自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険の人身傷害と搭乗者傷害保険の違いは?補償内容の比較

人身傷害保険と搭乗者傷害保険はどこが違うの?
自動車保険の「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」は補償内容がとても似ています。どちらも、自動車事故で運転手や同乗者がケガや死亡したときに支払われる保険です。ならば、補償としてはどちらか一方をつけておけば良いのかもしれません。しかし、似ている保険であっても、補償内容には微妙な違いもあるようです。ここでは、自動車保険の人身傷害について知りたい、搭乗者傷害保険との違いが知りたい>といった人を対象に、双方の保険の概要と違いを詳しく解説します。

自動車保険の人身傷害保険と搭乗者傷害保険の共通点と違い

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、運転手や同乗者がケガを負った際に支払われる保険です。そのため、補償内容がとても似ており、双方の違いがよく分からないこともあります。では、それぞれどのような違いがあるかお伝えします。

人身傷害保険は車に乗っているとき以外の事故でも保険金がもらえる

人身傷害保険は、記名被保険者とその家族が、契約中の車に搭乗中や歩行中に自動車事故で死傷した際に出る保険のことです。運転中に限らず、歩行中の事故や自転車による事故でも補償される特徴があります。

また、「過失割合に関わらず、人身傷害保険の基準による保険金が出る」のも特徴です。

例えば、自分がスマホを見ながら歩いていたら、自動車に追突されてしまった場合、運転手側である加害者の責任は重いものの、歩きスマホをしていた自分にも責任は少々あるでしょう。

交通事故ではどちらがどのくらい悪かったのか問われることが多く、これを過失割合と言います。

過失があるとその分損害額が減ってしまうのですが、人身傷害保険では過失があったとしても、過失割合分が差し引かれることはありません

そのため、このようなケースで入院したり仕事を休業したりした場合でも、実質的な損害額を満額もらうことができます。

搭乗者傷害保険は「部位症状別払い」が基本

搭乗者傷害保険は、「契約している車に搭乗中」の人全員が、自動車事故でケガや死亡をした場合に出る保険のことです。この保険も過失割合に関わらず保険金を受け取れます。

つまり、交通事故の原因はこちらが100%悪くても、ケガをした場合などは保険金が支払われるのです。そうなると、ますます人身傷害保険との違いが分からないかもしれません。

しかし、搭乗者傷害保険の場合、「歩行中に自動車事故で死傷した場合」は補償対象外です。あくまで車に搭乗しているときを対象とした保険となります。

そして、補償対象は「正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者」となっています。そのため、トラックの荷台に違法に乗ってケガを負ったり、車から身を乗り出してケガをしたりと違法乗車をしていた場合は保険の対象外です。

ちなみに、搭乗者傷害保険の保険金の支払は、怪我をした箇所の治療費ごとに金額が支払われる「部位症状別払い」が基本となっています。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の共通点

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の共通点は、まず「搭乗中の交通事故による死傷に対しての補償」という点です。

運転手の操作ミスによる事故であっても、他人から車を追突されたといった事故であっても、契約車に搭乗している人であれば補償されます。

ドライバーを含む家族や友人、知人など、すべての人が対象となるのは双方とも心強いでしょう。また、「過失割合に関わらず保険金が出る」のも同じです。

例えば、道の出会い頭で他の車と衝突してしまい、過失割合はお互いにあるといった状況でも、示談交渉を待たずに保険金がおります。そして、補償対象外となるケースも同様のことが多いです。

台風や地震といった自然災害が原因の自動車事故は、双方とも補償対象外となります。運転中に大地震に遭遇し、ハンドルを取られて事故を起こしてしまっても、搭乗者の補償はおりないことが一般的です。

最後に、人身傷害保険も搭乗者傷害保険も「ノーカウント事故」と呼ばれ、等級が下がらない特徴があります。

ノーカウント事故とは、保険金を請求しても「事故件数とはカウントされず」、翌年に等級が下がったり、保険料が上がったりすることがない事故を言います。

搭乗者保険や人身傷害補償保険は「加入者の責任を問わない保険である」と定められているため保険料は上がりません。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違い

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いは、具体的にどのようなことがあるのでしょうか。そこには、補償金額の違いであったり、車に搭乗中以外の事故補償の有無などがあったりするようです。

では、双方の違いを詳しく見ていきましょう。

補償金額

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の違いには、まず「補償金額の違い」があります。人身傷害保険の場合、あらかじめ決められた保険金額が支払われることが一般的です。

交通事故によって入院費が1万円掛かった場合、その満額が支払われることが多いでしょう。一方の、搭乗者傷害保険の場合、「損害した体の部位」によって金額が決まっています。

例えば、首のムチ打ちは5万円、腕の骨折は35万円といったように、ケガの箇所や状況によって金額が決まっていることが多いです。

そのため、回復に要した日数などは関係なく、箇所に決めらよって決められた金額が支払われればそれで終了となります。双方を比較してみると、人身傷害保険の補償金額の方が手厚いことが分かります。

搭乗中以外の事故

双方には、車に乗っていないときの補償について違いがあります。まず、「人身傷害保険」は「搭乗中以外の事故でも補償される」のが特徴です。

被保険者やその家族が歩行中に車にはねられてケガを負ってしまったときでも、保険はおります。自転車に乗っていて車と衝突した場合でも、ケガを負ったら保険を使うことが可能です。

しかし、もう一方の「搭乗者傷害保険」では、車に搭乗中以外の事故は補償されません。自転車であれバイクであれ、契約車両以外の乗り物は対象外となるので注意しましょう。

搭乗者傷害保険は、あくまで保険に加入した車に乗っている最中の事故だけを補償するものです。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の補償金額の例

1つの保険会社を参考に、人身傷害保険と搭乗者傷害保険の補償金額を見てみましょう。大手自動車保険会社である「アクサダイレクト」の場合、双方の補償金額は次のようになります。

まず、「人身傷害保険」の場合、保険金額は3000万~1億円の間で選択することができます。希望金額は1000万円単位で選ぶことができますが、「無制限」を選ぶことも可能です。

そして、「搭乗者傷害保険」は、500万円、1000万円、1500万円、2000万円の中から保険金額を選ぶことができます。

次に、「搭乗者傷害保険」の具体的な支払額は、打撲や挫傷、擦過傷といった比較的軽いケガには、医療保険金は10万円となっています。

骨折・脱臼、脳や脊髄などを除く部位の神経損傷、上肢・下肢の腱や靭帯の断裂には30万円、上肢・下肢の欠損や切断、眼球の内出血や神経損傷、眼球の破裂などに対しては50万円です。

さらに、脳挫傷などの脳損傷、頭蓋内出血または頭蓋内血腫、胸部・腹部の臓器損傷といった重いケガに対しては100万円が支払われます。

アクサダイレクトでは「人身傷害補償特約」と「搭乗者傷害保険」のどちらかだけでも良いですし、両方を合わせて補償を手厚くすることもできます。

ただ、「人身傷害補償に関する被保険自動車搭乗中のみ補償特約」といった特約もあり、これを利用することで、保険料を安くすることも可能です。

人身傷害に加入する際は他の保険契約との重複に注意

人身傷害保険には、契約の車に搭乗中の事故を補償する「車内の補償」と、他の車に搭乗中や歩行中の自動車事故を補償する「車外の補償」があります。

他の保険と重複しやすいのです。自分が加入している他の自動車保険の人身傷害保険や、家族がそれぞれ人身傷害保険の契約があるといった場合は、補償内容が重複していないか、今一度確かめる必要があるでしょう。

保険金額が高い人身傷害保険をメインにするのがオススメ

「人身傷害保険」と「搭乗者保険」は、共に交通事故によって生じる自分自身のケガを補償する、大切な保険です。

両方加入しておいた方が良いのですが、人身傷害保険の方が保険金額は手厚く、歩行中の事故にも対応してくれるため利便性は高いと言えます。

双方の保険に加入する際は、保険金額が高い人身傷害保険をメインにし、人身傷害保険で足りない分のカバーとして搭乗者傷害保険を選ぶのが良いでしょう。

こうすることで補償内容は手厚くなり、自分だけでなく、車に同乗するすべての人への補償を充実させることができます。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×