自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

個人賠償責任保険なら自動車以外の事故でも補償を受けられる

自動車保険なのに自動車以外の事故を保証?と疑問に思う方も多いかと思いますが、その名も『個人賠償責任保険』です。 名称は難しそうですが、内容は単純で、自動車事故以外の日常生活により自身や家族が他人に怪我をさせたり、相手の財産(家や車など)に損害を与えてしまった場合に支払われる保険です。 つまり、奥様がついうっかり自転車で人にぶつかって怪我をさせてしまったり、子供が外でボール遊びをしていたらボールがあらぬ方向に飛んでしまい相手の家のガラスを割ってしまった場合などに適用される保険です。

自動車保険の特約、個人賠償責任保険の魅力

個人賠償責任保険はどこの保険会社も基本的には単体ではなく、特約として設定しているので、火災保険などの他の損害保険に加入していない場合は自動車保険に特約として付帯させる必要があります。
特約なら必要ない。とお考えの方のために個人賠償責任保険の素晴らしい内容をご紹介しますね。

なんといっても魅力は支払われる保険金が無制限で示談サービス付きという事です。
なので、子供が間違えて隣の家のガラスを割ってしまい、相手のガラスが高級なガラスであっても、保険金でカバーできるので、自腹で賠償する必要はありません。
また、示談サービスというものも付帯されていますので、難しい話し合いになってもプロが対応するので、相手に言いくるめられて、法外な補修費用を請求される…という事にならなくて済むんです。
隣人の問題以外にも、自転車での事故も保証されるので、個人賠償責任保険を付帯していれば自動車保険に付帯している自転車特約が必要なくなります。
対象となる範囲も広く、記名被保険者、記名被保険者の奥様、同居の親族、子供となっているのもうれしいところですね。
同居している親族なら誰でも保証される上に、子供なら別居(一人暮らし)をしていても未婚なら保証の範囲内ということなんです。
これだけの充実した保証内容で、掛け金は年間500円から1000円程度で済む上に、自転車特約の内容も含まれているとなれば、断然こちらのほうがお得だと思いませんか?

さらにもし万が一個人賠償責任保険を利用しても保険の等級が変わらないというのもうれしいところです。
本来、自動車事故で保険を使用した場合は翌年から保険料が上がってしまうのですが、それはあくまで自動車事故の場合です。
個人賠償責任保険は自動車事故としてカウントされませんので、保険を使用したところで等級が下がり、保険金額が上がってしまうという事もありません。

保証の適用外は・・・?

ただし、保証されない内容もあります。

  • 友人から借りたゲーム機を壊してしまった場合。
  • 他人からの預かり物の場合は本人の物ではないため適用外

  • 工事現場で作業中に誤って道具を人にぶつけて怪我をさせてしまった場合。
  • 被保険者の業務内容に起因する損害のため適用外

  • 自宅内で子供が走り回り、同居者に怪我をさせてしまった場合。
  • 同居の親族に対する損害のため適用外

上記の内容が主に保証されない内容となっていますが、他人からの預かり物以外の内容はその他の保険でカバーできる内容となっており、注意することにより充分回避できる内容なので滅多にそのようなケースが起きないと考えると個人賠償責任保険を付帯させることにより、日常生活における危険はほぼ保険でカバーできると言えます。

小さいお子様がいる家庭や、自転車をよく利用される家庭では加入する意味は充分にあると思います。
個人賠償責任保険はあくまで特約という位置づけのため、かなり格安で付帯させることができる保険と言えます。
格安の保険料でこれだけの内容をカバーできるとなれば自動車保険に付帯させる意味は充分にあるのではないでしょうか。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×