自動車保険を比較するなら

カービックタウン

車を売るときにナビはどうするべき?査定額を高くする方法

車 売る ナビ
車を売る際にナビをどうすれば査定額が高くなる?

車を売却するときに査定額を高くするにはカーナビをどうしたらいいか迷いますよね。

また、カーナビにも純正品であったり、最新機能であったりすると査定額が上がるケースが多いでしょう。

しかし逆に、ポータブルナビや古い型式のナビの場合、査定額にマイナスの影響を与えてしまうケースもあります。

このサイトでは、カーナビ付きの車を売る際に査定額を高くする方法を詳しく紹介します。

査定額が高くなるケースと低くなるケースを紹介

カーナビには純正ナビと言われる、自動車メーカーが販売しているカーナビがあります。

カーナビは高額で購入する必要があるため、高い値段で売れると思いがちです。

しかし、純正ナビは査定額が高くなるになるケースもありますが、実は査定額が低くなってしまうケースもあります。

カーナビをどのような状態にすれば査定額が高くなるのかや、少しでも査定額を高くするための方法を紹介していきます。

査定額が高くなるケース3つ

査定額が高くなるケースは3つあります。

まず1つ目が、純正ナビを装着したまま売るケースです。
純正ナビには、メーカーライン装着ナビとオプションナビがあります。
メーカーライン装着ナビは車の製造過程で取り付けられているため、取り外しができません。
そのため売却したい車にメーカーライン装着ナビがある場合は、取り外さずに装着したまま売りましょう。

次に2つ目が、インダッシュ型と言われる埋め込み型のナビを売るケースです。
メーカーライン装着ナビも販売店で装着されるオプションナビも、インダッシュ型と呼ばれる埋め込み型が一般的です。
このインダッシュ型のナビはダッシュボードの中に付けるタイプであることから見た目もすっきりしているため、査定額が高くなりやすいでしょう。

さらに3つ目が、最新のHDDやSDが搭載されたナビがあるケースです。
これらの機能があるナビは、カーナビ自体は古くても、ナビの内容は新しいものに更新できるため、査定額が上がる傾向があります。

査定額が低くなるケース3つ

純正ナビであっても査定が低くなってしまうケースは3つあります。

まず1つ目が、メーカーライン装着ナビの無理な取り外しによってエアコンやハザードに悪影響を与えてしまうケースです。
そもそもメーカーライン装着ナビは取り外すことができません。
そのため無理やり取り外そうとすれば、エアコンやハザードの動作に悪影響を与えてしまう可能性を否定できません。

そして2つ目は、カーナビの地図ソフトや取扱説明書がないケースです。
売却する車を新しく利用する人のことを考えると、更新できるソフトや取扱説明書があったほうがよいでしょう。
そのため地図ソフトや取扱説明書がない状態で査定を受ければ、査定額が低くなる要因に繋がってしまうでしょう。

最後に3つ目が、販売店で装着されるインダッシュ型のオプションナビの取り外しによってその形跡が残ってしまうケースです。
インダッシュ型のオプションナビは取り外すことはできるものの、取り外した形跡が残ってしまえば査定額を低くしてしまうことに繋がってしまいます。
これまで使っていたナビを新しい車で利用したい場合は、取り外した跡が残ってしまわないように慎重に取り外しましょう。
もしインダッシュ型のナビを取り外すかどうか迷っている人がいれば、取り外さないことをおすすめします。

外付けポータブルナビの場合はプラス査定にならない!

ポータブルナビを売却したい車に装着しているケースは基本的に査定額が高くなることがありません。

ポータブルナビとは、純正品以外の後付けナビです。

純正ナビは数十万するのに比べ、ポータブルナビの場合は2~5万程度と比較的安い価格で購入できるため基本的に査定額が上がることはありません。

ちなみに、ポータブルナビの場合は、取り外しても跡が残らないことが多いです。

そのため、取り外して新しく購入した車に付けたり、単品で売ったりすることも可能です。

ポータブルナビを売りたい場合は、取り外したものをオークションサイトなどで売るほうが良いでしょう。

ナビを付けたまま車を売るときは初期化を忘れずに!

車売るときに、忘れがちなのがカーナビの初期化です。これを怠ってしまうと、次に車を購入した人に、自分の個人情報が全部知られてしまう危険性もあります。

すべての買い取り業者がナビの初期化を行ってくれるわけではないので、ナビ付きの車を売る際には必ず初期化を行いましょう。

売却前に初期化する

カーナビには個人情報が記載されているため、カーナビの初期化を忘れずにしましょう。

カーナビには、自宅の住所や目的地の履歴、登録地などの情報がデータとして残っています。

またよく音楽を聴く人は、CDからダビングした音楽データが残っていることもあります。

もしカーナビを初期化して消すことをしなければ、次の車の所有者にいろいろな個人情報をすべて知られてしまいます。

そのためにもカーナビの初期化は忘れずに行いましょう。

初期化の方法を確認する

カーナビを初期化は、取扱説明書やメーカーのホームページでやり方を確認して行いましょう。

メーカーによれば自宅の住所や目的地などの個人情報を一括消去できる機能もあります。

その代表的な操作方法が工場出荷時の状態に戻すという手法です。

この手法では画面上から簡単に選択できるカーナビが多く、個人情報を一括操作で消去することができます。

一つ一つの情報を消していくのは非常に時間がかかってしまうため、最初の状態にするのが一番簡単な方法と言えます。

次の車の所有者に個人情報をしられないようにするためにもカーナビの初期化は忘れずに行いましょう。

ナビやETCなどのパーツはプラス査定になる?車を高く売るコツ

車を購入したとき、純正のナビETCをそろえた人も多いかもしれません。

これらの付属品は、しっかりとパーツ品をそろえることにより、車を売るときに査定額が高くなるケースがあります。

まずは車を売る前に、各備品がそろっているかチェックしてみましょう。

純正品がそろっているか確認してから売る

購入時に付いていた純正の付属品は、すべてそろっていないと査定額が下がってしまうケースがあります。

確認すべき付属品を紹介していきます。

まず保証書整備手帳取扱説明書などの購入時に受け取った書類が必要です。

次に高価な付属品としてカーナビETCオーディオといった純正品があります。

また、これらを使用する際に使うリモコン説明書も大切に保管しておきましょう。

そして車の整備用品として純正の発煙筒スペアタイヤジャッキ工具などがあります。

発煙筒は使用期限があるため、使用期限を過ぎている場合は査定額が高くなりません。それでも一式付属品がそろっていることは、買取業者に好印象を与えることにもなるでしょう。

最後にスペアキーも忘れてはなりません。スペアキーの多くは電子キーとなっていることが多く、これがあるとないとでは購入者の負担が変わってくるので、大切な備品となります。

社外品を取り外して売る

車を売るときは純正備品があると査定額が上がりますが社外品があっても査定額はあまり変わりません。

基本的に車を売却する際の査定額は、純正品のパーツが揃っている状態で購入したときの状態に近いほど高くなるからです。

しかし社外品のパーツはあまり査定額に影響しないため、取り外して車とは別に売ったほうがお得になるケースが比較的多いです。

ただ業者の中には社外品のパーツでも査定額をあげてくれる場合もあります。

特に社外品でも高価なものは買い取ってくれるケースもあるので、相談してみると良いでしょう。

また社外品パーツを無理に取り外したせいで、車内にキズや汚れが残る場合もあります。

こうしたケースが予想されるのであれば、取り外さないほうがよいことでしょう。

一括査定を利用して売る

売却したい車に純正備品が少ない場合は査定額を上げることができないかもしれません。

しかし一括査定を利用すれば、業者によっては社外備品でも査定額を上げてくれる可能性があります。

一括査定は、ネット上から簡単に複数の業者へ買取査定ができるので、査定額が高い業者を簡単に見つけることができます。

例えば、最新機能がついたカーナビやオーディオがあれば、それを別途で査定して高い値段で車を買い取ってくれる業者もあります。

一括査定なら、査定に手間がかからず、下取りよりも高額査定になることが多いです。

純正備品がある人でも、一括査定は業者の間で価格競争が生まれりことで査定額が高くなるため、メリットが多いでしょう。

車を売るときはナビの取り扱いに注意しよう!

ナビ付きの車を売るなら、査定額が最も高い業者へ車を売却するのがお得です。

査定額が最も高い業者を探すには、一括査定を利用して複数の業者から見積もりをするが最もよいでしょう。

そうすることで車の買い取り価格を知ることができ、結果的に一番高い値段をつけてくれた業者へ車を売ることもできます。

またナビ付の車を売る場合は、ナビの種類や状態によって査定額に影響を及ぼすこともあります。

そのためいつか車を売却したいと考えているのであれば、できるだけ高く売れるコツを知っておくことが大切でしょう。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法