、消費者金融やクレジット会社などからの借り入れが膨らんで、返済が遅延したり滞納したりする「貸し過ぎ」と「借り過ぎ」を防ぐ措置です。

具体的には、貸金業者が借り入れする人に融資する際、融資額が年収の3分の1を超えないように規制し、個人の借り入れ年間返済額の軽減を図ろうとしたのです。
例えば、年収が300万円だとすると100万円以上の借入総額を超えることはできません。

また、返済能力のチェックのために、1社で50万円または他社借入額と合わせて100万円超の貸付の場合、源泉徴収票などの収入証明書の提示が必要となりました。

対象外のローン

対象外となるローンは、マイカーローンや住宅ローン、リフォームローンなどです。

また、クレジットカードでの分割払いショッピングや携帯電話の割賦購入なども対象外となります。例えば下記のような借り入れは対象外です。

    総量規制対象外の借入

  • 銀行、JAバンク、信用金庫、郵便局からの借り入れ
  • 有価証券担保の借入
  • 高額療養費の貸付け

対象のローン

対象となるのは、貸金業者からのローンやクレジットカードのキャッシングによる借り入れとなります。

さらに、個人事業者の場合は、事業資金として利用する手形割引なども対象外ですが、確定申告の控えや事業計画、収支計画などのエビデンス(確認書類)を求められることがあります。

貸金業者とは?

貸金業者とは、登録制となっていて、総理大臣または知事の認可を受けたうえで、貸金業務取扱主任者の配置が必須条件となっています。

具体的には、消費者金融業者やクレジット会社やリース会社などを指します。

消費者金融会社

消費者金融会社は、アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融業者から地元の中小消費者金融業者まで数多く存在しています。

    大手消費者金融の例

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • ダイレクトワン

現在多くの大手消費者金融業者がメガバンク(大手銀行)と提携して、その傘下となっています。

たとえば、三菱東京UFJ銀行はアコムとの提携後、「バンクイック」という名称のカードローンを積極的に販売していますが、アコムの保証付きですので、実質は大手消費者金融業者「アコム」のカードローンです。

事業者金融会社

事業者金融会社は、セゾンファンデックス・ビジネスパートナー・ビジネクストなどの業者のことです。
主に、中小零細企業や個人事業者などに、商業手形割引や手形貸付といった融資形態で、比較的少額の事業資金を融資する貸金業者です。

「商工ローン」とか「ビジネスローン」と言った呼称もあります。
中小零細企業や個人事業者が、当座の運転資金に困った時に駆け込むイメージで、金利は銀行系の融資よりも非常に割高です。

クレジット会社(信販会社)・キャッシング会社

クレジット会社(信販会社)は、クレディセゾン・オリエントコーポレーション(オリコ)・三菱UFJニコス(銀行系信販会社)などの業者のことです。

文字通り、クレジットカードの発行を主業務とし、そのクレジットカードで割賦販売によるショッピングやキャッシングによる借入などができます。

最近では、クレジット会社(信販会社)毎に、熾烈なクレジットカード発行競争を展開していて、様々なインセンティブ(ポイントや割引等)を付与しています。

ディーラー系のマイカーローンを利用する際、このクレジット会社(信販会社)のローンで融資を受けることになります。

銀行は貸金業者じゃないの?

メガバンク(大手銀行)・地方銀行・信用金庫・信用組合・日本郵便・JA(農協)・保険会社などに分類される金融機関は、総量規制の対象外です。

このような金融機関でも、カードローンやキャッシングのできるクレジットカードなどを取り扱いしていますが、「返済比率」の概念を以前から採用しているので対象外となっています。

また、証券会社や投資運用会社なども、総量規制の対象外です。

500万円超が総量規制の対象外で、500万円以下の場合は
「金融商品取引法」という別の法律となり、総量規制の対象ではありません。

総量規制はマイカーローンにどれくらい影響するの?

総量規制の影響は小さいです。
総量規制の上限に達していてもマイカーローンを借りることができますが、審査の際に影響が出ることがあります。

マイカーローン審査でみられる要素は利用者の年収・返済能力・返済負担比率などの信用情報

マイカーローンの主な審査基準は下記の項目です。

  • 年収
  • 年齢
  • 他の借り入れ状況
  • 雇用形態
  • 個人信用情報
  • 年間返済比率

年収や雇用形態、他の借り入れ状況などから総合的に返済能力が算出され審査が下ります。
一般的に安定した職業の人が通りやすくなり、年収が多くても個人事業主は通りにくい場合があります。

自動車購入時に総量規制の利用限度に達していなくても審査に落ちる可能性がある

マイカーローンの審査基準に「他の借り入れ状況」とあり、キャッシングなどで滞納があると信用が低いとみなされ審査に通りずらくなります。

借入があっても審査に通る?利用者の調査と落ちる理由

銀行審査の重要な要素である返済比率とは?

マイカーローン利用者の例を見る前に審査の重要ポイントである返済比率について解説します。
銀行審査は年収や年齢など様々なポイントがありますがその中でも返済比率の重要度は高いと言われています。
返済比率とは一年間の返済額の年収における割合のことで下記の式で表されます。

返済比率(%)=一年間の返済額÷税込み年収×100

年収が600万円だとして、月々の返済額が5万円だとします。年の返済額は60万円=5万円×12ヵ月となり、
返済比率は10%=60万円(年間返済額)÷600万(年収)×100となります。

返済比率は低ければ低いほど審査に通りやすくなり一般的に返済比率はが30%を超えるとローンの審査に通りにくくなります。

総量規制の上限に達していても審査に通った例

銀行系マイカーローン

35歳女性
審査にはそれほど時間もかからず1時間くらいで完了した。
審査 通過
他の借入 アリ

マイカーローン申し込み時にあった他の借入
借入の種類:カードローン・キャッシング
借入機関:セディナカード
マイカーローン申し込み時の借入残高:120万円
支払い回数:84回

雇用形態 会社員
年収 360万
車の値段 120万
マイカーローンの希望借入額 120万円
金利 3.6%
未納・未払い なし
勤続年数 2年10か月
世帯人数 1人
保証人 なし
実際(査定後)の借入額 120万円
支払い回数 36回

解説
こちらはカードローン・キャッシングが総量規制ギリギリでも、審査に通過した人の例です。
金利が低めの銀行系のマイカーローンにしては金利が高めになっていますね。おそらくカードローンの借入が多い影響でしょう。
総量規制ギリギリですが、住宅ローンなど他の借入がなくマイカーローン借入後の返済比率を計算してみると16%ほどです。返済比率は35%が上限と言われているので16%は大丈夫なラインです。
安定した収入もあることで審査に通過したのではないでしょうか。

高額のローンがあっても審査に通った例

銀行系マイカーローン

35歳女性
3000万の住宅ローン+30万のカードローンがあっても審査に通った
審査 通過
他の借入 アリ

マイカーローン申し込み時にあった他の借入
借入の種類:住宅ローン
借入機関:京都銀行
借入額: 3,000万円
マイカーローン申し込み時の借入残高:1,000万円
支払い回数: 360回

借入の種類:カードローン
借入機関:京都銀行
借入額: 30万円

マイカーローン申し込み時の借入残高:10万円
支払い回数:30回

雇用形態 会社員
年収 800万
車の値段 250万円
マイカーローンの希望借入額 250万円
金利 2.2%
未納・未払い なし
勤続年数 28年
世帯人数 5人
保証人 なし
実際(査定後)の借入額 250万円
支払い回数 120回

解説
こちらの男性は借り入れ額が1000万を超えており、総量規制対象のカードローンを借りていますが審査に通過した例です。
借入額は多いですが、マイカーローン借入後の返済比率を計算してみると17%ほどになりました。17%は適正なラインです。
借入はありますが勤続年数も長く、年収も高いので審査に通過したのだと思います。

借入額は少なくても審査に落ちた例

ディーラー系マイカーローン

20歳男性
返済比率は低かったが滞納や未払いがあり審査に落ちた
審査 落ちた
他の借入 アリ

マイカーローン申し込み時にあった他の借入
借入の種類:カードローン
借入機関:アコム
借入額: 40万円
マイカーローン申し込み時の借入残高:20万円
支払い回数: 36回
・未払いが数回アリ

雇用形態 会社員
年収 300万
車の値段 180万円
マイカーローンの希望借入額 180万円
金利
未納・未払い あり
勤続年数 4年
世帯人数 1人
保証人
実際(査定後)の借入額 0万円
支払い回数

解説
未払い経験があったので審査に通らなかった例です。
返済比率はは年収300万に対して40万円の36回払いと低くなっていますが、未払いの影響は大きいようです。

結論!審査に落ちる理由|借入があっても審査に通る人はこんな人

    審査に落ちる大きな理由

  • 信用状態に問題がある(未払い・滞納がない)
  • 年間返済比率が30%を超えている

結論:滞納・未納がなく、返済比率が低かったら銀行系でも審査に通る!

おすすめのマイカーローンはどこ?

おすすめのマイカーローンはどこでしょうか。比較してご紹介します。

銀行系のマイカーローンでの借り入れ

ズバリ!! 三菱東京UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」をおすすめします。

銀行系のマイカーローンは、ディーラー系のマイカーローンよりも金利が安く、車の所有権が顧客自身となります。また、新車、中古車を問わず同じ金利で、割安感満載です。

最近では、インターネットによる申し込みで、手続きもスピードアップされていて、その利便性は向上してきています。

特に、三菱東京UFJ銀行は銀行業界のリーディングカンパニーとして、その知名度は抜群で、経営基盤も非常に安定していて安心感があります。

さらに、消費者金融や信販会社のマイカーローンだとチョット格好悪いけど、同じマイカーローンでもメガバンク(大手都市銀行)のマイカーローンだと「あんな大きい銀行と取引できるのはずいぶん信用があるね!」「たくさん預金しているの?」とか勝手に思ってもらえます。

反面、マイカーローンを利用するには、一定の条件をクリアする必要があり、そのためのエビデンス(確認書類)を揃えないといけません。

それでは、その三菱東京UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」の商品概要をまとめてみましたので、ご覧ください。

    <審査基準>

  • 満20歳以上、完済時に満70歳
  • 年収200万円以上(年金収入だけは対象外)
  • 勤続年数1年以上
  • 保証会社の審査をクリア(保証人不要)
  • 今回の自動車購入費用を他の金融業者から借入れしていない
  • パソコンのEmailを所持(携帯電話のEmailは不可)
    <借入額>

  • 50万円以上(1万円単位)
  • 利用限度額は1,000万円

  • <借入利率>

  • 変動金利2.5%(500万円以内)
  • なお、500万円超だと変動金利1.85%とさらにお得
  • <借入期間>

  • 6ヶ月以上10年以内(1ヶ月単位)
  • <返済方法>

  • 元利均等返済(ボーナス併用可)
  • <資金使途>

  • 自動車・バイク購入費用及びカーナビなどのオプション費用

  • <繰り上げ返済手数料>

  • 5,400円(ただし、インターネット返済は無料)

  • <担保・保証料>

  • 不要
  • <必要書類>

  • 見積書または契約書のコピー
  • 収入証明書のコピー(借入額200万円超の場合)

ディーラー系のマイカーローンでの借り入れ

次に、ディーラー系のマイカーローンですが、ディーラーごとに提携している信販会社があって、基本的には各ディーラーを通じてその信販会社のマイカーローンを利用することになります。

なんといっても、ディーラーの担当者に任せておけば手続きは非常に簡単で、審査も契約時にアッという間に終わります。

ディーラー系のマイカーローンからは、若い世代に絶大なる人気のあるHONDAのマイカーローンを取り上げてみましょう。

HONDAのマイカーローンの特徴は、若い世代も利用しやすい方法が用意されていま
す。

たとえば、20歳未満の申込者でも、親権者の同意書類と連帯保証があれば手続きが可能です。

また、返済額も最低3,000円の少額返済から可能で、その返済方法も金額指定・回数指定・一括等払い・不均等払いからの選択制で、大変フレキシブルな対応です。

それでは、HONDAのマイカーローンの商品概要をまとめてみましょう。

    <必要書類>

  • 運転免許証
  • 印鑑
  • ※収入証明書や印鑑証明書は原則不要

    <借入額>

  • 1万円以上
  • <借入利率>

  • 変動金利3.5%(全国一律)
  • <借入期間>

  • 最大84回払い(新車の場合)
  • ※なお、中古車の場合は最大72回払い

    <返済方法>

  • 金額指定・回数指定・一括等払い・不均等払いから選択
  • 月返済額は3,000円からでリーズナブル
  • <資金使途>
     

  • 自動車(含中古車)購入費用及び車検・修理・備品などの費用
  • <繰り上げ返済手数料>

  • 無料
  • <担保・保証料>

  • 不要

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×