自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

通販型の自動車保険のデメリットは2つだけ!代理店型との違いを比較

通販型の自動車保険って大丈夫なの?
通販型の自動車保険はシェアも低く、加入している人が少ないので不安に思う方も多いです。しかし、通販型の自動車保険でも安心の補償と事故対応が存在します。そこで今回は通販型の自動車保険のメリットやデメリットをお伝えします。
    【通販型自動車保険のデメリット】

  • 対面で相談することができない
  • 補償内容を自分で選ばないといけない
  • 簡単に保険料を比べるなら一括見積もりがおすすめ

一括見積もりしてみる

自動車保険の通販型とは何?代理店型との違いを徹底比較

まずは通販型とはそもそもどういうものか代理店型と比較して解説します。

「代理店型自動車保険」とは代理店等の実店舗で、補償内容や保険料等のサービス内容の説明を受けながら対面で契約を結ぶ保険のことです。

「通販型自動車保険」とは、店舗を構えずインターネットや電話などを通じて「保険会社とユーザーが直接保険契約を結ぶ」自動車保険のことです。

契約者と保険会社の代理店が入らないため「ダイレクト型自動車保険」と呼ぶこともあります。

通販型 代理店型
保険料 格安 高い
相談 電話やメールで行う 直接、担当者と対面で行う
申し込み 24時間、インターネット経由で可能 代理店の事務所や自宅などで行うため面倒
事故対応 事故対応窓口に電話で連絡し、その後は保険会社が処理を進めるが、担当者と会うことはない。経過はハガキなどで通知される 代理店に連絡すれば、事故現場まで来てくれることがある。(夜間や遠方など無理な場合も有り)。その後も担当者と保険会社が処理を進め、経過を知らせてくれる
ロードサービス 種類が豊富 通販型ほど多くはない(最近は通販型と同様のロードサービスを提供している保険会社もあります)
向いている人 ・ある程度、自動車保険の内容を理解している人
・保険料を安く抑えたい人
・昼間は忙しくて時間が取れない人
・自動車保険の内容がよくわからない人
・直接、質問や相談しながら決めたい人
・契約時や事故時などに決まった担当者がいてほしい人

通販型の自動車保険ならインターネットからの申し込みで最大1万円割引

通販型自動車保険はインターネットからの申し込みと電話からの申し込みができます。

そして、「インターネット申込割引」を通販型自動車保険会社は用意しています。

ほとんどの通販型自動車保険会社は「インターネット申込割引」で最大1万円割引されます。通販型の自動車保険ならインターネットからの申し込みがお得です。

またチューリッヒ保険は、日本国内で営業している唯一の外資系自動車保険会社で、他の保険に関してはすべて国内損保会社になります。

通販型の特徴は対面でのやり取りが少なく、人件費がかからないため保険料が安いことことです。

この特徴から「通販型保険は外資系が多いのでは?」という印象を持つ方も多いです。しかし、実際のところは1社を除きすべてが国内損保会社の運営になっています。

唯一の外資系チューリッヒも、日本国内のルールにのっとって営業しているので、基本的には「外資系だから~」といった特別な差は存在しません。

代理店型の自動車保険は店舗スタッフと接して安心感を得られる

通販型の自動車保険と比較して、代理店型の自動車保険はやはり保険料は割高です。

その理由はシンプルで、保険サービスの提供に関わる人が多いのと、代理店構えているため運営に費用が掛かってしまうからです。

しかし、代理店型の自動車保険の場合は、「対面で相談できるため、安心感を得やすい」という通販型の自動車保険にない良いところがあります。

ディーラーからの紹介であっても、保険代理店のスタッフであっても変わらない強みです。

一度人に相談してみたい…ということであれば、代理店型の自動車保険の利用がおすすめです。

通販型自動車保険は直接保険会社と契約できる

ここまで見てきたように、通販型の自動車保険は見積もりや相談、申し込みはユーザーが保険会社と直接やり取りをして進めます。

一方、代理店型は一般的に店舗や事務を構えている保険代理店で見積もりや相談、申し込みを行います。

両者の決定的な違いは、通販型は代理店を通さずに直接保険会社と契約する点にあります。

通販型自動車保険と代理店型自動車保険の人件費の差は保険料にしっかりと反映されています。

自動車保険 通販型
保険会社や商品、契約者の年齢や等級などの条件によっても異なりますが、約20%~50%も安くなります

通販型・代理店型のメリットとデメリットを比較

それでは、ここまで見てきた通販型・代理店型の違いを踏まえ、双方のメリットデメリットをまとめて比較しましょう。

自動車保険一覧
比較時のポイント 通販型 代理店型
保険料の安さ
相談のしやすさ
ロードサービス

通販型の自動車保険は保険料は安いですが、相談ができないのである程度の知識が必要になります。

通販型の自動車保険のメリットは保険料の安さ

通販型自動車保険の最大のメリットは「保険料の安さ」です。

年間数万円という決して安くはない自動車保険の保険料が大幅に抑えられる点が大きなメリットなので、自動車保険料を節約したい方におすすめです。

インターネット申込割引などを使えば、安い保険料をさらに下げられることも魅力です。

加えて、ロードサービスが充実していることも通販型で契約するメリットの一つです。

通販型の自動車保険の一番のデメリットは対面相談ができないこと

通販型の自動車保険のデメリットは大きく2つあります。

  • 対面で相談することができない
  • 補償内容を自分で選ばないといけない

特に対面相談ができない点が一番のデメリットです。契約時はもちろん、契約期間中も相談ができないので補償内容の変更等は手間になります。

そして、通販型の自動車保険は代理店のサポートがないため、補償額やどの特約(オプション)をつけるかどうかなどを全て自分で判断する必要が出てきます。

普段の生活では自動車保険をあまり意識しないため、いざ加入や契約更新の際には、「何を選べばいいのか?」「補償額をいくらにすればいいの?」「どの自動車保険がいいの?」といった多くの疑問が出ます。

通販型ではそれらを自分で解決していき、コールセンターと電話相談するしかありません。しかし、代理店型なら対面で疑問・不安を解消することができます。

通販型の自動車保険でも代理店型と事故対応に違いはない

通販型の自動車保険でも事故対応に違いはありません。通販型の自動車保険は保険料が安いので事故対応に不安がある方も多いです。しかし、事故対応に関しては代理店型と差はありません

代理店はあくまで契約に関する業務の代理を行うだけです。

事故対応に関しては損保会社が直接行います。代理店は事故対応の相談はできても実際に対応はできません。通販型だから悪いということはなく、損保会社ごとに事故対応力が異なります

通販型の自動車保険会社の評判を比較

通販型の自動車保険は数多くありどの保険会社がいいのか迷います。そこで今回通販型の自動車保険の評判をまとめ比較しました。

通販型の自動車保険会社をメリットとデメリットから比較

通販型の自動車保険会社9社メリット・デメリットを調べ、比較してみました。

保険会社 メリット デメリット
ソニー損保 保険料が安い
・ロードサービスの顧客満足度が非常に高い
・盤石の経営
・保険料が割高になるケースがある
・事故の初期対応以降の対応が不評
アクサダイレクト ・チームアクサのロードサービスは業界で最高峰
・グローバル大手保険会社のブランドの安心感
・盤石の経営
・土日祝日の事故報告の受付が17:00までで短い
SBI損保 保険料がかなり割安
・事故時の宿泊費と交通費の上限が高い
・ロードサービスの満足度が高い

電話応対があまり良くない
・事故後の応対の評判が悪い
イーデザイン損保 ・国内のメガ損保 東京海上日動ブランドの安心感
・走行距離区分が小刻みなのでより自分に合った走行距離を選択可能
・事故対応サービスセンターの拠点が少ない
三井ダイレクト ・国内のメガ損保三井住友海上グループの安心感
・事故ごとに専任の担当者
コールセンターの対応が良い
・土日祝の受付時間が18:00までと短い
チューリッヒ ネットで24時間の受付体制、迅速な対応
・ネット専用自動車保険が極めて保険料が安い
・スーパー自動車保険はダイレクト型の他社より保険料が割高
・ネット専用自動車保険は継続手続きが自動更新のみ
おとなの自動車保険 ・警備会社大手のALSOKの隊員が事故対応
・損保ジャパン日本興亜との連携の事故対応拠点
・通販型の他社と比較しても保険料が割高
・走行距離が長い場合、保険料が割高
そんぽ24 ロードサービスの満足度が高い
・母体がメガ損保である損保ジャパン日本興亜ホールディングス
保険料が割高
セコム損保 警備会社大手セコムの隊員が事故対応
・代理店型と通販型を両方扱っていて選択可能
ロードサービスの利用回数の制限が厳しい

通販型自動車保険の事故対応の口コミ

アクサダイレクト

35歳女性
事故後の迅速な対応が魅力
車種 ダイハツ・ムーブ
年間保険料 30,000円

お盆休みに家族でドライブをした際、他の車に追突して事故に遭いました。お盆の時期のため渋滞がありましたが、アクサダイレクトの迅速な対応でロードサービスを受けることができました。保険金の申請もスムーズにできました。

免許の色 ブルー免許
等級 6
運転者条件 限定なし
使用目的 日常・レジャー
走行距離 7,000~10,000㎞
車両保険

人気の通販型自動車保険をランキングで比較

通販型の自動車保険は周りに加入している人も少なくて悩まれる方も多いです。
ここでは気になる人気の通販型の自動車保険をランキング形式で紹介します。

【最新】2017年10月版!当サイト調べ通販型の自動車保険の人気ランキング順位会社名おすすめポイント

JDパワー自動車保険・事故対応満足度調査 / オリコン事故担当者満足度調査 / 「日経ビジネス」アフターサービスランキング / 「週刊ダイヤモンド」自動車保険ランキングなどを参照。
通販型の自動車保険で人気NO.1はソニー損保です。保険料も安く事故対応の評判もかなり良いです。

通販型の自動車保険で事故対応がいいのはアクサダイレクト

事故対応でおすすめの通販型の自動車保険会社はアクサダイレクトです。グローバル大手の会社であり、他社と比較して事故対応は一番いいです。

チームアクサのロードサービスは評判がとてもいいです。通販型でも事故対応を重視するならアクサダイレクトしかありません。

通販型の自動車保険で保険料の安さで人気なのはSBI損保

通販型の自動車保険の中でも保険料が安い保険会社はSBI損保です。電話対応の評判はあまり良くありませんが、とにかく安い保険に加入したいという方にはおすすめの保険会社です。

通販型の自動車保険で事故対応と保険料のバランスはソニー損保がいい

通販型の自動車保険の中でソニー損保はSBI損保ほど安くはないですが、比較的保険料が安く、また、事故対応の評判も良いです。バランスを重視するならソニー損保の自動車保険がおすすめです。

月払いが選択できる通販型自動車保険の一覧

通販型の自動車保険会社は支払い方法で月払いが選択できない会社が多いです。

そこで月払いができる通販型の自動車保険会社を紹介します。

保険会社 支払い回数(手段) 手数料率
アクサダイレクト 12分割(口座振替)(コンビニ支払) 5%
ソニー損保 11回(クレジットカード) 5%
セコム損保 12分割(クレジットカード) 5%
イーデザイン損保 0回~12分割(クレジットカード) 0~6.84%
三井ダイレクト損保 12分割(クレジットカード) 8%
チューリッヒ 11分割(クレジットカード) 10%
そんぽ24 10分割(クレジットカード) クレジットカード会社による
SBI損保 10分割(クレジットカード) クレジットカード会社による

※「セコム損保」「そんぽ24」は価格.comでは見積できません
通販型の自動車保険は月払いを選択すると約5%程度の手数料が発生します。

また、ほとんどの通販型の自動車保険会社がクレジットカードによる支払い方法しか利用できません。

月払いでコンビニ支払いが利用できる通販型の自動車保険会社はアクサダイレクトしかありません。

自分に合う通販型自動車保険が分からないなら一括見積もり

これまで話したように同じ通販型の自動車保険にも様々なメリットやデメリットがあります。

そこで、実際に代理店型と通販型の自動車保険で一括見積もりを取って補償内容と保険料が自分に合った保険を見つけましょう。

おすすめの一括見積もりサイトは価格.com

一括見積もりなら、最大8社を同時に見積もり比較することができます。
おすすめする理由は3点

  • 入力時間が最短5分
  • 入力項目が分かりやすく簡単
  • 抽選で家電製品が当たる

一括見積もりする

通販型の自動車保険のまとめ

  • 通販型の自動車保険は、保険料の安さと手軽さがメリット
  • 通販型の自動車保険では、契約時に補償内容や専門用語など不明点の解決が面倒
  • しかし近年通販型もサービスや事故対応の質などは同じ
  • 自動車保険は1年単位で契約できるので、節約のためにも通販型の検討をおすすめ

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

平均1.8万も安くなる

×