自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の乗り換えをしようか迷っている人は読んでおこう

更新やライフスタイルの変化は、自動車保険を見直し、別の保険会社に乗り換えるのに適した時期。見直しや乗り換えによって、保険料を節約することも可能です。 しかし、自動車保険の乗り換えをする場合に注意すべきことや、乗り換えるにあたってしておくべきことがあります。 そこで今回は、自動車保険の乗り換えについて専門家に聞いてみました。

自動車保険を見直して、乗り換えるべきタイミング

一般に、自動車保険は1年契約。そのため、1年に一度、更新=見直すタイミングがあるわけです。

しかし、契約期間の途中でも自動車保険を見直すべきタイミングがあります。

同居の親族が免許を取得した
子供が結婚や独立をして家を出て行った
自分が結婚した
自分もしくは同居の子供が21歳や26歳になった
レジャーや通勤など、車の使用目的が変わった
年間の走行距離など車の利用頻度が多くまたは少なくなった

このようなライフスタイルが変わるタイミングも、自動車保険を見直し、さらには別の保険会社に乗り換えるのに適した時期と言えます。見直しや乗り換えによって、保険料を節約することも可能です。

自動車保険の乗り換えをする場合に注意すべきこと

他社の自動車保険に乗り換えるとき、基本的に等級を引き継ぐことが可能です。ただし、前契約で事故が2件以上あった場合、(※自動車共済では1件の場合もあり)は、等級の引き継ぎ以前に契約自体ができない保険会社もあるので注意が必要です。

自動車保険の乗り換えをする場合、満期日を待って乗り換えであれば、特にデメリットはありません。しかし、満期日前に解約をして乗り換える場合には、等級の積み上げという部分でデメリットが発生します。

通常、事故がなければ等級は1年に1等級上がります。そのため、満期後に新たな保険会社に乗り換えをする場合、1等級上がった状態でのスタートとなります。

しかし、契約期間の途中で解約してしまった場合、今までの契約期間は等級の積み上げ期間にカウントされず、新たな保険会社で契約する際には同じ等級からの再スタートになります。そのため、例えば半年で現在契約をしている自動車保険を解約した場合、半年分の等級の積み上げ期間について損をするわけです。

さらに、途中解約の場合には、受け取る解約返戻金が払い込んだ保険料の全額になるとは限らないので、金銭面でもマイナスになるケースが多いです。

そのため、満期日をもって自動車保険を乗り換えることをおすすめします。

また、他社の自動車保険に乗り換える場合、「二重契約」の問題もあります。自動車保険の原則は「1つの車に1つの契約」です。そのため、基本的に二重契約は認められていません。もし二重契約ができた場合でも、「実際に発生した損害額」についてしか補填されないので、ムダに保険料を支払うというデメリットがあります。

ただし、契約に自動継続の特約がついているのを知らずに、解約したつもりで別の保険会社に乗り換えてしまうというケースは考えられます。そのため、自動車保険を乗り換える際には、現在の保険会社に更新しないという意思をきちんと伝えるようにしましょう。

自動車保険を乗り換えるにあたってすべきこと

それでは、他社の自動車保険に乗り換える場合、どのような手続きを行い、どのような書類を準備すべきなのでしょうか。

まず、現在の保険契約の満期日前、遅くとも「満期日の翌日から7日以内(※保険が翌日から適用される場合は6日以内)」に、新たな保険会社で申込手続きをする必要があります。また、前述のように、現在の保険会社に契約の更新をしない旨の連絡をしておきましょう。

満期日をもっての乗り換えであれば、現在の保険会社への書類の提出などは必要ありません。新たな保険会社に申し込む際に必要な書類としては、本人確認書類や車検証のコピーが挙げられます。この点、インターネットから申し込む場合には、車検証の記載項目をフォームで入力することになるので、車検証のコピーは不要です。

POINT

  • ・更新の時期はもちろん、ライフスタイルが変わるタイミングも、自動車保険を見直し、別の保険会社に乗り換えるのに適した時期
  • ・満期日前に解約をして乗り換える場合、等級の積み上げという部分でデメリットが発生する
  • ・他社の自動車保険に乗り換える場合、二重契約とならないように注意する
  • ・自動車保険を乗り換える場合、遅くとも「満期日の翌日から7日以内」に新たな保険会社で申込手続きをする必要がある

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×