自動車保険を比較するなら

カービックタウン

リース契約中の車を売るために必要な流れや費用を解説

車 売る リース
「リース契約中の車は売れるの?」
最初の段階でまとまったお金を用意する必要がなく、維持費もかからないリース契約は大変魅力的です。しかし、長くリース契約を継続していると、途中で車を手放したくなることがあるかもしれません。今回は、リース契約中の車を売るために必要な流れや手続き、費用などについて解説します。

売る前に確認!リース契約中の車は勝手に売れない

リース契約とは、消費者の代わりに業者が商品を購入し、消費者に貸すことをいいます。車のリース契約も同じで、リース契約中の車の所有者はリース会社です。そのため、リース契約中の車を勝手に売却することはできません。

もし勝手に売却してしまった場合、横領罪に問われてしまいます。横領罪までいかなくとも、罰則金を取られる可能性は高いです。毎月のリース料を払っているとしても、車は所有しているのではなく使う権利を得ているだけということを覚えておきましょう。

車を売ることができるかリース会社にプランを確認する

リース契約中の車であっても、契約内容によっては買い取りに出せる場合があります。ここでは、買い取りに出せる可能性のあるプランとは何かを見ていきましょう。

オープンエンド契約なら買取に出せる可能性あり

カーリースの契約には、オープンエンド契約とクローズドエンド契約があります。2つの契約のうち、車を買い取りに出せる可能性があるのはオープンエンド契約です。

それでは、オープンエンド契約とクローズドエンド契約とはそれぞれどんな契約方法なのかを紹介します。

オープンエンド契約とは

オープンエンド契約では、リース契約が終了する際にリース期間満了時の予想査定価格(残存価格)を設定します。そして、契約終了時に実際の査定価格との差額を割り出して精算するのです

査定価格のほうが残存価格よりも高い場合は、リース会社が契約者に差額を支払います。そして、査定価格のほうが残存価格よりも低い場合は、契約者がリース会社に差額を支払うのです。

クローズドエンド契約とは

クローズドエンド契約とは、残存価格を設定せず、リース期間が終了した際に精算を行わない契約方法のことです。

ただし、契約走行距離を超えてしまった場合や、キズやへこみをつけてしまった場合には、契約者側が費用を負担することになります。そのほか、故意に車を故障させるなど、リース車両の価値が減少した場合の損害額も、契約者側が払わなければなりません

買取不可の場合はプラン変更ができるか確認

契約内容が買い取りを行えないものになっている場合は、リース会社に相談してみましょう。買取可能なプランに変更できるかどうかリース会社に相談し、可能であればプランを変更します。

基本的に、リース契約は途中解約ができない場合がほとんどです。リース契約をする際に、プラン変更が可能かどうか、買い取りができるかどうか事前に確認しておきましょう。

リース契約中の車を売るために途中解約する場合

どうしてもリース契約中の車を売りたい場合、リース契約を解約するという方法もあります。しかし、リース契約を途中で解約する場合、解約金が発生するのです。ここからは、実際に解約金はどの程度必要になるのかなどを解説します。

解約時に一定の費用が必要になる

リース契約を解約した場合、一般的には「リース契約満了までに払うはずだった料金」から「実際に支払った料金」を引いた金額を解約金として支払うことになります。

また、契約時に定められた残存価格が査定価格を下回っていた場合は、その差額も請求されることになるのです。さらに、解約金は原則一括で払わなければなりません。

リース契約を解約する際は、解約金が払えるかどうか、また、残存価格と査定価格の差はどうなっているかなどをしっかりと確認しましょう。

残価と未払い分のローン残高を一括返済する

残クレ(残価設定型クレジット)で契約していた場合、最終回に支払う予定だった残価と未払い分のローン残高を一括返済することになります。残クレを解約して車を売却したい場合、多くの買取店で「ローン返済サービス」を利用することが可能です

ローン返済サービスとは、買取店に一括返済分を立て替えてもらい、買取店で改めてローンを組んで立替分を返済していく仕組みのことをいいます。一括で返済するのが難しい場合は、ローン返済サービスを利用するのもよいでしょう

リース中の車を売るときの流れと注意点について

リース中の車を売る際は、まず、車を買い取りに出すことが可能なプランかどうかを確認しましょう。

買い取りに出すことができないプランで契約しているのに売却してしまうと、後々大きな問題になります。プランの確認ができたら、車を査定に出しましょう。査定額が出たら、残債や残価を比較して、買い取りに出すかどうかを決めます。

買い取りに出すことが決定したら、車の名義をリース会社から自分に変更します。最後に、リース会社から車を買い取って、買取業者へ売却しましょう。なお、リース中は自動車保険が月々の料金に含まれていますが、解約した後は自動車保険は未加入になります。

そのため、リース会社から車を買い取って自分である程度乗ってから売却する場合は、自動車保険にしっかりと加入するようにしましょう。

リース中の車を売るのに必要な費用の種類とコスト感

リース中の車を売る際は、まず、車体の買取費用が必要になります。また、車の名義をリース会社から自分に変更する際も、変更手数料が必要です。さらに、自動車税や車のリサイクル料なども支払う必要があります。

そのほか、自賠責保険や自動車保険(任意保険)などに加入する必要があるのです。リース中の車を売却するためにはさまざまな費用が必要になるので、ある程度まとまったお金を用意しておきましょう。

車体の買取費用

車体の買取費用とは、具体的には残存価格や未払いのリース料など、残価のことを指します。車の売却を考えた際に最も大きな費用になるのが車体の買取費用なので、もれなく確認しておきましょう。

名義変更料

名義変更に必要な費用として、まず、移転登録料が挙げられます。移転登録料とは、運輸支局で名義変更を行う際に必要な手数料です。移転登録料は一律500円となっています。次に、車庫証明取得費用が必要です。

車庫証明取得費用は、都道府県によっても異なりますが、およそ2500~3000円かかります。また、ナンバープレートを変更する場合は、変更代金として1500円程度が必要です。最後に、新車当時の価格や経過年数によって異なりますが、自動車所得税がかかります。

自動車税

自動車税は、4月1日に車を所有している人に課せられる税金です。新規登録した月の翌月から同じ年の3月までの月割り分を登録時に支払うことになります。

リース契約中はリース会社が納税を請け負い、リース料の中に自動車税の相当額が含まれているのです。自動車税の金額は車の用途や総排気量によっても異なるので、個人差があるといえるでしょう。

自賠責保険料

自賠責保険は事故の被害者の救済を目的とした保険のことです。「自動車損害賠償保障法」で加入が義務付けられています。自賠責保険に加入していない場合、「自賠責保険証明書」を携帯していないと罰則を取られることになるのです。

通常は、新車登録時や車検時に次回車検までの自賠責保険料を一括で支払うことになります。車検が効いている状態でリース車を買い取った場合は、取得時点から未経過分の保険料を支払う必要があるので注意しましょう。

自動車保険料(任意保険)

リース中は自動車保険もリース料の中に含まれています。しかし、リース契約を解約して車の買い取りを行った後は、自分で加入する必要があるのです。

ただし、リース会社から車を買い取った後すぐに買取業者に売却する場合など、一切車に乗らない場合は加入する必要はありません。

リース中の車はできるだけ高く買い取ってくれる業者に売ることが重要

リース中の車を売却するためには、リース会社に支払う費用や自分が車を買い取る費用などがかかります。そのため、できる限り高額買取をしてくれる業者を探すことが大切です。

複数の業者に査定を依頼するなどして、自分の条件に合った業者を探しましょう。ただし、一括査定サイトを利用した場合、それぞれの業者ごとにやりとりをしなければならないため手間がかかりがちです。

その点、「車査定・買取の窓口」なら売りたい車の条件にピッタリな1社のみを紹介してくれるため、業者を探す手間が省けるのでおすすめです。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法