自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の使用目的で「日常・レジャー」は保険料が割安

この記事では自動車保険に加入する際の、車の「使用目的」について紹介しています。 今回の記事で、「どのような基準で使用目的を設定すればよいのか?」「事故の際はどうなるのか?」といった疑問を解消できればと思います。

「業務」「通勤・通学」以外なら「日常・レジャー」で申告

自動車保険の3つの使用目的を理解する

自動車保険に加入する際、車の使用目的を設定します。保険会社は使用目的に合わせて、リスクを考慮し保険料を計算しています。使用目的には主に3種類あります。

一つは「業務使用」です。通勤以外の仕事、例えば営業で移動の際に使用したり、取引先のお客様を乗せたりする際は業務で使用していることになります。具体的には、労働に対してお金が発生している業務中に使用することですね。

もう一つが「通勤・通学使用」です。これは分かりやすいかと思います。業務には使用せず、通勤だけの場合はこの使用目的で大丈夫です。

最後に、上記の2つに当てはまらない場合は、「日常・レジャー使用」となります。

では、それぞれの使用目的の目安について説明しましょう。

業務使用 年間を通じて週5日以上または月15日以上、仕事で使用する場合は「業務使用」となる。
通勤・通学使用 「業務使用」に該当せず、年間を通じて週5日以上または月15日以上、通勤や通学で使用する場合は「通勤・通学使用」となる。
日常・レジャー使用 業務使用や通勤・通学使用に該当しない場合は、全て「日常・レジャー使用」になる。

なお、「主に業務用」と「主に家庭用」というように、2種類だけを使用目的を設定している保険会社もあります。

「日常・レジャー」は補償範囲が最も狭いが、保険料は最も安い

先ほど説明した「業務使用」と「通勤・通学使用」に該当しない場合に、全て「日常・レジャー使用」となります。ちなみに「日常・レジャー使用」と「業務、通勤通学使用」について、補償内容の違いはありません。

日中の仕事で車を使用するということは、長い時間、車を使用するということです。その分、事故に遭うリスクも高くなります。そのリスクをカバーしているため、保険料も高くなります。

「日常・レジャー使用」の場合、基本的にクルマに乗る機会が少ないと判断されるため、事故に遭うリスクが少ないと保険会社は考えています。そのため、「業務使用」より「日常・レジャー使用」のほうが保険料が安くなるのです。

一般的に、使用目的別の割引率は公開されていません。恐らくは、正しくリスクを細分化するためでしょう。割引率を公開して、割引率の高い仕様目的を選ばれてしまうリスクを避けるためだと思われます。また、全ての割引率を公開してしまっては、保険会社を比較する必要もなくなってしまいますね。保険会社を選ぶ際は正しく申告して、比較・検討してください!

最後に、「年間走行距離」についてです。使用目的のほかに、年間に走る距離でもリスク計算をして保険料に反映されています。この「年間走行距離」の目安について補足しておきます。

3,000km以下 ほとんど乗る機会がない、もしくは休日に近所へ買い物に行く程度にしか使用しない場合はこれくらい。通勤通学であれば、片道10km程度ならこの距離区分で十分。
5,000km以下 休日のほか、平日にも買い物などで車を使用する際はこの距離区分でも安心。通勤通学だと、片道15km程度と言われている。
7,000km以下もしくは10,000km以下 近所の買い物に加え、休日のレジャーに使用する際は7,000km以下。たまに遠出をする際に高速をよく使用するのであれば、距離が伸びるので10,000km以下のほうがよい。通勤通学であれば、片道20km程度となる。
10,000km以上~無制限 ほぼ毎日車に乗る、遠出や旅行を頻繁にする人は、最大の無制限を選ぶと走行距離を気にする必要がなくて安心。通勤通学であれば、片道40km程度となる。

年間走行距離の設定も、保険会社によって様々です。上記は大まかに設けられている距離区分になります。そもそも、距離区分の設定を設けていない保険会社もあるので、保険会社を選ぶ際に参考にしてみてくださいね。

自動車保険の使用目的は正しく申告しよう

使用目的によって保険料が変わるなら、なるべく安くしたいですよね。それでは、保険会社はどのように使用目的を調べるのでしょうか。

実際に申し込みをする時点では、調べようがありません。お客様の申告を信じて契約をします。しかし、実際に事故に遭ってしまった場合、保険会社は事実調査をします。

どのようなときに事故に遭ったのか、通勤や通学での使用ではなかったのか。仕事中の事故ではなかったのかなどです。事故に遭った際は必ず事実調査をするので、虚偽の申告をしても分かってしまいます。

特にダイレクト系自動車保険は、申し込みをした時点で積算走行距離を申告してもらい、さらには事故に遭った時点での積算走行距離も申告してもらいます。これによって、申告してもらった内容と想定される距離があまりにもかけ離れていたら、虚偽の申告が疑われますね。使用目的だけでなく、年間走行距離に関しても保険会社は事実関係を調べます。

では、実際の使用目的や年間走行距離が虚偽であった場合、どうなるのでしょうか。保険会社の契約上、告知・通知義務違反にあたり、保険契約の解除や保険金が支払われないことがあります。

告知・通知義務とは、保険契約上で定められている契約者側の義務です。保険会社が情報提供を求めた場合に、正しく申告する義務が発生します。この告知や通知をする義務違反をした場合には、先ほど説明したように、保険契約の解除や保険金の支払いがされないことになります。

ただし、走行距離に関しては、想定していたよりも走っていたということもあると思います。そのため、正しい距離区分に変更のうえ、その差額保険料を支払えば救済してくれる保険会社もあります。契約上の決まりなので、もし距離が想定を上回りそうな場合は、事前に知らせておくのがよいでしょう。

次に、使用目的が途中で変わった場合はどうでしょうか。これも走行距離と同じく、使用目的が変わりそう、もしくは変わった場合は、速やかに保険会社へ通知してください。そうすれば、ほかの補償内容と同じように、契約内容の変更として受け付けてもらえます。

では、この走行距離や使用目的が変わることが分かっているのに、保険会社へ申告しなかった場合はどうなるでしょうか。この場合、意図的に通知を怠ったとして判断される可能性があります。もし意図的に申告しなかったとなると、何度も説明しているように、契約解除などに繋がってしまうのです。

走行距離や使用目的だけでなく、主に運転する人が変わったり、車が変わったりした場合は、速やかに保険会社への連絡が必要です。契約上は契約者側の義務であり、保険会社の都合のように思われますが、正しく申告してもらっていないと万が一の際に保険会社が役に立てないのです。

保険会社は何でも屋ではありません。保険契約を結んだうえで、そのなかで補償します。事故の際に補償できないと保険の意味がないので、保険会社は正しく契約を結んでほしいのです。

先ほどから、変更があったら、速やかに保険会社へ連絡をするようにと説明しています。距離区分の変更や使用目的の変更は、保険期間の途中でも可能です。変更することによって保険料が変わる場合もあるので、詳細は契約している保険会社に問い合わせてください。

では最後に、「日常・レジャー使用」に設定していて、たまたま「業務中」に事故に遭ってしまった場合に補償されるのかについて説明します。

例えば、月に1〜2回くらいは仕事で使用するが、ほとんど家庭用として車を使用している場合、使用目的は「日常・レジャー使用」になります。しかし、その月1〜2回のうちに事故に遭ってしまったらどうなるのでしょうか。

この点、主な使用目的さえ正しく申告していれば、問題なく補償されます。そして、「本当に、主な使用目的が間違っていないのか」「虚偽の申告ではないのか」というのは、事故の際に聴取・調査をします。正しく申告していれば、何の問題もなく保険金が払われるので、安心してください。 

いかかでしょうか。自動車保険に加入する際の使用目的について、参考になりましたか。特にダイレクト系自動車保険では、年間距離区分の設定によって保険料が変わります。保険会社を比較する際は、自分の使用目的や年間走行距離で、複数の保険会社で見積りを取ってみるのがいいでしょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×