自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険と自動車共済はどっちがいいの?気になる安さと違いを比較

「自動車保険と自動車共済は何が違う?」
「自動車共済のデメリットは?」
自動車関連の保険には、「自動車保険」と「自動車共済」があります。CMなどで見聞きすることが多いのは民間の損保会社が運営する自動車保険ですが、農業協同組合などでは「自動車共済」のポスターが貼ってあったりします。では自動車保険と自動車共済は何が違うのか、保険料の金額や補償内容に差はあるのでしょうか。今回は自動車保険と自動車共済の基礎知識や違いについて、どちらに加入すれば良いのか比較してお伝えします。
  • 自動車共済の保険料の相場は約9万円
  • 自動車共済のほうが自動車保険よりも保険料が安い
  • サービスや事故対応を重視するなら民間の自動車保険がおすすめ
  • 自動車保険料の比較をするには一括見積もりがおすすめ

一括見積もりしてみる


自動車共済の補償内容と保険料の相場

自動車共済の内容をしっかりと理解している人は少ないかもしれません。そもそも、自動車共済とは何をどのように補償してくれるのでしょうか。ここでは、自動車共済における補償内容や保険料の決まり方、具体的な保険料の相場などを紹介します。まずは、自動車共済における基礎知識をお伝えします。

自動車共済の補償内容は自動車保険と大きな違いはない

自動車共済は、「協同組合がお互いを助け合う精神のもと、組合員同士の助け合いを目的として」成り立っています。そのため、会員の誰かが事故を起こした場合に会員で助け合い、補償を受けます。

自動車共済は、「自身や同乗者の身体上の補償」「相手方への補償」「刑事訴訟弁護費用」といった補償があります。

そして、共済は「JA共済」や「教職員共済」など、様々な共済組合があります。加入できる組合は変わってきますが、どの組合の自動車共済も、おおむね補償内容に大きな違いはありません

例えば、教職員共済における自動車共済の補償内容を見ていくと、自分や同乗者の身体上の補償として「人身傷害」「搭乗者傷害」「無共済等自動車傷害」があります。

相手方への補償として「対人・対物賠償」、その他の補償として「対物超過修理費用特約」や「車両運搬費用等特約」なども存在しており、補償内容もあまり自動車保険と違いはありません。

自動車共済の保険料の相場は約9万円で損保会社の保険よりも安い

自動車共済の保険料の相場は、その共済の種類によって多少前後します。ここでは「JA共済」を基準に、保険料の相場をお伝えします。

JA共済の公式サイトでは、保険料の目安を試算することができます。まずは、多くの人が利用条件としている車両保険を「一般型」にし、人身傷害を「3000万円」に設定すると、保険料の試算は年間おおよそ9万1020円となります。

また、人身傷害をさらに手厚い「1億円」に設定すると保険料は9万4910円です。これだけ補償が手厚いのに10万円を切る補償額はとてもお得です。

新規加入では多くの場合で「6等級から」になり、その条件に計算した結果がこの保険料です。

仮に、同じ条件で20等級として試算してみると、保険料は3万7000円となります。一般的な自動車保険に比べると、自動車共済の方が若干安い傾向があります。

自動車共済と自動車保険のメリットとデメリット

自動車保険と自動車共済のメリットとデメリットをそれぞれ比較しお伝えします。

自動車共済のメリットとデメリット

自動車共済のメリットは「自動車保険よりも保険料が安い」ことです。組合員が出資金を出し合っているものなので、営利目的というよりかは、助け合いの精神で成り立っています。

そのため、自動車保険に比べると保険料は抑えられていることが多いでしょう。

しかし、デメリットは「自動車保険よりも事故対応力が劣る」という点です。これは、共済の担当者が「定期的な配置転換」によって配属されており、「車保険や共済に関しては素人」という場合が多いからです。

事故を起こした後に迅速な対応ができなかったり、補償がなかなかおりなかったりと、いざという時にやや頼りにならないこともあるようです。

自動車保険のメリットとデメリット

自動車保険のメリットは「自動車共済よりも事故対応力が優れている」ことです。万が一事故を起こしても、すぐにロードサービスが駆けつけてくれたり、保険担当者が相手側と交渉をしてくれたりと、何かと頼りになります。

しかし、デメリットとすれば「自動車共済よりも保険料が高い」ことがあります。手厚いサービスがある分、コストを見ると共済よりも高いことが多いでしょう。

自動車保険と自動車共済の加入者の特徴

自動車保険と自動車共済に加入しているのは、それぞれどのような人が多いのでしょうか。一般的には、自動車保険に加入している人の方が多いかもしれません。では、それぞれの加入者の特徴について見ていきましょう。

自動車共済は自動車保険に比べて加入者は少数

車を運転する人全体の、おおよそ75%は「自動車保険」に加入しており、自動車共済の加入者はとても少数です。

自動車保険の方が知名度は高かったり、親が加入している自動車保険に自然と加入していたりすることが要因です。

また、自動車保険の方が補償内容の種類が充実しており、プランや特約を自由にカスタマイズできるメリットも大きいでしょう。

例えば、自動車保険では「年齢」や「車を運転する人」を制限することにより、保険料を安くできるメリットがあります。

しかし、共済の場合は保険料を安くする割引制度は少ないため、より自分に合う補償内容にしたい場合は、自動車保険の方が向いています

自動車共済はパッケージの保険商品に加入できる

自動車共済に加入するには、基本的にJA共済や県民共済などに加入していることが条件です。例えば、JA共済は農業協同組合連合であり、普段から農業に携わっている農業従事者の人が多く加入しています。

すでに共済に加入している人は、自動車共済を選ぶ傾向にあります。しかし、共済組合は、それに関連する職業に就いていなくても、基本的には加入できます。

JA共済の場合、出資金を出すことにより「准組合員」となり、自動車保険だけでなく、火災保険や生命保険なども利用可能です。自動車共済は、そもそも多くの共済組合があるため、選ぶパッケージ商品もたくさんあります。

どれを選ぶべきか迷うこともありますが、自動車保険に比べると保険料が安くなることが多いため、保険料を抑えたいと考えている人は検討をおすすめします。

自動車保険・自動車共済を乗り換える際の注意点

自動車保険から自動車共済へ、あるいは自動車共済から自動車保険へ乗り換える際には、「ノンフリート等級」に関して注意が必要です。

ノンフリート等級とは、事故歴に応じた保険料の割引を適用する制度です。例えば、10等級の人が、事故を起こさず翌年自動車保険を乗り換えたら、その経歴を引き継がれて11等級で保険が契約できることになります。

多くの自動車保険ではノンフリート等級を導入していますが、自動車保険から自動車共済へ、あるいは逆の場合でも等級の引き継ぎは行われず、6等級からになります。

しかし、自動車共済であっても「JA共済」と「全労災」であれば、自動車保険からの乗り換えであっても等級の引き継ぎに対応しています。教職員共済などは等級引き継ぎに対応していません。

自動車保険と共済との乗り換えをする場合は、ノンフリート等級に対応しているか必ず確認しましょう。

自動車共済は保険料をとにかく安くしたいならおすすめ

自動車保険に比べると、自動車共済の加入者は全体的に少ないです。しかし、共済に加入している人なら利用もしやすく、保険料が安いです。

多くの組合では一般の人でも加入することができます。保険料を抑えたいと考えているのなら、自動車共済への加入がおすすめです。

自動車保険にも自動車共済にも、それぞれにメリットやデメリットはあります。まずは、両方の基礎知識を知り、自身のライフスタイルに合わせて自動車の補償を選ぶことが大切です。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×