自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車 売る 何年目
車を売るのは何年目がベスト?
車を長く使いたいけど、査定額も高くしたい!

車を長く使うほど車検代に費用を費やし、査定額も低くなってしまいます。

しかし、査定額が高いために車を早く売ってしまうのはもったいないですよね。

車検代や査定額、車の性能などを総合的に考慮した結果いつ売るのが良いかご存知ですか?

車の所有者の状況や考え方によって何年目に売るのが良いかは異なります。

このサイトを読むことで自分は何年目に車を売るのがよいかを検討してみてください。

車を売るのは3年目か5年目がいい!この時期のメリット

車を売るときに考慮すべきことは 車検を受ける時期です。

1回目の車検は、新車登録してから3年目です。

その車検を受けた後、2年ごとに車検を受けなければなりません。

車検を受けるのはとても高額の費用がかかってしまいます。

しかし、車検を受ける前に車を売ることで車検代の負担をなくすことができます。

そのため車を売るかを決めるタイミングは、新車登録から3年目かその2年年後の5年目、さらに2年後の7年目が一般的に多いです。

車を売る目安として最適な年数は3年目5年目です。

この2つが大きな節目となるタイミングなので、車を売るときはできるだけ3年目か5年目に売却しましょう。

逆に、7年目以降は買取価格がぐっと下がります

なぜ3年目と5年目が節目となるのか、それぞれの理由について解説していきます。

自分を何年目に売るべきかを検討してみましょう。

3年目に車を売るメリット2つを詳しく紹介

3年目は、新車登録から1回目の車検のタイミングです。

3年目の車検の前に車を売るメリットを2つ挙げていきます。

1点目は、車検の前に車を売ることで、高額な車検代を払う必要がなくなることです。

2点目は、査定額は新車購入からの年数が経つほど低くなるため査定額が高いにも関わらず、高額な車検代を払うことなく最大限に車を使える時期であることです。

購入してからすぐ車を売るという訳ではなく、車検まで最大限に使うことができることを考慮した場合、3年目は良い時期だと言えます。

また、持っている車が査定額が高くなりやすい人気がある車種である場合や、ローンでなく現金で車を購入している場合は査定額が高くなりやすいためチェックしてみましょう。

5年目に売るメリット3つを詳しく紹介

5年目は、1回目の車検が終わって2回目の車検の時期となります。

また、購入時に60回のローンを組んでいる場合はちょうど支払いが終わるタイミングです。

5年目に車を売るメリットは2つ挙げられます。

まず、1つ目が車の維持費やメンテナンス費用の負担が増えにくいということです。

車は年数が経てば経つほど、どこかに異常が出てしまいメンテナンス費用がかさんでしまいます。

例えば、車のタイヤであれば溝が1.6㎜以下になるとスリップする危険があるので買い替えなければなりません。

タイヤの消費期限は4〜5年と言われているので、車を売るタイミングとしてはちょうどいいと言えます。

車のメンテナンス費用は基本的に高額なのでその点も念頭に置いておくと良いでしょう。

次に2つ目は、5年目は走行距離が5万㎞前後になる時期であり、車を売るか考える節目の時期であるからです。

日本自動車査定協会の査定方式では、走行距離が5万kmを超えると査定額が低くなるとされています。

一般的に車の走行距離は1年で1万㎞と言われているため、5年目は走行距離が5万㎞を超えるか超えないくらいの節目になります。

自分の車の走行距離距離を念頭に置いた上で少しでも査定額を高くしたいとお考えの方は5年目で車を売ることをおすすめします。

最後に3つ目は2回目の車検代を払わず査定額も比較的高くなりやすい時期であることです。

車の高額な車検代を負担することを避けることができ、3年目に車を売るのは早いと感じてしまう方は、走行距離が査定額に影響を与えることを考慮して、5年目に車を売るのがちょうど良いかもしれません。

7年目に売るのはおすすめしない理由2つを解説

3年目もしくは5年目が車を売るタイミングとしては最適です。

しかし、5年以上乗り続けたいという方も多いと思います。

そのような方は5年以上乗ると決めていても、車を売るか乗りつぶすかの最終的な判断は7年目することをおすすめします。

この章では、車を7年目に売ることをおすすめしない理由を詳しく紹介していきます。

7年目の車は市場に多く出回るために査定額が低くなる

7年目に車を売ると査定額が低くなりやすい傾向にあります。

購入から7年目に車を売ろうとする人は多く中古車市場でも供給が増えるからです。

また査定額は車の需要と供給によって変動しているため、既にそのような車は中古車市場に多く出回っていることから査定額が落ちてしまう傾向にあるのです。

また、メーカーから新しく発売した車を発売してすぐ購入した場合は、同時期に購入した多くの人が同じタイミングで車検が切れるため、その車を売ろうとする人も多くなります。

そのような事態に陥って査定額が低くならないようにしたい方は、7年目に車を売るよりも3、5年目に車を売ることをおすすめします。

フルモデルチェンジのため旧型モデルとして査定額は下げられる

多くの車種は6~8年でフルモデルチェンジされるのが一般的です。

フルモデルチェンジした新型が発表されると、旧型のモデルの査定額は大きく下がります

さらに、新型の発表を受けて多くの人が売ろうとするため、市場に多く出まわってさらに相場が安くなってしまいます。

メーカーからの発表はモデルチェンジの1~2カ月前が一般的で、この時期では既に旧型のモデルの査定額が下がってしまう場合もあるからです。

多くのカー専門雑誌には、年間のモデルチェンジ予定が記載されています。

自分の乗っている車がいつモデルチェンジされるかどうかは、車を専門に扱った雑誌やサイトに掲載されている場合が多い、積極的に情報を集めてみましょう。

車を売る最適なタイミングは何月?迷ったら早く売るべき

ここまでは車を購入してから何年目に売るのがいいのかを解説してきました。

そこで、次はより高く買い取ってもらえるのは何月なのかを解説していきます。

1年のうちでも高く売れる時期とそうでない時期があります。

高く売れるタイミングを知ってその月に車を売ることで査定額を少しでも高くしてもらいましょう。

1~3月と9~10月は査定額が高くなる傾向にある

車の査定額が高くなる時期は、車の売買が盛んになる時期です。

1年の中で車を買う人が多い月は、中古車販売店も車の在庫を確保しておきたいからです。

進学や就職、異動、引越しなどの時期が主に車の売買が盛んになる時期となります。

特に、1~3月新生活が始まる前の時期9~10月会社の異動や転勤が多くなる時期なので査定額が高くなりやすい傾向にあります。

ディーラーや販売店の決算月の9月は査定額は高くなりやすい

車を販売しているディーラーや販売店の多くの決算時期9月です。

決算時期の前は在庫整理の影響で車の流通量が増えるため、車の売買が盛んになり査定額が高くなりやすい傾向にあります

また、買い替えの場合は新しい車を安く購入することもできるため、9月は新車の購入する時期としてもおすすめです。

もっともディーラーは中古車の販売ルートが少ないため、下取りに出すと価格が安くなりがちです。

できれば中古車買取専門店の査定も受けて、売りたい車のだいたいの査定額を知っておいたほうがいいでしょう。

売ることが決まったらできるだけ早く売る

車の査定額の相場は需要と供給のバランスで日々変わります。

フルモデルチェンジや販売店の決算時期などがあると査定額は大きく変わります。

「先月は150万円だった査定額が、今月では120万円になっている」など、1カ月で数十万の差が出ることも珍しくありません。

基本的に、中古車は新しいほうが査定額が高くなる可能性が高いため、新型の発売日や決算時期まで何カ月もある場合は、ただ待つよりもまずは査定に出すほうがよいでしょう。

何年目でも何月でも車を売るなら業者選びが重要

車を売るときには年数タイミングが重要なポイントになります。

しかし、重要なポイントはそれだけではありません。

「買い取りしてもらう業者」によっても査定額が大きく変わります。

年数や車の状態がまったく同じでも、業者によって数十万の差が出る場合もよくあるのです。

また、結婚や家族が増えるなどの生活の変化によって車を買い換えることもあるでしょう。

そのような場合でも、できるだけ高く買い取りしてくれる業者を探すことは非常に重要です。

一括査定サイトを利用して車を売るときは営業に注意

一括査定サイトとは、車の年数や走行距離をウェブ上で入力すれば、複数の業者に一括で査定を出してもらえるサイトです。

一括査定サイトは、車の買取業者を探す方法として一般的によく使われています。

複数の会社の査定額が分かるというメリットがありますが、実際に利用してみるとデメリットが多いため注意が必要です。

具体的には、利用直後からたくさん電話がかかってくる複数の業者と査定の日程を決めたり、実際に立ち会ったり、対応が大変多くの業者に自宅の場所が知られてしまうなどがあります。

利用直後からいくつも営業電話がかかってくるので、営業をかけられるのは嫌な人は利用を控えたほうが無難でしょう。

しかし、車を売るときの業者選び方が分からないという人にはおすすめです。

何年目の車でも!車を売るなら買取の窓口へ

車を売るときには、一括査定サイトよりも今の車の状態に合った買取業者を厳選して1社だけ紹介してくれる車査定・買取の窓口の利用がおすすめです。

車査定・買取の窓口であれば1社だけの紹介なので、複数の会社からしつこい営業電話がかかってくる心配もありません。

また、査定額も他社の金額を考慮した金額なので、納得できる査定額を提示してもらえます。

もちろん、買い取りに出す業者はたくさんあるので、年数や買い取りに出す月も参考にして条件の良い買取業者見つけてみましょう。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法