自動車保険を比較するなら

カービックタウン

個人賠償責任保険なら自動車以外の事故でも補償を受けられる

個人賠償責任保険特約は、日常で思いがけない事故を起こしてしまい、損害賠償を請求された際に保険がおりる特約です。

事故の保険と言えば自動車保険が有名ですが、個人賠償責任保険特約は自動車保険や火災保険の契約に特約としてつけるものです。この特約をつけておけば、万が一子どもが自転車で事故を起こしてしまったときなどでも、しっかりと補償することができるでしょう。

ここでは、個人賠償責任保険特約をつけるか迷っている人を対象に、個人賠償責任保険のメリット、個人賠償責任保険をつける際の注意点などを詳しく解説していきます。

個人賠償責任保険を付けたら保険料がいくらになるか簡単に比較する方法

  • 一括見積もり で、一番「安い」かつ「安心」な保険を5分で探せる
  • 見直したプランで見積もりしないと、見直し前とあまり変わらない結果に…
  • 店舗や代理店の窓口で相談するよりも、今すぐお手軽にできる一括見積もりがおすすめ

一括見積もりしてみる

個人賠償責任保険は身近なトラブルの保険

個人賠償責任保険は、次のような日常生活の中で損害賠償義務を負ったときに使える保険です。

  • 自転車で出会いがしらに人とぶつかり、その人をケガさせてしまった
  • 店に展示してあるカメラを落としてしまい、破損してしまった
  • 飼い犬が散歩中に、通りがかりの人に噛みついた

場合によっては、自転車で人とぶつかった際に相手に後遺障害が残るほどのケガを負わせた場合は請求額は数千万円以上に上ることもあります。
その際に頼りになるのが個人賠償責任保険です。

しかし、個人賠償責任保険は単独で加入することはほぼできません。そのため、自動車保険や火災保険など他の保険に「特約」として付帯契約するのが一般的です。

個人賠償責任保険の対象者

個人賠償責任保険の対象者は、次の通りです。

  • 保険に加入している本人
  • その配偶者と同居の家族
  • 別居しているが生計を一にする未婚の子ども

別居しているが生計を一にする未婚の子どもとは、家を離れてひとり暮らしをしているが、仕送りをもらっている学生などが当てはまります。
例えば、「別居中の大学生の息子が、酔った拍子に店の展示物を壊してしまった」場合に個人賠償責任保険が使えます。

個人賠償責任保険のメリットは2つ

個人賠償責任保険のメリットは、次の2つです。
・偶発的な事故が補償される
・高額な賠償金請求が補償される

偶発的な事故が補償される

「小さな子どもが遊んでいるときに物を壊した」「振り回したバットが他人にあたり大けがをさせた」など、予測できない事故にも対応しています。
どれだけ親が注意していても、子どもが起こす事故を100%防ぐことはできません。個人賠償責任保険では、こうした意図しない偶発的な事故に柔軟に対応しています。

高額な賠償金請求が補償される

他人に脳挫傷を与えるような深刻なケガを負わせてしまうと、その賠償金は数千万円にものぼることがあります。そのような高額損害賠償請求は個人で対応するのは難しいでしょう。
その点、個人賠償責任保険に入っていれば、1000万円を超えるような賠償額を請求されても対処できます。

保険会社によっては補償額が1億円から無制限まで対応している場合もあり、加入しておけば安心です。一方で補償額は最高で3000万円までの保険会社もあります。

複数の保険会社を簡単に比較するなら一括見積もりがおすすめです。

一括見積もりしてみる

個人賠償責任保険を付帯できる保険は全部で3種類

個人賠償責任保険特約は、保険の特約として加入することができます。つまり、自動車保険に加入したついでに個人賠償責任保険特約をつけておく、ということです。

この特約を付加できる保険の種類は

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 傷害保険

さらに、クレジットカードの付帯サービスでついている場合もあります。どれも平均月額120円程度、年間2000円程度で付帯できます。
そのため、家族それぞれの補償についていたり、クレジットカードのオプションでつけていたりと、いつの間にか付帯していることもあるようなので確認しましょう。

個人賠償責任保険特約をつけるべき保険は自動車保険

様々な保険に付帯できますが、最もお得な保険は自動車保険です。
まず、それぞれの保険に付帯されている個人賠償責任保険について見ていきましょう。

火災保険 傷害保険 自動車保険 クレジットカード
補償額 最高1億円 1~3億円 3000万円~無制限 1~3億円
年間保険料 1200円程度 1800~5800円 2000円程度 1800~6480円

傷害保険はもともと、建設作業員といった業務中の事故リスクがある人が主に加入しています。
そのため、自動車保険や火災保険に比べると、傷害保険の特約として個人賠償責任保険に加入している人は少ないようです。

また、年間保険料は「火災保険」が最も安い一方で、無制限で補償額が出る会社は少なく、補償額を増やしたいのであれば「自動車保険」が適しています。
多くの自動車保険会社では、個人賠償責任保険特約の上限を無制限としています。保険料も火災保険に次いで安いので、手厚い補償を求めるなら自動車保険が良いでしょう。

個人賠償責任保険特約を付ける際の注意点2つ

個人賠償責任保険特約を付ける際は次の2つのことに注意しましょう。

  • 個人賠償責任保険が重複してしまう
  • 個人賠償責任保険特約をつけている保険を解約した場合、個人賠償責任保険特約自体もなくなる

個人賠償責任保険特約は年間保険料が2000円程度で済むため、保険加入の際に「一応入っておこう」と考える人も少なくありません。
そのため、自動車保険や火災保険加入の際についでに「とりあえず加入」してしまい、いくつもの個人賠償責任保険特約をつけてしまうことがあります。

また、例えば車を手放して自動車保険自体を解約すると、特約としてつけていた個人賠償責任保険特約も無くなってしまうことになるので注意しましょう。

個人賠償責任保険はいずれかの1つの保険につけておくと安心!

個人賠償責任保険は、悪気なく、偶発的に起こってしまった事故に対しても補償される保険です。事故だけでなく、「洗濯機のホースが外れて下の階の部屋を水浸しにしてしまった」というアクシデントも補償されます。
そのため、多くの人が入っておいて損はしない保険でしょう。しかも、個人賠償責任保険の保険料は高くないのに、補償額は高額というメリットがあります。
多くの保険の特約という形で付帯できるので、いくつか加入している保険の1つに必ずつけておきましょう。

自動車保険に個人賠償責任保険を付帯する場合、保険会社によって保険料が異なるため同時に比較できる一括見積もりがおすすめです。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件