自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険で、自転車事故についてもしっかり備えよう!

近年自転車に乗る人の増加に伴ってマナー違反も増えており、自転車による事故での損害賠償は高額化の傾向があります。 そのため、自転車事故に遭った場合や自転車事故を起こしてしまった場合への備えが必要と言えます。 そこで今回は、自動車保険での自転車事故の補償について専門家に聞いてみました。

自動車保険でも、自転車の事故をカバーできる

近年自転車に乗る人の増加に伴ってマナー違反も増えており、自転車による事故での損害賠償は高額化の傾向があります。そのため、自転車に乗る人は事故に対して備えておきたいもの。

それでは、自動車保険で自転車の事故をカバーすることは可能なのでしょうか。

契約者の自転車事故については、「自転車特約(自転車傷害特約)」「個人賠償責任特約」「人身傷害特約(人身傷害補償特約)」によって補償を受けることが可能です。ただし、以下で説明するように、それぞれ注意すべき点があります。

「自転車特約」は基本的に自分側のケガや死亡に関する補償のみで、「相手方への補償はない」という点に注意が必要です。

「個人賠償責任特約」とは、日常生活において、他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまったときに発生した損害について補償するものです。

個人賠償責任特約は、自転車事故以外にも幅広く相手方への補償をしてくれるというメリットがあります。ただし、自転車特約とは逆に「自分側の補償がない」という点に注意が必要です。

「人身傷害特約」は、運転者や同乗者が事故によって死傷した場合に、その治療費用などを補償するものです。休業損害や逸失利益なども補償され、歩行中や自転車に乗っているときの自動車事故もカバーしています。

対車の事故の場合では自分側の補償は充実しているものの、自転車特約と同様に「相手方への補償はない」という点に注意が必要です。

それぞれの補償範囲を考慮すると、「自転車特約+個人賠償責任特約」もしくは「個人賠償責任特約+人身傷害特約」という形で備えるのが、双方の補償を補うという意味ではベストだと言えるでしょう。

自分に対する補償 相手方への補償
自転車特約 ×
個人賠償責任特約 ×
人身傷害特約 ×

自転車特約は、対車の事故や盗難は補償の対象外

それでは、自動車保険の自転車特約はどのような事故を補償するのでしょうか。

自転車特約では、記名被保険者やその家族が自転車に乗っているときの事故で、死傷した際に保険金が支払われます。保険会社によっては、自分側だけでなく、相手方のケガや物に対する補償をしてくれる場合もあります。

単独でも相手がある場合でも、自転車に起因する事故であれば補償の対象となります。ただし、対車の事故は補償の対象外となります。

また、自転車特約では「自転車の盗難」についても補償の対象外となります。この特約はあくまで人のケガや損害賠償が発生した際のカバーを目的とするので、自転車そのものに対する補償は含まれません。

「自転車事故に遭って特約を利用すると、等級は下がってしまうのではないか」と心配をする人もいるかと思います。

しかし、自転車特約のみを使うに場合は、保険契約上は事故としてカウントされないので、等級が下がることはありません。

POINT

  • ・契約者の自転車事故については、「自転車特約」「個人賠償責任特約」「人身傷害特約(人身傷害補償特約)」によって補償を受けられる
  • ・補償範囲を考慮すると、「自転車特約+個人賠償責任特約」もしくは「個人賠償責任特約+人身傷害特約」がベストな選択
  • ・自転車特約は、「自転車の盗難」については補償の対象外となる

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

平均1.8万も安くなる

×