自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の走行距離がわからない…申請目安や虚偽申告しないコツ

走行距離ってどのくらいで申告すればいいの?
走行距離の申告は、走る距離を予想して申請する場合もあるので、使用目的を目安に設定します。詳しい走行距離申告の目安や走行距離申請で保険料を安くする方法などについてご紹介します。

あなたの走行距離はどれくらい?まるわかり表

一日どれくらい運転するかによって、年間の走行距離の目安が異なります。
自分がどの使用目的に設定し、1日どれくらい運転するか考えると、走行距離の目安がわかります。

日常・レジャー 通勤・通学 走行距離
休日近場での買い物程度 1日10km程度 3,000km以下
平日・休日近場での買い物程度 1日20km程度の使用 5,000km以下
毎日20km以上の運転 1日30km程度の使用 10,000km以下
毎日30km以上の運転 1日40km程度の使用 15,000km以下
毎日長距離運転する 1日50km以上の使用 15,000km以上
    【走行距離を決めるポイント】

  • 走行距離の申請は使用目的を目安に設定する
  • 年間の走行距離が短い人はその分保険料がお得になる
  • 走行距離の申告を偽った場合、保険料が支払われない場合がある

安い保険を探す

自動車保険は走行距離が長いほど保険料は高くなる

自動車保険の中には、保険料が年間の走行距離によって変わります。なぜ保険料が走行距離によって変わるのでしょうか?

自動車保険の保険料を算出する上でリスクが高い人ほど自動車保険料が高くなり、走行距離も1つのリスク要因考えられます。

「年間走行距離が長い」というのは、運転する距離が長い人のほうが事故に遭いやすい、言い換えるとリスクを背負っていると認識されるからです。例えば、年間100kmしか運転しない人と、年間10,000km運転する人とでは、事故に遭うリスクも100倍の差があるということです。

つまり、年間の走行距離が短い人にはその分保険料がお得になるのです。

安い保険を探す

あなたの走行距離はどれ?まるわかり表

一日どれくらい運転するかによって年間の走行距離を知ることができます。参考にしてみてください。

日常・レジャー 通勤・通学 走行距離
休日近場での買い物程度 1日10km程度 3,000km以下
平日・休日近場での買い物程度 1日20km程度の使用 5,000km以下
毎日20km以上の運転 1日30km程度の使用 10,000km以下
毎日30km以上の運転 1日40km程度の使用 15,000km以下
毎日長距離運転する 1日50km以上の使用 15,000km以上

走行距離で保険料はどれくらい変わる?見積もりしてみた

普通車と軽自動車の見積もり結果をそれぞれ比較してみて、保険料の差をみてみましょう!
走行距離が2000キロ多いと年間約1500円高くなりました。

普通車 軽自動車
走行距離区分 支払保険料 保険料差 走行距離区分 支払保険料 保険料差
3,000km以下 20,730円 - 3,000km以下 16,940円
5,000km以下 22,180円 -1,450円 5,000km以下 18,110円 -1,170円
11,000km以下 26,800円 -4,620円 11,000km以下 21,900円 -3,790円
無制限 33,140円 -6,340円 無制限 27,100円 -5,200円

自動車保険の走行距離の決め方2つを解説

走行距離が少ないほど保険料が安くなりますが、走行距離による割引を採用している自動車保険会社は、年間の走行距離を算出では以下のいずれかのパターンで走行距離を確認しています。

自動車保険の走行距離を確認するためのオドメーター(積算走行距離計)とは?

オドメーターとは、車が製造されてから現在までの走行距離を示す計器です。数値のリセットはできません。 数値のリセットができるトリップメータとは異なりますのでご注意ください。デジタル表示の場合、オドメーターとトリップメータの表示をボタンで切り替える仕様になっていることがあります。

①過去1年間の走行距離を設定する

契約時に、過去1年間に走った距離を申告する方法です。一般的には、初年度は各社の指定する初期設定値を入力し、更新後は「オドメーター(積算走行距離計)」の値を入力する方法が多いようです。

過去1年間の走行距離の申告を採用している保険会社は、以下のとおりです。

  • そんぽ24
  • イーデザイン損保
  • アメリカンホーム・ダイレクト(アメリカンホーム保険)
  • 三井ダイレクト
  • セゾン自動車(※)
    ※セゾン自動車は2015年6月1日以降の始期契約から、過去1年間の走行距離の申告に変更

②1年間の走行距離を想定して設定する

契約時に、これから1年間で走行する距離を予想し、想定される走行距離に応じた区分を申告する方法です。

予想走行距離の申告を採用している保険会社は、以下のとおりです。

走行距離に応じた区分を自分で予想して申請する場合、自分で申告した予想走行距離によって保険料が算出されるので、区分を超えてしまった際は差額の自動車保険料を支払わなければなりません。

また、申請した区分より実際の走行距離が長くなり虚偽の申告を疑われると事故時に保険金が出ないおそれがありますので、慎重に選びましょう。

予想と実際の走行距離が違った場合どうなるの?5つのパターンを解説!

想定して申告した年間走行距離についてはあくまでも契約時の予想となるので、年間でみると結果的に上回るまたは下回ることもありえます。
その場合、気が付いたタイミングで保険会社へ連絡し、契約内容の変更を行いましょう。

下回った場合は、変更の必要がないこともあるので、保険会社の指示に従いましょう。

①嘘がばれた場合!保険金が入ってこない

走行距離の申告は、契約者個人の判断に委ねられています。そのため、「保険料を安くするために」走行距離の虚偽申告を行うことも、実際にはできてしまうのが現状です。

しかし、走行距離を含めた契約に必要な情報の申告を偽った場合、保険会社に通知事項の虚偽申告をしているとみなされてしまいます

そして万が一の事故が発生した際、「重大な故意・過失」があると認められると保険金が支払われず、最悪の場合、契約解除となりこれまで払ってきた自動車保険が払い損になってしまう可能性があるので正しい申告を心がけましょう。
「自動車保険会社への通知は正しく」が大前提です。

②走行距離を間違って設定した場合!わざとじゃなかったら大丈夫!

万が一、事故発生時まで走行距離の間違いに気が付かずに契約を継続していた場合、「重大な故意・過失」がないと判断されれば、保険金の支払いには影響しないので安心してください。

自動車保険会社によっては、保険金の支払い時に走行距離を是正して差額分の保険料の支払いが必要な場合もあるので、各保険会社の指示に従いましょう。

走行距離の虚偽申告と判断されてしまったり、事故の際の確認に手間がかかったり、手間がかかることにもなりますので、契約時に申告した走行距離を超えたことに気が付いたら、後回しにせず自動車保険会社へ報告しましょう。

③事故が起きた時に走行距離のオーバーが発覚した場合!更新時から正しい内容を通知すれば大丈夫

事故の際、走行距離がオーバーしていたからといって保険金が出ないということはなく、あくまでも年間走行距離の予想範囲の申告となり、超過してはならないというものでもありません。

しかし年間走行距離を「3,000km未満」としていたのに、実施事故が発生した際には「15,000km」も走っていたりすると、契約と実態が則していないので、差額分の保険料の支払いが発生し、最悪の場合、虚偽申告とみなされて保険金が支払われないこともあるので注意が必要です。

④保険の更新時に走行距離がオーバーしていた場合!更新の時に対応しよう

保険の更新時に走行距離がオーバーしていた場合、基本的には更新時から正しい内容を通知するという対応をすれば問題ありません。契約期間中に走行距離が契約よりも多くなることは誰にでも起こりえるので、年に一度の見直しという意味でも、更新時には必ず次年度の走行距離を想定し直しましょう。
走行距離オーバーで保険料が上がりそうなときはまずは保険を見直すのが最善の策です。

⑤設定した走行距離よりも実際に走った距離が短かった場合!くりこし割引を利用しよう

ソニー損保では「くりこし割引」が適用されます。このくりこし割引では契約距離区分の上限キロ数より、実際に走った距離が「1,000km以上」少なかった場合には、その差額保険料に相当する額が翌年の継続契約時の保険料から割引かれます。

最安の保険を選ぶ方法。自動車保険会社の走行距離の違いを利用する!

走行距離と割引率の関係性は、一般的に走行距離が短いものほど割引率が高くなり、長いものほど割引率が低くなっています。

しかし、割引率は各保険会社によって独自に設定されており、割引率も公表されていないので、あまり運転しない人ほど割引率が高いと覚えておきましょう。実は、走行距離の区分設定は保険会社によってそれぞれ違います。

例えば、下限の区分が「3,000km以下」や「4,000km以下」の会社があるだけでなく、上限の区分も「15,000km以上」や「無制限」などという会社があります。

この保険会社ごとの走行距離区分の違いにより、同じ走行距離の同じ内容の補償内容でも保険を乗り換えることで大幅に安くなることもあります。

一目で分かる!保険会社毎の走行距離の範囲

保険会社によって、走行距離の区分も変わってきます。

距離区分(km) 契約時の走行距離を超えた場合
おとなの自動車保険 5,000以下
10,000以下
15,000以下
15,000超の4区分
過去1年分の距離を報告するため、区分変更や追加支払いは不要
イーデザイン損保 3,000以下
5,000以下
10,000以下
10,000超の4区分
そんぽ24 4,000未満
8,000未満
12,000未満
16,000未満
16,000超の5区分
チューリッヒ 3,000以下
5,000以下
10,000以下
15,000以下
15,000超の5区分
年間予定走行距離が途中で変更になる場合は契約内容の変更手続きが必要。
ソニー損保 3,000以下
5,000以下
7,000以下
9,000以下
11,000以下
16,000以下
無制限の7区分
変更手続きが必要ただし「こえても安心サービス」を付けている場合は手続き不要
アクサダイレクト 5,000未満
10,000未満
10,000以上の3区分
予想最大走行距離の変更手続きが必要

※おとなの自動車保険、イーデザイン損保、そんぽ24は過去1年間の走行距離から走行距離を設定。チューリッヒ、ソニー損保、アクサダイレクトは年間予定走行距離から走行距離を設定します。
距離区分が細かい保険会社の方が年間の保険料が安くなる場合が多いです。一度、走行距離を踏まえて、保険料を見直してみましょう。

例えば、年間5,000キロ以上は運転するが、10,000キロ以上の運転はしないという人はそんぽ24の8,000キロ以下やソニー損保の7,000キロ以下を選ぶとよりお得な自動車保険を選べます。
※「そんぽ24」は価格.comでは見積できません。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

平均1.8万も安くなる

×