自動車保険の比較と中古車査定・売却なら

自動車保険の比較と中古車査定・売却ならカービックタウン

  • 車を売るときに書類って何がいる?必要な書類と無くしたときの対処法

車を売るときに書類って何がいる?必要な書類と無くしたときの対処法

車 売る ローン
車を売るときに必要な書類って何?

いざ車を売ろうと思ってもどのような書類が必要なのか分からないですよね。

そんな何を準備したら良いか分からず不安という悩みをこのサイトを読むことで一瞬で解決させます。

普通車もしくは軽自動車を売りたいという方に、必要な書類書類を無くしたときの対処方法を簡潔にお伝えしていきます。

    〈普通自動車を売りたい方が必要な書類〉
  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
    〈軽自動車を売りたい方が必要な書類〉
  • 自動車検査証
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑または認印

普通車を売る人に必要な書類8つ!無くした際の対処方法

車を売るときに必要な書類は、普通車と軽自動車で異なります。

普通車を売る方は軽自動車を売る方に比べて、必要な書類が多いので忘れ物がないようにしましょう。

車の身分証明書とも言える自動車検査証が必要

自動車検査証とは、車検対象の自動車に交付されることで保安基準を満たしていることを証明する書類です。

この車検証には所有している自動車の情報が細かく記載されてる車の身分証明書のようなものです。

自動車検査証を無くした方は、紛失した理由を記した理由申請書や本人の認印がある委任状を用意し陸運局に再発行してもらいましょう。

自動車税を納めたらもらえる自動車税納税証明書が必要

自動車税納税証明書とは、自動車税の納税が正しく行われていることを示す書類です。

この自動車税納税証明書は、自動車税を納めたその場で自動車税の納付書と一緒にもらうことができます。

自動車税納税証明書を無くした方は、管轄の都道府県の税事務所で無料で発行することができます。

自動車保険の保険証である自賠責保険証明書が必要

自賠責保険証明書とは、自動車を購入した方が必ず加入する自賠責保険の保険証です。

自賠責保険証明書を無くした方は、免許証などの本人確認ができるものが必要となりますが、保険会社ですぐに無料で再発行してもらうことができます。

本人であることを示す実印が必要

実印とは、市区町村の役所に登録した公的に認められた印鑑のことです。

実印を無くした方は新たな実印に効力を持たせる必要があります。

そのためには改印届の届け出や身分証明書、新しく登録する実印などを準備して最寄りの市町村役所に行って手続きをしましょう。

本物の印鑑であることを示すために印鑑登録証明書が必要

印鑑登録証明書とは、印鑑の登録手続きが済むともらえる書類です。

この印鑑登録証明書は登録された印鑑が本物であることを証明するために必要になります。

印鑑登録証明書を無くた方は、手数料が1000円かかりますが、印鑑を登録したときと同様の方法で再度登録を申請しましょう。

自動車のリサイクル料を支払い時にもらえるリサイクル券が必要

リサイクル券とは、法で定められたリサイクル料が正しく収められていることを示す書類です。

このリサイクル券は、車購入時の自動車リサイクル料を支払ったときにもらえます。

リサイクル券を無くした方は、リサイクル券は再発行することができません。

車を売るときにあったほうがいいのですが、ない場合は紛失したということを業者に伝えましょう。

代理人に手続きをしてもらうには委任状が必要

委任状とは、車の所有者が直接申請を行えない場合に、指定の代理人に権限を委任し申請を行えるようにする書類です。

この委任状は車の買取店で作成することができます。

自動車の所有者を示す譲渡証明書が必要

譲渡証明書とは、売買や譲渡で自動車の所有者が変わった場合に、いつ誰に譲渡が行われたかを証明する書類です。

この譲渡証明書は車の買取店で作成することができます。

軽自動車を売る方に必要な書類5つ!無くした際の対処方法

軽自動車を売る方に必要な書類は、普通自動車を売る方に必要な書類に比べて少ないです。

具体的には、実印を準備する必要がなく、印鑑証明書も必要ありません。

また、普通車を売るときに必要とされる委任状や軽自動車も必要ありません。

この章では軽自動車を売る方に必要な書類を詳しく紹介していきます。

車の身分証明書とも言える自動車検査証が必要

自動車検査証とは、車検対象の自動車に交付されることで保安基準を満たしていることを証明する書類です。

この車検証には所有している自動車の情報が細かく記載されてる車の身分証明書のようなものです。

自動車検査証を無くした方は、紛失した理由を記した理由申請書や本人の認印がある委任状を用意して陸運局に再発行してもらいましょう。

軽自動車税を納めたらもらえる軽自動車税納税証明書が必要

納税通知書とは、軽自動車税を納めたときに有効な納税証明書となる書類です。軽自動車税納税証明書を無くした方は、市区町村の窓口で申請すれば簡単に再発行してもらうことができます。

自動車のリサイクル料を支払い時にもらえるリサイクル券が必要

リサイクル券とは、法で定められたリサイクル料が正しく収められていることを示す書類です。

このリサイクル券は、車購入時の自動車リサイクル料を支払ったときにもらえる書類です。

リサイクル券を無くした方は、リサイクル券は再発行することができません。

車を売るときにあったほうがいいのですが、ない場合は紛失したということを業者に伝えましょう。

軽自動車を売るときは実印でなく印鑑や認印でよい

普通自動車を売るときのように実印を準備する必要がないので楽です。

もし印鑑がないという方は比較的手に入れやすいので準備しやすいでしょう。

まとめ

住所の変更をした方はプラスで準備しなければならないものがあります。

住所の変更を1度した方は住民票が必要になり、複数回した方は籍の附票または住民票の除票も必要となります。

また結婚などで名義変更された方は戸籍標本が必要になります。

必要なものを事前に準備することでスムーズに車を売れるようにしましょう。

    〈普通自動車を売りたい方が必要な書類〉
  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券
  • 委任状
  • 譲渡証明書
    〈軽自動車を売りたい方が必要な書類〉
  • 自動車検査証
  • 軽自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑または認印

カテゴリ一覧

中古車査定・売却の人気記事

車を売るにはどれくらいの期間が必要?最短で高額査定を受け取る裏ワザ

車の売るのは何年目がいい?この時期に売るメリットや決め方も紹介

車を売るときにスペアキーは必要?査定額への影響について解説

車を個人で高く売るには一括査定がおすすめ!手続きや書類も解説

引っ越し前に車を売るべき!住所変更に伴う必要な書類や手続きを紹介