自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

  • 走行距離10万キロの車を売ることはできる?高く売れる依頼方法を紹介

走行距離10万キロの車を売ることはできる?高く売れる依頼方法を紹介

車 売る 10万キロ
走行距離10万キロ越の車でも売れるのかな?

愛車の走行距離が10万キロくらいになってくるとそろそろ車の買い替えを考え始める人が多くなってきます。しかし、いざ車を売るとなると「値段はつくのか?」、「廃車費用のほうが高くつくのではないか?」などと心配になる方も多いでしょう。

この記事では、10万キロを超えた車が売れるために必要な条件、また高く買い取ってもらえる方法についてご紹介します。

 ~10万キロ超の車を売るには~

・車が売れるかどうかは車の状態次第で決まる
・ディーラーよりも買い取り専門店部品取りへの売却がおすすめ
一括査定サイトを利用するとより高く買い取ってもらえる

10万キロ超の車を売るために必要なこと

10万キロ以上走った車でも値段をつけて売ることは可能です。ただし、車の状態がいいことが重要です。車の状態さえよければ、15万キロ、20万キロ走っている車でも、値段をつけて売ることができます。本来車の寿命は10万キロではないので、よい車であれば買い手もつくということになります。

ですから、10万キロ以上走った車を売るには、車の状態をよく保っておくことが何より大切になります。車検はもちろんのこと、日々の点検をしっかり行って、不良箇所のないように整備しておきましょう。売り手のほうも、10万キロ以上走った車を売るときは、ちゃんと走れるかどうか車の状態を確認してから販売しなければなりません。

10万キロ前後の中古車はどこで売れるのか?

10万キロ以上の中古車を売るとしたら、ディーラー(中古車販売店)よりも買取専門店がおすすめです。10万キロ以上の車は売れないことも多いので、売り先をよく考えないと買いたたかれてしまうケースも少なくありません。きちんと査定して買い取ってくれるところを選ぶことが、とても重要になります。

この点、ディーラー(中古車販売店)は車を販売するのが仕事なので、市場価値が一般的に低いとされている走行距離10万キロの車の下取りを歓迎しない傾向があります。ですから、どうしても安い値段でしか買い取ってもらえません。買取専門店は、買い取りをメインに行っているので、きちんと査定してもらえます。

買取専門店

一般に、買い取りよりも下取りのほうが査定額が安くなる傾向があります。特に走行距離10万キロの車の場合は、下取りはおすすめできません。売るなら買取専門店に売るのがよいでしょう。買取専門業者の強みは、販路をたくさん持っていることです。

国内オークションをはじめとして、海外輸出や自社店舗、ネットでの販売など多くの販売ルートがあるので、走行距離10万キロの車でも売りさばけます。特に、走行距離が長い車は日本ではほとんどニーズがありませんが、東南アジアなどでは高いニーズがあるので、値段がつく可能性が高くなります。

部品取りや資源リサイクルを扱う店

中古車として販売することが難しいとしても、部品などはまだまだ使えるものが多いことがあります。そのような場合は、部品の買い取りや資源リサイクルなどで利益を出すことができるでしょう。

日本車は高品質なので、個々のパーツにも高い需要があります。タイヤやバッテリー、バンパーなどは、再利用されることも少なくありません。車本体がどうしても売れない場合は、こうした方法を検討してみるのも1つの手です。

10万キロ前後の中古車を高く売るための注意点

車を買い取りに出す際には、事前に一括査定サイトで査定額がどれぐらいになるのか確認しておく方法があります。あらかじめ、車がいくらくらいで売れるのか目安がわかるので便利です。
ただし、一括査定サイトを利用するときに知っておきたいポイントがいくつかあるので紹介します。

サイト上では目安の金額しかわからない

一括査定サイトで査定する際には車種、年式、走行距離などを入力します。これにより、一般的にその車を販売した場合のおよその金額がわかります。

ただし、サイト上でわかる金額は、あくまでも目安にすぎません。車の価値を測るものさしは、車種、年式、走行距離だけではないからです。実際に査定してもらう場合は、このほかに事故歴や車体の傷、部品の劣化など細かい状態も価格に影響してきます。

複数の業者とやり取りしなければいけない

一括査定サイトで出張査定を一括で依頼すると、依頼した直後からたくさんの電話がかかってきて時間が取られることがあります。これが一括査定サイトの難点でもあります。多数の業者からの電話に応対しなければならないので、なかなか大変です。

実際に査定をしてもらう場合には、現物を見てもらう必要があるので、立会日の調整を行わなければなりません。複数社に依頼すれば、日程調整もそれぞれの業者と行わなければならないので時間を取られてしまいます。

最終的に自分で買取業者を選ばなければいけない

複数の業者に実際に査定してもらった後は、それぞれの見積や対応などをチェックして、どこの業者に買い取ってもらうか自分で決めなければなりません。業者はあくまで買い取りをさせてもらいたいと営業するだけで、どこにしたらよいかを教えてはくれません。いろいろな業者がある中で、どこにするのか決めるのは悩ましく、人によってはなかなか決められないこともあるでしょう。

走行距離が10万キロ越の車を売るなら手間をかけずに高く売ろう。

10万キロ超えの車であっても、中古車としての価値はまだあり、車としての価値がなくても部品としての価値はあります。ディーラーでの下取りではなかなか値がつかないケースでも、買取専門店なら値段をつけてもらうことが期待できます。買取店を選ぶときは一括査定サイトを利用するのも1つの方法ですが、いろいろな手間がかかる場合があります。

あまり手間をかけたくない場合は、売却する車にあった条件の業者を厳選して、1社のみ紹介してくれる「車査定・買取の窓口」が便利です。個々の業者に対応する必要がないので、時間も手間もかけずに中古車の買取をしてもらうことができるでしょう。

車買い替えの目安が走行距離10万キロと考えられている理由

ここからは、そもそもどうして車の買い替えの目安は10万キロと考えられているのか、その理由を解説していきます。

タイミングベルト交換の時期に当たるから

「走行距離10万キロ」で車の買い替えを検討する人が多いのは、部品の交換時期がくるからというのが1つの理由です。たとえば、車の部品としてタイミングベルトというものがあります。これは、エンジンの吸気と排気に関わる部品で、エンジンを正常に作動させるために必要なものです。このタイミングベルトは劣化するので、いずれは交換が必要になります。

そのタイミングベルト交換の目安がが走行距離10万キロくらいだといわれています。交換にかかる費用は4~5万円くらいですが、工賃が高いのが難点です。10万キロで交換するとなると、他の部品も劣化している可能性が高く、周辺部品も合わせて交換するとなるとトータルの料金が10万円以上になることもあり、ならば買い替えを検討しようとなるわけです。

メンテナンス費用が高くなるから

走行距離10万キロとなると、タイミングベルトだけでなく、ゴムなどの緩衝材やブレーキパット、エアコンなども経年劣化していることが非常に多くなります。交換が必要な部品をすべて交換して、故障箇所も修理するとなると、かなりのコストがかかる場合も少なくありません。もちろん、交換や修理のための時間もかかります。そこで、直すならいっそ買い替えてしまおうという人が多くなるのです。

過去の品質目標の名残があるから

かつては、よい車の品質の証として走行距離10万キロを1つの目安にしていた時代がありました。昭和の頃は「10年間で10万キロ走っても、大きな故障が起きない」ことを目標に開発されていたのです。そのため、当時の名残で「10年間で10万キロ」が車の寿命という考え方が残っています。

現代では車の性能は向上しているので、走行距離10万キロが車の寿命というわけではありません。しかし、ここを1つのタイミングとして買い替えを検討する人はまだ多いようです。

どうして10万キロ越の車を売ることが難しいのか

10万キロ走行した車はなかなか売れないというのはよく聞く話ですが、なぜ、値段がつかないことが多いのでしょうか。

購入したい人が少ないから

まず、購入したい人が少ないから売れないという理由があります。上記で述べたように、「走行距離10万キロ」を買い替えの目安にしている人が多いので、すでに10万キロ乗っているような車をわざわざ購入したい人は少ないのです。「走行距離10万キロ」の車はもう乗れない車だと考えている人もいるでしょう。あとわずかしか乗れないと思う車をあえて購入する人はいません。

下取りしてもらうのが難しいから

走行距離10万キロを超えると、下取りをしてもらうのも難しくなります。その理由としては、部品の交換や修理に手間もお金もかかるので、ディーラーや中古車販売店があまり好ましく思わないからです。

中古車の販路がそもそも少なく、購入するよりも修理費用のほうが高くつくことも少なくないので、下取りしてもらえないのです。わざわざ修理するよりも、廃車にしたほうが安く済むこともあります。乗り換えしたいと思って下取りに出しても、廃車をすすめられてしまうこともありえます。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介