自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

車を売る際は入金までどれくらい?目安は契約後3日~1週間

車 売る 入金
「車を売るといつ入金されるの?」
車を売った後すぐに現金が必要なときや、次の車を買いたいときなど、できるだけ早く入金してほしいこともあります。ここでは、入金までにかかる日数や入金までの日数を短縮するコツについてお伝えしていきます。

車を売るとき入金までにかかる日数はどのくらい?

車を売るとなっても、その日のうちに売却金額が手に入ることはほとんどありません。多くの車買取店は現金ではなく銀行振込を利用しているので、すぐには入金されないのです。

車の売却額が入金されるまでにかかる日数は、買取業者によって異なりますし、銀行振込になることが多いので、銀行の営業日によっても入金までの日数が変わってきます。

およその日数としては、大手買取業者では契約から3日~1週間後というのが多いようです

車を売った後すぐにお金が手に入るの?即日入金とは

売却金額の支払いには銀行振込が利用されるのが一般的ですが、買取業者によっては即日入金してくれるところもあります。即日入金の場合は、現金による支払いになるのが普通です。

即日入金してもらうためには、その日のうちに売却手続きを完了させなければならないので、事前に売却に必要な書類を準備しておくことも必要です。必要書類は、車検証、納税証明書と自賠責保険証、印鑑証明書などです。

実印やリサイクル券も必要になるので用意しておきましょう。

車の売却額の入金方法が現金ではなく銀行振込が主流な理由2つ

車を売る際の売却額は、現金ではなく銀行振込での入金が主流です。なぜ現金ではなく銀行振込なのか、この段落ではその理由を説明していきます。

1.現金支払いはリスクがあるため

売却額を現金で受け取れれば早いのにと思う人もいるかもしれません。しかし、車の売却額は何十万、何百万と一般的に高額になるので、現金で受け取ると盗難のリスクなどが心配です。

買取業者にとっても、店に多額の現金を用意しておかなければならないことになり、盗難や強盗などのリスクがあるので、とても危険です。こうした危険を防止するために、車の買い取りでは現金払いに対応するところは少なくなっています

お互いに安心して取引するためにも、銀行振込にしているのが通常です。

2.車の検査後に代金を支払うため

現金で即日支払いをしない理由としては、検査に時間がかかるという事情もあります。買取業者は車をいったん査定して引き取った後に、本当に査定通りの価値がある車がどうか、さらに詳しく検査します。

その検査が完了するまでに時間がかかるのです。もし、査定時には見つからなかったような不具合が見つかれば、買取契約を解除する可能性も出てきます。

即日現金で支払わずに後日振込にすることで、不具合を発見するための検査期間を設けているというわけです。検査にかかる時間は、車の状態によって異なります。古い車や走行距離が長い車などは、検査にも時間がかかる傾向があります。

車を売る際にトラブルにならないために!入金に関する注意点3つ

気持ちよく車を買い取りしてもらうためには、金銭に関わるトラブルは避けたいものです。この段落では、入金する際に気をつけておきたい注意点について紹介します。

1.即日入金は買取金額が安くなることもある

できれば、買い取りをしてもらったその日にお金を受け取りたいと思うものですが、即日入金にはデメリットもあります。即日入金にしてしまうと、後日銀行振込にする場合よりも買取金額が安くなってしまう可能性が高いのです。

なぜかというと、まず査定額をほかの業者と比較する余裕がありません。相場を知らないまま契約してしまうこともありえます。もしかしたら、もっと高く売れることがわかっても、現金を受け取ってしまってからでは、価格交渉をすることがほぼ不可能になります。

本当にその査定でよいのかわからないまま、買い取ってもらうしかありません。

2.個人売買は入金トラブルが多い

車を買取業者ではなく、個人に買い取りしてもらうケースもあるかもしれませんが、基本的にはおすすめできません。個人売買には、入金トラブルが多いからです。

たとえば、契約が成立して車を引き渡し、後日入金予定だったのに入金されないことがあります。個人対個人の売買は、よほど相手を信用できる場合でないと安心してできません。

個人売買をする場合は、車の引き渡しと同時に代金を現金で受け取るような契約にしたほうが安心です。目の前で車と現金をやり取りできるようにしましょう。

3.倒産により入金されないケースもある

買取業者に買い取りしてもらう場合でも、リスクがまったくないわけではありません。車を引き渡した後に、買取会社が倒産してしまったり、経営悪化で入金してもらえなくなるというようなケースも起こりえます。

業者に買い取ってもらったから安心と思わずに、きちんと入金されたか確認しましょう。万一、入金予定日までに入金されていない場合は、すぐに電話で確認するべきです。

また、金銭トラブルに巻き込まれないように、最初から業者選びは慎重に行うことをおすすめします。取引実績が多く、信頼できる業者をしっかり見極めるようにしましょう。

車の売却で査定から入金までの期間を短くするコツ

車を買い取りしてもらった場合には、通常は即日入金されません。しかし、できるだけ早くお金を手に入れたいと思う場合もあるでしょう。この段落では、車の売却額が入金されるまでの期間を短くするコツを紹介します。

高額買取サイトを利用する

まず、買取査定額を高くしてもらうには、複数の業者を比較して、できるだけ高く買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。しかし、いくつもの業者を比較検討するのは、時間がかかってしまいます。そこで、利用したいのが「高額買取サイト」です

高額買取サイトとは、複数の業者から査定を取り、最も高額で買い取ってくれる業者を1社絞って紹介してくれるサービスのことをいいます。

こうしたサイトをうまく利用すれば、査定に手間をかけずに済むので、入金までの期間を短くすることができます。忙しくて時間が取れないけれど、なるべく高く買い取ってもらいたいという人におすすめの方法です。

書類を事前に用意しておく

入金されるまでの期間を短くするには、売却手続きをできるだけスピーディに進めることも大事です。たとえば、車の売却にはいろいろな必要書類が求められるので、事前にすべて用意しておくことで、手続きがスムーズに進みます。

手続きに必要な書類は、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車リサイクル券や納税証明書などです。実印も用意しておきましょう。車種によっては認印で足りる場合もあります。

合わせて、印鑑登録証明書も事前に役所やコンビニなどで取得しておく必要があります。委任状や譲渡証明書、自動車検査証記入申請書などは、買取業者が用意してくれるケースが多いようです。

こうした書類をきっちり揃えておくことで処理手続きが早くなり、入金を早めるのに役立ちます。

売却が決まったらすぐに車を引き渡す

入金までに時間がかかる理由の1つは、車の状態を検査する時間が必要だからです。そうであれば、車を早く業者に引き渡して検査を早く始めてもらえれば、それだけ検査にかかる時間を短縮することができます。

買取業者が決まったら、できるだけ早く車を引き渡すようにしましょう。車を引き渡せば車の検査がスムーズに進むので、入金までの期間が短くなることが期待できます

こちらから協力できることは積極的に行うようにすれば、業者もそれだけ早く動いてくれるでしょう。

入金までの期間は1週間が目安!車を売る際は事前準備が大事!

車を買い取ってもらっても、残念ながらすぐにはお金は手に入りません。車の売却代金は通常銀行振込で、入金までは契約から1週間程度かかるのが一般的です

売った側としてはなるべく早く売却額を手に入れたいですから、考えられる方法はすべて試してみましょう。

できるだけ査定から入金までの期間を短くするには、車の査定サイトを上手に利用したり、書類を事前に準備したり、車を早く引き渡してしまうことなどが挙げられます。自分でできることは積極的に行って、上手に時間短縮することが大切です。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介