自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

車両保険で地震は1円も補償されない!津波や噴火にも特約が必要

「地震でも車両保険は下りるの?」
車両保険では地震による被害の補償は受けられないことを知ってましたか?しかし、地震特約に入ることで補償を受けられるのです!では地震特約に入るためにはいくら保険料がかかり、補償内容はどのようなものかをお伝えしていきます。
  • 地震被害は特約を付けないと補償されない
  • 地震特約を付けると年間約5,000円保険料が高くなる
  • 各保険会社の中で地震特約がお得な保険は、損保ジャパン
  • 地震特約付きの安い保険を探すなら一括見積もりで比較がおすすめ

地震特約付きの安い保険を探す

実は自動車保険の車両保険では地震の被害の補償は受けられない

台風や洪水などの自然災害では自動車保険の車両保険が適用されることのが一般的ですが、注意しておきたいのは噴火や津波、地震などいわゆる「大規模災害」です。

日本は地震が多いです。その上、自動車保険の車両保険をはじめ、基本的にはどの保険でも地震が原因で起きたトラブルについて補償されません。だから地震が発生した際、車に補償がかけられない状況に陥ってしまう人が続出することになります。

自動車保険の車両保険で地震の補償が受けられない理由

なぜ、自動車保険の車両保険では、地震は範囲外として扱われることになるのでしょうか。
それは、破損原因が「大規模災害」の場合、保険会社が補償できる金額の上限を超えるおそれがあるためです。大規模災害が発生したときに、補償する人数も多い上に、一人当たりの補償すべき金額も約240万円という莫大な金額になる場合、保険会社が倒産しかねません。

通常の自動車保険には「地震・噴火・津波によって生じた事故・損害・傷害に対しての補償に関しては対象外とする」と明記されています。

つまり、地震の際の事故での修理代などの諸費用は、自動車保険では免責事由になり補償されないという事です。

加えて、自動車保険では運転中であったとしても、地震による怪我に対する補償や特約はありません

その場合は自動車保険ではなく、医療保険、傷害保険が該当になりますので、注意して下さい。

土砂崩れは自動車保険の車両保険の補償対象

土砂崩れの場合は、自動車保険の車両保険で補償を受けることが可能な場合があります。ここで注意すべきことが2つあります。1つは、地震を起因とする土砂崩れの場合は、車両地震特約をつけていないと補償されません。

2つ目が、大雨による土砂崩れの場合は水災が補償範囲に含まれている必要があります。同じ土砂崩れでも、原因によって補償が受けられるかどうか決まります。

以上の注意点を踏まえ、補償内容や範囲は各社で異なるのできちんと比較することが大事です。

自動車保険の車両保険を比較する

地震のときに補償を受ける方法は自動車保険の車両保険に地震特約を付けることのみ

近年は地震が多く、不安を感じるというドライバーも多いようです。津波を伴った地震や、火山の噴火も日本では多くあります。

通常の自動車保険の車両保険ではカバーされないものの、これらの地震等の大規模災害に対する補償を用意している自動車保険会社も多くあります。

その特約が「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」です。

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」は範囲が広い自動車保険の車両保険

この特約は「地震・噴火・津波によって生じた自分の車の損害」を補償範囲とした特約です。地震を起因とする火災による全焼、流失または埋没し発見されなかったときは、全損扱いとして補償を受けられます。

大地震が多発している首都圏などの地域や、地震によって発生する津波の危険性がある海岸線、鹿児島県の桜島などの火山帯などに住んでいる皆さんには、とくに車両保険に特約を付けるかどうかの検討をお勧めします。
この「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」は自動車保険の車両保険に加入している場合のみ付帯することができます

「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」の補償金額と保険料

年間保険料 補償金額
約5千円 上限50万円

地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約の上限は、ソニー損保や損保ジャパンなどの多くの保険会社で50万円です。 それ意外の場合は補償金額の上限は自動車保険の車両保険の補償金額分となっています。

特約を付けた場合の保険料は他の保険会社ともに主契約の5~10%程度です。特約を付ける場合は、金額も考慮して検討してみるといいでしょう。

地震特約付きの安い保険を探す

地震で自動車保険の車両保険の特約の補償を受け取る際の注意点

自動車保険の車両保険の地震特約を適用し、保険金および見舞い金を受け取ることができても、実は翌年の等級は1等級分下がることになっています

等級が下がる結果、等級が下がった年の保険料が高くなります。

【検証】地震で自動車保険の車両保険の特約を使うと保険料が最大3万円も上がる

等級が下がるということは、次年度の保険料が上がるということです。そこで、保険料を8万円と仮定して、保険料を計算したものを各等級別に表にまとめました。

もし等級が8等級以下であれば、1等級のダウンでも、保険料は約9千円~3万円も上がります

保険料8万円で計算
等級数 割引率(%)
(事故無し)
割引率(%)
(事故有り)
保険金額(円)
(事故無し)
保険金額(円)
(事故有り)
1 64%割増 131,200円
2 28%割増 102,400円
3 12%割増 89,600円
4 2%減 78,400円
5 13%減 69,600円
6 19%減 64,800円
7 28%減 20%減 57,600円 64,000円
8 40%減 21%減 48,000円 63,200円
9 41%減 22%減 47,200円 62,400円
10 43%減 23%減 45,600円 61,600円
11 46%減 25%減 43,200円 60,000円
12 47%減 27%減 42,400円 58,400円
13 48%減 29%減 41,600円 56,800円
14 49%減 31%減 40,800円 55,200円
15 50%減 33%減 40,000円 53,600円
16 52%減 36%減 38,400円 51,200円
17 55%減 38%減 36,000円 49,600円
18 57%減 40%減 34,400円 48,000円
19 59%減 42%減 32,800円 46,400円
20 63%減 44%減 29,600円 44,800円

車両価格が50万円以上の車には自動車保険の車両保険の地震特約は必要ない

自動車保険の車両保険では地震の補償はありません。どうしても心配な方は地震特約をつければ補償を受けることはできます。

しかし、地震特約の補償上限は多くの保険会社で50万円です。さらに保険を利用すると翌年から保険料が高くなってしまいます

よって、地震が発生した時に得られる金額の観点から言うと、50万円以下の価値の車にしか地震特約を付ける必要はないと言えます

車両保険の地震特約で全額補償してくれる会社はチャブ保険と朝日火災だけ

もし特約を付けたいと考えている方の中で、自分の持っている車がの価値が50万円以上の方の場合、特約を付けることで地震での修理総額を全額負担してくれる会社があります。

  • チャブ保険
  • 朝日火災

以上の2つの保険会社です。
チャブ保険と朝日保険が提案する保険は両方とも特約を設定することで、自動車が地震で損失した時の修理費用を全額負担してくれます

関東地域と中国地域では地震特約がおすすめ

最近では九州地方での熊本地震がありました。
この地震での被害総額は、およそ3.7兆円になりました。

政府地震調査研究推進本部事務所の情報によると、現在関東地域と中国地域の地震が懸念されています。

自分の車の補償のために、地震特約に加入をおすすめします。

地震も補償できる自動車保険の車両保険を探すなら一括見積もりで保険会社を比較

自動車保険の車両保険で地震の補償を受けるには地震特約に保険金の上限がなく保険料が安い会社を探すことが重要です。
そこでおすすめするのが自動車保険の一括見積もりサービスです。インターネットから簡単に保険会社を無料で比較することができます。

おすすめの一括見積もりサービスは価格.com

おすすめの一括見積もりサービスは価格.comです。
おすすめする理由は3つです。

  • 入力は最短5分で完了!
  • 最大8社が一度に比較できる。
  • 様々な契約内容で見積もりを取って比較もできる。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 8社 約5分

一括見積もりしてみる

×