自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

オークション代行とは?サービスを利用して車を売る際の注意点

車 売る オークション代行
「車のオークション代行と買い取り業者はどっちがいいの?」
自分の車を売るのは、買い取り業者に車を買い取りしてもらう方法が一番簡単ですが「オークション代行サービス」を利用することもできます。これは、簡単にいうと車のセリ市に自分の車を出して売ってもらう方法です。オークションでうまく車が売れると、下取りに出すよりも高値で売れる可能性もあります。そんな魅力的なオークション代行サービスですが、利用には いくつかの注意点もあるようです。ここでは、オークション代行サービスとはどのようなサービスなのか、利用する際に気をつけることなどを詳しく説明していきます。

オートオークション代行サービスを利用して車を売る!

車の売買契約をしたあとに「やっぱり売りたくない」「他の買取業者に車を売りたい」と気が変わることもあるかもしれません。

しかし、車の売った後はキャンセルが難しいケースもあり、状況によってはキャンセル料が掛かったり、キャンセル自体が不可能だったりすることもあります。車売る際は本当に売却して良いのか、じっくり検討してから行動するようにしましょう。

そのうえでどうしても契約を破棄したい場合は、できるだけ早く業者へキャンセルの連絡をすることが大切です。

オートオークションは専門業者だけが参加できる

オートオークションとは、簡単にいうと「車のセリ市」のことであり、買い取り業者だけが参加できるものです。

売られる車はセリの会場まで運ばれ、専門の検査員が車の状態を細かくチェックします。その状態は会場に来ている買い取り業者がモニターを通じて見ることができ、欲しい車が画面に出てきたら、金額入力ボタンを押してセリに参加していきます。

メーカー系が運営しているオートオークションの場合は、そのメーカーの車のみが出品されます。逆に、中古車オークション専門業者が運営している場合は、さまざまなメーカーの車を出品することができるでしょう。オートオークションは全国で行われ、週に1回

程度の高い割合で開催されています。そのため、中古販売業者で販売されている中古車の約7割から8割は、オートオークションで取引された車なのです。

オートオークションでは、基本的に一般人は車を売ることができません。一般の人が車を売りたい場合は、オークションを代行してくれるサービスを利用することになります。

オークション代行を利用すれば一般人でも車を売ることができる

一般人がオートオークションに参加したい場合、そのサービスを代行している会社に頼むことで、オークションを利用することができます。「オートオークション代行」です。

オートオークション代行は、オークションで車の購入や売却を希望する人に対し、代行して取引を行うサービスのことです。

これにより一般人は原則として参加できないオートオークションでも、代行サービスを通じて一般人でも自分の車を出品することができます。これを利用するには、各社の公式サイトや電話で申し込みをすることができます。

希少価値の高い車を売るならオークション代行がおすすめ

オークション代行を利用すると、次のようなメリットがあります。

まず、うまく落札してもらえれば「下取りよりも高く車を売ることができる」という点です。自分の愛車を高く評価してもらえれば、下取りや買い取り業者へ売却するより10万円以上高く売却できることもあります。

オークション代行を利用したからこそ高値が付くケースもあり、自分で下取りに出すよりも得をする可能性もあります。
また「希少価値のある車を高く売ることができる」のもオークション代行のメリットです。

例えば、古いビンテージものの車を売りたい場合、一般的にはなかなか買い取りをしてもらえなくても、オートオークションの場なら高値で買い取り価格が付くケースもあります。

普通乗用車とは違う車を売りたい場合には、オートオークションのほうがお得なこともあるでしょう。

オークション代行で車を売る場合のデメリット3つ

魅力的なオークション代行ですが、利用するにはいくつかの注意点もあります。まず「手数料が掛かること」そして「出品しても売れないこともある」といった点です。ここからは、オークション代行を利用する際のデメリットを具体的に見ていきましょう。

1.オークション代行の手数料がかかる

オークション代行を利用するには、「必ず手数料が掛かる」ということを忘れてはいけません。

手数料は「代行手数料」が 3~5万円程度、「出品料」が 1万円程度、そして「成約料」として1万円程度が掛かることが多いです。費用は業者によって異なるものの、合計で少なくとも5万円ほどの負担は掛かります

また、オートオークション会場に車を運搬するための陸送費(往路)もプラスされるでしょう。

車の市場価値が安い場合、オークション代行を利用しても手数料が引かれてしまうので、あまり得をしないことになります。

売る車によっては、自分で下取りに出す、もしくは買い取り業者にお願いしたほうが、トータルコストは安く済むケースも多いのです。

2.オークションに出品しても売れないこともある

オートオークションに車を出品しても、必ず売れるというわけではありません。 大手会場における車の落札率は約6割~7割です。そのため、せっかく車を競売にかけてもなかなか売れないこともあります。しかも、売れなかった場合は「再出品料」として1回1万円程度の費用がかかります

さらに、車が売れずに返却してもらう場合も費用がかかり、返却時にも「陸送費」や「キャンセル料」が掛かるのです。

出品するのにおよそ5万円の費用が掛かり、そのうえ売れなかったら車の陸送費やキャンセル料といった費用も加算されます。そう考えると、オークション代行を利用しても良いのは、よほど売れる車の保有者に限定されるかもしれません。

3.出品や手続きに手間がかかる

オートオークション代行は、思ったよりも出品や手続きに手間が掛かることが多いです。

まず、オークションに出品するためには、「車の状態や相場を把握しておく」必要があります。市場価格では100万円相当の値段がついているのに、自分の車をオークションに出したところ80万しか値が付かなかったら、オークションを利用する意味がありません。

また、価格が下がった理由として「車に傷がついている」といわれた場合、事実かどうか事前にチェックしておく必要があるでしょう。オークション代行業者に頼むとはいっても、価格も車の状態もすべてお任せというのは良くありません。

そして、車のオークション代行では「名義変更」や「整備」「納車」などの手続きを自分で行う必要があります。手続きが面倒だった場合は代行してもらうことも可能ですが、やはりその分の代行費用が掛かってしまいます。

オークション代行で車を売るより買い取り業者がおすすめ!

車のオークション代行は利用することでメリットもありますが、万が一出品した車が売れなかった場合、さらにオークション代行の手数料等が掛かるといったデメリットも大きいです。

その点、買い取り業者を利用すれば、手間が掛からず、手数料も大変安いです。売れないといったリスクも少ないため、全体的に見ると買い取り業者のほうがおすすめです。

以下で買い取り業者がおすすめなメリットを3つお伝えします。

1.手間がかからない

買い取り業者を利用するのは、オークション代行に比べると「手間が掛からない」というメリットがあります。

まず、買い取り業者はネットで簡単に査定を依頼できるため、すぐに愛車の相場を知ることができます。しかも、一括査定を利用すれば、一度に複数の業者の見積もりを出すこともできるので、高く買い取ってくれる業者を簡単に見つけることができるでしょう。

そして、買い取り業者は「出張査定」を行っているのが一般的です。出張査定ならオークション代行と違い、持ち込みの手間も掛からず、陸送費が掛かることもほとんどありません。

また、手続きにも時間がかからないため、忙しい人には特におすすめです。時間をかけずに簡単に車を売りたい人にとっては、買い取り業者のほうが何かと利便性が高いでしょう

2.経費がかからない

買い取り業者は、基本的に車を売るための費用は掛からないことが多いです。

買い取り業者が車を買い取るときは、査定額から経費が引かれた金額となっていることがほとんどです。そのため、車を売る際に査定や陸送などの費用は掛からないことが多いでしょう。

ただ、小さな買い取り業者の場合、手続きに必要な印紙代や名義変更手数料として1万円~2万円程度を請求されることもあります。それでも、オークション代行に比べると、売却費用は少額で済みます

特に、車が納得した金額で売れなかった場合でも、再出品料やキャンセル料が掛かることはありません。そう考えると、買い取り業者を利用したほうが全体的にリスクは少ないと言えるでしょう。

3.高く買い取ってもらえる

買い取り業者のなかでも、特に便利なのが「一括査定サイト」です。これを利用すれば、複数の買い取り業者に同時に査定依頼ができるため、高く買い取ってくれる業者をすぐに見つけることができます。

また、一括査定サイトを利用すれば、査定額を買い取り業者間で競わせることができるため、相場より高くなる傾向があります

多数の業者が買い取り額を競い合うため、金額が徐々に高騰することもあるでしょう。そのため、下取りに出すよりも高く買い取ってもらえることが多く、オークション代行よりも得をする可能性もあります。

車を売るならオークション代行より一括査定や高額買い取りサイトがおすすめ!

オークション代行は、高値で車を売れることもありますが、手間や経費が掛かかることもあります。しかも、売れない場合は再出品料やキャンセル料が掛かることも多く、さらに経費がかさんでしまうでしょう。

そのため、車売るなら一括見積や高額買い取りサイトを利用したほうがお得なこともあります。買い取り査定の場合、ほぼすべての車が買い取りの対象になるため、売れないといったリスクはほとんどありません。

しかも、高値で買い取りをしてくれるケースが多く、手間や経費もほとんど掛からないでしょう。車を売りたい場合は、リスクの高いオークション代行よりも、ほぼ確実に売れる一括査定の利用がおすすめです。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介