自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の携行品損害担保特約は盗難も補償。3つの落とし穴に注意

車の中に置いてたものを盗まれた!補償してほしい…。
携行品損害担保特約は、自動車保険の有料オプションです。持ち物が被害にあったときに補償を受けることができます。しかし、補償金額には上限があり、補償外の物品もあるのです。今回はこの特約の注意点を解説します。
    携行品損害特約の3つの落とし穴

  • 現金、携帯、パソコンは補償の範囲外!意外と補償外の物品が多い
  • ②補償金額上限は10万~100万と各社で異なる
  • ③火災保険の携行品損害特約と補償内容がかぶっている可能性がある
    補償範囲が重なって思わぬ損をしているかも。定期的に保険を見直そう

  • 何かと便利な特約ですが、その特約、本当に使っていますか?
  • 自分に必要な補償を、ダブりなくモレなく受けるには一括比較 で保険を見直すのがおススメです
  • 「価格.com」 では最短5分で最大8社から見積もりが届きます

今すぐ一括見積もりする

携行品損害担保特約とは?盗難も補償してくれる?

長い名前ですが、分解してしまえば、「携行品の損害を担保してくれる特約」になります。どの特約でも、各保険会社によって、内容は少しずつ変わってきますが、この「携行品損害担保特約」は特に保険会社によって対象範囲が異なるので注意が必要です。

基本的には保険契約車両に載せられていた、個人所有の携行品(持ち物や身の回りの物)が何らかの影響で損害を受けたときに、その修復などのための賠償を受けられるというものになります。契約車両の車両内、トランク内、キャリアに積載されたものなどは対象になる場合が多いですが、車両外のことまで対象となる保険会社もあるので詳しくは確認してみましょう。

特に車両内で携行品に損害が起きた場合は必ず保険適応について確認しましょう。また、何らかの影響というのは、交通事故はもちろんのこと、火災などの偶発的な自然災害も対象になるので、覚えておきましょう。

携行品損害担保特約の注意点、補償対象になる携行品とならない携行品

この「携行品損害担保特約」に関してですが、特に注意しなければならないことがあります。それは、補償されない携行品があるということです。これは様々な種類がありますが、キャリアに掲載している場合が多い自転車やサーフボード、携帯電話やパソコンなどの壊れやすい電子機器(カメラは対象内です)、価格が判断しづらいデータ類、現金や有価証券類が補償対象外となってしまいます。

他にも具体的なものが約款に記載されているので、事前に確認しておきましょう。この他にも故意に起こした事故の場合なども当然のことながら補償されません。

携行品損害担保特約の補償と等級

補償の際の上限金額に関しては各保険会社によって異なり、1つの携行品につき10万円が限度であったり、30万円まで補償可能であったりします。多いところは100万円まで大丈夫なようです。基本的にはその補償上限金額内を限度として、減価償却した時価額や修復費などを払ってもらえることになります。

等級についてはノーカウント事故といって、「携行品損害担保特約」をいくら使っても等級に変動はなく、次保険期間になるとまた1等級上がっていきます。等級を気にすることなく使用ができる特約になるので、もし特約を付けていた場合は、携行品に損害が出れば漏れなく保険会社に確認しておくと良いでしょう。

火災保険でも補償可能?

「携行品損害担保特約」は入っておくと、いざというときに便利かもしれませんが、各保険会社によっても対応範囲が異なりますし、そもそも皆さんの車生活の中で必要になる機会も少ないかもしれません。

支払う保険料と自分の車生活を天秤にかけて、「携行品損害担保特約」に入るかを決めると良いでしょう。ちなみにですが、火災保険でも携行品損害特約というものがあり、もしかすると特約の範囲がバッティングする可能性もあります。事前に自動車保険会社に確認することと、火災保険の確認もし、無駄のない特約を付けるようにしましょう。

自動車保険の見直しは大切です!

特約は保険契約時には使うと思っていても、その後使うことが全くなく過ぎてしまったり、特約をつけたのはいいけれどそのまま忘れてしまうということもあります。また逆に、必要ないと思っていても、そのあとに予想外の出来事が起こり「つけておけば良かった」と後悔することになるかもしれません。

しっかりと自分の車生活と保険料をいくらまで払えるかということを踏まえて契約を考えましょう。1年ごとに車生活を見直してみるのが良いと思います。

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×