自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険と自動車共済はどっちがいいの?気になる安さと違いを比較

「自動車保険と自動車共済は何が違う?」
「自動車共済は安いって聞くけど実際に事故にあったときちゃんと対応してくれるの?」

自動車共済は掛け金が安いことで有名ですが、安いという理由だけで自動車共済を選んでしまうと、実際に事故が起きたときのサービス面などが不安になりますよね。

「自動車共済を選んで後悔した…」そうならないために、この記事では自動車保険と自動車共済のサービス内容、そして自動車共済と自動車保険のメリット・デメリットを細かいところまでご紹介していきます。

    自動車共済と自動車保険の特徴!

  • 自動車共済のほうが自動車保険よりも保険料が安い場合が多い
  • 民間の自動車保険は自動車共済よりもサービス内容や事故対応が優れている
  • 自動車保険料の比較をするには一括見積もりがおすすめ

自動車保険料を一括見積もり


自動車共済と自動車保険はそもそも何が違うの?

自動車共済という名前は聞いたことがあっても、自動車共済の内容と自動車保険との詳しい違いを理解している人は少ないと思います。
ここでは、自動車共済と自動車保険の様々な違いを詳しくお伝えしていきます。

自動車共済の目的は組合員同士が助け合うこと!だから掛け金が安い

自動車共済は、協同組合がお互いを助け合う精神のもと、組合員同士の助け合いを目的として成り立っています。
保険の対象者は組合員や会員同士となっており、営利目的ではないため掛け金が低く抑えられています。

一方、自動車保険は保険の対象者は不特定多数の顧客であり、利益を得ることが目的であるため、自動車共済よりも掛け金が高くなってしまうというわけです。

また自動車保険と自動車共済には根拠法や監督官庁の違いもあります。

    自動車保険と自動車保険の根拠法・監督庁

  • 自動車保険
      根拠法:保険業法、監督官庁:金融庁
  • 自動車共済
      根拠法:農林共同組合法、監督官庁:農林水産省、厚生労働省(JA共済)
      根拠法:消費生活協同組合法、監督官庁:厚生労働省(全労災)

このように、自動車共済と自動車保険には設立目的をはじめとして、法律や監督庁にも大きな違いが存在します。

では、自動車共済の気になる保険料はどのくらいになるのか、具体的に見ていきます。

自動車共済の保険料の相場は年間約9万円で損保会社の保険よりも安い

自動車共済の保険料の相場は、共済の種類によって多少前後します。ここでは「JA共済」を基準に、保険料の相場をお伝えします。

車両保険 一般型 一般型 一般型
人身傷害 3000万円 1億円 3000万円
等級 6等級 6等級 20等級
年間合計額 9万1020円 9万4910円 3万7000円

上の表からもわかるように、人身傷害の条件を「3000万円→1億円」に変更すると、保険料は9万4910円となりました。これだけ補償を手厚くしても10万円を切る補償額はとてもお得です。

さらに、等級の条件を「6等級→20等級」として試算してみても、一般的な自動車保険に比べると、自動車共済の方が若干安い傾向があります。

しかし、この金額は自分の車の走る距離や補償範囲によっては、民間の自動車保険会社の方が安くなる場合もあるので、一括見積りで試算をだしてみることをおすすめします。

一括見積で今すぐ確認

自動車共済と自動車保険の補償内容に大きな違いはない

自動車共済と自動車保険の補償内容には、おおむね大きな違いはありません。
自動車共済の一例としてJAの自動車共済「クルマスター」、自動車保険の一例としてソニー損保の補償内容を見ていきましょう。

    JA共済とソニー損保の補償内容

  • 相手方への補償(対人賠償・対物賠償)
  • 自分や同乗者の補償(人身傷害・搭乗者傷害)
  • 自分の車の補償(車両補償など)

補償内容は以上の3つとなり、基本的な補償内容には大きな差はありませんでした。

自動車共済と自動車保険のサービス内容比較

補償内容は自動車共済と自動車保険には大きな差はありませんでしたが、実際に事故を起こしたときのサービス内容には違いがあるようです。
ここからはJA共済のクルマスターとソニー損保のサービス内容の細かい点を比較していきます。

<レッカーサービス>

JA共済 ソニー損保
上限距離 100㎞まで無料 150㎞まで無料(2017年7月以降を始期日とするご契約から)
レッカーサービス対象業者 JA共済指定の提携業者 お客様が自由に選んだ修理業者

※ソニー損保は指定の修理工場までであれば距離は無制限で無料です。
※牽引の制限距離をこえてしまった場合、1㎞あたり約720円の費用を自分で負担することになります。

<ロードサービス>

JA共済 ソニー損保
宿泊費用補償 1人上限1万円まで補償 最寄のビジネスホテルクラスの費用を補償(ペットホテル費用も上限1万円まで)
ガス欠時の燃料補給 有料   契約2年目以降10リットルまで無料

※ソニー損保のガソリン補給に関しては、契約期間中1回の使用に限ります。

以上にあげたサービス内容の違いはあくまでも一例であり、サービス内容には他にも細かい違いがたくさんあるので、申し込む前に必ずサービス内容を確認し、自分に合った補償を選ぶことが大切です。

自動車共済と自動車保険のメリットとデメリット

細かい違いがたくさんあってわかりづらい自動車共済と自動車保険ですが、
結局のところ、「自動車共済と自動車保険のなにがよくてなにがだめなの?」という疑問に至りますよね。

というわけで、ここから簡単に自動車共済のメリットとデメリットをご紹介していきます。

自動車共済のメリット3つ

    自動車共済のメリット

  • 掛け金が安い
  • 等級が22等級まであるので事故時の割引ダウン幅が小さい
  • 特殊な割引制度がある

〈掛け金が安い〉
最初でもお伝えしたように、自動車共済は、「協同組合がお互いを助け合う精神のもと、組合員同士の助け合いを目的として」成り立っています。
ですので、営利を目的としないため、掛け金が安くなることが最大のメリットと言えます。

〈等級が22等級まであるので事故時の割引ダウン幅が小さい〉
これはすべての共済の当てはまるわけではありませんが、全労済のマイカー共済では最大22等級まであります。

例えば、普通事故を起こすと3等級ダウンしてしまいます。
普通の保険会社なら20等級→17等級になり事故あり係数が3年付いてしまい、17等級で事故あり係数が3年付くと割引率は63%から38%までに落ちてしまいます。

しかし、全労済のマイカー共済では22等級→19等級になり事故あり係数が3年付いても、割引率は64%から41%で済むというわけです。
※ちなみにJA共済のクルマスターは最大20等級までです。

〈特殊な割引制度がある〉
JAの自賠責共済とセットご加入すると、自動車共済の対人賠償の共済掛金が7%割引になる自賠責共済セット割引や、農業用として使用する指定の条件を満たす場合は共済掛金が10%割引になる農業用貨物車割引、そして複数の車をまとめて契約で共済掛金5%割引など、共済ならではの割引も多数存在します。

自動車共済のデメリット3つ

    自動車共済のデメリット

  • 等級を引き継げない場合がある
  • 中小規模の共済にはセーフティーネットがない場合もある
  • 自動車保険よりも事故対応力が劣る場合もある

<等級を引き継げない場合がある>
自動車共済から自動車保険またはその逆の場合、等級が引き継げない場合があります。

JA共済や全労済、全日本火災共済協同組合連合会(日火連)、全国自動車共済協同組合連合会(全自共)などの共済は等級の引継ぎが可能となっているようですが、申込みをする前に各共済、保険会社にきちんと確認してみないと、等級が引き継げないことにより大きく損をすることになってしまいます。

<中小規模の共済にはセーフティーネットがない場合もある>
保険の場合は「生命保険契約者保護機構」という、契約した保険会社が万一破綻した場合などに契約が一定の保護を受けられる仕組みが用意されています。

しかし中小規模の自動車共済には、このような仕組みがなく、契約している自動車共済が破綻してしまうと破綻後の事故に対する共済金や解約返戻金は支払われないので契約の際には十分に注意してください。

ただ、JA共済などの大規模な共済については、ある県のJA共済が破綻したら、他県のJA共済に契約を引き継ぐなどの契約者を保護するシステムが確保されているようです。

<自動車保険よりも事故対応力が劣る?>
自動車保険会社は保険のプロと呼ばれる人たちが、数多く働いています。そのため、万が一事故を起こしても、すぐにロードサービスが駆けつけてくれたり、保険担当者が相手側と交渉をしてくれたりと、何かと頼りになります。

一方の自動車共済は、共済の担当者が「定期的な配置転換」によって配属されており、「車保険や共済に関しては素人」という場合が多く、事故を起こした後に迅速な対応ができなかったり、補償がなかなかおりなかったりと、いざという時にやや頼りにならないこともあるようです。

自動車共済は自動車保険に比べて加入者は少数

自動車保険加入率 自動車共済加入率
約75% 約25%

上記の表のとおり、車を運転する人全体の、おおよそ75%は「自動車保険」に加入しており、自動車共済の加入者は少数です。自動車保険の方が、知名度が高かったり、親が加入している自動車保険に自然と加入していたりすること、さらに補償内容の種類が充実しており、プランや特約を自由にカスタマイズできることから人気が高くなっています。

一括見積で自分に合った保険を今すぐ確認

自動車共済の加入者はすでに共済に加入している人が多い

では自動車共済に加入している約25%は、どのような人たちかというと、自動車共済は基本的にJA共済や県民共済などに加入していることが条件ですので、JA共済ならば普段から農業に携わっている農業従事者の人たちが多くなっています。

こういった農業従事者のようにすでに共済に加入している人は、自動車共済を選ぶ傾向にあるようです。

しかし、共済組合はそれに関連する職業に就いていなくても、基本的には加入できます。
出資金を出すことにより「准組合員」となることができ、自動車保険だけでなく、火災保険や生命保険なども利用可能です。

自動車共済は保険料をとにかく安くしたいならおすすめ

自動車保険に比べると、自動車共済の加入者は全体的に少ないです。しかし、共済に加入している人なら利用もしやすく、保険料が安いのが特徴です。

多くの組合では一般の人でも加入することができるので保険料を抑えたいと考えているのなら、自動車共済への加入がおすすめです。

しかし、自動車保険にも自動車共済にも、それぞれにメリットやデメリットがあります。
まずは、両方の基礎知識を知り、自身のライフスタイルに合わせて自動車の補償を選ぶことが大切です。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件