自動車保険を比較するなら

カービックタウン

車を売るには費用はいくらかかるの!買取業者にお任せで楽々売却

車 売る 費用
「車を売るときは費用はどれくらいかかるの」
車を売る際には、ただ売ればよいのではなく、いろいろな費用がかかってくるのをご存じでしょうか。これから車を売ろうと考えているなら、どのような経費がかかるのか知っておかなければなりません。この記事では、できるだけ経費がかからない方法で車を売るためにはどんなことをすればよいのか、上手な売却に必要な情報をお伝えします。

車を売る際には様々な種類の費用が発生する

車を売るときには、実はいろいろな費用がかかります。初めて車を売却する人の中には、どんな費用がかかってくるのかよくわからないという人もいるでしょう。そこで、この段落では、車を売る際にかかる経費について説明します。

車を売るときにはレッカー費用が発生することも

車を売却する際に、レッカー代がかかってしまうことがあります。どのくらいレッカー代がかかるかは距離によって異なりますが、概ね1万円~3万円程度だと考えておくとよいでしょう。

レッカー代が必要になるケースは、自分で運転して業者のところまで運んでいけない場合です。具体的には、故障してしまっていて動かない車を売るときなどです。

ナンバープレートを外した車を売るときや車検が切れた車を売るときも、車を公道で走らせることができないので、レッカー移動してもらうことが必要になります。

車を売る必要書類の取得にかかる費用

車を売る際には、いろいろな手続きを踏まなければなりません。その際には公的書類が必要になるので、発行手数料がかかってきます。

たとえば、車の所有者の名義変更には印鑑登録証明書や住民票、戸籍謄本などが必要なので、それぞれ役所で自己負担で発行してもらう必要があります。だいたい1通あたり200円~400円くらいが一般的です。

公的書類の取得費用は自治体によって異なるので、事前によく確認しておきましょう。

車のローンの残債費用

ローンがまだ残っている車を売却する場合には、残債をすべて完済しなければなりません。車を売る場合には、車が自分名義になっていることが必要です。

しかし、ローンがまだ払い終わっていない場合は、名義は販売会社またはローン会社になっているので売ることができないのです。残債を完済して名義変更すれば売れることになります。

もし、買い取りの査定額よりも残債のほうが多い場合は、買取業者の残債整理ローンを利用して売るという方法もあります。これは、買い取りと残債の借り直しを同時にできるもので、買い取りしても残る残債については新たにローンを組むことができます。

個人が車を売る際に税金がかかることはある?

個人が車を売る場合は、消費税はかかりませんが、使用目的によっては所得税がかかることもあります。ここでは、車の売却益にかかる所得税について、使用目的ごとに説明していきます。

生活のために使用した車を売却する場合

所得税とは、所得(収入)に対してかかってくる税金です。車を売却することで利益を得た場合には、それも所得(収入)の一部として扱われていて所得税がかかることがあります。ただし、車を売却すれば必ず支払わなければならないというものではありません。

車の使用目的によって、所得税を支払う必要がない場合もあります。たとえば、個人が自家用車として、通勤や買い物などの日常生活のために使用していた車を売る場合には所得税はかかりません

このような自動車の売却は、「生活に通常必要な動産の譲渡」という扱いになるからです。この場合は、車の売却益は非課税となり、確定申告をする必要はありません。

レジャー用に使用した車を売却する場合

個人所有の車でも、通勤や生活のための車ではなくて、もっぱらレジャー用に使う車を売却する場合は課税対象となります。このような場合は、「生活に通常必要な動産の譲渡」ではないので、売却益は「譲渡所得」となり課税されます

ただし、課税されるのは車の購入価格よりも売却価格が上回って利益が出たときだけです。たとえば、300万円で購入した車が400万円で売れたときは100万円の売却益が出るので、所得税を支払わなければなりません。

しかし、車の場合は時の経過とともに価値が下がっていくのが通常なので、購入価格を売却価格が上回るようなケースはさほど多くはないでしょう。

個人事業主が事業用の車を売るときは税金がかかる?

車がどんな目的で使用されていたかによって車の売却益にかかる税金が変わってきます。ここでは、個人事業主が事業用として使用していた車を売る際の税金について説明します。

車の売却益にかかる税金

個人事業主が仕事で車を使うケースは非常に多くあります。その車を売却して利益が出ると、所得税や住民税がかかってきます。売却益は、売却額から売却時の車の価値を引いて求め、売却時の車の価値は減価償却で求められます。

減価償却とは、購入金額を耐用年数に応じて割り、毎年一定額ずつ経費として計上していく仕組みです。たとえば、普通車の場合、耐用年数は6年です。仮に240万の車を購入すると、1年に240万円÷6年=40万円を経費として計上できることになります。

売る時点で3年経っていれば、40万円×3年=120万円はすでに減価償却されているので、売却時の車の価値は、240万円−120万円=120万円です。この車が150万円で売れたら、売却益は150万円−120万円=30万円となり、この30万円に対して税金が発生します

売却益にかかる税金は、事業所得と合算した金額に対して発生する点も注意しましょう。

車の売却益に適用される特別控除

車を購入すると、いったん「資産」として計上されます。この「資産」を売却した場合には「譲渡所得の特別控除」の適用があり、売却益から一定額を差し引くことが可能です。車の売却益については、50万円の特別控除が適用されます。

特別控除とは、売却にかかった経費とは関係なく一律無条件に差し引ける金額です。たとえば、先の例で30万円の売却益が発生した場合には、本来は税金がかかってきますが、特別控除によって30万円−50万円=−20万円となり、利益がゼロになるので課税されません

つまり、売却益が特別控除額の50万円を超える場合のみ、譲渡所得として税金がかかってくることになります。

買取業者へ依頼すれば車を売る際の経費はほとんど無料!

車を売る際にはいろいろな経費がかかってくるので、なかなか物入りです。ただし、買取業者へ買い取りを依頼すると、経費を安く抑えることができます。ここでは、買取業者を利用することで無料になる経費と、自己負担になる経費について説明していきます。

車を売る際に無料になる経費

買取業者で無料になる経費としては、いろいろなものがあります。買い取りの際には業者が諸費用を負担してくれるので、基本的には売る側の負担はないと考えておいて大丈夫です。

無料になるものとしては、まず査定費用があります。出張査定をしてもらった場合でも通常、査定費用は請求されません。移動に伴うレッカー代もかからないことがほとんどです

ただし、レッカー代については有料としている業者もあるので、事前に確認しておきましょう。買取業者は、名義変更や売却に関わる諸手続きなども無料で代行してくれます。

つまり、車の売却に伴う費用の多くを、買取業者が負担してくれるというわけです。こうした費用はまとまるとかなりの金額になるので、無料になることで節約できる分も大きくなるかもしれません。

車を売る際に無料にならない費用

買取業者を利用した場合でも、自己負担になり、無料にならない費用もあります。

まず、車を売るために必要になる印鑑登録証明書や住民票などを発行してもらうために役所に払う手数料は自分持ちです。車の売却益に対してかかってくる所得税や住民税なども、個人負担です。

つまり、自分で行わなければならない手続きや、個人で支払うべき税金などは、買取業者業者ではなく自己負担になります

車を売る際の費用を安く抑えるなら買取業者へ!

車を売却する際にはさまざまな費用がかかるので、売却をためらう人もいるかもしれません。

ただし、費用の中には、買取業者へ依頼することで安く抑えることが可能なものも少なくありません。車を売る際はできるだけ買取業者へ依頼して、費用をかけずに売却しましょう。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法