自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険はタイヤの補償なし!車両保険で補償を受けられる2パターン

「タイヤがパンクした…でも修理代は払いたくない!」
自動車保険ではタイヤの破損は車両保険をつけていても補償されません。ではどんな場合にタイヤの補償を受けられるのかお伝えします。
車両保険でタイヤ補償なし 車両保険でタイヤ補償あり
1.地面に落ちてた釘を踏んでパンク
2.いたずらでタイヤがパンク
1.盗難、火災の被害に遭った場合
2.ホイールなどが破損していた場合
    タイヤの補償まとめ

  • タイヤの補償は車両保険の設定範囲で異なる
  • 車両保険でタイヤの補償を受けると保険料が上がる
  • 保険料を少しでも安くするためにも一括見積もりがおすすめ

一括見積もりしてみる

実はタイヤ単独の被害はほとんどの場合、車両保険の補償範囲では対応できないことになっているのです。例えば、地面に落ちていた釘を踏んでタイヤがパンクをしてしまった場合や、いたずらでタイヤが切り刻まれてしまったりしていたとしても、タイヤだけの被害では車両保険の対象外になってしまいます。

タイヤは車両の一部と言っても過言はないですし、普通に補償が効きそうだと考えてしまってもおかしくはないので注意が必要です。実はこのような制度になっているのは、車両の中でもタイヤは最も自然消耗で破損しやすい部分と考えられているからなのです。

ただ、タイヤの損害は全て補償されないというわけではなく、タイヤの単独損害のときのみ補償されないと考えていただければ良いと思います。

例えば、車同士の事故に遭い、前方ボンネットが破損し、それとともに前方タイヤも破損してしまっていれば、車両保険でどちらも対応することが可能です。ちなみに、この場合などでは、タイヤが車両保険の対応となるかどうかは、他の損害に対して車両保険が適応できるかどうかに関係します。車対車限定特約をつけていて、ガードレールにぶつかってしまってボンネットとタイヤに損害が出てしまった場合などはもちろん補償対象外です。

盗難、ホイール交換などタイヤ被害の補償対象になる例2パターン

基本的には上記のような対応になりますが、例外が2点あるので覚えておいてください。

まず、1点目ですが、盗難・火災のときにはタイヤの単独被害でも車両保険の対象となります。火災のときはタイヤの単独被害になることはなかなか想像できないと思いますが、盗難に関してはタイヤだけ盗まれてしまうことは十分考えられます。その際は、車両保険の金額で補償することができるので、諦めずに忘れずに保険会社に連絡をしておきましょう。

次に、2点目ですが、タイヤがどのあたりまで含まれるかです。私が昔保険会社で働いていたときは、タイヤのゴムの部分のみの破損をタイヤの単独損害として補償対象外としており、もし、ホイールなどが破損していた場合は、車両保険での対応を可能としていました。このパターンに含まれるのは、例えば溝にハマってしまい、タイヤがパンクするとともにホイールに傷がついてしまった場合などです。この場合も保険対象となる可能性があるので、忘れずに保険会社に連絡をしておきましょう。

タイヤ損害は補償される範囲が限られるので、車両保険会社への確認が第一

補償される場合に関しては、常識の範囲内での補償となりますが、純正品以外でとても高価なタイヤなどをつけており、そのタイヤが盗まれてしまった場合などは注意が必要です。あらかじめ契約時に保険会社に連絡をしておくなどをしておかなければ、純正品の料金内でしか補償してもらえないこともあるので気をつけましょう。購入したときのレシートをとっておくなどの方法でも対応してもらえる場合もあるようです。

このあたりも保険会社によって対応が異なってくるので、高価なタイヤをつける人などは事前に申請・確認しておくなど、先手を打って対応をしておきましょう。

タイヤの被害に関しては、1つのタイヤだけであれば、車両保険を使用したあとの等級ダウンと比べてどちらの方がオトクになるのかしっかり考えて車両保険の使用を決めた方が良いでしょう。

この場合も、保険会社に連絡をした上で、修理工場などと相談することがベストだと思います。タイヤがパンクしてしまうと、予想以上に操作が難しく、大事故になってしまう可能性が高いので、パンクをしてしまったら無理をせずに、保険会社への連絡をして早急に修理をしましょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

平均1.8万も安くなる

×