自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

車が高く売れる時期は1~2月と7~8月!車検や税金についても解説

車 売る 時期

車を売りたいけど、今売ったら損しそう……

車の需要や税金、車検を踏まえると1~2月に売るのがよい!

車の買取額が最も高くなる時期は1~2月です。

1~2月は最も車が売れる3月の前であるため、業者は車の在庫を確保するために査定額を上げます。

売る時期に加えて、車検車の税金について抑えておくことも重要です。

このサイトは、車が高く売れる時期に加えて、車検を踏まえた上で高く売れるタイミング車の税金について解説していきます。

また何年目に車を売るべきかについても合わせて解説します。

車を買う人が多くなる時期は決まっているので、思い付きで売ることなく、自分は何月に車を売るべきかをよく検討してみてください。

車を売る判断基準をより持った上で納得して車を売りましょう。

    <車を少しでも高く売る方法5つ>
  • 車内をきれいにしておく
  • エンジンのオーバーホールやエンジンを載せる
  • 車関係の書類は揃えておく
  • 純正用品を用意しておく
  • 車をネットで売る

このページのもくじ

車を高く売れる時期は1~2月と7~8月!その根拠も解説

車の査定額を高くなりやすい時期は1~2月7~8月です。

一般的に車の査定額が高くなりやすい時期は車の需要が高まる時期の1、2か月前、すなわち車を買う人が多くなる時期の1,2か月前の期間です。

車がよく売れる時期までに買取業者は車の在庫をより確保しなければならないため、その時期の1,2か月前後の期間が査定額が高くなりやすい時期となるからです。

1~2月と7~8月を比較した場合は、1~2月の方が査定額が高くなりやすい時期であると言えます。

2018年の「新車・年度別販売台数」は年間約347万台であるのに対し、3月は約667万台と他の月の約1.9倍でした。

車の販売台数が多くなる3月の前に買取業者は車の在庫を蓄えなければならないため、1~2月が車の買取額が最も高い時期となります。

1~2月と7~8月に車の査定額が高くなりやすい理由は2つあります。

まず1つ目は、3月や9月は新生活が始まる時期であるためその前に車を買う人が増えるからです。

例えば、3月であれば進学や就職、異動などによって生活環境が変わるため車を買う人が多くなります。 また9月も転職や転勤の時期であるため、車を購入しようとする人が増えます。

そのため、買取業者も他の月よりも1~2月と7~8月に車の在庫を確保する傾向があるため、買取額をが高くなります。

次に2つ目は3月と9月はほとんどの買取業者の決算の時期であるためその前の1~2月や7~8月に業者が車を集める傾向があるからです。

決算の時期は業者が車の売上を伸ばそうとたくさんの車を売り出す時期です。

そのため決算の前の時期は業者間での競争力が高まり買取相場が上がるため、決算の時期である3月と9月の1,2か月前である1~2月や7~8月に買取業者間で車の買取相場が高くなる傾向にあります。

車を売りたい時期
4~9月 1~3月に車を売るのがおすすめ
10~3月 7~9月に車を売るのがおすすめ

以上の理由から、査定額が高くなりやすい1~2月や7~8月に車を売るのがおすすめです。

車を売るときには車検の時期もとても重要

車を売る時期を考える上で車検の時期もとても重要になります。

車検前と車検後どちらに売るのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 また、車検の期限がどのくらい残っていれば査定が有利になるのか分からない方も多いでしょう。

車が高く売れる時期と合わせて、車検についても考慮に入れた上で車を売ることをおすすめします。

この章では、車検前と車検後どちらに売るべきか車検の残り期間がどれくらいであれば高く売れるのかを詳しく解説していきます。

車検までの残り期間が13ヶ月以上なら査定額が数万上がる

車検の残り期間が13か月以上であれば、査定額が高くなる傾向にあります。

具体的には、車検が13か月以上残っている場合には、査定額が数万円上げることができます。

しかし、車検の残り期間が12か月以下の場合には査定額は上がらないので注意が必要です。

なので、もし車検の残り期間が12か月以下で売りたいという方は、査定額が大幅に上がることはないため、車検前まで車を使ったあとに売ることをおすすめします。

車検後すぐに売るとと2年分の有効期間が無駄になる

車検の有効期間は、車検後2年間となっています

もし車検後すぐに車を売ってしまえば、車検2年間の有効期間や2年分の車検料を無駄にしてしまうという状態になります。

また、車検後に車を売っても2年分の車検料を踏まえ査定額を大幅な上げてくれることはほとんどありません。つまり、車を売りたいと考えている人が車検を通すメリットはあまりありません。

車検が切れても車を売ることはできるので、売りたい車に乗る必要がなければ、車検を通さない方がよいでしょう。

車検を踏まえた上でいつ売るべきか分かりやすく解説

車検後は高額な車検代を支払った後です。

そのため車検後すぐに車を売るのは、2年分の車の有効期間や車検代が無駄になってしまうため、あまりおすすめしません。

車検を受けてから11か月ほど使うのと車検までの残り期間が13か月となるので、車検後約11か月間車を使った後に売るのが最もおすすめです。

車を売りたい時期が、車検の残り期間が13か月以内の場合、すなわち車検後から11か月利用した場合に車を売るのは査定額が高くなり、車をギリギリまで使っているのでおすすめです。

ただし、車検までの残り期間が13か月以内になると、査定額が大幅に上がることはなくなるので、早めに車を売る手続きに取りかかりましょう

車を売りたい時期
車検の残り期間2年 2年分の有効期間や車検代が無駄になる
車検の残り期間13か月以上 査定額が数万上がる
車検の残り期間13か月以下 査定額は大幅には上がらない

売りたい車の車検の残り期間を確認し、いつ売るのかを決めてみましょう。

3月に車を売る人は名義変更と自動車税と還付金に要注意

3月に車を売る場合には、注意していただきたいことがあります。

3月中に必ず名義変更を行うことです。名義変更が3月中に終わらなかった場合は、高額な自動車税を支払わなければならなくなるので注意が必要です。

また名義変更後に車を売った後にもし自動車税の納付書が届いた場合には、自動車税を支払うのは販売店となっているので販売店に必ず連絡しましょう。

さらに、自動車税が還付金として返還されることはありませんが、買取業者の査定額に上乗せされる場合が大半ですので、業者によく確認しておきましょう。

これらの車を売る際の税金について以下で分かりやすく解説していきます。

名義変更は必ず3月中に行わなければならない

一般的に、4月1日時点の車の名義人が自動車税の納税義務を負います

自動車検査証(車検証)に記載されている人が車の名義人であり、車の所有者となります。

そのため、3月中に売った車の名義変更を終わらなければ、車を売ったにも関わらず自動車税を支払わなければならなくなります。

自動車税は車の種類や排気量によって異なりますが比較的高額です。 車を売ったからと言って安心することなく、名義変更の手続きを必ず3月中に行いましょう。

自動車税の納付書が届いたら販売店に連絡しよう

車を売った後に、自動車税の納付書が自宅に届いた場合は自動車税を支払う必要はありません。 なぜなら、原則として車を買取業者に引き渡した後の自動車税は販売店が払うことになっているからです。

しかし、自動車税の納付書が自宅に届いた場合には放置することなく、きちんと販売店に連絡しましょう。

また、売却の時期によっては自動車税を支払う必要がある場合もあるので、納付書が届いた時点で販売店に相談することをおすすめします。

自動車税の還付金は査定額に上乗せされる

自動車税の還付金について3月に車を売る人にかかわらず、車を売るすべての人に共通しています。

自動車税には「還付」という払いすぎた税金を返還される制度があると聞いたことがある人も多いかもしれません。

しかし、この還付制度は廃車する車にしか適用されません。 そのため、買取業者に売る車には、還付金として税金が戻ってくることはありません。

自動車税を支払ったのに損と感じてしまう方も多いと思いますが、安心してください。 ほとんどの買取業者はこの自動車税の還付金も考慮に入れた上で査定額に車の価値に上乗せされます

車の税金について難しく感じてしまう方も多いので、車を売る手続きと平行して業者に分からないことを確認しておきましょう。

年式別に見る車を売る際の査定額の目安

年式というは、その車が製造された後にはじめて登録をされた年です。

年式別に買い取り価格の目安を購入価格と比較すると、1年落ちで20~30%減、3年落ちで40~60%減、5年落ちで60~80%減といわれています。

<年式別買取価格の購入価格との比較>
1年落ち 20~30%減
3年落ち 40~60%減
5年落ち 60~80%減

査定額を高くするために、買ってすぐに売るのはもったいないけれど、長く使えば使うほど車検代や維持費がかかってしまいます。

車を売る時期を決める悩みどころであり、人それぞれ売るタイミングはことなります。

この記事を読んで、車を売る際の判断基準をもち、自分はいつ車を売るのが最もよいのかもう1度見直してみましょう。

車検を踏まえて3年目、5年目、7年目に売るのはどう?

「車を今すぐ売りたい!」とお考えの方は、何年目の車が高く売れるのかご存知ですか。

何年目に車を売るかを決める際に 車検を受ける時期を年頭に置かれている方も多いでしょう。 もしかしたら、車検代を考慮した上で3年目、5年目、7年目前後に車を売ろうとお考えの方が大半かもしれません。

この章では3年後に車を売るメリット5年後に車を売るメリット7年後に車を売るデメリットについて詳しく解説していきます。

この記事を読むことで、今車を売るべきかを考え直すのもいいかもしれません。

3年目に車を売るメリット2つを分かりやすく紹介

3年目は、新車登録から1回目の車検のタイミングです。この1回目の車検の前に車を売ることにすれば、査定額が最も高くなる時期となります。

新車購入から3年目で車を売るのはもったいないと思ってしまう方も多いかもしれません。

しかし、持っている車が査定額が高くなりやすい人気がある車種である場合や、ローンでなく現金で車を購入している場合は、比較的に査定額が高い傾向になります。

3年目の車検の前に車を売るメリットを2つ挙げます。

1点目は、車検の前に車を売ることで、高額な車検代を払う必要がなくなることです。

2点目は、査定額は新車購入からの年数が経つほど低くなるため査定額が高いにも関わらず、高額な車検代を払うことなく最大限に車を使える時期であることです。

また、購入してからすぐ車を売るという訳ではなく、車検まで最大限に使うことができることを考慮すると、総合的に判断して良い時期だと言えます。

5年目に売るメリット3つを分かりやすく紹介

5年目は、1回目の車検が終わって2回目の車検の時期となります。また、購入時に60回のローンを組んでいる場合はちょうど支払いが終わるタイミングです。

5年目に車を売るメリットは2つ挙げられます。

まず、1つ目が車の維持費やメンテナンス費用の負担が増えにくいという点です。

車は年数が経てば経つほど、どこかに異常が出てしまいメンテナンス費用がかさんでしまいます。例えば、車のタイヤであれば溝が1.6㎜以下になるとスリップする危険があるので買い替えなければなりません。

タイヤの消費期限は4〜5年と言われているので、車を売るタイミングとしてはちょうどいいと言えます。メンテナンス費用は基本的に高額なのでその点も念頭に置いておくと良いでしょう。

次に2つ目は、5年目は走行距離が5万㎞前後になる時期であり、車を売るか考える節目の時期であるからです。

日本自動車査定協会の査定方式では、走行距離が5万kmを超えると査定額が低くなるとされています。

一般的に車の走行距離は1年で1万㎞と言われているため、5年目は走行距離が5万㎞を超えるか超えないくらいの節目になります。

自分の車の走行距離距離を念頭に置いた上で少しでも査定額を高くしたいとお考えの方は5年目で車を売ることをおすすめします。

最後に3つ目は2回目の車検代を払わず査定額も比較的高くなりやすい時期であることです。

車の高額な車検代を負担することを避けることができ、3年目に車を売るのは早いと感じてしまう方は、走行距離が査定額に影響を与えることを考慮して、5年目に車を売るのがちょうど良いかもしれません。

車を7年目に売るデメリット3つを分かりやすく紹介

まず1点目が、7年目の車は市場に多く出回るために査定額が低くなるからです。購入から7年目に車を売ろうとする人は多く中古車市場でも供給が増える傾向にあります。

また査定額は車の需要と供給によって変動しているため、既にそのような車は中古車市場に多く出回っていることから査定額が落ちてしまう傾向にあるのです。

さらに、メーカーから新しく発売した車を発売してすぐ購入した場合は、同時期に購入した多くの人が同じタイミングで車検が切れるため、その車を売ろうとする人も多くなります。

そのような事態に陥って査定額が低くならないようにしたい方は、7年目に車を売るよりも3、5年目に車を売ることをおすすめします。

次に2点目は、フルモデルチェンジのため旧型モデルとして査定額は下げられることがあるからです。

多くの車種は6~8年でフルモデルチェンジされるのが一般的です。

フルモデルチェンジした新型が発表されると、旧型のモデルの査定額は大きく下がります。さらに、新型の発表を受けて多くの人が売ろうとするため、市場に多く出まわってさらに相場が安くなってしまいます。

メーカーからの発表はモデルチェンジの1~2カ月前が一般的で、この時期では既に旧型のモデルの査定額が下がってしまう場合もあるからです。

多くのカー専門雑誌には、年間のモデルチェンジ予定が記載されています。

自分の乗っている車がいつモデルチェンジされるかどうかは、車を専門に扱った雑誌やサイトに掲載されている場合が多い、積極的に情報を集めてみましょう。

1年目の車を売っても査定額が購入価格より高くならない

実際、購入して1年の車を売ると査定額はどのくらいになるかご存知ですか。

実は購入から1年の車の査定額は購入価格よりも高くなることはありません。なぜなら、新車を買うときには車本体の価格だけでなく、保険などの色々な費用がかかっているからです。

人気の車種だったとしても査定額が購入価格よりも低くなることがほとんどです。

また査定額を左右するのは期間ではなく、走行距離や車の状態なども影響します。

そのため1年目の車の査定額はその車の走行距離や車種によって、大幅に変わってくるため、一概に何万円ぐらいであると言うことはできません。

10年目の車に値段がつくことはあまりない

10年落ちの車に業者から値段をつけられることはほぼありません。 なぜなら、10年落ちの車を買い取ることのデメリットが業者には多いからです。

具体的には、10年落ちの車は修理費がかかったり、車の安全性に懸念があったり、部品の消耗が激しかったり、性能がよくない場合が多いというデメリットがあるからです。

10年落ちの車をより高く売る方法は2つあります。

1つ目は、10年落ちの車を海外で売るという方法です。

日本の中古車は海外の中古車に比べて性能がよく、メンテナンスもしっかりとされているため、海外では人気があります。 特に、車の技術開発がまだ発展途上の新興国では、日本車は非常に人気が高いです。

10年落ちの車だけでなく、走行距離が長い車や、多少キズがある車でも売ることができます。 もし、自分の車があまり高く売れないかもしれないと思っている方は、海外で売ってみるのもよいかもしれません。

次に2つ目は、車の細かい部品を個別に売る方法です。

車はおよそ3万ものパーツで作られています。車自体はもう走ることができない場合でも、それらのパーツを分解し、再利用することは可能です。

しかも、海外においては「中古車の修理用」として部品の需要が高く、高値で売れることも多いです。

エンジンやバッテリー、バンパーなどをリユースすることはもちろん、鉄や樹脂などの廃材も、リサイクル資源として売れています。

こうしたことから、10年落ちの古い車でも部品として売ることは可能であり、車の車種によっては高い値段で買取されることもあります。

車を少しでも高く売る方法5つ

車には何かと高額な費用を費やしてしまうため、少しでも高く売りたいですよね。

ここでは、車を少しでも高く売るための方法を詳しく紹介していきます。

車内をきれいにしていた方が査定額が高くなりやすい

少しでも車を高く売りたい場合、見えるところだけでもきれいにしておくことが大切です。

特に、シートやフロアマットなどは、交換が必要と判断されると、査定額が下がってしまいます。

車内は専門的な知識がなくても清掃できるところが多いため、査定前にはしっかりとお手入れをしておきましょう。

また、汚れた状態だと大切に乗っていないと思われてしまい印象が悪くなります。

売却を考えている車だからこそ、必ず洗車をしておきましょう。

エンジンのオーバーホールやエンジンの載せ換る

エンジンのオーバーホールとは、通常の点検作業ではできない劣化部品の交換や調整、洗浄を行う作業のことを言います。

エンジンのオーバーホールや載せ換えをしている場合、査定額が上がる可能性があるため、必ず申告しましょう。

ただし査定額が上がるからといって、わざわざ載せ替えてから査定に出す必要はありません。

エンジンのオーバーホールやエンジンの載せ換えには多額の費用がかかるため、載せ換えにかかった費用の分だけ損をしてしまいます。

車関係の書類は揃えておいたほうが査定額は上がりやすい

車を購入した際にもらった書類が一式揃っていると査定額が高くなりやすい要因になります。

車の基本情報や次の利用者に必要な書類の有無は、査定額に影響が出る場合もあります。

オーナーとしての信頼性にも関わるため、定期点検整備記録簿取扱説明書などは、用意しておけるとベストです。

純正部品も用意しておく方が査定額が上がりやすい

純正部品とは、その製品を製造販売するメーカーによって、販売されている部品です。

もし売りたい車の部品を純正以外の部品に付け替えたなら、必ず純正品も用意しておきましょう

基準ぎりぎりに設計されている社外品は、場合によっては車検に通らない可能性があります。

たとえ、運転しやすいようにカスタマイズしていたとしても、それは査定額を上げる要因にはなりません。

できるだけ購入時と同じ形に近づけることが、査定額を上げるためのコツとなるのです。

車をネットで売る方が業者で売るよりも高くなりやすい

ネット査定では一度に複数の業者の見積もりを出すことができるため、おおよその買い取り相場を簡単に知ることができます

業者に車を売る場合、買い取り相場を知らないまま車を持ち込んでしまえば、相場より安く査定されてしまうケースに気づけない場合が考えられます。

しかし、ネットで複数の業者に査定をお願いすれば、手間がかからないだけでなく、業者によって査定額が下げられることを避けることができるのでとてもおすすめです。

車を売る時期と同じくらい買取業者選びは重要

車の査定額を上げたい場合は、買取業者選びが重要です。まず、自分の車がどの程度の価格で売れるのかを知る必要があります。

そのためには、複数社から査定額をもらうのがおすすめです。

複数社から査定してもらうのがおすすめな理由は2つあります。

1つ目は、簡単に複数の業者を比較しながら査定額が最も高い業者を見つけられるという点です。 1つ1つの業者に足を運ぶ必要がなく、複数の業者の面倒な営業に巻き込まれる心配もないため、おすすめです。

2つ目は、自分の車の買取相場が知れることです。 1つの業者にしか査定してもらっていなければ、その査定額が高いのか低いのか判断する基準がないので、複数の業者に査定してもらうのがおすすめです。

車を高く売るためには、売る時期と車検のタイミングを考慮する必要があります。そのため、査定金額はできるだけ早く知る必要があります。

「車査定・買取の窓口」というサイトを利用すれば、すぐに条件に合った業者を1社のみ選んでくれます。

一括査定でも複数の業者から見積もりできますが、手間や時間がかかってしまうのであまりおすすめではありません。売りたい時期を逃すと売却は数カ月後に伸びるか、損をして売ることにつながります。

「車査定・買取の窓口」の場合は、最も条件に合い査定額が高い1社だけとのやりとりなので手間や時間を大幅に省くことが可能です。

サイトの担当者は、業者を適当に選んでいるわけではないので高額査定にも期待できます。

車の価値は時間が経つにつれて落ちていくものです。効率よく売却を検討したい人は、「車査定・買取の窓口」を積極的に活用してみるのがおすすめです。

サイト下部のボタンから、売りたい車の査定額を調べてみましょう。

まとめ

車を何月に売るか迷っている方は、1~2月もしくは7~8月に売るのがおすすめです。

なぜかというと、車の査定額が高くなりやすい傾向にあるからです。

また、車検には多額の費用がかかってしまうため、車検を受ける前に車を売ることがおすすめです。

さらに、何年目に車を売ろうか悩んでいる人は、7年目に売る人が一般的に多いですが、3年目または5年目に売ることをおすすめします。

車を高く売るためには、業者選びも重要です。

複数の業者から簡単に見積もりができる一括査定がおすすめです。

以下のボタンから一括査定をして、売りたい車の査定額を調べてみましょう。

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介