自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険とドライバー保険の違いは?知らないと補償がもらえない

ドライバー保険と自動車保険って何が違うの?
ドライバー保険は友人や親戚の車を運転する場合に利用できる保険です。そこで今回はドライバー保険は自動車保険と比べて何が違うのかお伝えいたします。
    ドライバー保険のまとめ

  • ドライバー保険は同居の家族所有の車だと補償がない
  • ドライバー保険は自転車の運転でも補償が受けられる
  • 1日だけでもドライバー保険は入ることができる

一括見積もりしてみる

【最新】2017年11月版!当サイト調べ
ドライバー保険が人気の自動車保険ランキング
1位 ちょいのり保険 東京海上日動
2位 1DAY保険 三井住友海上
3位 ワンデーサポート あいおいニッセイ同和損保

※「東京海上日動」「三井住友海上」は価格.comでは見積もりできません。

任意保険の見積もりをする

自動車保険とドライバー保険の違い

ドライバー保険は免許はあるが、車を所有していない方が他人の車を運転する際に事故に備える保険です。

では自動車保険とドライバー保険は何が違うのかをお伝えします。

ドライバー保険の補償内容は「対人賠償保険」「対物賠償保険」「搭乗者傷害保険」の3つだけ

補償内容は自動車保険ほど詳細には分かれておらず、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険の3つです。

また、年齢条件についてもドライバー保険では21歳以上か21歳未満の2種類になります。

プラン 補償内容 保険料
21歳未満 21歳以上
基本プラン ・対人賠償・対物賠償 無制限
・人身傷害 3,000万円
58,000円 33,000円
セットプラン ・対人賠償・対物賠償 無制限
・人身傷害 3,000万円
・人身傷害死亡・後遺障害 1,000万円
63,000円 36,000円

おおよその数字になりますが、どこの保険会社もドライバー保険はこのような保険料で対応しているようです。

ドライバー保険なら自転車での事故の補償も受けられる

ドライバー保険は補償内容は細かく設定することはできませんが、補償される車種は幅広く、軽自動車から普通車、2トントラックやキャンピングカーのほかにバイクまで補償対象となっています。

免許さえあれば通常で使用する車種はすべてカバーされます。自転車の運転での事故でも補償が受けられます

ドライバー保険の対象となる車は友人や別居の親族の所有車

自分自身に保険をかけているからと言ってどんな車でも補償されるわけではありません。

記名被保険者、配偶者、同居の親族。また、役員になっている会社の車も補償範囲外になります。

ドライバー保険はあくまで『他人の車を運転する場合』に補償される保険なので、同居の親族の車と社用車はドライバー保険の補償対象外です。

ドライバー保険にも等級はある!

自動車保険は等級が上がれば同じ補償内容でも保険料が安くなるように、ドライバー保険にも等級があります。

もちろん、自動車保険と同じように無事故で保険を使用しなければ1年ごとに等級が上がり保険料も安くなります。

しかし、ドライバー保険の等級は自動車保険には引き継げないので注意してください。

ドライバー保険の契約が長くなり、等級がかなりあがったとしても、自動車保険とドライバー保険は別の保険です。自動車保険を契約する際には新規の6等級から開始です。

今後車の購入予定があるので、長期的にドライバー保険を契約するのはもったいないとお考えの場合は短期で契約することもできます。

ドライバー保険は1日単位でも利用できる

車が無くても頻繁に運転する機会のある方ならドライバー保険でも問題ありませんが、電車通勤の方や学生など、たまにしか車を運転しない方には保険料がもったいないと感じてしまうかもしれません。

そこで登場したのが、1日単位で加入できるタイプのドライバー保険です。

まだまだ設定している保険会社は少ないですが、運転する機会が少ないので保険をかけ続けるのはもったいないと言う方や、今後車の購入を検討している方にオススメです。

自動車保険は車、ドライバー保険は人にかける保険です。友人の車で事故にあった場合、友人の自動車保険で対応することも可能です。

しかし、自動車保険を使用した場合は等級が上がり、保険料が高くなってしまうため車の所有者に迷惑をかけてしまうことになります。

事故にあった上に相手の自動車保険の保険料も高くなってしまうことをドライバー保険なら防ぐことができます。車を所有してはいないが、他の人の車を運転する機会の多い方は加入しておくべきです。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×