自動車保険を比較するなら

カービックタウン

車が高く売れる時期はいつ?おすすめの売却タイミングを解説

車 売る 時期
車を売るのに最適な時期はいつなの?
車の売却額は時期によって大きく違うのをご存じですか。どうせなら、高く売れた方がうれしいですよね。そのためには、車が高く売れる時期を見定める必要があります。また、売る時期に加えて、税金や車検の知識を深めておかなければ大きな損につながってしまうケースあるのです。さらに、売却は時間との勝負ともいえます。そのため、素早く高額査定してくれる業者を選ぶことも重要です。今回は、車が高く売れる最適な時期や税金、車検など失敗しない売却方法について紹介していきます。

車を売る最適な時期は1~2月と9~10月

車を売るなら1・2月と9・10月がおすすめです。この時期は、他の時期に比べて車の需要が高くなる傾向があります。そのため、他の時期よりも車に高値が付くのです。

なぜ、1・2月と9月・10月は車の需要が高くなるのでしょうか。その理由について以下で詳しく説明していきます。

新生活に向けて車の需要が増える

1・2月と9・10月が車を売るのに最適な理由として、新生活の始まりが関係しています。特に、3月と9月は就職や進学、異動など生活環境が変わる時期なのです。生活環境が変わり、車が必要になる人が増えるに連れて需要も増える仕組みとなっています。

そのため、販売店では1・2月と9・10月に在庫を増やしたい気持ちがあるため、買取価格を高く傾向があります。また、中でも3月は店舗での販売数が伸びることもあり、1・2月は特に買取価格の値段が高くしてでも在庫を確保します

車の需要が高まることに比例して、買取価格も高騰するといえるでしょう。

販売店の決算・半期決算の時期と重なる

車業界のディーラーや販売店では、9月に半期決算の時期を迎えます。また、3月も決算の月です。販売店には、販売目標があり決算までに目標売上を上げたいと考えています。

そのため、下取り車を高く買い取ってでも販売するなど、戦略に力を入れる傾向があるのです。特に、1月・2月は販売戦略にも力が入っており、新生活の始まりに向けて在庫も確保したい時期となります。

つまり、決算月の1・2カ月前が車を売るのにおすすめの時期となるのです。そのため、車を売るのであれば、決算月の前に行うのが最適でしょう

3月に車を売るときに確認しておくことは名義変更と自動車税

3月に車を売る場合、確認しておきたいことがいくつかあります。まずは、名義変更が3月中に完了するかが重要です。

また、自動車税の納付について、還付金が買取価格に含まれているかなどの確認が必要になります。知っておけば、事前に確認ができるのでしっかりと理解していきましょう。

名義変更が3月中に完了するか

3月に車を売る場合は、名義変更に注意をしておかなければなりません。名義変更が完了しないと、車を手放したことにならないからです。

もし、名義変更が4月にかかってしまった場合は、自動車税を支払うことになります。自動車税の納税義務を決めるのは、4月1日時点に車を持っている人です

名義変更が完了する時期を知らなければ、車を持っていない状態で自動車税だけ払う結果になってしまいます。

例えば、3月20日に車を売る予定で、名義変更の完了が約1週間と言われた場合、名義変更の完了予定は3月27日なので自動車税は発生しません。

しかし、名義変更の管完了に2週間かかると言われた場合は、4月を超えることになります。つまり、自動車税が発生するということです。名義変更の完了日を知るだけで、自動車税の支払いをするのかを判断することが可能です。

名義変更の完了が、4月をまたぐ場合は、3月の売却は控えた方が良いでしょう

自動車税の納付書が届いていないかどうか

車の売却が完了した後に、自動車税の納付書が届いた場合は支払う必要はありません。原則として車を引き渡した後の自動車税は売った販売店が支払うことになるからです。

しかし、納付書が届いて放置するのはおすすめできません。まず、納付書が届いたら売却した販売店に連絡をしましょう。連絡すれば、販売店が支払ってくれるので問題ありません。

ただし、売却の時期によっては支払いが発生します。この時期は複雑なので、納付書が届いた時点で販売店に連絡し、確認を取りましょう

もし、売却者が支払うケースで納付書を放置すると滞納となり、延滞金を支払う結果になります。自動車税の納付書でのトラブルも多いため、契約時に納付書が届いた場合の対応を事前に販売店に聞いておくことが大切です。

自動車税の還付金額分が買取額に含まれているか

車を売却した場合、多くのディーラーや販売店では、自動車税の未経過分を買取価格に上乗せしてくれる制度を活用することが多い傾向です。この上乗せ制度を還付制度と呼びますが、すべての業者が行うわけではありません。

そのため、売却時に自動車税が還付されているかを確認する必要があります。業者の中には、利益を大きくするために自動車税を上乗せしないところもあるのです。

また、自動車税を上乗せするといって実際はしていない場合もあります。必ず、自動車税が買取価格に含まれているかを確認しましょう

確認方法は、年間税額÷12カ月×残存月数で計算できます。そのため、契約前に金額の詳細を確認して不備がないかを確認しておきましょう。

しかし、還付制度は法律的に廃車のみ対応なので、後から上乗せを依頼することは難しいので覚えておくことが大切です。

車検が長く残っている方が査定時に有利になるの?

車を売る時期を考えるうえで、車検の時期もとても重要となります。車検を受ける前と受けた後のどちらがお得なのかを知ることが大切でしょう。

しかし、買取業者ではないため、悩む問題でもあるのです。実は、車検の時期によっては大きく損をしてしまうケースもあります。そのため、車検の期限がどのくらい残っていれば査定が有利になるのかを知ることも大切です。

また、売却に最適な車検の時期を知ってお得に車を売れるタイミングを判断しておきましょう。

車検まで期間が13ヶ月以上残っていればプラス査定

車検を受けた後に売却する場合は、車検の残っている期間を確認しましょう。車検の残り期間が13カ月以上あれば、プラス査定を受けられるからです。

車検が13カ月以上残っていれば、買取価格を数万円アップすることができます。しかし、12カ月になってしまうとプラス査定はありません。

つまり、車検後に車を売却する場合は、車検が13カ月以上残っている状態がお得だといえます。また、車検が12カ月以下で売却期間を検討している場合は、車検をせずに車検ギリギリで売却するのがおすすめです。

車検後すぐに売却してしまうと2年分近くの税金を損してしまう

車検の前後で売却を検討している人は、車検をすると大きな損が出てしまいます。1回の車検では、2年分の車検料を1回で支払う仕組みです。

その後、売却をしても2年分の車検料を買取価格に上乗せすることはありません。つまり、売却を考えている人が車検を通すメリットは限りなく少ないといえます。

買取業者によっては、買取価格に若干プラスしてもらえるケースもありますが、車検料に比べると大きな損に変わりはないでしょう。たとえ、車検が切れても売却は可能なので、車に乗る必要がない状態ならば車検を通さない方がお得だといえます。

車を売る時期と同じくらい重要なのは買取業者選び

車の査定額を上げたい場合は、買取業者選びが重要です。まず、自分の車がどの程度の価格で売れるのかを知る必要があります。

そのためには、複数社から査定額をもらうのがおすすめです。しかし、1社ずつ自分で調べるのは面倒なので一括査定サイトを有効に活用しましょう。

一括査定サイトを利用すれば、一度の入力でおおよその金額を複数社から把握できるメリットがあります。

ただし、一括査定はあくまでも概算なので正確な買取金額ではありません。正確な買取金額を得るためには、買取業者から直接査定を受けましょう。

買取の窓口で車を売る時期を合わせて売ろう

車を高く売るためには、売る時期と車検のタイミングを合わせることが大切です。そのため、査定金額はできるだけ早く知る必要があります。

一括査定サイトは、手間や時間がかかってしまうので、あまりおすすめではありません。売りたい時期を逃すと売却は数カ月後に伸びるか、損をして売ることにつながります。

そのため、効率的に高額査定が望める「車査定・買取の窓口」を活用しましょう。「車査定・買取の窓口」では、条件に合った業者を1社のみ選んでくれます。

1社とのやりとりなので、手間や時間を大幅に省くことが可能です。サイトの担当者は、業者を適当に選んでいるわけではないので高額査定にも期待できます。

車の価値は時間が経つにつれて落ちていくものです。効率よく売却を検討したい人は、「車査定・買取の窓口」を積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎしたい人が必ず見るべき3つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法