自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

  • 車を売る際に還付される税金は自動車税のみ!売る時期についても解説

車を売る際に還付される税金は自動車税のみ!売る時期についても解説

車 売る 書類

自動車税のみ還付され、重量税は還付されない!

税金を踏まえた上で損しない車を売る時期は車検前!

車を売るときに還付される税金は、自動車税のみです。

また、自動車税は4、5月中に1年間分まとめて支払う必要があります。

所得税を支払わなければならないケースはほとんどなく、消費税は業者が出した査定額から既に引かれています。

自動車重量税は、車検の際に前払いで支払わなければならず、還付されることもありません。

そのため車を売る時期として重量税を支払う車検前がおすすめです。

また、自動車税を払っていない車でも売ることはできますが、名義変更を行うことはできません。

このサイトでは自動車の税金について車を売るのによい時期について紹介していきます。

還付される税金は自動車税のみ

一般的に還付金として手元に戻る税金は自動車税のみです。

注意していただきたいことは、売りたい車が普通車の場合は還付を受けることができますが、軽自動車の場合は還付を受けることができないということです。

軽自動車の場合は支払う自動車税が普通車に比べて低いため、自動車税が還付金として手元に戻ることはありません。

自動車税の還付は4月1日時点の車の使用者が対象となっています。

ローンの支払い終わっておらず名義人がディーラーや信販会社になっている場合でも、自動車税は4月1日時点の使用者に還付されることになっています。

しかし注意しなければならないことは、車を売る際には自動車税が法的に還付されるのではなく、買取店によって還付されるということです。

通常、還付されるのは、車を廃車とするときに限られています。

しかし車を売る場合には、買取額に上乗せする形で車の売り手の手元に還付されるようになっています

具体的には、納税期限の4月1日から5月31日に1年分の自動車税を支払わなければなりませんが、自動車税を支払って1年未満に車を売っても翌月以降の自動車税は査定額に上乗せされます。

還付される自動車税の計算方法

年税額÷12(カ月)×車の売却翌月から3月までの月数

自分が売りたい車の排気量から自動車税額を把握した上で、売る月から3月からまで何カ月あるか数えてみて、どのくらいの自動車税が査定額に上乗せされるのかを確認してみましょう。

排気量 自動車税額
660cc超~1000cc以下 295,00円
1000cc超~1500cc以下 34,500円
1500cc超~2000cc以下 39,500円
2000cc超~2500cc以下 45,000円
2500cc超~3000cc以下 51,000円
3000cc超~3500cc以下 58,000円
3500cc超~4000cc以下 66,500円
4000cc超~4500cc以下 76,500円
4500cc超~6000cc以下 88,000円
6000cc超~ 111,000円

自動車税は、売りたい車の排気量によって決まり、排気量が増えれば増えるほど、課税額が増える仕組みとなっています。

例えば、トヨタのプリウスを9月に売る場合を考えてみます。

トヨタのプリウスの排気量は1800ccです。排気量が1800ccの自動車税額は、39,500です。

車の売却翌月10月から翌年3月までには5カ月間あるので、上記の「還付される自動車税の計算方法」の式にあてはめると、 39,500÷12×5=16458.33333≒16,458 となります。

したがって、トヨタのプリウスを9月に売ったとすると、16,458円が査定額に上乗せされることになります。

自分の売りたい車に上乗せされる自動車税を確認してみましょう。

支払う税金について詳しく解説

支払う税金として考えられるのは、自動車税や所得税、消費税、自動車重量税です。

しかし、自動車税と自動車重量税を支払うだけの方がほとんどです。

この章では、自動車税や自動車重量税についてや所得税と消費税を支払うケースがなぜあまりないのかなどを紹介していきます。

自動車税は4,5月中に1年間分支払う

自動車税は還付されるだけでなく支払う必要もあります。

分かりやすくいうと、1年間分の自動車税を前払いで支払わなければならず、その支払った自動車税が反映されている1年間よりも早く車を売った場合に、査定額に上乗せされる形で手元に戻る仕組みになっています。

そのため車を売るタイミングとしては、いつ車を売っても査定額に上乗せされる形で還付されるので、いつ売ってもよいでしょう。

しかし1番抑えていただきたいことは、還付された分の自動車税が査定額に上乗せされているかどうかを業者に確認することが大切だということです。

ほとんどの業者は、査定額に還付金として上乗せされるものの、業者との意思疎通ができていない場合や業者によって還付をしないとしている場合が考えられます。

なので、自分が売りたい車の排気量から自動車税額を確認し上記の計算式から、還付される分の自働車税が査定額に上乗せされているかどうかを業者に確認してみましょう。

納付期限は5月31日までとなっているため、4月1日に車を使用していた方はその年の5月31日までに自動車税を支払わなければなりません。

所得税を支払うケースはほとんどない

所得税とは収入に対して納めなければならない税金です。

車を売却する際に得た利益によって所得税を払う必要があるケースもありますが、ほとんどの場合所得税を払う必要はありません

所得税を払う必要があるのは、車の使用用途が通勤や日常生活でなく特定のときにしか使用しないレジャー用であり、なおかつ車の査定額が車の購入価格よりも上回った場合である場合です。

そのため、自分の売りたいと思っている車が通勤や日常生活で用いるための車である場合や、車の査定額が買取金額よりも下回った場合には、所得税を支払う必要はないので安心してください。

購入価格には車本体の価格だけでなく、保険などの費用も含まれているため、よほど買ったばかりの車や人気車種でないかぎり、車の査定額が購入価格を上回ることはほとんどありません。

もし、万が一所得税を支払わなければならなくなった場合には、確定申告をする必要があるので忘れずに行いましょう。

消費税は既に査定額から引かれている

消費税は車の所有者が支払う必要はありません。

消費税は車の買取業者が支払う必要があります。

そのため、業者は車の査定額から消費税を引く形で査定額を提示しています。

車を売る際に消費税としてお金を支払う必要性はないものの、買取業者が提示してくれている査定額には消費税が引かれているということを認識してください。

自動車重量税は車検時に支払っている

自動車重量税とは、自動車の重量などに応じて課税される税金です。

自動車重量税は車を売るときに支払う必要はありません。

なぜなら、自動車重量税は車検を受ける際に次の車検までの期間2年分をまとめて支払うことになっているからです。

また還付は車検が1か月以上残っている状態で廃車をすれば、車検の残りの有効期間に応じて還付される仕組みとなっています。

自動車重量税は車検時に支払うということは覚えておきましょう。

また、前払い支払った自動車税とは違って自動車重量税は還付されることはありません

そのため、次の車検の直前、すなわち車検の前に車を売るのがおすすめです。

自動車税が未納の車でも売ることはできる

もし売りたい車の自動車税が未納の場合、車を売れるかどうか気になりますよね。

結論から申し上げると、自動車税が未納の車でも売ることができます

ただし、注意していただきたいのは査定額への影響です。

まず通常の納税済みの車の査定額には、前払いで支払った自動車税が査定額に上乗せされるようになっています。

すなわち納税済みの車の査定額には、車本体の価値による査定額に加えて払いすぎた自動車税が上乗せされるようになっています。

しかし自動車税が未納の車を売る場合には、査定額には車本体の価値による査定額しか含まれていません。

そのため、自動車税を支払っている車よりも査定額は低くなりやすい傾向にあります。

また自動車税が未納の場合には、車の名義変更を行うことはできません

車の名義変更を行いたいという方は、滞納している分を早急に納付した上で査定を受けるようにしましょう。

車を売る時期は車検を受ける直前がおすすめ

車を売る時期をいつにするか迷っているという方は、自動車重量税を考慮に入れる必要はありますが、他の税金については考慮に入れる必要はありません。

自動車税は基本的にいつ車を売っても査定額に上乗せされる形で手元に戻る仕組みになっており、所得税は支払う必要がないケースがほとんどで、消費税は業者の査定額から引かれる形となっているからです。

自動車重量税は車検を受ける度に次の車検を受ける2年後までの税金を支払う仕組みになっています。

自動車重量税は還付という制度はなく、支払った分が手元に戻ることはありません。

そのため、車検を受け自動車重量税を支払った後すぐに車を売ってしまうのは、お金を無駄にしてしまうことに繋がります。

これらのことを踏まえると、車を売る時期として車検を受ける直前をおすすめします。

まとめ

自動車税は4月1日から5月31日までに1年間分を前払いで支払わなければなりませんが、車の売却時には査定額に上乗せされる形で還付されます。

また所得税を支払うのは、レジャー用の車で車の査定額が購入価格を上回ったときであり、ほとんどの場合支払う必要はないでしょう。

消費税は、業者が消費税を差し引いた形で査定額を提示してくれているので車売却時に支払う必要はありません

自動車重量税に関しても、車検時に次の車検までの自動車重量税を支払っているため、車を売る際に支払う必要はありません

しかし、自動車重量税は還付されることはないので注意が必要です。

一括見積もりをすることで、売りたい車の査定額や自動車重量税も踏まえた上で、車を売る時期を考えてみましょう。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介