自動車保険を比較するなら

カービックタウン

  • 自賠責と任意保険どっちが重要?5分でわかる自動車保険の違いと補償

自賠責と任意保険どっちが重要?5分でわかる自動車保険の違いと補償

自賠責と任意保険の違い
自動車を購入したら「自賠責保険=強制加入」はなんとなく知ってるけど、任意保険は入ればいいのかどっちかわからない。

自動車に関する保険は、大きく分けると「自賠責保険」と「任意保険」の二種類がありますが、違いがよくわからないという方はたくさんいます。
自賠責保険と任意保険ではどういった違いがあるのか、なぜみんな任意保険に加入しているのかについて説明します。

自賠責と任意保険の違い

    自賠責

  • 加入する義務があり、入っていないと罰則
  • 補償範囲が狭く対人しかない
  • 保険料が誰でも一定
  • 任意保険

  • 加入するかどうかは選択できる
  • 対物・対人、自動車まで保証してくれる
  • 選び方しだいで安くも高くもなる
  • 任意保険は保険会社もプランも組み合わせはたくさんあるので比較が必要

今すぐ一括見積もり

自賠責と任意保険の違いとは?おさえておくべき3つのポイント

自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。

自賠責保険と任意保険の違いとしておさえておくべきポイントは3つ。

  • 加入義務
  • 補償範囲
  • 保険料

加入義務がある自賠責は最低限の補償のため!非加入は罰則もあり

自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険といい、被害者救済を目的とした加入が義務付けられた保険です。

"強制保険"といわれるように車を購入して運転するならすべての人が入らなければいけない自動車保険です。

加入せずに運転した場合は、

50万円以下の罰金または1年以下の懲役 + 違反点数6点で免許停止処分

という法的に罰則が与えられます。

また、加入していないと車検を受けることができないといったこともありますので確実に入るようにしましょう。

一方、任意保険はその名の通り入るかどうかは任意で選択することができる保険です。

結婚や子供が運転するようになったなど、自分の必要に応じて補償範囲を変更させることで、自分に合ったものを選択できる自動車保険です。

補償範囲が限定される自賠責と選び方で変わる任意保険

自賠責保険では基本的な対人賠償(人に対しての賠償)を目的とされているので、物損事故については対象になりません。

例えば事故で人とぶつかってしまった場合は対象になりますが、電柱にぶつかったなどの事故については補償外になります。

自賠責の補償内容や補償額については以下のように決められています。

死亡の場合 限度額は、被害者1名につき3000万円
補償内容は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料
傷害を負った場合 限度額は、被害者1名につき120万円
補償内容は、治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料
後遺傷害を負った場合 限度額は、被害者1名につき常時介護を要する場合で4000万円、随時介護を要する場合3000万円

等級に応じて75万円から4000万円までの幅あり

自賠責では補償内容などが決まっているので、自賠責で補償されない物損事故を補償対象としたり補償額を上げるといった役割をするのが任意保険です。

自賠責と違って補償範囲は保険会社によっても様々な選択肢があるので、応じて自分で決めることができます。

保険料は自賠責では一定、任意保険は補償内容で変化

保険料については、自賠責保険は強制加入ということもあり補償額や補償範囲は限定され分、保険料は全員ほとんど一定額になります。

自賠責保険の保険料(2017年4月現在)は以下のようになっています。

(※沖縄県、離島などの一部地域については下記の保険料例と異なるので注意が必要です。)

例えば自家用自動車で36か月の保険料は35,950円となります。

12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月 48ヶ月 60ヶ月
自家用乗用自動車 15,520円 25,830円 35,950円 - -
軽自動車(検査対象車) 15,130円 25,070円 34,820円 - -
バイク(250cc超) 8,290円 11,520円 14,690円 - -
バイク(125cc超~250cc以下) 8,650円 12,220円 15,720円 19,140円 22,510円
原動機付自転車・バイク(125cc以下) 7,500円 9,950円 12,340円 14,690円 16,990円

一方、任意保険は自分で補償を選択することで自賠責保険でカバーしきれない部分を補うのですが、その補償内容によって保険料は大きく違います。

無駄に払っているということがないように、自分にとって本当に必要な補償なのかを見極めて選択していくことが必要です。

自賠責と任意保険(自動車保険)の違いをまとめましょう。

自賠責 任意保険
加入義務 ×
補償範囲 対人賠償のみ 対人賠償,物損など(選択する)
保険料 一定 補償の選択によって大きく異なる

では任意保険は任意だから入らなくてもいいのでしょうか?

入らなくても大丈夫?自動車保険の任意保険の必要性

自賠責に入っているから任意保険は入らなくてもいい?という疑問が浮かんだ方もいるかもしれません。

もちろん自動車を運転する上で「絶対に事故を起こさない」というのはみなさん考えています。

しかし、事故というのはいつどのような状況で起こるものかわかりません

もちろん自分は注意していても他の車がぶつかってくる場合もあります。

また、事故車がコンビニなどの店舗に突っ込んでしまい営業活動ができなくなったりするとその期間分の逸失利益を請求されるかもしれません。

事故の相手方が仕事ができなくなったという場合、休業損害として慰謝料や治療費に加えて本来得られるはずだった給与の補填なども求められます。

さらには自賠責保険は被害者救済が目的の保険なので、自分や同乗者が事故にあったとしても補償されません。

そういった“万が一”に備えるには、自賠責だけでは安心できませんので、やはり任意保険に入っておく必要があります

手厚い補償が受けられる自動車保険!任意保険に入るメリット

任意保険に加入するには保険料が必要で、自賠責と比較すると高額になりますが、その保険料の対価として大きな補償を得ることができます。

まず、事故の時に自分が加害者となってしまった場合の相手方に対する補償が手厚くなります。

補償の対象については人はもちろんのこと、自賠責では補償の対象外である相手の自動車や建物、電柱といった物損も含まれます。

また、事故の時は相手方だけではなく自分や大切な家族などの同乗者も被害者になる場合がありますが、そのときの怪我も補償対象。

任意保険は万が一事故が起きたときでも自分の生活や家族の命を守ってくれるといえます。

いつどんなことが起こるかわからない事故に対して、将来の安心のために備えることが任意保険に加入する最大のメリットです。

では任意保険はどんなことを補償してくれるのでしょうか?

自動車保険の任意保険で補償される基本内容

任意保険の細かい内容は会社によって異なりますが、基本的に共通している補償内容は5つあります。

対人賠償保険 相手方への補償
対物賠償保険 相手方への補償
人身傷害補償保険 自分・搭乗者への補償
車両保険 車への補償
搭乗者傷害保険 自分・搭乗者への補償

対人賠償保険

<相手方への補償>

交通事故で相手方の車に乗っていた人や歩行者をケガ・死亡させてしまったときなど、損害賠償責任を負担する場合に、自賠責保険の補償上限を超える分をカバーします。

対物賠償保険

<相手方への補償>

交通事故を起こして、他人の車や物などの財物に損害を与えた際に、保険金が支払われます。

人身傷害補償保険

<自分・搭乗者への補償>

過失割合に関わらず、保険会社の基準によって「実損害額」の保険金が支払われます。車に乗っていた人の損害は、基本的に無条件に補償されます。

車両保険

<車への補償>

事故によって破損した車両の修理代が支払われます。単独事故や当て逃げも補償するタイプや、他車との接触による損害のみを補償するタイプなど、車両保険にはいくつか種類があります。

搭乗者傷害保険

<自分・搭乗者への補償>

自分の車に乗っている人(運転者・同乗者)が死亡・ケガをした場合に、「自賠責保険」や「対人賠償保険」などとは別に保険金が支払われます。

各保険会社で共通している補償内容ということは事故にあったとき必ずと言っていいほど必要になる補償です。

もし自分が事故にあったら、家族はどうなるだろうかということを想像して補償内容や補償額をしっかり見るようにしましょう。

自動車保険の補償をもっと手厚く!任意保険の特約

基本的な補償内容でも自賠責と比較すればかなり補償範囲が広がります。

ただ、基本的な補償内容以外で困ったときに助けてもらえる補償・サービスを「特約」といいます

例えば、バッテリー上がりやキー閉じ込み、ガス欠といったトラブル時に駆けつけてくれる「ロードサービス特約」は代表的な特約です。

他にも保険会社によってさまざまな特約が用意されています。

任意保険の特約(例)

他車運転特約 自分が他人の車を運転しているときに起こった事故を補償する
対物超過修理費用補償特約 相手方の物の時価額を超えて損害を補償する
※時価額:流通価格ではなくその時の物の査定額。新品の状態から時間がたって消耗した分を引いた額
弁護士費用等補償特約 弁護士への法律相談や訴訟に関する費用を補償する
運転者限定特約 補償の対象となる運転者を限定することで保険料を抑える
運転者年齢条件特約 補償の対象となる運転者の年齢を限定することで保険料を抑える

特約は基本的にはプラスアルファの補償なので、できるだけ保険料をおさえたい場合は入る必要はありません。

ただし、運転者限定特約などさらに安くなる特約もありますし、保険会社によってそれぞれ個性的な特約を出していたりするので、必要に応じて検討しましょう。

自動車保険はどう選ぶ?無駄なく任意保険を選ぶポイント

自賠責と任意保険の違いについてわかったけど、結局任意保険を選ぶときになにを基準にすればわからないかもしれません。

例えば有名な保険会社であることや保険料の安さ、駆けつけサービスを求めるなどなにを重視するかは人によって違います。

その中でもおさえておくと自分に合った保険が選びやすくなるポイントを3つ紹介します。

店舗がある代理店型かネットで簡単なダイレクト型か

任意保険には代理店型とダイレクト型の2つがあります。

代理店型支店を複数有する保険会社の任意保険です。

一方、ダイレクト型ネットで契約手続きを行うような支店を多く持たない保険会社が扱う任意保険を指します。

できるだけ簡単に相談できる安心するという人は支店を多く構える代理店型を選んだ方がいいでしょう。

自分の払える保険料はどれくらいか

任意保険の保険料は運転する人の年齢や範囲、補償内容によって大きく違い、保険会社によってその保険料に差があります。

また、保険会社によっては割引や特約によって保険料をおさえるというサービスがある場合もあります。

もちろん補償内容や特約によって違いはありますが、一般的には代理店型よりもダイレクト型の方が保険料は安くなる傾向があります。

少しでも保険料を安くおさえたいのであればダイレクト型がいいでしょう。

万が一事故の加害者、被害者になったときの補償内容は十分?

補償内容は代理店型かダイレクト型かというよりは保険会社によって異なります。

同じような補償内容でも保険料が違う場合があります。

保険会社を比較したい場合は、特約などは省いて基本の補償内容に固定して比較してみれば安さがわかります。

同じ条件で比較した上で保険会社独自の補償内容を変えてみたり、特約を追加したりしてみると、保険料・補償内容ともに自分にあった保険に近づきます。

この補償内容だけはほしいという場合以外は同じ補償条件でまずは比較してみましょう。

自分に合った任意保険を選ぶならまずは見積もりを!

自賠責と任意保険の違いについておさらいです。

自賠責 任意保険
加入義務
(法的な罰則あり)
×
補償範囲 対人賠償のみ 基本補償(対人・対物賠償,人身傷害補償,車両保険,搭乗者傷害保険)と特約で選択できる
保険料 一定(例:自家用自動車で36か月の保険料は35,950円) 補償の選択によって大きく異なる

任意保険の補償内容・保険料は保険会社によって差がありますし、特約についてもそれぞれ違った補償やサービスを展開しています。

自分に合った任意保険はどんな補償が必要なのか、それはどこの保険会社で保険料はいくらなのか、万が一の将来に備えるからこそ慎重に選ぶことが大切です。

保険料も決して安くはありませんので、めんどくさがらず数社の見積もりを出して吟味して自分にとって一番いい保険を選んでください。

特に仕事などでなかなか一社ずつ時間をかけて比較する時間のない方は一括見積であたりをつけて効率よく時間を使いましょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件

車両保険は必要ない?外す前に絶対確認しておくべき3つの判断基準