自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 自動車保険見直しの4つのポイント!保険料が安くなる補償内容と特約

自動車保険見直しの4つのポイント!保険料が安くなる補償内容と特約

自動車保険見直しは補償内容や特約で保険料が安くなるアイキャッチ画像

「自動車保険の見直しのタイミングはいつ?どうやるの?」
「もうすぐ更新の時期だけど、保険料が上がってしまうから見直したい…」

自動車保険を見直しするには補償内容や特約など保険料が今よりも安くなる4つのポイントがあります。

この記事では、保険料を安くするために見直すべき4つのポイントとその理由についてご説明します。

    保険料が安くなる見直しのポイント4つ

  • 車両保険を外す
  • 免責金額を"あえて高く"設定する
  • 人身傷害保険から「乗車中以外の補償」を外す
  • 運転者範囲を限定する

車両保険を外したり運転者範囲を限定したりすることで、どれくらい保険料が安くなるかは会社によって異なります

まずは一括見積もりを利用して自分に合った一番安い保険を探しましょう

カンタン5分で見直しをする

自動車保険を見直して保険料を抑える「4つ」のポイント

自動車保険の見直しは複雑で、誰かに相談したいけど何を相談したらいいかわからないという人に、見直しのポイントを説明します!
まず、保険料を安くするために注目すべき補償内容は4つあります。

  • 車両保険
  • 車両保険の免責金額
  • 人身傷害補償保険
  • 運転者範囲

では、具体的にどう注目するのか見ていきましょう。

1.車両保険の見直し

まず、注目点の1つ目は「車両保険の見直し」です。

契約当初は車両保険に加入していたけれど、数年経ち車が古くなってきたら、必ずしも車両保険に加入する必要性はないかもしれません。

車両保険には、補償範囲の広い「一般型」と範囲が限定された「限定型」があり、「限定型」のほうが保険料は割安です。
車両保険は加入していると確かに安心ですが、保険料は跳ね上がります。

さらに、車両保険に加入していても、保険を使う場合には免責金額(自己負担額)が発生します。

つまり、車両事故の際の全修理費用のうち免責金額を引いた額が、保険会社から支払われることになります。

続いて免責金額の見直しについて詳しく解説します。

2.車両保険の免責金額の見直し

注目点の2つ目は「車両保険の免責金額の見直し」です。

車両保険を使う際にかかる免責金額を高く設定することで、保険料が安くなります。

1回目の車両事故の自己負担額 2回目以降の車両事故の自己負担額
0円 10万円
5万円 10万円
10万円 10万円

※保険会社によって金額設定は異なります

表の下にいくにつれて、車両事故での自己負担額は増え、結果的に保険料は安くなります。

現在の免責金額が「0-10万円」や「5-10万円」という人は、「10-10万円」に更新することで保険料が安くなります。

3.人身傷害補償保険の見直し

注目点の3つ目は「人身傷害補償保険の見直し」です。

人身傷害保険は搭乗者傷害保険と違い、乗車中以外でも、歩行中や自転車に乗っているときの事故を補償してくれます。

しかし、人身傷害補償保険から乗車中以外の補償を外した「搭乗中のみ補償特約」をつけることで乗車中の事故のみを補償し、保険料は割安になります。

この補償にした際、搭乗者傷害保険と内容はほぼ同じになります。ここでの違いは、保険金支払いのタイミングと計算方法です。

補償内容 人身傷害補償保険(搭乗中のみ補償特約) 搭乗者傷害保険
支払いタイミング 示談交渉を待たず、損害額確定時点 ・症状が確定時点
・入通院後
計算方法 実際の損害額 定額払い
(入院日数等に応じる)

さらにこの特約は、同居の親族間で人身傷害保険に2台以上加入している場合、どちらか一方の契約プランに付帯するのがおすすめです。なぜなら、人身傷害補償保険は歩行中の事故に対する補償などが重複してしまい、保険料を無駄に払ってしまう可能性があるからです。

自動車保険の特約の選び方を詳しく見るなら、自動車保険の選び方!安い保険料で手厚い補償を受ける4つのポイントをご覧ください。

4.運転者範囲の見直し

最後の注意点は「運転者範囲の見直し」です。

例えば、子どもも車を運転していたが、結婚や独立などによって車に乗る機会がなくなった。
そこで、誰が運転するのかという運転者限定特約において補償対象を本人限定や夫婦限定に変更することにより、保険料が安くなります。

安くなる理由は、運転者が減ることにより事故を起こして保険会社が保険金を支払う確率が低くなることです。

細かい設定を見直して保険料を比較するには、一括見積もりサービスがおすすめです。

5分で一括見積もりしてみる

自動車保険の見直しは満期日はダメ!タイミングが重要な理由3つ

満期を過ぎた直後に見直し・乗り換えをしてしまうと損をする理由は以下の3つです。

  • 解約返戻金を受け取れない
  • 保険の空白期間と重複の発生
  • 等級が引き継げない

満期を過ぎた直後に自動車保険の見直しをしてしまうと、保険料が非常にもったいないだけでなく、万が一の事故も補償されなくなるというリスクがあります
では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

自動車保険の解約返戻金がもらえない

解約返戻金(へんれいきん)とは、途中解約によって年払いに限り、保険会社に前もって払っていた保険料が戻ってくるお金のことです。
月払いの場合は戻ってきませんのでご注意ください。

しかし年払いでも、戻ってくる額は各社の短期率(※)というもので計算されており月割金額を下回るため、余分に支払っていた額と同じだけはもらえず損をすることになります。

※短期率(短期料率)とは

以下の計算式で計算される解約返戻金のこと。
返還保険料=年間保険料×(1-既経過期間に対応する短期料率)
ただし、保険会社によって短期料率は変わります。

自動車保険の満期後だと補償の空白期間と保険の重複契約が発生

保険の空白期間とは、被保険者や車が補償されない期間のことで、たとえその間に事故を起こしても保険金は出ません

反対に重複契約とは、保険解約日以前に次の保険の補償がスタートしてしまうこと。
この期間に事故が発生した場合、一方の保険会社からの保険金しか払われないため、もう片方に支払っている保険料は無駄になります。
自動車保険を見直して乗り換えるときの画像

保険の解約日と次の保険開始日の間は空けない、かつ重ならないようにしましょう。

さらに、自動車保険の変更や解約における注意点について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

自動車保険の見直しで等級を引き継げるのは7日以内

保険会社を変更する際の等級制度について、等級は7日以内に引き継がなければリセットされ、たとえ無事故で7等級以上であっても最初の6等級に戻ってしまいます。結果、保険料が高くなってしまうのです。

もし7日以内に引き継ぐことができない場合は、必ず中断証明書を発行しましょう。

さらに、等級は引き継げても、引き継ぐタイミングを間違うと等級の進みは遅くなります

例えば、5/1が保険開始日の保険に加入していて、11/1に乗り換えたとします。無事故なら翌年5/1の等級が上がるはずが、その後に乗り換えているため11/1まで待つ必要があります。

このように、タイミング悪く保険会社を変更すると、毎年の等級の進みが遅くなるというリスクは考慮が必要です。

7日以内に更新するのを忘れてしまった場合は、自動車保険の更新を忘れたら7日で等級リセット?保険料を抑える方法をご覧ください。

では、自動車保険を見直して乗り換えるのに適切な時期4つを解説していきます。

自動車保険の見直し時期に適切なタイミング4つ

自動車保険の正しい見直しのタイミングは全部で4つあります。

リスクのある自動車保険の見直しですが、適切なタイミングなら今よりも保険料を抑えられるかもしれません。

1.契約更新や新車の購入時

契約の更新時期や新車購入時に見直すことで安くなる理由は、以下の4つです。

  • 無事故の場合のノンフリート等級割引制度を受けられる
  • 契約年数に応じた継続割引が適用される
  • 保険開始日より早めにネット契約した時の早期割引がある
  • 新たに車を購入した時の新車割引を適用できる

ノンフリート等級制度は、1年間無事故だった場合に等級が1つ上がり、保険料に割引が適用される制度のことです。
等級が上がるタイミングは自動車保険の更新時期であるため、更新のタイミングに合わせると保険料が安くなります

なお、1年間の自動車保険契約中に車両保険等を使用した場合は等級ダウンしてしまいますが、ロードサービスの使用では等級は下がりません。詳しくは自動車保険のロードサービス11社比較!補償が充実するポイント4つをご覧ください。

継続割引は、現在の保険会社をそのまま継続契約することで保険料が割り引かれる制度です。
ネット契約早割も、保険開始日よりも早めに契約し加入手続きをすることで保険料の割引が適用されます。

ただし、すべての割引制度において、保険料の割引率は保険会社によって異なります。
割引制度を利用して保険料がどのくらい安くなるか、保険会社ごとに比較するなら無料一括見積もりサイトがオススメです。

一括見積もりで割引率を比較

また、新たに車を買い替えた場合には保険会社に申請を行わなければ、補償を受けることができなくなる可能性もあります。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

★あわせて読みたい

2.年齢や家族状況が変わる時

  • 同居の親族や配偶者が運転免許を取得した
  • これまで運転をしていた子どもが結婚や独立をして別居
  • 自分もしくは同居の子どもが21・26歳になった

運転者の年齢や家族状況が変わったタイミングで保険を見直すべき理由は、運転者年齢条件や運転者人数によって保険料が大きく変わってくるからです。

それは、年齢が若ければ若いほど事故のリスクが高まることや、運転者の人数が減ることで事故発生率も下がるため。基本的に、交通事故リスクが高まるほど保険料は上がります。

利用状況に応じて補償する必要のなくなった適用は外し、運転者の年齢補償を限定することで保険料は安くなり節約することができます。

3.車の使用目的と頻度が変わる時

使用目的は一般的に「業務」「通勤・通学」「日常レジャー」の3種類に分けられます。

保険料が一番高くなる使用目的は「業務」です。なぜなら、他の目的よりも大幅に運転時間や距離が長くなり、運転機会が多く事故発生リスクが高まるため。業務の定義は、「年間、週5日以上、又は月15日以上を業務に使用すること」です。

一方、保険料が割安になる使用目的は「日常レジャー」です。それは「業務」や「通勤・通学」に比べると、頻度や距離が少なくなるため。目的が「業務」「通勤・通学」に当てはまらない場合「日常レジャー」です。

必要のない補償に入っていると無駄な保険料を払っていることになるので、使用状況にあわせて使用目的と年間予定走行距離の設定をしなおすことが重要です。

4.契約者や被保険者がゴールド免許になった時

ゴールド免許を取得するとゴールド免許割引が適用され、保険料を安くできます。

割引率は年齢や保険会社によって変わってくるので、一括見積りで一番安い自動車保険を複数社比較してみましょう。

割引率の高い保険を探す!

契約者の変更時における等級引継ぎについては以下の記事をご覧ください。

★あわせて読みたい

自動車保険の見直しは満期前がいいポイントまとめ

せっかく保険を見直しても、満期を過ぎていたら解約返戻金が受け取れず等級も引き継げないことがあります。
自動車保険を見直す正しいタイミング4つは

  • 更新と新車の購入時
  • 年齢や家族状況が変わる時
  • 車の使用目的と使用頻度が変わる時
  • 自分や被保険者がゴールド免許になった時

保険を見直してできる保険料の節約ポイントは、車両保険の免責金額や人身傷害補償保険、運転者範囲です。

自動車保険を見直す際には、できるだけ保険料を抑えられるような補償に変更するだけでなく、安心して補償を受けられるようにすることも重要です。
節約を意識しすぎて、いざという時に必要な補償が受けられないという事態にならないよう、自動車保険の見直しは慎重にしましょう。
また2018年には、ドライブレコーダー特約など、万一に備えた安心できる特約が話題となりました。

安心できる補償内容、かつ保険料を抑えるには、同時に複数社の保険料を比較検討するのがおすすめです。

さらに、自動車保険を見直して一括見積もりをするだけで特典がもらえるオトクなキャンペーンも実施中!
詳しくは自動車保険見積もりキャンペーン比較|必ずお得な特典がもらえる裏技をご覧ください。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法