自動車保険を比較するなら

カービックタウン

ローンが残っているけど車を売りたい!車売却のための裏技を公開

車 売る ローン
「ローンが残っている車でも売れるの?・・」
ローンは返済中だけど売却したいと考えている人は結構多く、ローンが残っているから、完済しないと売却できないと諦めている人もいるようです。 しかし、購入した車のローンが残っていても、売却は可能です。今回は、ローンは残っているけど、車をお得に売る方法や売却に必要な手続きなどを詳しく紹介していきます。

ローンが残っている車でも実は売れる!まずは名義を確認

車を購入して、たとえローンの支払いがあっても車の売却は可能となっています。

法律では車を売却する権利は所有者になっているからです。購入した車の所有者を確認する必要がありますが、車の所有者が売却する本人ならば問題ありません。

しかし、車検証の名義が本人以外の場合は手続きを行わない限り売却は不可能です。そのため、「車の所有者が本人や家族名義なのか」「店舗側の名義なのか」を知る必要があります。

名義の確認は、車検証の所有者欄で知ることが可能です。

車の名義が本人または家族の場合はローンがあっても売却できる

売る車の名義が本人の場合、本人が確認できて売却の意思があればローンが残っていても売却可能です。また、家族名義の場合や本人以外が売却手続きを行うときは、委任状などの書類があれば簡単にローンがある車を売ることができます。

しかし、売却をしてもローンの支払いは完済まで発生するので注意が必要です。

ローンの内容によっては売却ができないケースもあります。例えば、ローンを組んだときの規約内に完済まで売却は禁止と記載されているケースです。

名義が本人でも、規約違反となるので車を売ることはできません。ローンが残っている状態で車の売却を検討する場合は、ローンの規約にも目を通す必要があるでしょう。

車の名義がディーラー・信販会社・クレジット会社になっている場合は売却できない

購入した車の名義が、ディーラー・信販会社・クレジット会社等の名義の場合は、ローンがある車を勝手に売却することはできません。

車の名義が会社や店舗側にあり売却するには、所有権を自分名義に変更するしかありません。

ローンがある車の所有権がディーラー・信販会社・クレジット会社等の名義であっても、所有権は解除することができます。

所有権を解除するためには、売却した金額をローン返済にあてることが条件です。ローン返済にあてるという条件を満たせば、車の所有者を本人に変えることができるので残りのローンがある車でも売却することができます。

ただし、重要な点は売却後のローンの残金です。例えば、売却金額がローンの残金に達していない場合、ローンだけが残る可能性があります。

次の車を検討する場合やローンをすでに組んでいる場合は、新たにローンを組みにくくなるので注意が必要です。また、車がないのにローンだけが残るので売らない方が良かったということもあります。

ローンの残金と売却金額を売却前にしっかりと調べて検討することをおすすめします。

ローンのある車を売るための名義変更に必要な書類5つ

ディーラー・信販会社・クレジット会社等から所有権の解除を行うためには、特別な書類が必要となってきます。

家族名義を本人名義に変更する場合よりも書類の枚数や種類も増えるので、事前に調べて用意しておきましょう。

1.自動車検査表(車検証)

所有者を特定するために、車検証が必要です。車検証は、車検が切れていない有効なものを用意しましょう。

車検が切れている場合は、車検を通さなければ有効な書類として認められないので注意が必要です。また、車の所有者が本人や家族名義でないことがわかることも前提条件となります。

2.印鑑証明書

所有者の解除で必要な印鑑証明書は、発行から3カ月以内のものが有効とされています。

本人だけでなく所有者側の印鑑証明書も必要なので、事前に売却の相談をしておくとスムーズです。印鑑証明書は売買契約をする際にも必要なので、事前に準備しておくと良いでしょう。

3.委任状

委任状は、車検証の所有者と売却したい本人のものが必要です。注意点は、発行した印鑑証明書と同じ実印が押されていなければなりません。

そのため、印鑑証明書と委任状の印鑑が同じものかを確認しておきましょう。

また、委任状には車体番号と移転登録を委任する旨を含めなければなりません。印鑑同様に記入漏れがないかも確認が必要です。

4.納税証明書

必要書類の中には、納税証明書も必要です。なぜなら、名義変更には自動車税を納めていることが条件だからです。車検をする場合でも、納税証明書が必要です。

そのため、納税証明書をなくすケースは少ないので事前に準備しておきましょう。また、売却をするからと自動車税を納めていない人は、必ず支払っておくことが大切です。

自動車税は、4月時点で車を所有している人は納付義務があるので、今後ローンを組む際にも重要となってきますので未納は避けましょう。

5.譲渡証明書

譲渡証明書は、ディーラーやローン会社から発行してもらえます。主に、いつ契約を交わしたのかを証明するものです。譲渡証明書には、必要書類の印鑑証明書と同じ実印を使用しなければなりません。

自分で用意するものでないですが、知識として理解しておきましょう。また、譲渡証明書は、その場で発行できるものではありません。

そのため、スムーズに名義変更をしたい人は、事前に所有者へ連絡し用意してもらっておきましょう。

車の名義変更に使うその他書類

事情により、車検の記載内容と現状の住所や名前が違う場合は、住民票や戸籍謄本が必要です。未成年の場合は、戸籍謄本や両親どちらかの同意書や印鑑証明書が必要でケースによって変わってきます。

中には、ナンバーの番号や図柄を自分で選んだ場合は、希望番号予約済証が必要なケースもあります。

車検証の内容を有効にしなければ名義変更ができないので所有権を解除するローン会社やディーラーと相談して必要書類を用意しましょう。

車を売ることはできても残ったローンはどう返済すればいい?

売却後の残ったローンの完済方法は一括返済、ローン返却サービスの利用など複数の種類から選ぶことが可能です。

完済方法を事前に知っておけば、生活の支障になりにくいケースもあります。

ローンを一括で返済する

最も、知られておりスムーズに済む返済方法が一括返済です。残っているローンを完済してしまえば、問題も少なく済みます。

主に、残りのローン金額が少ない人やボーナスなど生活に支障がでない程度のお金を持っている人が望ましいでしょう。

ローンの利子を考えても一括返済ができるのであれば積極的に行うとお得です。

車を売った費用で返済する

車の買取業者の中には、売却金額からローン残高を引いてくれるサービスがあります。

ローン返済サービスと呼び、買取金額がローン残高を超えていれば、売却とローンを同時に済ませられる点がメリットです。

しかし、買取金額がローン残債を下回ることもあります。その場合は、残ったローン金額を自分で支払うか、残高分を他社から借りる方法があります。

新たに借りる方法は、利息が高くなるケースがあるので確認しておきましょう。

残ったローンは次に買う車のローンに上乗せする

ローンが残っていても、車を買い替える場合はローンを完済する必要はありません。なぜなら、ローンの完済をしない代わりに、ローン分を新しい車の支払い分に上乗せするからです。

しかし、このローンを上乗せする買い替え方法を有効にするためには、売却予定の車と新たに購入する車の店舗が同じことが条件となります。また、店舗によってできないこともあります。

さらに、上乗せした場合よりも、ローン残高を別で完済した方がお得になるケースもあるので売却額をよく理解しておくことが大切となります。

残った金額分だけ新たにローンを組む

売却する店舗と新たに購入したい店舗が違ってもローンを組み直すことも可能です。この場合は、借り換えという方法を活用します。

借り換えをすることで、残ったローン金額を他社の買取店が新たな車のローン分に上乗せをしてくれる仕組みです。

残ったローンは、新たに組んだローン会社が負担してくれるので、完済したことになります。ただし、すべての買取業者が借り換えと上乗せをしてくれるわけではありません。

サービスにローン残金を借り換えできるかを事前に聞いておきましょう。

ローンがある車を売るならディーラーではなく買取業者

ローンのある車を売却するのであれば、買取業者の方がおすすめです。下取りと買い取りでは、圧倒的に買い取りの方が高額査定を受けられるからです。

車種にもよりますが、種類によって高額査定になるケースがほとんどとなっています。手続きが面倒だからといって下取りをお願いすると、後々後悔することもあるのです。

高額で査定してくれる買取業者はないか自分で必ず調べることが大切となります。面倒かもしれませんが、差額は5万円以上変わってくるのでしっかりと検討しましょう

ローンが残っている車を売るなら「車査定・買取の窓口」へ

ローン残高を1円でも減らしたい人は、必ず買取業者で売却を検討しましょう。おすすめは、「車査定・買取の窓口」で一括査定とは違いメリットも多い傾向にあります。

「車査定・買取の窓口」では、複数社かランダムに業者を選定する方法ではなく、条件にあった買取業者を1社選定してくれるサービスです。

電話対応に追われる心配もなく、高額査定に期待できます。査定金額と売却金額を比較して、売却先を決めると良いでしょう。

積極的に「車査定・買取の窓口」を利用することをおすすめします。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ