自動車保険を比較するなら

カービックタウン

10年落ちの車を高く売る方法!下取りに出す前に一括査定

「10年以上経っているけど高く車を売りたい!」
一般的に、車は10年以上経つと売却できないといわれています。高級車でも10年経つと見た目も古くなり、機能も決して最新とはいえないでしょう。しかし、実際に10年落ちの車を売ると、思いのほか高く売れることもあります。10年以上経過した車でも、車種やその乗り方によっては高値が付くケースもあります。ここでは、10年落ちの車を売却するためのお得なコツを紹介します。

10年落ちの車は売れない?買い取ってもらえない理由とは?

10年落ちの車は、買い取りに出してもあまり売れることがなく、値段がつかないといわれています。

なぜなら「修理費が掛かる」安全性に懸念がある」「部品の消耗が激しい」といった理由があるためです。

では、10年落ちの車が売れない詳しい理由や、年式別に見た査定額などを見ていきましょう。

10年以上の年式の古い車が売れない理由

中古車を売る際は年式が古くなるほど買い取り価格が低くなります。10年落ちの車が売れない理由は次のようなことが多いです。

まず「メンテナンスや維持費、修理費などの費用がかかる」といった点です。年式が経った車はあちこち劣化していることも多く、新しい車に比べると修理費用が掛かることが多いです。

買い取りをしてもこれらの維持費にコストが掛かるため、高値で買い取ってもらえることは少ないです。

そして新しい車に比べると「走行や安全性に懸念がある」「燃費やカーナビの性能が悪い」ということが言えます。車の性能は日進月歩、次々に新しい性能が生まれています。

「年式が古いほど走行距離が長く、部品の消耗が激しい」ことも言えます。走行距離が長いとそれだけ車も劣化しているとみなされ、10年以上前の車だと部品が製造されていないケースもあるでしょう。

こうしたことから、10年落ちの車は売れないといわれています。

年式別に見る車の売却査定額の目安

一般的に、車は年式が古くなるほど査定額は下がります。

年式別に買い取り価格の目安を見ていくと、1年落ちで「20~30%減」3年落ちでは「40~60%減」5年落ちで「60~80%減」といわれています。

車によってはたった3年しか乗っていなくても、買い取り価格は新車相場の半額になってしまいます。しかも、5年経つと新車相場のおよそ2割程度だけの価値になってしまうこともあります。

そのため、10年落ちの車は査定額がゼロになってしまうこともあるでしょう

年式10年以上の車でも売れるケースってあるの?

年式10年以上の車は売れないといわれていますが、実は車によっては10年以上経過しても売れることもあります。

なぜ古い車なのに売ることができるのでしょう。ここからは、10年落ちの車が売れるケースを詳しく見ていきましょう。

10年落ちの車でも海外でなら売れる


10年落ちの車であっても「海外でなら十分売れる」ということは多いです。

日本の中古車は、もともと性能が良いうえ、メンテナンスもしっかりされているため、海外で人気があります。

特に車の技術開発がまだ発展途上の新興国では、日本車は非常に人気が高いです。

日本ではすでに限界を超えていると思われるような古い車でも、海外では修理を繰り返しながら大事に使われています。

10年落ちの車はもちろん、走行距離が長い車や、多少キズがある車でも売ることは可能です。こうした海外からの需要が高いことから、古い車でも買取してもらえることがあります。

部品としては10年落ちの車でも売れる

車そのものとしての需要がなくても「個々の部品が売れる」ケースは十分考えられます。

車はおよそ3万ものパーツで作られています。車自体はもう走ることができない場合でも、それらのパーツを分解し、再利用することは可能です。

しかも、海外においては「中古車の修理用」として部品の需要が高く、高値で売れることも多いです。エンジンやバッテリー、バンパーなどをリユースすることはもちろん、鉄や樹脂などの廃材も、リサイクル資源として売れています。

こうしたことから、10年落ちの古い車でも部品として売ることは可能であり、車の車種によっては高い値段で買取されることもあります。

人気のある車種であれば10年落ちの車でも売れる

古い車であっても「人気のある車種」であれば売れることが多いです。

たとえば、日本車のなかでも「知名度の高い高級車」は海外において人気が高いです。

10年落ちの車であっても、日本製の高級車は耐久性にすぐれ、壊れるといったトラブルも少ないため高値で取引されることがあります。

商用車としても使える「ワンボックスカー」は、新興国などにおいて需要が高いです。たくさんの荷物を積んで険しい山道を走ったとしても、日本製のワンボックスカーは故障することも少ないため、古い車でも高く売れています。

国内でも「輸入車」や「スポーツカー」「クラシックカー」といったマニアが好む車は売れる傾向にあります。このような車は、10年以上経過していてもビンテージものとして扱われることも多く、買い取り価格が高いこともあるでしょう。

10年落ちの車を売るなら買取と下取りどちらがいい?

古い車を売るには、買い取り業者による「買い取り」方法と、ディーラーによる「下取り」にわけることができます。どちらの方法が良いかは、車を売る人の状況によって違うようです。では両者の違いについて詳しく見ていきましょう。

買取のほうがいいケース

古い車を売るのに「買い取り」を選んだほうが良いのは、次のようなケースです。

年式が古くても「人気のある車種を売却する」といった場合です。市場で人気のある車種は、業者間で買い取り競争が行われることもあり、高値で売れる可能性もあります。

そして「次に車を購入する予定がない場合」「車に乗れない期間があっても問題がない場合」も買い取りがおすすめです。

たとえば、高齢でもう運転はしないと決めたケースなら、次の車を購入する必要はありません。この場合じっくりと買い取り業者を選ぶことができ、多少時間を掛けてでも複数の業者に査定をお願いすることもできるでしょう。

次の車を慌てて購入する必要もないため、自分の都合の良いときに買い取り業者に依頼することができます。

下取りのほうがいいケース

「下取り」を選んだほうが良いケースは、次のようになります。

まず「なるべく手間をかけずに早く売却したい場合」です。ディーラーの下取りなら複数の業者と比べることなく、ディーラーだけに見積もりを出してもらい、手続きもある程度任せることができます。

他社と比べることがないため売値は低い傾向にあるでしょう。それでも、何社も見比べる必要がなく手間が掛からないといったメリットがあります。

「通勤や仕事などで1日でも車がないと困る場合」も下取りのほうが良いでしょう。下取りの場合、新しい車が納品されるまで古い車に乗れることがあります。

最後に「年式の古い車や走行距離が長い車」の場合も、下取りのほうがメリットは高いこともあります。買い取りでも可能ですが、業者によっては値段をつけてくれないこともあるでしょう。

下取りなら「次の車を購入してくれる」という観点から、多少なりとも値段をつけてくれる場合があります。

買取と下取り査定を比較

古い車売るときは、下取りで売る場合と買い取りで売る場合との査定額を比較してみることが重要です。

年式の古い車の場合は、海外への販売ルートがある「買い取り業者」のほうが高く査定してもらえることが多いでしょう。自動車ディーラーでの下取りだと、販売ルートが国内のみの場合が多く、価格がつかないこともあります。

どちらがお得か断言することは難しいものの、いろいろな販売レートを持っている買い取り業者のほうが、買い取り価格が高くなる傾向はあるでしょう。

車が日常的にないと生活に支障が出る場合は、ディーラーの下取りのほうがメリットは大きいです。しかし、高値で車を売りたい場合は、積極的に買い取り業者を検討したほうが良いかもしれません。

10年落ちの車を高額査定してもらうには?一括査定サイトのメリット

10年落ちの車を査定してもらうには、高額買い取りのサービスである「一括査定サイト」を利用すると良いでしょう。

一括査定サイトは、web上から必要項目を入力するだけで車の査定ができる便利なサービスです。車の情報を登録するだけで、複数の業者のなかから高額買い取りをしてくれる会社を紹介してもらえます。

自分で1件ずつ業者に買い取り査定をお願いする必要もなく、画面上である程度の査定額が分かるので手間がかかりません。しかも、年式の古い車でも、高額で買い取ってくれる業者が見つかる可能性が高いです。

業者のなかには独自の海外販売ルートを持っている会社も多く、一括査定を行えば、そのような会社にヒットすることができます。廃車にしないとダメだと考えていた古い車でも、一括査定を行うことにより高値で買い取ってもらえるケースもあります。

10年落ちの車を売るなら高額査定サイトがおすすめ!

10年落ちの車でも、車種や買い取り業者によって高く売れることは多いです。また、たとえ人気の少ない古い車でも、海外で売ることができたり、部品としての存在価値が高かったりするケースもあります。

まずは売ることを諦めず、ディーラーの下取りや買い取り業者で査定をしてみましょう。

そして、古い車こそ「一括査定サイト」がおすすめです。一括査定なら、10年落ちの車でも高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいでしょう。車を業者に持ち込む必要なく、訪問見積もりを行ってくれるケースが多いので忙しい人にもピッタリです。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法