自動車保険を比較するなら

カービックタウン

車売るのをキャンセルしたい!契約解除できるタイミングと注意点

車 売る キャンセル
「車を売ったけど、やっぱりキャンセルしたい」」
車を売る契約の後どのタイミングならキャンセルは可能なのでしょうか。愛車を売る際に「本当にこの車を売るべきなのか」と迷いながら手続きをしてしまうと、のちのちキャンセルをすることになるかもしれません。しかし、車の売買契約においては、キャンセルできる時期もあれば、キャンセルできない時期や契約内容もあります。ここでは、車の売買契約におけるキャンセルの際の注意点を詳しく説明します。

車を売るを契約後にキャンセルできる?

車を売ることが決まっても「やっぱり売りたくない!」と思い直すこともあるかもしれません。

車を売ることをキャンセルすれば良いのですが、買い取り契約後でも本当にキャンセルできるのでしょうか。

車を売るときの売買契約は基本的にキャンセルできない

車に限らず、物を売ったり買ったりする決まりごとに「売買契約」があります。契約書を交わしていなくても「売主と買主が契約内容に合意した時点で成立する」します。 つまり契約内容に合意した時点で成立するため、車の売却を一方的に契約を取り消すことはできません。 車の売買に関しては「クーリングオフの適用はない」という特徴があります。 車は一般的によく検討してから購入するものと捉えられており、たとえ契約直後でも、消費者側から一方的に契約を解約することはできません。 車の売買契約を結んだあとのキャンセルは、基本的にはできなかったり、キャンセル料を取られたりすることが多いです。

車を売るときはキャンセル可能期間を確認

車に限らず、物を売ったり買ったりする決まりごとに「売買契約」があります。契約書を交わしていなくても「売主と買主が契約内容に合意した時点で成立する」します。

つまり契約内容に合意した時点で成立するため、車の売却を一方的に契約を取り消すことはできません。

車の売買に関しては「クーリングオフの適用はない」という特徴があります。

車は一般的によく検討してから購入するものと捉えられており、たとえ契約直後でも、消費者側から一方的に契約を解約することはできません。

車の売買契約を結んだあとのキャンセルは、基本的にはできなかったり、キャンセル料を取られたりすることが多いです。

車を売るキャンセルできるタイミングとは?

車の売買契約をキャンセルは、業者と交わす契約書内容によってできる場合とできない場合があります。

ただ、売買契約を交わした後でも、状況によってキャンセルできるケースもあります。

ここからはキャンセルができる場合とキャンセルできない場合にわけて詳しく見ていきましょう。

車を売った後にキャンセルできる場合

車を売るときに無条件でキャンセルできる可能性が高いのは「手元に車と書類がある」といったケースです。

たとえ契約書を交わしたあとでも、まだ自分の方に車と書類がある状況なら、キャンセルが可能なことが多いでしょう。

そして「車と書類両方を引き渡したあと」でも、車を売った直後であればキャンセルできる可能性もあります。

買取業者に車と書類を渡したが、その30分後には電話連絡を入れて、すぐにキャンセルを申し込んだといったケースです。

しかし、時間が経てば経つほど、キャンセルできる可能性は減ります。

買取業者は買い取った車を「洗車」したり、出品会場へ「陸送」したりと、何かと売る動きに入っているが多いです。

車を売った後にキャンセルを申し込んでも、対応はするが、洗車費用や陸送費用を含めたキャンセル料を請求されることがあるでしょう。

車をうった後にキャンセルできない場合

キャンセルを申し込んでも、次のような場合は対応できないことが多いです。

まず「車をすでに引き渡している場合」「決められたキャンセル期間を過ぎている場合」は、原則キャンセルすることはできないでしょう。車を引き渡した直後に連絡をすれば、キャンセルに対応してくれるケースもあります。

ただ、状況によってはキャンセル料を取られることが多いでしょう。

例えば車の「移転登録が済んでいる場合」は、すでに「車の所有者が変更されたことが公証されている」といった状況のため、キャンセルすることはできません。

そして買取業者側が、買い取った車にすでに売る準備ができている場合もキャンセルは不可能です。

たとえば「買取業者が車への修理や改造などを行った」「すでに買取業者がオークションで買い取った車を出品している」といった場合は、キャンセルは不可能です。

キャンセルすることが決まったら?車を売るときの注意点2つ!

車の売買契約をキャンセルする理由は「やっぱり売りたくなくなった」「他の業者に変えたい」など様々あります。

しかし、キャンセルするにはいくつかの注意点もあります。まずは「すぐに連絡を入れる」こと、そして「キャンセル料を確認する」ことです。

1.すぐに連絡すること

車の売買契約をキャンセルするには「すぐに連絡をする」ことが一番重要です。

業者によってはあらかじめキャンセル期間内を設けていることもあります。

たとえばそれが5日間だとしても、契約した1日目にキャンセルの連絡を入れる場合と、期間ギリギリの5日目に連絡を入れる場合、買取業者は早い連絡の方が助かります。利用者への印象も良くなるでしょう。

キャンセル期間のない業者の場合は、ますます連絡時期が重要になります。

買取業者によっては、車を引き取ったその日のうちに洗車や整備を始めることもあるため、キャンセルの連絡は早ければ早いほど良いのです。

連絡がたった1日遅れただけで、これらの洗車や整備費用といったキャンセル料が発生してしまうことも多く、連絡が遅い分だけ損をしてしまう可能性もあります。

2.キャンセル料を確認すること

車の契約時には「キャンセル料の確認」が重要です。

契約をしたときはキャンセルなんて考えていなくても、家に帰ったとたん考えが変わるケースも多々あります。万一キャンセルとなった場合、どの時点でキャンセル料が発生するのかあらかじめ確認しておきましょう。

キャンセル料は「契約書に記載されている」場合が多いため、契約書をきちんと確認することも重要です。逆に契約書に記載されていない場合は、キャンセルの連絡をする際に、キャンセル料が発生するかどうかを確認しましょう。

車を売った後にキャンセルを考えたらその時点ですぐに買取業者へ連絡することが大切です。

車を売る際にキャンセルとなるのはどんなとき?

そもそも、車を売る際にキャンセルとなるケースとは、具体的にどういった事情があるのでしょうか。キャンセルは、販売業者にとっても利用者にとってもメリットになることはほとんどありません。

あらかじめキャンセルをしないよう、事前に具体例を知っておきましょう。

車を売るときにキャンセルとなるケース

キャンセル理由で最も多いのは「契約後に相場よりも低い査定額だったことに気が付いてキャンセルする」「他店でもっと高く買い取ってくれることがわかり、キャンセルする」といった例です。

最初からある程度、愛車の買い取り価格を知っておくことができたら、わざわざキャンセルをする手間もなくて済むでしょう。つまり、車の買い取りを依頼するのは1社だけではなく、さまざまな業者の見積もりを出しておくのが重要です。

このほかのキャンセル事例は「愛車を手放すのが惜しくなってキャンセルする」「家族の同意を得られずにキャンセルする」といったことがあります。

車を売るときにキャンセルしないための注意点

車を売るときのキャンセル理由で多いのが「査定額が低いことに気づいた」といったケースです。こうしたことを防ぐために、車査定はできるだけ複数の買取業者でしてもらうことが重要です。

「車の一括査定サイト」を利用すれば、一度の車査定で複数の買取の業者の見積もりを出すことができます。そのため、愛車がどのくらいの車査定額になるのか簡単に知ることができるでしょう。

最も高い値段をつけてくれる業者とスピーディーに知り合うこともできるので、車を売る際にも損をすることはありません。ムダなキャンセルを防ぐためにも、買い取りを依頼する際は一括査定をぜひ利用しましょう。

車を売る前に「家族の同意を得る」ことも重要です。車は家族にとっても大切なものであり、独断で判断すると後でトラブルに発展することもあります。家族でしっかりと話し合い、全員が納得したうえで車の売買契約を行いましょう。

車を売るのをキャンセルする場合は早めに連絡を!

車の売買契約をしたあとに「やっぱり売りたくない」「他の買取業者に車を売りたい」と気が変わることもあるかもしれません。

しかし、車の売った後はキャンセルが難しいケースもあり、状況によってはキャンセル料が掛かったり、キャンセル自体が不可能だったりすることもあります。車売る際は本当に売却して良いのか、じっくり検討してから行動するようにしましょう。

そのうえでどうしても契約を破棄したい場合は、できるだけ早く業者へキャンセルの連絡をすることが大切です。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法