自動車保険を比較するなら

カービックタウン

対人賠償責任保険は無制限にすべき?補償と費用をわかりやすく解説!

対人賠償責任保険って必要?
自動車保険の中でも、「対人賠償責任保険」はとても大切な補償です。これは、運転中の事故により、ケガや死亡してしまう被害者が出た場合、その賠償金を補償してくれるものです。ただ、自賠責保険でも賠償金は支払われるので、加入しなくても良さそうなイメージがあるかもしれません。しかし、対人賠償責任保険に入っていないリスクは想像以上に大きいようです。今回は、対人賠償責任保険の内容や特徴、未加入のリスクについて詳しく紹介します。

自動車保険の対人賠償責任保険は自賠責保険とは違う

自動車保険の「対人賠償責任保険」とは、そもそもどういった保険なのでしょうか。強制加入が義務付けられている自賠責保険と内容的は似ているようですが、大きな違いもあります。まずは概要を詳しく見ていきましょう。

対人賠償責任保険は損害賠償責任を補償する自動車保険

「対人賠償責任保険」は、自動車事故で相手にケガをさせたり、死亡させたりしたときに負う「損害賠償責任を補償する」保険です。

運転中に歩行者にケガを負わせてしまった、追突事故を起こし相手に大けがをさせてしまったときなど、この保険が適用されます。

しかし、こうした際の補償には「自賠責保険」も適用されます。自賠責保険は強制加入の保険であり、運転する人であれば必ず加入している保険です。

自賠責保険で被害者に損害賠償を行えば済む話に見えますが、実際はそうではありません。自賠責保険には限度額が法律によって決められており、死亡事故などを起こした際は自賠責保険の限度額では対応できないことが多いのです。

自賠責保険の補償範囲で保険は下りますが、賠償金だけでは足りない場合、対人賠償責任保険の補償を使うことになります。

対人賠償責任保険と自賠責保険の補償範囲

自賠責保険の補償範囲は次の通りです。まず、相手に「傷害による損失」を与えてしまった場合、最高で120万円の賠償金が支払われます

事故などにより「後遺障害が残った場合の損害」は最高で4000万円までの補償、「相手を死亡させた場合の損失」は最高で3000万円の補償金となります。

一見すると、しっかりとした補償がされているように見えますが、実際の人身事故における賠償金はこれだけの金額で収まらないことが多いです。

とくに、死亡事故に関しては1人1億円を超える賠償責任が命令されることも多く、場合によっては3億円を超えるケースもあります。

こうした自賠責保険の補償額を超える部分については、対人賠償責任保険で保険金が支払われます。

対人賠償責任保険の免責事項

対人賠償責任保険は、状況によっては保険が使えないこともあります。まずは「契約者、被保険者による故意の損害」です。

保険金目的で自ら電信柱にぶつかった事故などが当てはまります。そして、台風や地震、噴火などの災害や戦争などが原因で起きた事故に対しては、保険の対象外になります。

また、「競技や曲技等で車を使用した際に生じた損害」も対象外です。さらに、注意しておきたいのが「家族に対する賠償責任の場合も保険は下りない」という点です。

記名被保険者自身や、被保険者の父母、配偶者、子どもは対象外となります。また、被保険者の業務に従事中の従業員なども同じです。

たとえば、運転者自身が交通事故で被害者になっても、この保険では加害者として損害賠償責任を負担する立場にあるため、保険金は支払われないことになります。

自動車保険の対人賠償責任保険に加入しないリスク

自賠責保険があるのなら、対人賠償責任保険に加入しなくても補償はできると考えてしまうかもしれません。しかし、大きな事故を起こしてしまった場合、自賠責保険だけでは足りない場合があります。

まして、死傷者が多数出るような重大事故を起こしてしまったときには、億単位の損害賠償になることも珍しくないのです。

たとえば、自分が運転する車が事故を起こし、歩行者を死亡させてしまったとします。そこで1億円の損害賠償を求められても、自賠責保険でまかなえるのは3000万円です。

つまり、残りの7000万円は自分で払う必要があります。事故によっては莫大なお金を要求されることもあるので、自賠責保険だけでは圧倒的に足りません。

このように、自賠責保険は決して万能ではないため、対人賠償責任保険に加入する必要があるのです。

自動車保険の対人賠償責任保険は無制限が基本

多くの保険会社では、対人賠償責任保険の金額は「無制限」を推奨しています。無制限とは、その名の通り、損害賠償請求がどれだけ高額になっても無制限に補償される金額です。

なぜ無制限を推奨しているのかというと、死亡事故における賠償額の増加傾向が理由として言えるでしょう。たとえば、日本で起こった死亡事故の高額賠償最高額は、5億843万円です。

これは死亡した人が開業医で、所得水準が高かったり、就労可能期間を予測して計算したりすると、このような高額な賠償金が妥当となったためです。また、後遺症が残った事故では、3億7829万円の賠償金命令が出たこともあります。

自分は絶対に死亡事故を起こさないとは言い切れません。いざというときのために、対人賠償責任保険は無制限にすることが大事です。

ちなみに、無制限だと保険料は高くなりそうですが、仮に1億円といった限度のある保険料と無制限のものでは、多くの場合、保険料に大差はありません。その差はわずか年間で数百円です。

いざというときのため、対人賠償責任保険は無制限を選んでおいた方が良いでしょう。

保険会社別に見る対人賠償責任保険の特徴

対人賠償責任保険は、保険会社によっても内容にやや違いがあります。示談交渉を率先して行ってくれたり、お見舞い品の代金を用意したりする会社もあるようです。

では、よく選ばれている保険会社別に、具体的な対人賠償責任保険の内容と特徴的な部分について見ていきましょう。

チューリッヒ保険の対人賠償責任保険

大手保険会社である「チューリッヒ」は、対人賠償責任保険を基本補償として利用することができます。

万が一事故を起こしても、自賠責保険等の支払額を超える部分の補償をしっかりとサポートしてくれるでしょう。上限金額は設定できるものの、無制限での加入を勧めています。

また、チューリッヒでは「臨時費用保険金」というサポートも行っています。これは、相手が死亡、もしくは20日以上入院した場合に、お見舞い品代や香典といった臨時費用をサポートする制度です。

入院20日以上の場合は2万円を見舞品代として、死亡の場合は10万円が香典としてサポートされます。

アクサダイレクトの対人賠償責任保険

通販型自動車保険でも有名な「アクサダイレクト」も、対人賠償責任保険金はしっかりと対応しています。

1事故および1名あたりの保険金額は、あらかじめ「無制限」で設定されているため、万が一大きな事故を起こしたときでもしっかりと補償されるでしょう。

また、「対人臨時費用」として、被害者が入院を20日以上した場合は2万円を見舞品代、死亡の場合は10万円が香典として支払われます。さらに、「その他費用」として、示談交渉費用、弁護士報酬、調停費用なども別途支払われます。

ソニー損保の対人賠償責任保険

「ソニー損保」は標準的な補償プランと、保険料の安い補償プランから選べる利便性の高い保険です。

しかし、どちらのプランであっても対人賠償責任保険の保険金額は「無制限」に設定されています。

もしもの場合に備えて、安いプランであっても無制限で補償してくれるのは安心と言えるでしょう。また、「示談交渉サービス」がついていることでも有名です。

事故を起こしてしまった後は、被保険者に変わってソニー損保の担当者が相手方と交渉し、賠償問題の解決をすすめてくれます。

自動車保険の対人賠償責任保険は万が一に備えて無制限が基本!

対人賠償責任保険は、自賠責保険ではカバーできない賠償金を支払うものであり、自動車保険の中でもなくてはならないものです。

運転している人であれば、自分が絶対に加害者にならないとは言い切れません。万が一に備え、しっかりと対人賠償責任保険に加入しましょう。

また、たとえ1億円といった高額な上限設定をしていても、事故の内容によっては補償上限額以上の賠償金額になる場合もあります。特に理由がなければ、補償設定は無制限に設定しておくことも大切です。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準