自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 事故歴のある車でも売れる可能性あり!査定サイトを利用して高値で売却

事故歴のある車でも売れる可能性あり!査定サイトを利用して高値で売却

事故車売る
「事故を起こしてしまった車は高く売ることができない…」
事故歴のある車は、ディーラーでは売れないことが多く、買い取り業者に委託しても、買い取り金額がかなり安くなってしまいます。ただ、事故歴のある車といっても、ドアがへこんだだけの場合と、フロント部分が大破した車では、買い取り価格に大きな差がつくこともあるでしょう。ここでは、事故歴のある車を売るためにはどうすればよいのか具体的に紹介します。事故歴があってもできるだけ車を高く売るために、ポイントをおさえておきましょう。

事故歴のある車とは?当てはまる車の判断基準を解説

そもそも「事故歴のある車」とは、具体的にどのような車をいうのでしょうか。事故を起こし死傷者を出してしまったような車なら、事故歴のある車といえそうです。

しかし、軽く接触事故を起こした場合でも、事故歴があるとみなされるのでしょうか。

事故歴のある車とは事故に遭い、修理をしたことのある車

事故歴のある車とは、広い意味で「事故に遭い、修理をしたことのある車」をいいます。ただし、査定に大きく影響するのは、事故により「車体のフレーム部分を交換や修復したことのある車」です。こうした経歴を持つ車のことを「修復歴車」といいます。

修復歴車の定義は、自動車公正取引委員会や日本自動車査定協会、日本中古車自動車販売商工組合連合会で、細かく定められています。

修復歴車とは具体的にいうと「フレーム」や「フロントインサイドパネル」「ルーフパネル」といった車の骨格(フレーム)部分を交換したり、修正・補修したりした車のことです。

これらの骨格部分は車の強度に影響する部分といわれており、修理をしたことで事故歴のある車とみなされます。

事故歴があっても傷の修復や部品の交換だけなら事故車にはならない

事故歴がある車でも、傷の修復や部品の交換だけで終わった場合は、修復歴車には含まれないことが多いです。

逆に、フレームや車の根幹部分といった車の骨格部分の修復がある場合は、修復歴車としてみなされます。例えば、車同士の接触事故があっても、おおきな擦り傷で済んだ場合は修復歴車にはならないでしょう。

中古車業界では、修復歴がある車は「告知義務」がありますが、修復歴車に含まれない事故車は告知義務がありません。

先ほどの擦り傷を直したことがある車は、修復歴車ではないので、売る際に事故を起こしたといった申告は必要ありません。しかし、修復歴がある車で事故の告知をしなかった場合、告知義務違反に当たることもあります。

車を売るときに事故歴のある車が安くなる理由

車売るときに事故歴のある車が安くなってしまうのは、以下のような理由があるからです。

まず中古車を購入する人の多くが「事故歴のある車は、安全性に問題がある可能性が高いため避けたい」と考えるため、事故歴のある車は買い取ってくれなかったり、査定額が下がったりします。

一度事故を起こした車なんて縁起が悪いといった、心理的な問題もあるでしょう。

そして、車の骨格にあたるフレーム部分の損傷は、走行やブレーキに影響することも考えられ、査定額は安くなります。また、購入後に万が一不具合が起きた場合、メンテナンスや修理に費用がかかるため、査定額はどうしても安くなってしまいます。

事故歴を隠して車を売るのはトラブルのもと

事故車を売る際に、事故歴を隠して買い取りをお願いした場合、車の売却にトラブルが生じることになるでしょう。事故歴のある車はどれだけ修復しても見抜かれることが多く、申告をしないことで売るようなことをすると、売買交渉はうまくいきません。

結果的に自分が損をすることにもなるでしょう。

事故歴は抹消できない

一度修復を行った車は「事故歴(修復歴)」が残り、廃車まで抹消することはできません。いずれは売却して新しい車に買い替えたいと考えている人にとって、事故歴が残るのは大きな痛手です。

車を買い替えるタイミングでは不利な条件で売却しなければならないでしょう。

また、この事故歴は、自分が運転に気をつけていれば良いというわけではありません。後ろから他車に追突された場合でも、事故歴として残りますし、駐車場に止めていた際に当て逃げされて修復する羽目になるケースもあります。

事故歴(修復歴)は、優れた修復技術により見た目にはわからないほどに修復できたとしても、事故歴自体を消すことはできません。

事故歴は査定時に見抜かれる

事故歴(修復歴)は、どんなにきれいに修復しても、査定時に見抜かれることほとんどです。

日本の板金技術はすばらしいものがあり、車に大きな損傷があっても新車同様に直してくれる修理業者が多いでしょう。

しかし、見た目的にはどれほどきれいに修復しても、専門の査定士には事故歴のある車ということはすぐに分かってしまいます

そのため、事故歴のある車を売る際には、修復歴があることは隠さず、きちんと伝えましょう。修復歴は売却時に告知する義務があり、それを怠ると返金や契約解除といったトラブルに発展する可能性もあります。

修復歴を隠したまま売却すると、売買交渉における信頼関係がなくなり、値段交渉にも大きく不利になります。そのため、事故歴はしっかりと申告することが重要です。

事故歴や修復歴のある車でも売ることはできる?

事故歴のある車でも、状態や車種によっては買い取ってもらえることも多いです。車の価値がそもそも高いものであったり、海外で需要の高い車だったりすると、事故車でも売れる可能性はさらに高いでしょう。

また、一括査定サイトを利用することにより、事故車を買取ってくれる業者も見つけやすくなります。

需要がある車種か確認する

修復歴のある車でも「人気の車種」や「マニアが好む車」は買い取ってもらえることが多いでしょう。たとえば「スポーツカー」や「クラシックカー」「限定車」といった車種は、そもそもの販売台数が限られており、中古車としての流通も少ないでしょう。

そのため、たとえ修復歴のある車でも欲しいと考える人は多く、需要が高いと言えます。逆に、街でよく見かける軽自動車などは、事故歴のない中古車もたくさん流通しています。

そのため、簡単に入手しやすい車ほど事故歴があると買い取ってもらえないケースもあります。

海外の販売ルートを持つ業者に相談する

国内では敬遠されがちな事故車ですが、海外では事故車であっても人気が高い傾向にあります。

特に海外の新興国においては、日本車の需要が非常に高いです。日本の車は性能や安全性が高く、メンテナンスも良いため、たとえ事故車であっても需要が高いのです。

大事故を起こして修復が難しいケースでも、海外では事故車の部品を売り、再利用することもあります。そのため、事故車を売るのなら「海外の販売ルートを持つ買い取り業者」を選ぶのも良いでしょう。

高額見積もりサイトを利用して査定を行う

事故車を売るなら「高額見積もりサイト」を利用するのがおすすめです。

高額見積もりサイトは、一括査定見積もりともいわれ、ネット上から簡単に車の査定ができます。車の車種や年式といった情報を登録するだけで、最初から「高額買い取りをしてくれる業者のみ」を紹介してくれます。

そのため、買い取りをしない業者を簡単に省くことができ、スピーディーに自分に合った業者を見つけることができるでしょう。下取りでは値段が付かない車でも、高額で買い取ってもらえることもあります

独自の海外ルートを持った業者も多く、廃車にしようと思っていた事故車でも、意外な高値が付くことがあるのです。事故車を売ることを検討しているのであれば、高額見積もりサイトを利用すると良いでしょう。

事故歴のある車を売るなら高額査定サイトで見積もり!

事故歴のある車でも、修復の状態や車種、業者によっては買い取ってもらえることも多いです。それには「事故歴がある」ということをしっかりと申告し、売買取引に信頼関係を築いて交渉することが大切でしょう。

また、事故歴のある車を売るには「高額査定サイト」がおすすめです。自分で事故車を買い取ってくれる業者を探すのは大変ですが、高額査定サイトなら、事故車でも買い取ってくれる業者だけを厳選することができます。

しかも、高値をつけてくれる業者を一度で見つけることができ、とても便利です。事故歴があってもあきらめないで、ぜひ高額査定サイトを利用して車を高値で売却しましょう。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法