自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を売るけどスペアキーをなくしちゃった……
新しく作ってもらわないと査定額を下げられるの?

スペアキーをなくしてしまった方は査定額を下げられないか心配ですよね。

ほとんどの場合、スペアキーをなくしても査定額に影響が出ることはありません

例外として、なくしたスペアキーがイモビライザーなどの作成が難しいカギの場合、査定額は大幅に下げられてしまいます

なので、イモビライザーなどの作成が難しいカギをなくした場合は、ディーラーで再作成してもらうことをおすすめします。

この記事で車を売る際のスペアキーの有無についての疑問をなくしましょう。

    ≪車を売るときにスペアキーがない場合≫
  • スペアキーがなくても車を売ることができる
  • ほとんどの場合、スペアキーがないことで査定額を大幅に下げられることはない
  • 例外としてイモビライザーなどの特殊なカギは査定額が下げられやすい

車を売る際にスペアキーは必要?査定額への影響は?

車を売ろうとしたときにスペアキーがないと不安ですよね。

また査定額に影響を与えないかどうかも気になります。

ここでは、スペアキーの有無は車を売る際にどのような影響を与えるのかについて解説していきます。

スペアキーをなくしてしまった場合の対処法2つを紹介

スペアキーをなくしてしまった場合、対処法は2つあります。

対処法の1つ目は、スペアキーがないまま車を売る方法です。

スペアキーがなくても車を売ることはできます。

車の価値は車本体にあり、スペアキーにあるわけではないからです。

スペアキーは通常は買取時に渡します。

しかしスペアキーをなくしてしまった場合は、買取業者の人に必要かどうかを確かめましょう。

買取業者が問題ないと判断すれば、スペアキーに関して悩む必要はありません。

対処法の2つ目は、カギを再発行する方法です。

スペアキーがなくても車を売ることはできる場合がほとんどですが、買い取り業者の人にスペアキーが必要といわれた場合は、カギを再作成しスペアキーを用意しましょう。

スペアキーを業者の人に渡したくなくても渡すほうがよい

スペアキーを持っていても業者に渡したくない人もいるでしょう。

たとえば、その車を持っていた記念としてスペアキーを自分の手元に取っておきたいという人もいるかもしれません。

スペアキーを渡さずに保有しておくことは一応可能となっています。

しかし、基本的に買い取りに出す際にはスペアキーを業者の人に渡したほうがよいと言えます。

自分の車が中古車として売れた際に、他の人の車のキーを自分が持っている事態となってしまうため、買取価格が安くなってしまうデメリットもあるからです。

賃貸物件の退去時にカギをなくした場合は弁償しますが、これは単にカギの数を元どおりに合わせるという意味だけではなく、次の入居者に安心感を与えるためでもあります。

車でも同じく、誰かがカギを持っているとしたら100%安心して乗ることは難しくなるでしょう。

カギというものは、基本的にそれほど重要なものなのです。

スペアキーがなくても査定額が低くなることはほぼない

スペアキーの有無が査定額にどのくらい影響を与えるのでしょうか。

もしもスペアキーがないことで大幅に減額されるのなら、カギ屋で新たにスペアキーを作ったほうがお得になるかもしれません。

基本的にJAAI(一般財団法人日本中古車査定協会)の取り決めでは、スペアキーがないと20点分が査定で減点されます。

これは金額にして2万円(1点=1000円)の減額です。

しかし、実際の買取現場ではJAAIの取り決めはほとんど採用していないので安心してください。

そのため、スペアキーがなくても査定額が大幅に下げられてしまうことはほとんどありません。

ただし例外として、カギの種類によっては査定額に大きな影響を与えるものもあります。

特に、イモビライザー付きのリモコンキーの場合は、査定額を大幅に下げられる恐れがあるので注意が必要です。

イモビライザーは専用キー以外でエンジンがかからないという盗難防止のシステムであり、一般的なシリンダータイプのカギとは大きく異なります。

このような特殊なカギではスペアキーを作るのに通常の10倍くらいの値段がかかるため、その分買取時の価格が下がる恐れがあるのです。

新しくスペアキーを作りたい場合の依頼先や費用を紹介

車を買い取ってもらうとき以外にも、スペアキーをなくしたら新しく作成したいと考えるでしょう。

そこで、新しくスペアキーを作りたい場合はどこへ行けば良いのか、また価格はどのくらいが相場なのかについて解説していきます。

スペアキーの依頼先2つを詳しく解説

スペアキーを作る場合の依頼先は大きく分けて2つあります。

1つ目の依頼先は、ディーラーです。

ディーラーであれば純正品からスペアキーを作れるというメリットがあります。

またディーラーだと担当者に相談しやすく、スムーズにカギの作成が行うことができます。

作成が難しいイモビライザーなどの特殊なカギは、ディーラーで再発行することをおすすめします。

しかし、ディーラーはコストが高いというデメリットもあります。

2つ目の依頼先は、カー用品店ホームセンターカギ屋などがあります。

これらのお店は生活圏にあるため、スペアキーを作成したいときに足を運びやすいでしょう。

またディーラーに比べてコストが安いため、コストが気になるという方はカー用品店やホームセンター、カギ屋に行かれることをおすすめします。

スペアキーの再作成の主な費用を依頼先別に紹介

ディーラーでスペアキーを作成してもらう場合、およそ3000円〜4000円くらいが目安です。

ただし、キーレスやスマートキー、イモビライザーなどの複雑なカギをディーラーで作成してもらった場合は、1万5000~2万円くらいかかる場合もあります。

カー用品の取扱店で作成してもらう場合は、イモビライザーなどの特殊なものでない場合、500円くらいのワンコインでできることもあります。

スペアキー作成時間も個々の状況によるもののおよそ10分程度なので、それほど待つ必要がないのも魅力です。

また、ホームセンターカギ屋で作成してもらう場合は、カー用品展よりも安い値段で作成できる場合があります。

一般的なシリンダキーで良いなら1本300円くらいでできることもあるので、より一層コストを抑えられます。

カギの作成コストで気をつけておきたいのは、外車のスペアキーです。

これらは国産車の10倍以上の価格となることも珍しくなく、かなり値段が高くつくので注意が必要です。

スペアキー付きの車を売るときに抑えるべきポイント3つ

スペアキー付きの車を売るときに知っておきたいポイントがあります。

車は下取りではなく、買い取りしてくれるところを選ぶことが重要です。

理由は、買い取りのほうが査定額が高値になる可能性が高いためです。

下取りを行う業者はどちらかというと新車を販売しているところが多く、中古車の買い取りにはそれほど力を入れていません。

逆に、買い取りを専門的に行っている業者では中古車がビジネスに必要不可欠なため、他店より少しでも高く買い取ろうと考えます。

また、オプション付きの車の場合は、プラス査定になることもあるので担当者に伝えておきましょう。

カーナビオーディオアルミホイールなどがオプションの代表例です。

さらに、査定時に車の印象を良くするため、なるべく車の内外をきれいにしておくことも重要です。シートやマットに掃除機をかけたり、洗車で泥汚れを落としたりしましょう。

ちょっとした工夫や気遣いで、車の値段が高くなる可能性は高いです。

車を売る際には「車査定・買取の窓口」がおすすめ!

スペアキーがなくても車を売ることは可能ですが、もしなくしてしまっても査定額をそこまで減額されることはありません。

そのためスペアキーがないからとわざわざスペアキーを作ってから車を売りに行く必要はありません

また車を売る際は一括査定サイトのように、複数の買取業者から電話がかかってくるようなところを利用することがあるかもしれません。

その際には、1番高い査定額を出してくれた業者を選び、スペアキーについて事前に電話で尋ねておくことをおすすめします。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介