自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険を乗り換えても等級は引き継げる?損しない為のポイント3つ

自動車保険の乗り換えはいつまでに何をすればいいの…?
等級の引き継ぎはできるの?

自動車保険を乗り換える際には、等級、タイミング、メリット・デメリットの3つのポイントを確認しないとかえって保険料が高くなる場合があります。

また自動車保険料が同じでも補償範囲が狭くなり、乗り換える前より損をしてしまう可能性も…
今までと同じ補償で保険料が安くなる保険や、保険料は据え置きで補償が充実している保険を探すなら、複数の保険会社を同じ条件で比較できる一括見積もりがおすすめです

この記事では、乗り換え時の3つのポイントと一括見積もりについても説明していきます。

まずは8社を一括見積もりしてみる

ポイント 内容
等級 ・現契約で事故を起こしたどうかによって等級が変わる
・満期日に乗り換える※満期日より7日以内なら引き継ぎ可能!
タイミング ・更新時期に乗り換えると解約手続きが不要
・契約途中で乗り換えると手続きが面倒
メリット・デメリット 【メリット】
・新車割引が最大3回まで受けられる  
【デメリット】
・解約時に手数料がとられる  

他の保険よりも補償が充実したり、自動車保険料を安くできたり、新規契約の特典を受けられたりするメリットもあります。

これらを考慮した上で自分にピッタリの保険を見つけるためには、複数の会社を一気に比較できる一括見積もりがおすすめです。

    【一括見積もりのメリット】

  • 同じ条件で複数の会社を一括見積もりできるので、一番安い保険を簡単に見つけることができる
  • 保険会社による面倒な営業がない

一括見積もりしてみる


このページのもくじ

【ポイント1】自動車保険乗り換え時の等級引継ぎの注意点とその方法

自動車保険を乗り換える時には、等級の引継ぎに注意しなければなりません。
もし等級が引継げなかった場合、6等級からのスタートになり、保険料が高くなります。

等級の引き継ぎで注意すべきポイントは以下の2つです。

    【等級引き継ぎのポイント】

  • 現在の契約期間中に事故があるか
  • 契約満期、もしくは満期から7日以内に乗り換え可能か

事故歴がある場合は注意!事故内容によって等級ダウンの数が決まる

等級の引き継ぎは今の契約会社で事故歴があるか、ないかで大きく変わってきます。
事故歴がない場合は、今の等級をそのまま引き継ぐことができます

事故歴がある場合、事故内容によって乗り換え後の等級がダウンしてしまいます。

事故内容
(等級事故)
下がる等級数 事故履歴に残る期間
3等級ダウン事故 3等級ダウン 3年間
1等級ダウン事故 1等級ダウン 1年間

事故内容には3等級ダウン事故と1等級ダウン事故があり、1等級ダウンの場合は1年間の事故履歴、3等級ダウンは3年間事故の履歴が残ります。

これらの履歴は損保会社間で共有されているため、虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいます
事故歴がある場合は素直に申告しましょう。

また事故件数によっても下がる等級が変わってくるので、一度確認した方がいいでしょう。

満期日もしくは契約が満了した日の翌日から7日以内に乗り換えすれば等級の引き継ぎが可能

現在の契約の等級を引継げる期間は、「満期日もしくは現在の契約が満了した日の翌日から7日以内」です。

乗り換え先への契約手続きは通常、現在加入している保険の満期日の3~4ヶ月前から行えるので、少なくとも1ヶ月前には手続きを行いましょう。

新しい保険契約の加入手続きは、時間に余裕を持って行うことをおすすめします。

【途中解約で自動車保険を乗り換え】等級は引継がれるが事故歴ありの場合は損!

途中解約の場合は、前契約の解約日と新規契約の開始日が同日になるように手続きをすれば、基本的に自動で等級が引継がれます。

しかし、契約途中で自動車保険を乗り換えると損をしてしまう場合もあります。

通常事故歴がある場合、等級ダウンの適用は事故から翌年となります。

つまり事故を起こしても、その年1年は今の等級で保険料が計算されます。

しかし途中解約をして新しく乗り換えると、契約開始日から等級がダウンし、保険料が上がってしまいます。事故歴がある場合は、契約満了日まで待ったほうが損をしないでしょう。

自動車保険の乗り換えで満期日から期間が空く場合、中断証明書が必要

「今乗っている車は廃車にする。でも、新車の納車まで期間がある…」
このように次の契約まで期間が空く場合は、自動車保険を中断しましょう。
等級を引き継ぐためには、空白期間が原則7日以内です。7日の期間を超えると、等級を引き継ぐことができないからです。

保険を中断するためには、自動車保険の中断証明書を発行する必要があります。

契約を更新すると7等級以上になる場合は、解約前に保険会社に連絡し、中断証明書を発行してもらいましょう。10年程度まで等級を引き継ぐ期間を延ばすことができます。等級を引き継いだほうが、保険料がお得ですよ。

【ポイント2】自動車保険を乗り換えるタイミングは更新時がおすすめ

自動車保険を乗り換えるならタイミングも重要です。

タイミングよって、必要な手続きや書類が違ってくるので自動車保険を乗り換えるタイミングはしっかり確認しましょう。

更新時期(満期日)のタイミングで自動車保険の乗り換えをすると解約手続きがいらない!

自動車保険を乗り換えるタイミングは、契約を更新する時期がベストです。

現在の契約の満期を迎え、更新のタイミングで自動車保険を乗り換える場合は、満期日が来れば自動的に契約終了となります。このとき、現在契約している保険会社や代理店への連絡は不要です。

ただし契約に「自動継続特約」がついている場合は、保険会社や代理店に解約手続きを申し出る必要があります。

また、新たに契約する自動車保険会社には、乗り換えたい旨を伝えましょう。WEBサイトや電話での申し込みが可能です。面倒な名義変更も必要ありません。

途中解約で自動車保険を乗り換えるなら、契約中の保険会社にも連絡が必要

満期を迎えていなくても契約途中に解約し、自動車保険会社を乗り換えることが可能です。

自動車保険契約期間中の乗り換えの場合、現在契約している保険会社・代理店に連絡し、「解約証明書」の発行を依頼しましょう。

その後、新しい保険会社に満期日での乗り換えと同様の書類を提出します。これらはすべて、契約者自身が行わなくてはなりません。

契約更新の断り方は、正直に伝えることがポイントです。

「別の保険会社にお世話になることにしたので、更新手続きは行わないようお願いします」などと伝えると、スムーズに対応してくれるでしょう。

なお、自動車保険の乗り換えは90日前(3ヵ月前)から予約できます。

自動車保険の乗り換えの必要書類は3つだけ

自動車保険の乗り換えの必要書類はたった3つだけです。他に必要なものはありません。

  • 運転免許証
  • 車検証(自動車検査証)
  • 現在契約している自動車保険証券(証券番号がわかるもの)

万が一必要書類に不備があったとしても、保険料が支払われていれば自動車保険の契約内容にある補償を受けることができます

保険証券がない場合は、証券番号がわかれば問題ありません。

なお、全労済、JA共済、教職員共済などの共済の変更手続きの場合は、無事故証明書の提出も求められます。

安い保険を探す!

【ポイント3】自動車保険を乗り換える前に知っておきたいメリット・デメリット

自動車保険を乗り換えるにあたって、メリットやデメリットは必ず確認しておかなければいけません。自動車保険の乗り換えのメリット・デメリットは、以下のものがあります。

自動車保険を乗り換えるメリット5つ

自動車保険を乗り換えるメリットは5つあります。

  • 保険料が安くなる
  • 補償内容を充実させられる
  • 新規契約の特典を受けられる
  • 新車割引が最大3回まで受けられる
  • 事故後でも保険料が安くなる

1.自動車保険の乗り換えで保険料が安くなる

自動車保険を乗り換えるメリットとして一番大きいのは、やはり保険料が安くなることです。

保険料が安くなると経済的負担が減ります。現在の自動車保険はリスク細分型(事故のリスクに応じて、保険料が決まること)になっており、同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なります。

2.自動車保険の乗り換えで補償内容を充実させられる

自動車保険会社によっては特約に違いがあり、特有のサービスがあります。

自動車保険を乗り換えることで自分に合った補償をみつけることができます。

3.自動車保険の乗り換えで新規契約の特典を受けられる

保険会社によっては、新規契約をすると様々な特典やキャンペーンが受けられるものもあります。

自動車保険料が割引されたり、ギフト券や図書カードが貰えます。

4.自動車保険の乗り換えで新車割引が最大3回受けられる

自動車保険の新車割引が受けられます。その期間は最長2年。車を買い替えるタイミングではぜひ自動車保険の乗り換えをしてください。

そして、自動車保険を1年ごとに毎年乗り換えることで最大3回新車割引を受けることができます。

初度登録年月から25ヶ月以内であれば自動車保険の乗り換えをすることで保険料を安くできます。

5.自動車保険の乗り換えで事故後でも保険料が安くなる

事故を起こして保険を使うと、等級が下がり保険料が高くなります。

しかし、同じ等級でも一番安い保険会社を見つけて他社の自動車保険に乗り換えることで保険料を安くすることができます。

事故後の乗り換えはおすすめです。

自動車保険を乗り換えるデメリット2つ

自動車保険を乗り換えるデメリットは2つあります。

  • 満期前に乗り換えると等級の進行が遅れる
  • 解約返戻金が返ってこない

1.満期前の時期に自動車保険を乗り換えると、等級の進行が遅れる

自動車保険は等級が上がると保険料が下がるしくみになっています。そのため、等級の進行が遅れると保険料が下がる時期が遅れてしまうのです。

たとえば、現在7等級で3月に満期を迎える自動車保険に加入しているとします。もし1年間無事故であれば、以前の自動車保険のままなら3月に8等級にアップして保険料が安くなります。

ところが、もし9月頃に途中解約をして、新しい保険会社に乗り換えた場合、保険の契約開始日が9月になってしまいます。すると、等級アップは来年の9月まで先送りになってしまいます。

これはあくまで、満期前に途中解約して乗り換えた場合の話です。満期になってから乗り換えることで、このデメリットは解消できるでしょう。

2.満期日前に自動車保険を乗り換えると解約返戻金が返ってこない

自動車保険を乗り越える2つ目のリスクは、満期前(更新前)に乗り換えた場合、解約返戻金が全額返ってこないことです。
仮に1年間の保険料を一括支払いしている保険を、半年で途中解約したとしましょう。その場合、年間保険料の30%程度の返金となってしまいます。

また、自動車保険3年契約(複数年契約)乗り換えの場合は、長期契約で3年間保険料を一定にしている代わりに、解約ができないこともあります。

月払いの方も、日割りでの返戻金の精算はありません。満期後に乗り換えれば、このリスクは回避できます。

一括見積もりで安い保険を探す!

自動車保険の乗り換え先の判断基準

保険の中で重要視するものは、人それぞれ異なるでしょう。
何を重視するかによって、乗り換え先の自動車保険がいいかどうか、またどんな保険会社がおすすめか変わります。

保険料を安くしたい方はダイレクト型自動車保険への乗り換えがおすすめ

「今の自動車保険、ちょっと高くて不満なんだよね…」
「もっと安い保険会社はないの?」

現在の保険料に不満を抱いている方には、ダイレクト型自動車保険への乗り換えをおすすめします。

チューリッヒ、三井ダイレクト損保、ソニー損保などのダイレクト型の自動車保険であれば、インターネットからたった数分で自動車保険を乗り換えることができます。

ダイレクト型の自動車保険はソニー損保が保険料の安さで人気

ダイレクト型自動車保険は、契約者と保険会社の間にディーラーや代理店を挟まないうえ、契約時にインターネットを活用することでコストを抑えています。

なかでもソニー損保は「ほかの自動車保険会社に比べて安い」と口コミが寄せられています。

ダイレクト型の自動車保険の乗り換え先を比較するには一括見積もり

「ダイレクト型自動車保険のなかで、安いのはどこ?」
「自分に合う補償内容は?」

自分にぴったりで、なおかつ安い自動車型保険を探すためには、複数の保険会社を見比べることが必要です。

そのためには一括見積もりサービスをおすすめします。

一括見積もりでは、同じ条件の補償内容で複数の保険会社を比べることができるため、一目で安い保険会社がわかります。保険料は毎年変わるため、毎年見直したほうがよいでしょう。

また、自動車保険には新車割引があります。新車を購入したタイミングも、乗り換えにベストな時期です。

一括見積もりでは、同じ条件の補償内容で複数の保険会社を比べることができます。

そのためどこの保険会社が安いのか一目でわかります。保険料は毎年変わるので、毎年見直しをしましょう。

自動車保険には新車割引があるので新車を購入したタイミングは乗り換えにベストの時期です。

補償内容や事故対応を重視する方は代理店型自動車保険がおすすめ

自動車保険に補償内容やロードサービス等の事故対応を重視する方は、代理店型の自動車保険への乗り換えをおすすめします。

代理店型の保険は実際の店舗があり、経験豊富な保険の専門家が乗り換えの手順についてサポートしてくれます。また、事故対応も丁寧です。

代理店型自動車保険なら三井住友海上が事故対応の良さで人気

「補償内容は手厚いほうがいいな」
「担当者にいつでも相談できると嬉しい」
そんな方には、代理店型の自動車保険への乗り換えをおすすめします。

中でも三井住友海上は充実の補償とロードサービス対応があると評判が良いです。

代理店型の自動車保険の乗り換え先を比較するには口コミ確認と一括見積もり

代理店型の保険会社を比較するには、口コミを確認して一括見積もりとることが、一番の近道です。

事故対応については保険会社も正直に答えてくれない場合もあるため、実際の対応の状況を口コミで確認して一括見積もりで乗り換え先の補償内容と保険料を比較することが大事です。

ここで代理店型の補償内容やサポートなどに関する口コミをご紹介します。

【三井住友海上】スズキ・パレットの自動車保険料を口コミ!

三井住友海上は自動車保険に加え、個人賠償がつけられたことが良かったです。また、代理店の担当者が家族のため、相談しやすいことがメリットだと感じました。ただ、年間保険料が高くなってしまう点がデメリットです。

一括見積もりしてみる

自動車保険の乗り換えで必ず知っておくべき2つの注意点

自動車保険の乗り換えをする際に、必ず知っておくべき注意点は以下の2つです。

  • 契約期間の重複や空白は避ける
  • 事故歴は引継がれる

1.途中解約で自動車保険を乗り換える場合は契約期間の重複や空白に注意

途中解約で自動車保険を乗り換える場合は、自分で保険の解約時期と新しい保険が始める時期を設定する必要があります。
現在の保険会社との契約解約日と、乗り換え先の保険会社との契約始期日は同日にしなくてはなりません。

少しでも日付が被った場合は、同じ車の自動車保険に2つ加入している「重複契約」となり無効となってしまいます。

また、解約日と乗り換え日がズレた場合には、どの保険契約にも加入していない「保険の空白期間」が生じます。空白期間に事故が起きた場合には補償が受けられません

しかし、自動車保険を乗り換えた当日からでも補償は受けることができます。

2.虚偽申告をしたら契約解除…事故歴は引継がれるので正しい申告を

もし契約期間中に等級ダウン事故を起こしていた場合、乗り換え後は等級が下がってしまいます。

1等級の方などが乗り換えを行い、等級をリセットするために新しい保険会社に乗り換えて虚偽申告をしたとしましょう。

その場合、前の契約会社より情報開示されるので事故歴は明らかです。また、「告知義務違反」となり、契約解除に至ることもあります。必ず事実を申告しましょう。

自動車保険の乗り換えまとめ

  • 自動車保険の乗り換え方法は書類を提出するだけ
  • 自動車保険を乗り換えるときは複数の保険会社を見比べることが重要
  • 自動車保険の満期日前のタイミングでの乗り換えは損する
  • 等級引継ぎの期間は「現在の契約が満了した日の翌日から7日以内」

自動車保険は同じ年齢や補償内容でも、保険会社によって保険料が大きく変わります。

一括見積もりサイトを利用して一番安い保険を見つけ、自動車保険を乗り換えましょう。

おすすめの一括見積もりサイトは価格.com

自動車保険の乗り換えにおすすめのサイトは、「価格.com」です。

他のサイトに比べて入力が簡単でわかりやすく、抽選で人気の家電製品がもらえます。

ぜひこの機会に一括見積もりしてみましょう。

一括見積もりする

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×