自動車保険を比較するなら

カービックタウン

ネットで車を売るなら一括査定が便利!高額買取も可能!

車 売る ネット
「ネットで車を売ると高くなるの?」
自分の愛車を売るには、買い取り業者へ下取りに出す必要があります。しかし、いきなり下取りに出す前に「ネットで情報収集」することが大切です。買い取り業者はそれぞれ得意分野の車があり、いろいろな業者を比較することで、愛車をさらに高く買い取ってもらえる可能性があるからです。 自分の車を高く買ってもらうためにも、ぜひ「高額査定サイト」を利用しましょう。ここでは、高額査定サイトの使い方やメリットについて詳しく説明します。

ネットで車を売る際に利用できる査定!3つの方法を紹介

車を売る際に利用できるネット査定は、主に3つあります。それは「自動車メーカーのシミュレーションサイト」「買い取り業者のオンライン査定」そして「一括査定サービス」です。ではこれらを具体的に見ていきましょう。

1.自動車メーカーのネットシミュレーションサイト

車を下取りに出したいと考えている場合は「各自動車メーカーのシミュレーションサイト」が便利です。

例えばトヨタの車をネットで売りに出したい場合は、トヨタメーカーのネットシミュレーションサイトを利用して、どのくらいの査定額が出るのかネットで調べることができます。

利用方法は簡単で、どのメーカーも「メーカー名」「車種」「年式」を選択できるようになっています。項目を選択することにより、おおよその下取り価格を把握することができます。

ネットへ個人情報の入力も必要ないため、知りたいときに気軽に利用できて便利です。ただ、あくまでも概算なので、より正確な査定額を知りたい場合は実際に車を見てもらう必要があるでしょう。

2.買い取り業者のオンラインネット査定

「買い取り業者のオンラインネット査定」は、走行距離や車の特徴を入力して査定してもらうことができます。自動車メーカーのシミュレーションサイトよりも詳細な情報を入力するため、より正確な査定額を知ることができるでしょう。

ただ、買い取り業者のホームページでは、名前やメールアドレスなどの個人情報の入力が必要な場合もあります利用後には業者から営業メールや電話がかかってくるケースもあるでしょう。

3.ネット一括査定サービス

本気で車を高く売りたいと考えているなら、最初から高額買い取りをしてくれる業者に出会える「高額買い取りサイト」を利用するのがおすすめです。

高額買い取りサイトは、走行距離や車の特徴を入力して査定してもらうサイトですが、自動車メーカーや買い取り業者のネットオンライン査定よりも高額査定が出ることも多いです。

複数業者が査定を行うことにより、最も高い買い取り金額が算出されるためです。しかも、業者それぞれを比較して売却先を決めることもできます。

ただ、名前やメールアドレスなどの個人情報が必要な場合が多く、利用後には業者から営業連絡が多数かかってくることが多いでしょう。

ネットで車売るならまずは査定から!3つのメリット

ネットで車売るのなら「ネット査定をしてもらう」のが便利です。ネット査定なら、電話や直接出向いて行う交渉とは違い、いつでも気軽に利用できます。

複数の業者から見積もりが取れるので、高額査定を出してくれる業者をスピーディーに選ぶことができるでしょう。

1.気楽に査定してもらえる

ネット査定の良いところは、まず「気楽に利用でき、すぐに相場を知ることができる」ことがあります。

査定をしてほしいときにスマホから簡単に申し込むこともできるでしょう。また「すぐに売る予定がなくても査定が可能」というメリットもあります。とりあえず査定をしてもらい、売るかどうかはそのあとじっくり考えれば良いのです。

そして「ネットの一括査定なら、手間をかけずに複数の業者で同時に査定」も可能です。入力画面に愛車の情報を登録すれば、あっという間に複数の業者からの見積価格を知ることができます。

どの業者がどのくらいの査定額を出したか瞬時に知ることもでき、とても便利です。

2.査定額を高くしてくれる業者が見つかる

ネット上で一括査定を行った場合、ある程度の相場を知ってから売却先を選ぶことができます。たとえば、ネット査定を行ったあとに、地元の買い取り業者へ下取りに出し、あまりにも低い査定額なら堂々と断ることもできるでしょう。

さらに、一括査定の場合、複数の業者が競い合って査定額を出してくれるため、一般的な下取りよりも高くなることが多いのです。そのため、一括査定なら、直接価格交渉をしなくても、自然と高い査定額がつくというメリットがあります

3.出張査定にきてくれる

ネットで査定を依頼したあとは、詳しく査定をするために、業者が「出張査定」にきてくれるケースが多いです。

出張査定は、無料で詳しい査定が受けられ、自ら車を運転して買い取り業者へ出向く必要もなく、業者が自宅まで来てくれるケースが多いので、とても便利です

また、代理で車を売る場合も、車を運転する必要がないため、安全に査定してもらうことができるでしょう。出張査定は、自分の都合の良いときに合わせて業者が来てくれるため、忙しい人でも利用できます。

利用者の目の前で査定を行ってくれるため、信頼性も高いでしょう。

車を売るときネット査定のほうが高くなる理由2つ

一般的に、車を売るには、自分で車を業者に持ち込んで交渉するよりも「ネット査定のほうが高くなる」傾向があります。

買い取り業者を利用することには変わらないのに、なぜネット査定のほうが高値で車が売れるのでしょうか。ここからはその理由を見ていきましょう。

1.安く買いたたかれることがないから

ネット査定の場合は「買い取り相場を事前に知る」ということができるため、安く買いたたかれることがありません。ネット査定では一度に複数の業者の見積もりを出すことができるため、おおよその買い取り相場を簡単に知ることができます。

買い取り相場を知らないまま車を持ち込んでしまうと、相場より安く査定されてしまうケースもあるでしょう。

たとえば、本当は100万円程度で売れる車なのに、査定では「がんばっても80万円しかならない」と断言されてしまえば、知識のない利用者は信じてしまうこともあります。

その点、買い取り相場を知っていれば、相場と比べてどのくらい高いのかがわかります。納得のいかない金額だった場合は、売らないこともできるでしょう。そうしたことを踏まえると、あらかじめネット査定を利用したほうがお得と言えるでしょう。

2.複数の買い取り業者の査定をしてもらえるから

ネットの一括査定では、複数の業者で査定をしてもらうことにより、高く買ってくれる業者を見つけやすいメリットがあります

例えば、一見すると非常に古くて傷ついた車でも、業者によっては高い値段で買い取ってくれるケースもあります。

買い取り業者のなかには独自の海外販売ルートを持っているところもあり、年式の古い車でも高額買い取りを行ってくれるところもあるのです。

買い取り業者を1件ずつ手探りで探していくのには限界があり、最初から一括査定で申し込みをしたほうが便利でしょう。

車を売るためにネット査定を利用する場合の注意点

大変便利なネット査定ですが、利用にはいくつかの注意点もあります。

まず「ネット査定はあくまでも目安」という点です。ネット上では車の年式、メーカー、走行距離などを入力して、ある程度の買い取り金額を査定することができます。

しかし、実際に車を売るには、市場や販売ルート、車の状態によって価格が変わってきます。出張査定に来てもらったところ、当初のネット査定よりもだいぶ値段が下がってしまうケースもあるのです。

そのため「実際に車を見てもらわないと正確な査定額はわからない」ということを覚えておきましょう。

個人情報を入力して査定をしてもらうと、査定した複数の業者から営業の電話がくることも多いです。10社の見積もりをしたら10社から営業の連絡が来る可能性もあります。

売る気持ちに整理が付いていない場合は、ネット査定はもう少し待ってからのほうが良いかもしれません。

ネットで車を売るにはどうすればいい?申し込みの流れ

ネット査定で車を売る際は、まずパソコンやスマホからネット査定を検索し、気に入った一括査定から申し込みを行いましょう。すると、ある程度の査定金額を知ることができます。

次に「出張査定」を受けることになりますが、受ける前に簡単で良いので「洗車や車内清掃をしておく」こともポイントです。多少買い取り金額をアップさせることができるでしょう。

また、「複数の業者で出張査定を受ける」ことも大切です。ネット上だけでなく、実際に複数の業者に車を見てもらい、査定額を比較しましょう。

そして、いよいよ契約を結ぶとなったら「車検証自賠責保険証明書」や「自動車納税証明書」「実印印鑑証明書」「リサイクル券」などの必要書類の準備が必要です。

必要書類は利用者によっても違ってくるので、あらかじめ業者に確認を取り、事前に用意しておくのが大切です。最後に売買契約を結び、書類とともに車を引き渡すことになります。

できるだけ高く車を売る!ネット査定で比較検討しよう!

自分の愛車を売るのなら、まずはネットで、ある程度の買い取り相場を知っておくことが大切です。車がどの程度の値段で売れるのかを知っておくことで、これからの交渉も進めやすくなるでしょう。

「一括査定」では、複数の業者の見積もりを簡単に出すことができ、高額査定にも期待ができます。ライバル店の存在により価格競争が生まれるため、自分の車をより高く売ることもできるでしょう。

車を売る際は一括査定を利用し、相場よりもさらに高い値段で売れるよう挑戦してみましょう。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法