自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険の仕組みが分からない!加入する前に絶対読むべき基礎知識

「自動車保険の仕組みってどうなってるの?」
自動車を運転する際には「自動車保険」に加入することが必須です。自動車を運転する以上、事故に巻き込まれたり、自分が事故を起こしてしまったりするリスクは常にあります。自動車保険に加入することで、万が一の際も補償がつき、安心して運転をすることができるでしょう。まずは自動車保険の基礎知識を把握し、自身に合った自動車保険選びをすることが重要です。今回は自動車保険の仕組みや種類、その相場などについて詳しく解説します。

自動車保険の仕組みとは?種類別の補償内容と等級

自動車保険に加入するには、まずある程度「自動車保険の基礎知識」を知る必要があります。そこで以下に補償内容や等級など自動車保険の基礎知識をお伝えします。

自動車保険の種類は大きくわけて2つ

自動車保険には大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2つあります。まず、「自賠責保険」はすべての自動車に加入が義務付けられている保険です。

一方の「任意保険」は、自賠責保険だけではカバーしきれない部分を任意で加入する保険です。任意保険には大きく分けて「賠償責任」「傷害補償」「車両補償」の3つがあります。

「賠償責任」は交通事故を起こしてしまった場合などに、相手方の人や物に対する保険です。

そして、「障害補償」は交通事故を起こしてしまった場合の自身や同乗者に対する保険で、「車両補償」は交通事故を起こしてしまった場合の自分自身の車両に対する保険になります。

自動車保険の補償内容は4つ

自動車保険の補償内容には、まず、事故の相手方の損害に対する補償があります。「対人賠償保険」は死亡時や後遺障害などを相手方に負わせてしまった場合、無制限の補償を受けることができる保険です。

そして、「対物賠償保険」は、交通事故などを起こした際に無制限の補償を受けることができます。

また、自分の損害に対する補償も大きく分けて4つあります。「無保険車傷害保険」は、対象を記名被保険者、記名被保険者の配偶者が保証される保険です。

同居親族や、別居の未婚の子にも保険が適応されます。そして「搭乗者傷害保険」は搭乗者傷害の保険金額であり、一番多い設定は1000万円となっています。

「人身傷害保険」は過失割合に関係なく全額補償される保険であり、「車両保険」は事故などで車が全損した場合、契約時に設定した車両保険金額全額が支払われる保険です。

自動車保険の等級は保険料の割増引率の基準

自動車保険における「等級」とは保険料の割増引率を定めるための区分のことです。等級は全てで20段階あり、はじめは6等級からスタートし、無事故で1年過ぎれば、等級が1つずつ上がっていきます。

等級が上がれば上がるほど保険料は割引されていき、割り引かれる率は決まっていて、16等級以上で保険料の割引率は最大60%です。逆に、交通事故を起こして自動車保険を使った場合は等級が下がってしまいます。

事故状況によっては3等級ダウンといったこともあり、等級が下がるにつれ保険料は上がってしまうので、日頃の運転で等級を下げないよう注意しましょう。

自動車保険の保険料が決まる仕組み

そもそも、自動車保険の保険料はどのようにして決められているのでしょう。保険料の相場はどのくらいなのか、そして万が一事故を起こした場合、何を基準に保険料は決まるのでしょうか。

ここでは、保険料の仕組みについて詳しく説明します。

自動車保険料が決まるポイント

自動車保険料が決まるポイントは、「運転手の年齢」「車を主に使用する地域」「使用目的」「前年走行距離」「運転する範囲」などによって決定します。

運転手の年齢を例に見てみると、20歳の免許取り立ての年齢よりも、40歳のベテランドライバーの方が一般的には事故を起こしにくいと考えられ、保険料は安くなります。

また、使用目的を例に見ても、毎日業務で長距離を走る人よりも、週末しか運転しないドライバーの方が事故率は低いと考えられ、保険料は安くなります。

このように、さまざまな条件によって、自動車保険料が定められています。

自動車保険料の相場

自動車保険の相場は、保険会社によっても違いがあります。しかし、一般的に見ていくと、「運転者限定なし・年齢条件なし」の場合で、年間およそ14万9370円の保険料となっています。

一方、「運転者を本人のみに限定・年齢条件を21歳以上」にした場合は、年間およそ6万2140円の保険料です。

あくまで目安の相場料金ですが、これを1つの参考にして、自動車保険料を考えてみても良いでしょう。

事故を起こしたときに保険金が支払われる仕組み

自動車保険は、事故を起こした時にこそ頼りになる保険です。自動車保険に入っている場合、保険会社は具体的にどのような対応や補償をしてくれるのでしょうか。

ここからは保険会社の事故対応や、保険金の支払いについてお伝えします。

自動車保険の事故受付

万が一車両事故を起こしてしまったら、すぐにその場で保険会社に連絡をしましょう。事故を起こしてしまうと、多くの人は焦ってしまうものです。

中には自分でなんとかしようと、事故の相手方に示談をその場で申し込んだり、相手に言われるがままお金を支払ったりする人もいます。

しかし、事故直後はその場で示談にすることは避け、保険会社の対応に任せることが大切です。すみやかに保険会社に連絡し、契約内容や事故内容の確認を行いましょう。

多くの保険会社の場合、動揺している本人に代わって相手方と電話で話をしたり、状況によってはレッカー車の手配などを迅速に行ってくれます。

自動車保険の損害調査の仕組み

保険会社による損害の調査は、事故の状況によって違いがあります。人を巻き込まず、自分の車や建物といった物だけを壊した「対物賠償」の場合は、まず、事故状況と損害賠償の範囲を確認することからはじまります。

その後、修理工場と打ち合わせのうえ、修理代金が決定されることが多いでしょう。また、事故により人を巻き込んだ「対人事故」の場合保険会社が被害者へお見舞いを行うのが一般的です。

その後、加害者は損害賠償の範囲から解決までの流れの連絡を受け、被害者へ治療費や休業損害などの支払いが保険会社より行われます。

自動車保険の示談交渉の仕組み

多くの車両事故においては、加害者と被害者との間で示談交渉が行われます。

まず、事故によって店の看板を壊したといった「対物賠償」の場合は、相手方か相手方保険会社の担当者と過失割合などを交渉してもらい、具体的な示談金額が決定します。

そして、事故により歩行者にケガを負わせてしまったなどの「対人事故」の場合は、相手方の治療が完了した後に賠償額の交渉をするのが一般的です。

これも被害者か、その保険会社の担当者と過失割合などを交渉してもらい、具体的な補償内容を決めます。

保険金の支払いの仕組み

事故における示談交渉終了後には、保険会社から決定された保険金の連絡が来ます。保険金は保険会社が示談交渉などの必要書類を受け取ってから1カ月程度で被害者に支払われることが多いです。

調査内容に間違いや疑問点はないかなどを確認し、とくに不備がない場合は、保険金が支払われた時点で完了となります。

自動車保険の仕組みを理解したうえで自動車保険選びをしよう

自動車保険の仕組みと聞くと、大変難しそうなイメージもあります。しかし、万が一車両事故を起こしてしまったとき、頼りになるのは自動車保険です。

何も知識を持たず適当に保険に加入してしまっては、いざという時に頼りにならず、満足な補償が受けられないかもしれません。

まずは自動車保険の仕組みを簡単で良いので理解し、自分にとって必要な補償は何かを考えてみるのが大切です。

その上でしっかりと自動車保険を選べば、いざというときも頼りになります。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件