自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

保険料は高いけど、自動車保険で車両保険はつけるべき?

「車両保険に加入すると、保険料が高くなるから迷っている」という人が多いようです。「人や他人の車に対しての補償はしっかり備えておきたいけれど、自分のことは後回し……」という思いがあるのかも知れません。 しかし、車両保険は意外と補償範囲が広いので、つけておくと安心です。 そこで今回は、車両保険がどんな場面で役立つのか、保険料はどれくらいになるのかなど、車両保険に関して専門家に聞いてみました。

車両保険は「一般型」と「エコノミー型」の2つ

自動車保険の補償内容

自動車保険は、さまざまな補償を組み合わせて契約します。主な補償の内容は、大きく次の3つに分けられます。

相手に対する補償 対人賠償責任保険や対物賠償責任保険
自分や同乗者に対する補償 人身傷害保険や搭乗者傷害保険
自分の車に対する補償 車両保険

車両保険の内容

ここでは、車両保険について詳しく説明します。
車両保険には、「一般型」と「エコノミー型」の2種類があります。保険会社によっては一般型を「フルカバータイプ」や「ワイドカバータイプ」、エコノミー型を「限定タイプ」や「車対車+Aタイプ」などと呼ぶことがあるものの、補償内容はほぼ同じです。

一般型とエコノミー型の補償範囲

一般型 エコノミー型
他の自動車との衝突
当て逃げ ×
盗難
自然災害・いたずらなど 火災・爆発
台風・竜巻・洪水・高潮
落書き・いたずら
飛来物・落下物
単独事故 電柱・ガードレールに衝突 ×
自転車との衝突・接触 ×
転覆・転落 ×

一般型は相手がいる自動車事故だけでなく、自分が塀にぶつかるといった単独事故や当て逃げなどの相手が特定できない事故も補償の対象となり、エコノミー型は単独事故や相手が特定できない事故については補償の対象外となります。そのため、一般型のほうが保険料は割高になります。

車種などの条件によって保険料は異なるものの、平均すると一般型よりもエコノミー型のほうが30%~50%ほど保険料は安くなる傾向にあります。

保険会社による補償範囲に注意!

保険会社によっては「エコノミー型」でも、補償内容が「限定」だけの場合と「車対車+限定」にしている場合があります。

限定 一般型から「転覆・転落、飛来物・落下物以外の物との衝突・接触」に対する補償を除いたもの
車対車 自動車との接触による事故、かつ相手が特定できる場合にのみ補償する。
例えば自転車との接触による事故や火災・飛来物との衝突、台風などは補償の対象外となる。

なお、「車対車+限定」の補償内容は、上記を合わせたものになります。

車両保険の保険金はどうやって決まる?

車両保険の保険金とは?

保険に関することでよく登場する言葉に「保険料」と「保険金」があります。似ているので多混同する人も多いようですが、保険料は契約者が毎月(または毎年)保険会社に支払うお金のことで、「補償というサービスを受け取るための費用」を言います。

一方、「保険金」は生命保険なら死亡したときに受け取るお金、自動車保険では事故の損害に対して支払われるお金のことを言います。

車両保険の「保険金」とは、自分の自動車が事故などで損害を受けた場合に保険会社から支払われるお金です。

生命保険は加入時に自分で自由に保険金を決められますが、車両保険の場合、事故が起きた時点での車両の時価額以上を補償してくれません。

車両保険の保険金の決め方

車両保険の保険金の金額はは車種や型式、年式など、その車の価値(時価額)で決まります。そのため、購入後1年未満の場合とそれ以降では、保険金の額は大きく変わります。

1年未満 購入時の車両本体価格+メーカーのオプションやカーナビなどの付属設備の合計金額
2年目以降 車の価値の下落分を反映した金額

一般に保険金は「自動車保険車両標準価格表」などをもとに保険会社が上限を決めているので、契約者はその範囲内で設定することが可能です。

車両保険には「免責金額」がある

事故に遭って車両保険を使う際に修理費の一部を自分で負担することを「免責」と言います。契約するときに、保険会社が設定したいくつかの「免責金額」のなかから選択します。免責金額の設定をゼロまたは低くすると保険料は高くなり、高くすると保険料は安くなります。

免責金額の例

※保険会社によって免責金額の設定方法や条件は異なる

免責金額の組み合わせ 保険料
1回目の車両事故 2回目以降の車両事故
0円(自己負担なし) 10万円 安くなる
5万円 10万円
7万円 10万円
10万円 10万円

免責金額の設定のメリットとデメリット

免責金額を設定する場合は、次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
免責金額を高く設定 保険料が安くなる 車両保険を使う際の自己負担額が多くなる
(上限は設定した免責金額なので、最高でも10万円程度)
免責金額を低く設定 自己負担額が少ないので、急な事故でもすぐに修理に出せる 保険料が高い

結論を言うと、車両保険はつけたほうがいい!

どんなに安全運転を心がけていても、自動車事故を起こすことがあります。また、駐車中に落書きやいたずらをされることに加えて、近年は台風や集中豪雨での浸水被害も多発しています。

この点、車両保険をつけると保険料は高くなるものの、設定金額の範囲内で保険金が受け取れるため、修理費用などの経済的な負担が少なくて済むという大きな安心が得られます。

そのため、車両保険をつけることを検討してみるのもいいでしょう。

POINT

  • 車両保険には「一般型」と「エコノミー型」の2つがある
  • 「一般型」は補償の範囲が広く、「エコノミー型」は補償の範囲が限定される
  • 車両保険の保険金は、車の価値(時価額)によって決まる
  • 免責金額を設定すれば、保険料を抑えることができる

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×