自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自賠責だけではヤバすぎる!自動車保険は任意保険も超重要

自動車を購入した場合、自賠責保険には強制加入するでしょう。そして自賠責保険に入っているから任意保険がいらないと考える人がいるかもしれません。ですが、そうした考えには注意が必要です。自賠責保険と任意保険の果たす役割には大きな違いがあります。どういった違いがあるのか、なぜ自賠責保険に入っているのに任意保険を追加するのかなど疑問に思う人もいるでしょう。そうした人のために、任意保険の必要性について紹介していきます。

そもそも任意保険ってどんな自動車保険なの?

任意保険とは民間の保険会社や共済などと契約して入る保険です。保険会社との契約になるため、加入する場合には保険料を支払う必要があります。

また、任意保険は自賠責保険と違って加入が義務付けられていません。そのため、加入をするかしないかは自由に選択できます。

手厚い補償が受けられる自動車保険!任意保険に入るメリット

任意保険に加入するには保険料が必要です。その保険料の対価として大きな補償を得ることになります。

まず、事故の相手方に対する補償が手厚いです。補償の対象は人はもちろんのこと、相手の自動車や建物、電柱といった物も含まれます。

また、相手方だけではなく自分や同乗者の怪我も補償対象です。万が一事故が起きたときには自分の生活や命を守ってくれるといえます。

自動車保険は2種類!自賠責保険と任意保険はどう違う?

自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。その2つはどう違うのでしょうか。自賠責保険は被害者救済を目的とした強制加入の保険です。

補償額や補償範囲は限定されますが、保険料は一定になります。一方、任意保険は自賠責保険でカバーしきれない部分を補うことが可能です。

具体的にどうカバーされるのかは保険会社によって異なりますが、自賠責保険よりは相手方や自分たちに対する補償を手厚くすることができるようになります。

入らなくても大丈夫?自動車保険の任意保険の必要性

任意保険という名前の通り、加入するかどうかは自由です。保険料が必要になるので、人によっては加入しないこともあるでしょう。

しかし、もし事故が起きてしまうと自賠責保険ではカバーできないほど高額の賠償金が課せられる場合があります。

事故車がコンビニなどの店舗に突っ込んでしまい営業活動ができなくなったりするとその期間分の逸失利益を請求されるかもしれません。

事故の相手方が仕事ができなくなったという場合、慰謝料や治療費に加えて本来得られるはずだった給与の補填なども求められます。

また、自賠責保険は被害者救済が目的の保険なので、自分や同乗者が事故にあったとしても補償されません

もし事故を起こしてしまい同乗者や自分の体に後遺症が残ったとしても自賠責保険だけでは補償を受けられなくなってしまいます。事故はいつ、誰が被害者や加害者になるかわかりません。

そうであれば、任意保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

自動車保険の任意保険で補償される内容とは

任意保険の補償内容は会社によって異なりますが、基本的な補償内容は各社共通です。

任意保険の基本的な補償内容は相手方への賠償責任保険と自分や同乗者の怪我を補償する傷害保険、自分の車を補償する車両保険の4つになります。それぞれについて確認していきましょう。

賠償責任保険

賠償責任保険が補償するのは対人と対物の2つです。対人賠償では事故の相手方が怪我した場合の治療費や慰謝料、仕事に従事できなくなった場合には本来得られたであろう収入が補償されます。

対物賠償では建物や電柱といったものの修理費用、そして事故によって営業活動ができなくなった店舗などで本来得られたであろう営業利益などが賠償対象です。

いずれの損害も場合によっては億単位の賠償が求められる可能性があります。

傷害保険

傷害保険は自分や同乗者の怪我などを補償します。傷害保険にはいくつか種類があり、人身傷害補償保険は怪我や逸失利益、介護用品の費用などの実損が補償対象です。

搭乗者傷害からは自分、あるいは同乗者が死傷した場合や入院したときなどに定額の保険金が払われます。自損事故保険は相手方のいない自損事故を起こした際の補償です。

無保険者傷害保険は相手方が任意保険に入っておらず充分な賠償を受けられないときに自分の保険から賠償部分を受けることができます。

車両保険

相手方がいる事故であれば相手の対物賠償から車両の修理費用などの補償を受けられますが、過失割合に応じて自己負担が生じる場合には自分が修理費用を負担しなければなりません。

その修理費用を賄うのが車両保険です。車両保険には限定型と一般型があります。両者の違いは自損事故や当て逃げなど、相手方がいない事故や相手方が特定できない事故の場合に補償されるかどうかです。

そうした場合にも補償をつけるならば一般型の車両保険に加入する必要があります。ただし、一般型と限定型のいずれも地震や津波による車両の損害は補償されませんので注意しましょう。

自動車保険の補償をもっと手厚く!任意保険の特約を知ろう

対人賠償・対物賠償・傷害・車両保険の4つが任意保険の基本的な補償です。これらは多くの会社で補償内容が同じですが、上乗せ補償である特約部分に各社の違いが出ます。

例えば、バッテリー上がりやキー閉じ込み、ガス欠といったトラブル時に駆けつけてくれるロードサービス特約は保険会社によって内容が異なる場合が多いです。

他にはドライブレコーダーの貸出を受けられる特約をつけられる会社や車内に積んであるものを補償する特約も存在します。

また、もらい事故で相手方に10割過失がある場合には、保険会社は示談交渉することができません。そうした場合には弁護士を立てることが多いですが、その弁護士費用を賄う弁護士特約も自動車保険につけられます。

そういった特約を選んで付帯できるのも任意保険の特徴です。

自動車保険の任意保険にはどうやって入る?手続きと必要なもの

任意保険に加入するには保険会社と契約しなければなりません。その契約手続きはどのように進めればいいのでしょうか。滞りなく手続きを進めて任意保険に加入するために手続きの流れや契約に必要なものを確認しましょう。

加入に必要なものを用意する

任意保険に加入するには免許証と車検証が必須です。新車を購入する場合、車検証の発行が遅くなる場合があります。もし発行が遅れてしまうと新車が納入されたのに保険開始が間に合わないということになりかねません。

一般的に、保険契約の申し込みをした後実際に保険が始まるまでおよそ1週間程度かかります。そのため、車検証の発行はできるだけ早めてもらいましょう。

どうしても時間的余裕がない場合にはネット系の自動車保険を検討しましょう。手続きと入金を済ませれば申込から補償開始までの時間を大幅に短縮することができます。

また、ネット系以外の自動車保険を契約する場合は印鑑も忘れずに用意しましょう。

保険プランを選んで申し込む

自動車保険にはパッケージプランのようなものはありません。どういった補償をどれくらいつけるか、特約はどうするかなど、検討することが多くあります。

どの会社を選ぶか、補償内容はどうするかを選び、考えがまとまったら申込を行いましょう。

契約書や任意保険証を受け取る

契約書の控えや重要事項説明書、そして保険証券を受け取ることで保険契約の手続きは完了します。あとは保険開始を待ちましょう。任意保険の保険証券は事故対応時などには不可欠の書類です。

保険会社に問い合わせを行うときも証券番号を聞かれることがあるため、大切に保管しておきましょう。ネット系の自動車保険の場合は証券を発行しないことで割引が使える場合があります。

その場合でも証券の代わりになるものは印刷できますので、手元に置いておくといいでしょう。

自動車保険はどう選ぶ?任意保険を選ぶポイント

任意保険を選ぶときに重視すべきポイントがいくつかあります。例えば有名な保険会社であることや保険料の安さ、駆けつけサービスを求めるなど、どのポイントを重視するかは人によって違うかもしれません。

どういったポイントを押さえると選びやすくなるかを紹介します。

代理店型かダイレクト型か

任意保険には代理店型とダイレクト型の2つがあります。代理店型は支店を複数有する保険会社の任意保険です。一方、ダイレクト型はネットで契約手続きを行うような支店を多く持たない保険会社が扱う任意保険を指します。

支店を多く構える会社を信頼する場合は代理店型を選んだ方がいいでしょう。

保険料はどれくらいか

任意保険の保険料は運転する人の年齢や範囲、補償内容によって大きく違いますが、月々数千円程度です。しかし、保険会社によってその保険料に差があります。

また、保険会社によっては割引をつけることでさらに保険料を下げられる場合があります。一般的には代理店型よりもダイレクト型の方が保険料は安くなる傾向です。

補償内容やサービスはどうか?

補償内容は保険会社によって異なります。特約の多さを求めたり、保険会社独自の補償内容を求めるなど、どういった補償を求めるかによって選ぶ保険会社は変わるでしょう。

また、ロードサービスの内容や事故対応といったサービス内容も会社によって異なります。万が一の際の対応を重視する場合はその点を重点的に調べるといいでしょう。

任意保険でおすすめの自動車保険は?

さまざまな任意保険会社がありますが、いくつかおすすめを紹介しましょう。ソニー損保の自動車保険は走行距離に応じて保険料が割引になります。

また、事故対応についてもセコムの駆けつけサービスがついているため、現場の写真撮影や状況確認といった初動対応を代行してくれるので万が一のときにも安心できるでしょう。

他には、朝日火災の自動車保険は最長で7年間の保険期間で保険を組むことができます。万が一事故を起こして保険を使ったとしても7年間は保険料が変わりません。

1回だけの事故であれば事故あり係数に影響を及ぼさないのもメリットです。3年間の保険期間で保険を組める会社はいくつかありますが、7年間の保険を持てるのは朝日火災だけなので事故が心配な場合は選びやすいでしょう。

自分に合った任意保険を選ぶならまずは見積もりを!

任意保険の補償内容は保険会社によって差があります。保険料についても同様です。同じ補償内容であったとしても保険料が会社によって異なる場合があります。

したがって、任意保険を検討する場合、1社に絞って契約内容を考えるよりも数社の見積もりを出して慎重に吟味した方がいいでしょう。

一括見積もりしてみる

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件