自動車保険を比較するなら

カービックタウン

自動車保険18社比較ランキング!保険料高すぎ?事故対応悪すぎ?口コミ評判

「げ!通販型の方がめちゃくちゃ安い…!」
「自動車保険を見直したいけど、どこが安いか分からない…」

自動車保険を見直したら1万円以上も安くなった人もいます。 当サイトでは、実際に各自動車保険を利用している人から口コミを集め、18社の自動車保険を「保険料の安さ」「事故対応力」「ロードサービスの充実度」の評価項目で比較してランキングにしました。

一括見積もりで料金比較

自動車保険は条件によって金額が変わります。
自分の条件にあった一番安い保険を探すには、同じ条件でできるだけ多くの会社を比較できる一括見積もりがおすすめです。

この記事では口コミ結果から「総合比較ランキング」のほかに「事故対応別の比較ランキング」「保険料の安さで比較したランキング」など、条件別で各自動車保険を比較しランキングにしました。

    【一括見積もりでトクする理由】
  • 一括見積もりは人気の自動車保険を同じ条件で一気に複数社見積もれる
  • 保険会社による面倒な電話営業がない
  • 一括見積もりをするだけで保険会社に申込む必要はない
  • 今なら一括見積もりするだけで豪華家電が抽選で当たる
一括見積もりしてみる

このページのもくじ

【総合評判】主要18社の自動車保険の口コミ比較ランキング

当サイト独自にアンケートを実施し、主要18社の口コミを募集しました。
アンケート結果から主要18社の自動車保険の口コミを比較し、総合評判をランキング形式でお伝えします。
評価項目は「保険料の安さ」「事故対応力」「ロードサービスの充実度」の3つです。

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。詳細はこちら
※当サイトが実施したアンケートの満足度の平均値から算出しています。

日本で自動車保険を取り扱う保険会社は、国内の保険会社が28社、外国の保険会社が13社あります。(※2016年7月時点・参照:「一般社団法人 日本損害保険協会」資料)それに比べて、個人が選ぶ自動車保険は1つのみ

仮に20歳から60歳まで運転するとなると、40年間も自動車保険と付き合うことになります。だからこそ、自動車保険の選び方はとても大事。しかし、各社の違いが分かりづらく、初めて自動車保険を選ぶ人や慣れていない人にとっては大変なことですよね。

ぜひ、本記事を自動車保険を比較する際の参考にしてください。

「損」しないために・・・

一括見積もりで比較


    アンケート実施概要(当サイト運営者実施)
  • 調査対象-自動車保険に加入したことがある方
  • 調査期間-2017年5月1日~5月31日
  • 調査対象人数-男女100人
  • ランキング算定方法-自動車保険会社の満足度1~5の平均値から算出

1位 ソニー損保の口コミ評判比較〜保険料は走る分だけ〜

ソニー損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

ダイレクト自動車保険15年連続売上No.1(※)の大手自動車保険会社。
24時間365日の事故解決サービス、全国9,000ヵ所のロードサービス、保険料は走る分だけというバランスのよいサービスを提供しています。公式サイトでは利用者の声も公開されています。
※自動車保険を主にダイレクト販売している損害保険会社の2016年度までの保険料収入より(ソニー損保調べ)。

保険料は走る分だけ
保険料は走る分だけ。走らなかった分の保険料は翌年に繰り越せる「くりこし割引」、走り過ぎても「こえても安心サービス」が適用されます。

一人ひとりのリスクに応じて保険料を設定
ドライバー一人ひとりのリスクに応じて保険料を設定&営業コストの削減により、安い保険料を目指しています。

車両トラブル時は交通費・宿泊費サポートあり
外出先で事故や故障が発生し、車が走行不能となった場合、ソニー損保が帰宅費用やレンタカー費用、宿泊費用を支払ってくれます。

ソニー損保を口コミで比較!

ソニー損保事故対応のスピードが決め手

もともと自動車保険の知識は皆無で、どの保険会社がいいのか迷いました。 ソニー損保を選んだきっかけは、一番大きいのはCMでよく見かけること。もう一つはネットで自動車保険料を比較したり、各保険会社の口コミを検索したときに多く見かけた、事故対応の迅速さでした。
車種スバル・インプレッサ
年間保険料110,000円

23歳男性


ソニー損保以前よりも好条件なのに保険料が安くなった

車の買い替えを機に、少しでも保険料が安くなればと思い調べていました。 テレビCMをよく目にするため検討したところ、見積もり金額が安く、以前よりも条件がかなり良かったので変更しました。初回はインターネット割引でさらに安く加入できることも、決め手になりました。 おおまかなサービスはどの保険会社を利用しても大差ないと思いますが、オプションについては細かく自分で調べる必要があるので、相談先がないのは不便でした。 ただ、以前加入していた保険会社にはないオプションがあったりと、私が希望する条件にはとても合っていたと思います。事故対応は経験がなく、今後どのようになるのかはわかりませんが、金額的には継続利用の可能性が高いと思います。 ロードサービスについては別途JAFに加入しているため、あまり必要性を感じていませんが、お守り代わりには嬉しいサービスです。

32歳女性

ソニー損保保険料が12,300円も安くなった!

自動車保険を比較しても結局保証内容はいままでとかわらなかったのが大きい。ここまで保険料を抑えられるとは思わなかった驚きと、いままで損した気になった。実際データなども保存されるので一番条件のいい保険を選べたのが大きかったし、代理店との対面だとなかなか一度に情報を聞き出すのが億劫なこともメールなどのやり取りで好きな時間やタイミングで問い合わせられたのはよかった。
車種三菱・FTO
年間保険料58,900円
免許の色ゴールド免許
使用目的通勤・通学
保険の等級16
走行距離5000~7000km
運転者条件家族限定
車両保険

46歳男性


ソニー損保補償も手厚いので安心。

三井住友海上きらめき生命保険はソニー損保と比較して自動車保険料が高く、掛け捨てのため一度も保険を使わず終わってしまい、今思うと相当損をしてしまった。やはり保険料金は安い会社に決めるのが一番だと思うので、少し選ぶのには時間がかかってしまったが、非常に満足している。
車種トヨタ・マークX
年間保険料60,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級20
走行距離5000~7000km
運転者条件配偶者限定
車両保険

32歳男性


ソニー損保ソニー損保の自動車保険は安い。

ソニー損保は、保険料が安いのであまり期待はしていませんでした。事故を起こすことはないだろうという考えがあったのです。しかし、もらい事故に会った時に事故対応が良かったので、ソニー損保にしてよかったと思いました。相手の人が嘘をついて、相手の保険会社も一緒になって嘘をついてしまい、嫌な気持ちになっているときに相談に乗ってくれました。
車種日産・ラフェスタ
年間保険料50,160円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級14
走行距離7000~10000km
運転者条件家族限定
車両保険

42歳女性

一括見積もりしてみる

2位 チューリッヒ保険の口コミ比較〜事故対応満足度95.6%〜

チューリッヒ保険の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★
総合評価 ★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

スイス発祥の大手保険会社・チューリッヒは、ロードサービスが充実していると口コミで評判です。契約者なら誰でも無料でロードサービスを利用できるうえ、利用後の等級や保険料にも影響はありません。事実、J.D.パワーによる調査では「日本の自動車保険で事故対応満足度第1位」を獲得(2017年)。安い保険料と安心感の高さが口コミで多く寄せられました。

リスクを細分化で保険料の払い過ぎを防ぐ
ドライバーと直接やりとりする「ダイレクト販売」で中間コストを削減。ドライバーの年齢や免許証の色、地域などを踏まえてリスクを細分化しています

事故や故障、トラブルにしっかり対応
ネットから申し込めば、ロードサービスがオプションでついてくる「ネット専用自動車保険」を選択可。レッカー移動はドライバーが指定する修理工場の場合は100kmまで無料。

7つの種類の割引も!
インターネット割引や保険証券等が不要な方向けのe割、早割、新車割引、エコカー割引、ゴールド免許割引、照会割引といった割引プランがあります。インターネット割引(初年度最大10,000円割引)と早割(500円割引)が利用できます。

チューリッヒ保険を口コミで比較!

チューリッヒ保険年間1万円以上も安くなった

自動車保険を比較して妻と二人で決めた自動車保険会社は、チューリッヒ保険です。チューリッヒ保険は「ハローチューリッヒ」の歌で始まるCMで名前だけは知っていました。とくに悪いイメージも良いイメージもありませんでした。 しかしチューリッヒ保険のサービス内容を知れば知るほど、あまりの安さに驚きを隠せませんでした。
車種スバル・レヴォーグ
年間保険料49,000円

37歳男性


チューリッヒ保険事故時も丁寧に対応してくれた

自動車保険について詳しく知らなかったので、とりあえず親が加入しているチューリッヒ保険に入りました。 以前、居眠りで接触事故を起こしてしまったときはどうしていいかわからず、急いでチューリッヒ保険に連絡をとりました。かなりテンパってしまいましたが、保険会社の方は優しく丁寧に教えてくれました。何度も聞き返してしまう私に対して、その都度噛み砕いて説明してくれて、とても感謝しています。 ただし、契約説明は少しわかりづらかったです。親がすすめるプランで契約したかったのですが、電話では「このプランでこの契約が合います」とすすめられました。いきなり電話先で伝えられて、また考えなくてはならなかったので少し大変でした。 電話が苦手な人は少し大変かもしれませんが、次回の更新時も継続しようと考えてます。

23歳女性

チューリッヒ保険保険料がどこよりも安くなった。

自動車保険を比較したところ、チューリッヒは補償内容が細かく、自分で選べる点、他社のように年齢による補償で高い保険料になることがない点、企業イメージがよく、馴染みがある点がいい点だと思います、悪い点は、現在のところ特に感じることはありません。
車種トヨタ・シエンタ
年間保険料38,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的通勤・通学
保険の等級18
走行距離10000km以上
運転者条件配偶者限定
車両保険

46歳女性


チューリッヒ保険JAFの加入が省けるのが良い。

最近は、救急サービスもセットになっているので、JAFの加入が省けるので、チューリッヒはおトクです。一度駆けつけてもらったときには重宝しました。掛け金も安かったので、助かります。ただ年々高くなっているような気がするのは私だけでしょうか。時間があるときにもう一度自動車保険料金を比較してみるつもりです。
車種日産・オッティ
年間保険料20,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級14
走行距離3000km~5000km
運転者条件本人限定
車両保険

30歳男性

一括見積もりしてみる

3位 アクサダイレクト(アクサ損害保険)の口コミ比較〜97%が保険料に満足〜

アクサダイレクトの比較評価
保険料 ★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

その名の通り、ダイレクト型で安い保険料が評判のアクサダイレクト。特長は口コミでも評価が高い事故対応力。専任の事故担当「チームアクサ」が一丸となり、万一の事故に対応してくれます。事故はいつ、どこで起こるかわからないもの。だからこそ、きちんと備えておくことが大切です。

受付から事故解決までを一括サポート
経験豊富なスタッフが「チームアクサ」として、受付から事故解決までを一括サポート。事故後は電話だけではなく、事故対応のプロが直接お客さまのもとに足を運び不安を解消する「AXAフィールドサービス」も展開しています。

加入者全員にロードサービスが無料適用
自動車保険加入者全員にロードサービスが無料で適用されます。24時間365日、9,900ヵ所以上のサービス拠点がもしもの事故や故障などのトラブルをサポート。何度利用しても、次年度の等級や保険料には影響ありません。

アクサダイレクトを口コミで比較!

アクサダイレクト納得の保険選びができた

従来加入していた保険に比べて補償内容は多少狭くなったものの、改めて自動車保険を比較した結果、アクサダイレクトは必要十分かつ合理的な補償範囲であり、結果的には必要最低限の保険で、保険料を大きくセーブでき大満足でした。 また、一括見積を利用したことにより、保険の仕組みについても理解を深めることができた。
車種ホンダ・インサイト
年間保険料96,300円

52歳男性


アクサダイレクト分割払いができて家計も大助かり

子どもの成長とともに教育費がかかるようになり、少しでも節約できればと家計を見直していました。 条件として分割払いができる自動車保険を探していて、当時はアクサダイレクトのみ分割払いができるようでした。(現在は他の保険会社も分割払いができるもしれないですし、当時も私が探しきれなかっただけかもしれませんが…。) 毎月ギリギリの家計状況だったので、当然貯金もできず、年に一度の保険の更新時期に数万円を一括で払うことさえままならなかったので、月々数千円の分割払いは本当に助かりました。 日常生活の賠償についての特約もあり、子どもの万が一の不始末に対しても不安なく生活できるようになりました。今のところそれほど不満な点はないので、これからも更新すると思います。

39歳女性

アクサダイレクト自分のタイミングで申し込みできるのが良かった。

古くて、マイナーなクルマの車両保険にも対応してもらえるし、なんといっても アクサダイレクトはコストパフォーマンスが良く満足度がたかい。また、支払い方法もクレジットカードだけということもなく、安心できた。悪い点は特には感じない。
車種アウディTT
年間保険料59,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級20
走行距離5000~7000km
運転者条件家族限定
車両保険

61歳男性


アクサダイレクトカード支払いができる。

悪かったのは自動引き落とししか対応していない、つまり、カードで払えない、という点。以前はカードで払うことでカード会社のポイントをためることができたし、申し込み時も番号を伝えるだけでよかった。今は安くなったが引き落としのみなのでフリンジベネフィットがない。
車種BMW「X1」
年間保険料90,000円
免許の色ブルー免許
使用目的通勤・通学
保険の等級8
走行距離7000~10000km
運転者条件配偶者限定
車両保険

41歳男性

一括見積もりしてみる<

4位 イーデザイン損保の口コミ比較〜業界唯一の無事故割引を導入〜

イーデザイン損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

CMでもおなじみの、東京海上グループのイーデザイン損保。ダイレクト型で料金をおさえながら、万一の事故の際も東京海上グループならではの経験と実績を活かし、全国どこでもスピーディに対応してくれます。

もしもの事故にも対応
全契約にセコム事故現場急行サービスつき。24時間365日、セコムの緊急対処員が事故現場にかけつけ、ドライバーに代わって適切に対処してくれます。

「もらい事故」対策もあり
全契約に「弁護士費用等補償保険」がついており、万一のもらい事故対策もあります。

イーデザイン損保だけの無事故割引アリ
1年間無事故だった方を対象に、翌年の保険料が2%引きになる「無事故割引」を展開。業界唯一の割引制度です。

イーデザイン損保を口コミで比較!

イーデザイン損保対応にも保険料にも不満ゼロ

イーデザインと聞くと横文字ですし、いかにも新しい保険会社という印象でした。 加入した後、料金体系や会社の感じは意外と老舗保険と変わらないかな?とイメージが少し変わりました。あくまで印象ですが。 保険料は後で気付きましたが、結構安いんですよね。 ドライバーになった後、人と話していて自動車保険料金を比較すると、自分より保険料が高い人の方が多数でした。
車種ダイハツ・アトレー
年間保険料30,000円

22歳男性


イーデザイン損保きっかけは一括見積もり

イーデザイン損保に加入するまでは、営業マンが保険の内容の作成をして、直接契約する東京海上日動火災保険の自動車保険に長く加入していました。4年程前に友人からネット保険が格安で保証もしっかりしていると聞き、一括見積りをしました。 できれば本邦の保険会社が良いと思い、一括見積の中身を検討して、東京海上日動火災保険に関わりもあり、価格も納得いく(あまり安いと心配なので)イーデザイン損保を選びました。 イーデザイン損保は24時間電話対応をしてくれるし、保険加入後に無料のサービス追加などもメールでお知らせがあるし、さらにスマホに「事故現場コール」のアプリケーションもダウンロードでき、事故を起こしても対応が早そうで安心感があります。 先月新車を購入しましたが、切り替えがとてもスムーズで満足しております。次年度もイーデザイン損保を選ぶ予定です。

62歳男性

一括見積もりしてみる

5位 そんぽ24の口コミ比較〜損保ジャパン日本興亜と連携〜

SBI損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

損保ジャパン日本興亜の全国ネットワークと連携することで、満足度の高い事故対応を実現している自動車保険会社。ダイレクト型自動車保険のなかでは比較的保険料が高いものの、すべての契約にロードサービスがセットされています。

レッカーサービスが100kmまで無料
「レッカーサービスは60kmまで無料」といった自動車保険もあるなか、そんぽ24はドライバーが指定する修理工場への搬送の場合、実走行距離100kmまで無料。そんぽ24が指定する最寄りの修理工場に搬送する場合も無料です。

ネット申し込みで10%OFF
インターネットで契約すると、保険料が10%引きに(新規契約の場合)。ネット割引は最大10,000円と設定している自動車保険が多いので、一括見積もりを利用してどちらが安くなるか比較してみるのがオススメ

宿泊施設・レジャー施設を特別価格で利用できる
契約者優待サービス「そんぽ24クラブオフ」は、国内外の宿泊・レジャー施設を特別価格で利用できるサービス。年会費は無料。

そんぽ24を口コミで比較!

そんぽ24事故対応がとても早く助かりました

よく耳にする“事故対応”を私たち夫婦も経験することとなったのです。 それは契約7年目。その時は旦那が運転をしていたんですが、よそのお宅の塀にぶつけてしまい、破損させてしまったのです。それも広範囲にわたって(泣)。 早速電話したところ、すぐに業者さんを手配してもらい、車はディーラーへ。土曜日だったこともあり、業者が休みでなかったのがよかったです。 すぐに代車も用意していただき、修理費等は保険会社とやりとりするので大丈夫ですよとのこと。支払いに関してはノータッチでした。ただ、ご迷惑をおかけしてしまったお宅には箱菓子をもって謝りにいきました。
車種ニッサン・エクストレイル
年間保険料60,000円

28歳女性

※「そんぽ24」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

そんぽ24必要な保障だけをお願いできた

元々働いている会社の損保の親密企業がそんぽ24だったため、内容も詳しく知っていました。また、保険料も他社と比較して安かったこと、加入時の担当の対応が良かったことも加入のキッカケです。 加入して良かったことは、まず保険料が安くなったことが1番大きいです。普段使用しないことを前提としているので、必要な保障だけをお願いできたのでとても良かったです。 まだ無事故で、ロードサービスなども使用していないので困ったこともありません。 次回保険を更新する際も他社と比較はしますが、現状満足しているので同じそんぽ24を選ぶと思います。

25歳女性

6位 SBI損保の口コミ比較〜レッカーサービス距離無制限で無料〜

SBI損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる


通販型の自動車保険のなかでも、比較的保険料が安いと評判のSBI損保。「運転するのが自分だけ」の場合は最大約8%割引、「夫婦のみ」の場合は最大約7%割引などドライバーのライフスタイルに合わせて、きめ細やかな保険料を設定しています。

衝突被害軽減ブレーキ搭載車は割引アリ
条件に合う先進安全自動車(ASV)の場合は保険料を割引き。ただし乗用車で、型番や車台の条件を満たす場合に限ります。

運転者の範囲によって割引アリ
運転するのが自分だけなら、運転者を限定しない場合と比較して最大8%、夫婦のみなら最大7%割引き。ただし限定された人以外が運転したときの事故の場合、保険金が出ないので注意を。

SBI損保を口コミで比較!

SBI損保SBI損保の自動車保険を選んで正解だった

SBI損保はインターネットでの申し込みで、対面応対でないため不安もありましたが、車検証と免許証を用意して画面の指示に従ったら問題なく申し込めました。 自動車保険料を比較すると代理店型よりも安く、ほかの通販型の中でも安かったため、満足しております。しかし週に使用する回数・使用目的・年間距離数によっては別の保険会社の方が安い場合もあります。 私の場合は年間走行距離が約20,000kmで「保険料は走る分だけ」というタイプの保険会社だと高くなってしまうため、SBI損保に決めました。 契約時には基本的にホームページ上での説明等で内容確認を行いますが、不明な点に関しては電話すれば丁寧に説明してくれましたし、応対も非常に良かったです。
車種ニッサン・フーガ
年間保険料63,000円

27歳男性

SBI損保補償がかなり充実してるのに保険料を安くできた!

無料で利用できるロードサービスが充実している。分割払いやクレジットカード払い等いろいろな方法が選べること、特約の選択肢が増えたこと、以前の自動車保険より、ネットで比較した後の自動車保険料の方が安くなった点がよい点。悪い点は特にない。
車種BMW・325i
年間保険料35,000円
免許の色ブルー免許
使用目的通勤・通学
保険の等級15
走行距離5000~7000km
運転者条件配偶者限定
車両保険

42歳男性


SBI損保保険料も安くなり大満足!

SBIの保険料がリーズナブルで加入者の評判もいい。保険請求の経験がないので悪い点はわからない。 テレビで宣伝している会社よりはうんと自動車保険料が安い。比較したかいがあった。口コミもなかなかよかった。 新車割引やゴールド割引がある。
車種ゴルフ・ヴァリアント
年間保険料41,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的通勤・通学
保険の等級20
走行距離5000~7000km
運転者条件家族限定
車両保険

55歳女性

一括見積もりしてみる

7位 東京海上日動の口コミ比較

東京海上日動の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

東京海上日動は代理店型の自動車保険です。賠償に関する保証、ご自身の補償、車の補償という3つの基本補償に加え、基本特約として「弁護士費用特約」や、もしもの入院時に「差額ベッド代提供」「ヘルパー派遣」といった選べる補償があります。

自動車保険の格付けにおいて高評価
中立的な第三者機関による格付けにおいて、「保険金の支払い能力が優れている」という高評価を獲得(2015年)。大手ならではの安心感があります。

補償の種類が豊富&補償内容が手厚い
保険会社が示談交渉できない「もらい事故」も安心できる「弁護士費用特約」や、もしもの入院時に利用できる「差額ベッド代提供」「ヘルパー派遣」といった特約が充実。

長距離乗る方に人気
走行距離区分がないため、長い距離乗るドライバーには人気です。

※「東京海上日動」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

東京海上日動を口コミで比較!

東京海上日動特に不満はない保険

自動車保険の会社は多々ありますが、今のところ他に変えるつもりはありません。自動車保険を比較しても、特に不満などもなく十分に満足しています。 料金が今よりも安くなったとしてもサービス内容が悪くなったり、対応に不信感を抱いてしまうのであれば変える必要はないと思っています。ただし、子どもが大きくなったり自分の仕事などの状況が変われば検討の余地はあるかと思います。
車種Audi・A5 Sportback
年間保険料110,000円

40歳男性


東京海上日動レッカー到着に時間はかかったが満足

東京海上日動の自動車保険を選んだきっかけは、同じような補償内容で他社に比べて保険料が少し安かったからです。補償が同じなら保険料が安い方がユーザーとしてはありがたいので、そこを重視して保険を選びました。 一度事故を起こし、保険会社に電話してレッカーの手配等お願いしましたが、無駄のない動きで心配になることはありませんでした。ただ、事故を起こしたのが山の中で、夜遅かったということもありますがレッカーが来るまでに2時間以上かかり、そこは少し不満でした。 ただ、それ以降は素晴らしい対応をして頂いたと思います。次回更新するとしても、このまま東京海上日動を選びます。

26歳男性

東京海上日動高い知名度と安心の事故対応で信頼できる。

実際に、私自身も7年ほど前に追突事故を起こしてしまいパニックになりそうでした。ですが、知り合いの保険屋さんということもあり事故後も近くにいるからとすぐに駆けつけて下さり、親身になって相談にのっていただきました。車は前方が潰れ、恐怖のあまり適切な判断ができないような状態でしたが、レンタカーの手配や車の撤去、相手の方への配慮など私に変わって全てしていただきました。 私が一週間ほどしてお礼に行くとそれが仕事だから気にしないで、みんな平等にしていることだからと言われました。知り合いということだけでなく誰にでも同じようにできるこの方が人としても素晴らしいと思ったのと、ここの保険に入っていてよかったと心から思いました。
車種トヨタ・エスクァイア
年間保険料90,840円
免許の色ブルー免許
使用目的通勤・通学
保険の等級10
走行距離10000km以上
運転者条件限定なし
車両保険

28歳男性

※「東京海上日動」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

8位 AIG損保(旧AIU保険・旧富士火災)の口コミ比較

AIG損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。
※「AIG損保」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

2018年1月、AIU損保と富士火災海上保険の合併により誕生したAIG損保。個人を対象とした「AAP(家庭用総合自動車保険)」と、個人および法人を対象とした「AAI(一般用総合自動車保険)」を展開しています。

AAPは人身傷害保険つきで日常生活も安心
AAP(家庭用総合自動車保険)には車に乗っているときのケガ以外にも、自転車でのケガなども補償してくれる人身傷害保険が自動的にセット。駅の改札口の内側でのケガも補償してくれます。

AAIは全用途車種対象で、自由に設計できる
個人・法人を対象としたAAI(一般用総合自動車保険)は、車の用途に合わせて補償内容を設計できます。事業者の方に向けて、従業員のケガに備えた各種オプションも。

※「AIG損保」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

9位 おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)の口コミ比較

おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

事故率が低い40代・50代の大人向けの自動車保険。40代~50代の方が割安になる保険料を実現しているほか、パニックになりがちな事故時にスムーズに保険会社と電話がつながる「つながるボタン」も無料でついてきます。

もしもの事故に備えたい方に人気
事故率が低い40代・50代の方や、親子で運転する40代・50代の方が納得する保険料を実現しています。

事故の際にすぐに保険会社と連絡が取れる
スマートフォンをお持ちの方に向けて、事故の際にすぐに保険会社と連絡をとる「つながるボタン」サービスを展開。事故時に車に設置したボタンを押すと、スマホのアプリが起動し、スムーズに保険会社と連絡をとることができます。

おとなの自動車保険を口コミで比較!

おとなの自動車保険60代も満足できる自動車保険

以前は代理店経由で自動車保険に加入していましたが、保険料節約のため通販系の自動車保険に切り替えようと比較サイトを使って見積もりを取りました。その結果、保険料が安かったのと、元々損保ジャパンに入っていたこともあり、損保ジャパン系のおとなの自動車保険を選びました。 幸い、これまで保険のお世話になったことがないので、「保険に入っていてよかった」と思う機会はありません。色々な口コミサイトで事故対応の評判があまりよくない点は少々心配ですが、保険料には満足しています。これからも保険を使わなくて済むように注意します。 40代、50代の保険料が安いということでしたが、60代になってもそれほど保険料は上がっていません。また、更新時もインターネット割引が1万円なので、次回の更新もおとなの自動車保険にするつもりです。
車種プジョー・308
年間保険料38,000円

62歳男性


おとなの自動車保険唯一の不満はドライバーズカードが送られてくること

自動車保険を選ぶ際、自分の年齢と年間の走行距離で色々な保険を比べてみて、安さと安心の総合力でおとなの自動車保険に決めました。 おとなの自動車保険は定期的に自分の加入しているプランが記載されたメルマガを配信してくれるのですが、それによって保険についての知識が深まりますし、加入している保険プランを確認することもできて安心できます。 唯一困っているのは、ロードサービスに加入していないのにロードアシスタンスのドライバーズカード(きちんとしたものではなく紙ですが)が送られることです。 万一の時に電話できるように?なのかもしれませんが、いつのまにかロードサービスに加入したのだろうかと不安になります。 今のところ事故を起こしていないので事故対応については不明ですが、CMもよく見ますし信頼できる保険会社だと思うので、次回保険を更新する際もこちらの保険を選びたいと思っています。

40歳女性

おとなの自動車保険値段も補償範囲も妥協せず契約できた。

前社と同様に対人、対物、搭乗者、車両がそれなりの補償金額を維持でき、前社と同じように、代車費用、弁護士費用等まで同じように含んでも、おとなの自動車保険は以前と比較すると若干安くなったかなあという程度ではあったが新しい会社にしてみたいという思いを満足させてくれた。
車種メルセデスベンツ
年間保険料36,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級20
走行距離3000km~5000km
運転者条件本人限定
車両保険

48歳男性


おとなの自動車保険保険料が1万円以上安くなった。

まだ契約したばかりでわかりません。ただ、おとなの自動車保険に乗り換えて保険料が安くなったのは良い点です。 今まで契約していた保険会社は、ながいお付き合いだったので、流れがよくわかっていて安心でしたが、初めての保険会社なので必要な時の対応が心配です。 安かろう、悪かろうにならないことを祈っています。
車種トヨタ・アイシス
年間保険料54,000円
免許の色グリーン免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級18
走行距離3000km~5000km
運転者条件本人限定
車両保険

61歳女性

一括見積もりしてみる

10位 あいおいニッセイ同和損保の口コミ比較

あいおいニッセイ同和損保の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる


※「あいおいニッセイ同和損保」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

代理店型の大手保険会社のあいおいニッセイ同和損保。「迅速」「頼れる」「優しい」をコンセプトに、さまざまな保険商品で「TOUGH(タフ)」シリーズを展開しています。

もしもの事故に備えたい方に人気
スマホのGPS機能を利用する「GPS-i 位置情報通知システム」導入により、トラブル時も迅速に現在位置を特定。「ここはどこ!?」と戸惑うことなく、ロードアシスタンスサービスを利用できます。

車の補償、ロードアシスタンスサービスがセット
相手への賠償やケガの補償、車の補償、ロードアシスタンスサービスがセットになっているため、ほかのダイレクト型自動車保険より保険料が高くなることがあります。

あいおいニッセイ同和損保を口コミで比較!

あいおいニッセイ同和損保申し込み手続きが簡単

あいおいニッセイ同和損保は弟からクルマを譲り受け、弟が加入していた保険会社と同じでとディーラーに依頼し加入を決めました。 自動車保険を比較して、ネット保険などが格安であることは知っていましたが、手続きが煩雑で面倒そうに感じることと、事故発生時の対応が悪いのではないかという不安感があります。
車種トヨタ・ウィル ブイエス
年間保険料40,200円

46歳男性


あいおいニッセイ同和損保電話が繋がらず困った

あいおいニッセイ同和損保を選んだ理由は、友人に勧められたことがきっかけでした。保険に加入して良かったことは特にありません。事故も起こしてませんし、ロードサービスも利用していません。 唯一困ったことは、保険のことで疑問に思ったことを電話で聞こうと思ったのですが、全く繋がらず聞けずじまいだったことです。

31歳男性

あいおいニッセイ同和損保事故対応が早く信頼できる。

私が信号待ちしているときに後ろから軽トラックが追突してきた事故があり、この際はお世話になりました。相手方は高齢者で、保険には入っていたものの、手続きの仕方などがまったくわからず、私も困惑してしまいました。警察から事故証明を出してもらい、あとは保険会社に連絡などのすべてをやってもらいました。このとき、私の車の損傷具合や修理費用などを伝えると、その数日後にはすぐに電話連絡をくれ、相手方の保険会社との状況を伝えてくれました。
車種三菱・ミラージュ
年間保険料40,800円
免許の色ゴールド免許
使用目的通勤・通学
保険の等級20
走行距離10000km以上
運転者条件限定なし
車両保険

53歳男性


あいおいニッセイ同和損保保険を選んだ決め手は何よりも安心感。

知っている人であったので、保険外の事でも付き合いがあり、万が一の際の対応も安心と考えたました。 休みの際には、その担当者の方と出掛けたりと、保険外でも付き合いがあるので、どんな場所での事故やトラブルがあるのかが教えてもらえ、勉強にもなる。 自動車保険以外での、子供たちが万が一の自転車障害保険や家財保険などの相談が身近にできて、 あいおい保険は私自身に関わる事素早く丁寧にやって頂けると思っています。
車種シボレー・MW
年間保険料55,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的通勤・通学
保険の等級16
走行距離7000~10000km
運転者条件家族限定
車両保険

47歳男性

一括見積もりしてみる


※「あいおいニッセイ同和損保」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

11位 三井住友海上の口コミ比較

三井住友海上の比較評価
保険料 ★★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。
※「三井住友海上」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

もしもの事故に備える基本補償に加え、一人ひとりのニーズに合うオプションをつけることで自分にぴったりの自動車保険にカスタマイズが可能。基本補償の「安心基本プラン」には相手への補償やケガ・車の補償、ロードサービス等が含まれます。

三井住友海上を口コミで比較!

三井住友海上個人賠償がつけられた

三井住友海上は自動車保険に加え、個人賠償がつけられました。また、代理店が家族のため、相談しやすいということがメリットと感じました。ただ、保険料が高くなってしまったことはデメリットだと思います。
車種スズキ・ソリオ
年間保険料40,000円

44歳女性


三井住友海上家族ぐるみでお世話になっています

私が三井住友海上の自動車保険に加入したきっかけは、私の両親がここの保険会社にお世話になっていたからです。 自動車免許を取り立ての時に事故を起こしてしまったのですが、相手の方にも丁寧に対応して頂いてとても助かりました。 こちらの保険会社に加入していて特に困ったことはないのですが、やはりネット保険などと比べると保険料は高めかなと思いますが、実績や安心感、保険内容など、総合するとこの保険料も妥当かなと思います。 主人はもともと違う自動車保険に入っていたのですが、結婚したのをきっかけにこちらの保険会社に乗り換えました。なので、今は家族ぐるみでお世話になっています。子どもが免許を取得し車を買った時は、もちろん三井住友海上に加入させるつもりでいます。

29歳女性

三井住友海上事故を通して、補償内容を見直した。

私は以前、共済で加入していたのですが、同じ共済で自動車保険に加入していた知人が事故に遭い、事故対応が遅くて対応が悪かったということを聞き、乗り換えようと思いました。保険料は共済と比べると1.5倍から2倍高かったのですが、保険料よりも、知名度と信頼性の高さから三井住友海上での加入を決めました。ロードサービスの充実も決めた要因の一つです。レッカーけん引やレンタカー費用のサポート等があります。又、事故対応も24時間365日、事故受付センターが対応してくれますし、入院した場合には担当者が訪問して対応してくれるサービスもあり安心です。
車種マツダ・ベリーサ
年間保険料76,520 円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級11
走行距離10000km以上
運転者条件配偶者限定
車両保険

36歳女性


三井住友海上不信感を覚える担当者も。

保険会社の(沖縄県の)担当者が示談をすすめてきたことにも腹が立ち、知人の弁護士に相談。すると、きっぱりと「絶対に保険会社を通すべき。そのための保険なのだから。」との助言をいただきました。確かに冷静に考えてみれば、このような示談に応じようものなら、今後また何らかの形で金銭を要求して来かねないと言いました。助言の通り示談をお断りし、保険会社を通して無事全ての手続きを終えました。ただしこの時の担当者に不信感を覚えたこともあり、その後の窓口は東京の顧客サービスセンター(正式名称は忘れました)を通すことにしました。
車種クライスラー・PTクルーザー
年間保険料23,800円
免許の色ブルー免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級20
走行距離10000km以上
運転者条件家族限定
車両保険

41歳女性

※「三井住友海上」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

12位 三井ダイレクト損保の口コミ比較

三井ダイレクト損保の比較評価
保険料 ★★★★
事故対応 ★★★★★
ロードサービス ★★★★★
総合評価 ★★★★★

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

一括見積もりしてみる

三井ダイレクト損保を口コミで比較!

三井ダイレクト損保15年近く利用して大変満足している

三井ダイレクト損保の利用は15年近くになりますが、自動車保険料を比較すると年々安くなっているので満足しています。毎年更新の時期が近づくと、ハガキで知らせてくれるので忘れないで済んでいます。そのハガキにはオススメの更新プランが記されており、いつも参考にさせてもらっています。 保険料の支払いはクレジットカードやコンビニ払いを利用しています。ゆうちょ銀行や最寄りの銀行を利用できないのは、少々不便のような気がしています。入金の確認や契約完了の通知は、速やかに送られてくるのでその点では安心しています。 残念だった点、年間走行距離の入力を求められるようになったことがあげられます。
車種ホンダ・ストリーム
年間保険料39,000円

34歳男性


三井ダイレクト損保カギの閉じ込めも素早く対応してくれた

三井ダイレクト損保自動車保険に加入したのは、家族がすでに加入していたためです。自分用の車を購入したため、私も自動車保険に加入することにしました。 事故は起こしたことがありませんが、ロードサービスを利用したことがあります。無料のロードサービスなのでどうかなと思っていましたが、車が故障して動かなくなった時にとても助かりました。修理工場まで無料でレッカーで運んでくれ、無事に修理をすることができました。買い物の最中にカギの閉じ込めをしてしまった時も、素早く対応してくれました。 保険の加入手続きもインターネットで済ませることができ、とても簡単にできました。わからないことがあり電話をしましたが、とても丁寧な対応で疑問点がすぐに解消できました。手続きが簡単で無料のロードサービスも便利なので、この保険を選んで嫌な思いなどしたことがありません。とても信頼できる保険だと思っているので、次回の更新でも選びます。

21歳女性

三井ダイレクト損保納得いくまでシュミレートして契約できた。

数年前から長期継続者に対する割引が、適用されるようになりました。わが家のように14年近く継続している利用者にとっては、メリットを感じられるサービスだと思いました。三井ダイレクト損保を利用している間に、自動車事故にあった機会はありません。そのため事故対応の良し悪しもわかりません。しかし万が一の場合に備えて、レッカー費用やタクシー費用などの特約がつけているので安心です。自動車保険を比較すると三井ダイレクト損保のデメリットとまでは言いませんが、料金を節約するために保険証券や書類などが手元にないことを不安に思うことがあります。とくに重要書類はPDFで閲覧しても見にくいので、できれば紙の文書で読むことができれば有難いと思います。それから契約者用ページから確認できるのは過去3 年分の契約内容なので、今までの全ての契約内容を確認できたら便利になると思います。それは過去の保険料や契約内容を参考に、他の保険と比較することができるからです。
車種ホンダ・ストリーム
年間保険料38,000円
免許の色ブルー免許
使用目的通勤・通学
保険の等級10
走行距離10000km以上
運転者条件限定なし
車両保険

32歳男性


三井ダイレクト損保試しに一括見積をして最安値だった。

三井ダイレクトの良い点は、やはり安いこと。また、契約の見直しや更新、自動車保険内容の比較がネットで簡単に出来ること。 悪いところは、契約見直し時に、保証内容の把握が難しい(補足説明を読んで理解するのは大変)。ある程度、保険用語の知識がないと読んで理解するのに時間がかかるのがネックです。
車種トヨタ・グランビア
年間保険料30,000円
免許の色ゴールド免許
使用目的日常・レジャー
保険の等級14
走行距離7000~10000km
運転者条件配偶者限定
車両保険

44歳男性

一括見積もりしてみる

13位 損保ジャパン日本興亜の口コミ比較

カーナビアプリやドレイブレコーダーを使用した安全運転をサポートするサービスなど、先進のサービスを導入しているの損保ジャパン日本興亜。事故は24時間365日で対応、ロードアシスタンスはすべての契約で利用できます。

損保ジャパン日本興亜とくに悪いイメージはない保険

会社で取り扱っている自動車保険の会社だったので、他と比較せずに加入しました。 もしかしたら他の会社でも安いところはあるのかもしれませんが、信頼性や全体的な評価を考えると、これからも継続してお願いするつもりです。 加入してよかったことは、家族が増えたことにより保険適用範囲を見直しすることになりましたが、結果的に二人ともゴールド26歳以上だったため、保険料が上がることはなく即時対応して頂いた点です。 この保険に入ったことで困ったことは今までありません。幸い無事故で使用しているので、ロードサービスなどの悪いイメージもありません。

27歳女性


損保ジャパン日本興亜ディーラーが変わらない限りは継続する

新車購入時にディーラーさんから紹介された代理店でした。ディーラーさんでお世話になっているので、紹介していただいた保険に加入しようと思ったのと、長期(3年)で契約できる保険商品を取り扱っていたため、損保ジャパン日本興亜さんの保険に加入しました。長期契約できることで、一年ごとの契約が不要になるという点がよかったです。 加入して困ったことは全くありません。むしろディーラーさんがしっかりしているので、とても助かっています。ディーラーさんが変わらなければ、今後も継続して加入し続けると思います。

39歳女性

14位 セコム損保の口コミ比較

セキュリティ事業で名高いセコムによる自動車保険。24時間365日、セコムの緊急対処員が事故現場にかけつけてくれる「セコム現場急行サービス」を自動車保険の全契約者に提供しています。

※「セコム損保」は価格.comの一括見積サービスではお見積りできません。

セコム損保を口コミで比較!

セコム損保セコムならではのスピーディーな対応

自宅がセコムに入っているので、セコムのスピーディーな対応は元々知っていました。自動車保険でも対応が早いだろう、と思い加入を決めました。 セコム損保の自動車保険に加入してからバッテリーのトラブルがあり困っていたのですが、24時間現場急行サービスもあり、セコムの警備員がすぐに来て対応してくれました。セコム損保の自動車保険に切り替えて本当によかったと思いました。 車両保険なしの場合はロードサービスが原則付かないので、車両保険を付けるしかなかったのは不満点です。 事故時やロードサービスの利用時はとにかくスピーディーに対応してくれるので、次回の更新でもセコム損保にお願いしようと思います。

39歳男性

15位 共栄火災の口コミ比較

安心とわかりやすさをそなえた、共栄火災の総合自動車保険「KAPくるまる」。「毎年の契約手続きが面倒だな」という方に向けて、長期契約・分割払いプランもあります。

共栄火災を口コミで比較!

共栄火災事故後も安心して過ごせた

共栄火災に加入を決めたのは、夫の仕事の付き合いによるところが大きいです。 代理店受付において、申し込みの際の事前説明が大変丁寧で分かりやすく、申込書類の記入方法も明確だったので安心して加入を決めることができました。1年前に相手有の事故を起こしてしまったのですが、事故の際の電話窓口に連絡したところ、まず私自身のことを気遣う言葉をかけてくださり、大変安心したのを覚えています。その後、相手方とのやりとりを引き受けてくださり、事故対応がすべて終わるまで終始安心して過ごすことができました。

36歳女性


共栄火災丁寧かつ親身な対応がGOOD

この保険に決めたきっかけは、家族が既に加入しており、その強い勧めがあったので加入しました。保険料が抜群に安いからと家族に言われ、特に他社と比較せずに加入しましたが、聞いていた通り毎月の支払額が安いので家計の負担になる事なく、また年々保険料が下がり続けるので大変ありがたいと思っています。 バッテリーが上がった時に2回利用しましたが、いずれもコールセンターが迅速な対応をしてくれたのと、丁寧かつ親身になって話を聞いてくれたので好感が持てました。加入して以降、この保険を利用して困ったことや嫌な思いをしたことは一切ありません。次回の更新時もそのまま同じ保険会社を選ぶと思います。

30歳女性

16位 朝日火災の口コミ比較

個人用自動車保険として「ASAP」を展開中の朝日火災。1年契約より保険料がオトクな長期契約ASAP6は、事故や保険料改定があっても契約期間中は保険料がアップしないので安心。

朝日火災を口コミで比較!

朝日火災長期契約ができるのが魅力

私は家族の事故がきっかけで、朝日火災の自動車保険を選びました。最大の理由は長期契約できること。家族が事故を起こしたとき、初めての事故だったので保険の仕組みなど全くわからず、とりあえず保険で何とかしよう。と家族全員考えていました。しかしいざ使うとなると、担当の方から「3年間は今より保険料が高くなりますが、それでも使いますか?」との説明。保険って使ったら保険料が上がるんだ!その時初めて知りました。せっかく無事故で頑張ってきたのに、たった一回の事故でこんなふうに保険料が上がるなんて…と言うのが正直な感想でした。 自動車保険について調べていた時に、朝日火災の自動車保険は長期の契約ができ、途中で事故があっても保険料が上がらないという記事を見つけ、満期で切り替えをしました。今のところ困ったことはなく、反対に何かあったら保険を使おう!という安心感があります。満期を迎えても、きっとこのまま更新すると思います。

30歳女性

17位 ゼネラリ保険の口コミ比較

朝日火災担当者の対応に不信感

昔から朝日火災の代理店を知っていたので、加入していました。知り合いが代理店をやっている間は、事故があってもほぼ任せていれば解決に導いてくれていたので、とてもよかったです。知人が代理店をやめてからそのまま切り替えることなく加入していましたが、事故があったときに連絡したら、味方であるはずの担当から「お酒は飲んでいませんでしたか」などいきなり聞かれたこともあり、不信感に繋がりました。事故のときに相手方保険会社と過失割合で揉めたこともあり、すぐ示談できそうな事故だったのにかなり長引いて嫌な思いをすることになったので、次回は朝日火災の自動車保険は更新しないつもりです。

39歳男性

イタリアが本拠地のゼネラリ保険は、代理店型保険として個人向け自動車保険「ビアンカ」を販売しています。

ゼネラリ保険を口コミで比較!

ゼネラリ保険個人向けのシンプルな自動車保険

ゼネラリ保険は、イタリアを拠点とする外資系の自動車保険会社で、数年前まではインターネットによる契約が中心でしたが、現在は代理店を通しての契約のみとなります。 補償内容がシンプルな為、保険料については代理店型の自動車保険の中では有利になっている様で、私が加入しているゼネラリの自動車保険「ビアンカ」の内容を見ると、その特徴は「対人賠償保険・対物賠償・人身傷害補償保険」の3つを基本補償として、この上にオプションの特約を付けていくタイプになりますが、特約の数はそこまで多くはなく、シンプルな自動車保険と言えます。 なお、人身傷害補償保険は「搭乗中の事故」も「車外での自動車事故」も補償されるタイプとなっています。 ビアンカは個人向けの契約で、契約対象車種は自家用車8車種が対象となっており、ゴールド免許割引や使用目的による割引制度もあるのでオススメの自動車保険です。

45歳男性


ゼネラリ保険名前は知らなかったが、加入してよかった

知人が営業をやっていたことから、ゼネラリ保険会社を選びました。知人がやっていなければ聞いたこともない保険会社だったので、安心して任せていいのか不安になっていたと思います。 ゼネラリ保険会社はゴールド免許の割引がありますので、とても保険料が安く助かりました。知人も喜んでくれたので、よかったと思います。 加入してから一度だけ事故がありましたが、しっかり対応してもらったので、次回の保険の更新でもゼネラリ保険会社を選ぼうと思っています。

45歳男性

18位 全労災の口コミ比較

手頃な掛金が魅力の全労災による「マイカー共済」。事故発生時のサポートやロードサービスなどを展開していますが、民間の保険会社よりサービスが物足りない、という声も。

全労災を口コミで比較!

全労災事故対応が簡素なのは低料金ゆえか

自動車保険加入の際に数社から見積もりをもらったが、最も安く契約できるのが全労災でした。 両親が10年以上、全労災の自動車保険に加入しており、加入期間中の事故もなかったので、両親名義での手続き(契約者が両親、登録車輛は自分名義)で更に安く契約できたのが決め手です。 万が一の事故に備えて最低限の保証(対人・対物)を得られることが絶対条件であり、同一条件で他社と比較して年間3万円以上も費用が抑えられるため利用金額の安さで決めました。 契約中に事故に遭い、事故・示談手続きを依頼した際は、事故現場へ担当者が赴くことはなく、電話窓口での事務的な聞き取りのみとなりました。後日、担当者が先方とのやり取りを行い経過や見通し・結果について電話連絡を入れてくれました。 この点は他社と比べると簡素的ではありますが、それが低料金ゆえの対応なのかと理解しました。今後の更新も変わらず全労災で契約します。

34歳女性


全労災保険料の安さが魅力

全労災のマイカー共済に加入した理由は、車両保険の安さに魅力を感じたからです。 それまで加入していた富士火災保険は、近所に代理店がありましたので加入していました。 会社の組合で自動車保険に加入できることを知り、事故有係数適用期間が0年で最高の割引率で加入でき、もしもの事故が発生すると、組合の担当者が相談にのっていただけるので安心できると思いました。 全労災の保険に加入すると、以前は自損事故の場合は対物賠償の場合自己負担が必要と聞いていたので困っていましたが、自己負担が必要なくなりました。 最近娘が物損事故をおこし、相手方にご迷惑をおかけしましたが、全労災の事故担当者にお世話になり、無事事故処理できたことに感謝しています。 今月末に保険の更新がありますが、全労災のマイカー共済に更新をお願いします。

66歳男性

「保険料の安さ」で自動車保険を比較してみたランキングTOP3

「保険の安さ」比較ランキング※見積もり結果より
1位 チューリッヒ保険 21,030円
2位 ソニー損保 29,190円
3位 アクサダイレクト 29,560円

※上記結果は実際に見積もりをとった人にインタビューをした結果であり、条件により金額は異なります。また、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。
条件が1つでも変わると、保険料が大きく変わってしまいます。あなた自身の条件で見積もりを取り、自動車保険を比較しましょう。

【見積もりの条件一覧】

見積もり時期 2017年5月
車両 トヨタ プリウス
使用目的 日常レジャー
走行距離 4,000~5,000km
等級 14等級
車両保険 付帯なし
運転者範囲 本人のみ
年齢 38歳
免許の色 ゴールド免許

TOP3であるチューリッヒ保険・ソニー損保・アクサダイレクト(アクサ損害保険)に共通する点として、いずれもダイレクト型(通販型)の自動車保険を取り扱う保険会社ということが挙げられます。

ダイレクト型は電話やインターネットを通じて契約をするため、人件費や店舗のコストなどがかからず、保険料が安くなるという特徴があります。

また、Webサイトからダイレクト型自動車保険に申し込むと「インターネット割引」が適用されるので、さらに保険料を安くすることができます。

保険料の安さランキング「1位」のチューリッヒ保険

保険料の安さランキング「1位」のチューリッヒ保険
チューリッヒ保険の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

チューリッヒ保険の安さの特徴

チューリッヒ保険の大きな特徴は、以下の2つのサービスから自分に合ったものを選べることです。

  • スーパー自動車保険
  • ネット専用自動車保険

「スーパー自動車保険」は、補償内容・ロードサービスなどが充実している代わりに、保険料が若干高めになります。また、保険料の安さを重視する方には、「ネット専用自動車保険」が圧倒的に人気です。

営業所や支店などを通さず、インターネットのみで手続きを完結させることでコスト削減を実現しており、保険料が安くなっているのです。

チューリッヒ保険のお得な割引

  • インターネット割引
  • 紹介割引
  • e証券割引(e割)
  • 早期契約割引(早割)
  • 新車割引
  • エコカー割引
  • ゴールド免許割引

チューリッヒ保険のインターネット割引では、最大10,000円の割引が適用されます(※保険開始日が2017年8月1日以降の契約の場合)。なお、保険開始日が2017年8月1日より前の契約の場合でも、最大7,000円の割引となります。

また、チューリッヒ保険の契約者から紹介を受けると、最大2,500円の割引が適用されます(※紹介割引)。

そのほかにも、早期契約割引やエコカー割引など、7つのお得な割引サービスがあります。

保険料の安さランキング「2位」のソニー損保

保険料の安さランキング「2位」のソニー損保
ソニー損保の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

ソニー損保の安さの特徴

ソニー損保は、契約する人それぞれの事故を起こす危険度を調査し、その度合いに応じて保険料を設定するので(※リスク細分)、長距離運転をしない人や年齢が高めの人に人気です

一方、業務などで頻繁に車を使う人や、運転に慣れていない10代の方だと、保険料を高く感じることがあるので注意が必要です。

ソニー損保のお得な割引

ソニー損保の最大の特徴とも言えるのが「くりこし割引」

多くのダイレクト型の自動車保険の契約では、その年に走ると予測される走行距離を申告します。
例えば、普段は近場に行くときしか運転をしない人なら年間走行距離は「約3,000km」、通勤や通学に利用する人であれば「約10,000km」が目安になります。

しかし、実際の走行距離が申告した走行距離よりも短くなることは多々あります。そうなってしまうと、「損をしたなぁ」と感じる人も多いはず。

この点、ソニー損保なら走らなかった分の保険料は、翌年に繰り越せます

保険期間中、実際に走った距離が契約距離区分の上限キロ数を「1,000km以上」下回る場合は、その差額分の保険料に相当する金額を翌年の保険料から割引かれるので、損をすることはありません。

保険料の安さランキング「3位」のアクサダイレクト(アクサ損害保険)

保険料の安さランキング「3位」のアクサダイレクト(アクサ損害保険)
アクサダイレクトの自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

アクサダイレクトの安さの特徴

アクサダイレクトは「97%が保険料に満足」と回答するほど、保険料の安さに定評があります。※アクサダイレクト調べ(2017年10月)

チューリッヒ保険とソニー損保と同じくダイレクト型の自動車保険のため、中間コストがかからず安い保険料で契約することができます。

また、リスク細分型自動車保険なので、「免許の色」「住んでいる地域」「車種や型式」「車の年齢」などを考慮して保険料が決まります。

そのため、条件次第ではどこよりも安い保険料になることも。ぜひ検討したい自動車保険のひとつです。

アクサダイレクトのお得な割引

アクサダイレクトでは、Webサイトから申し込みを行うと最大10,000円が割引されるインターネット割引が適用されます。

また、アクサダイレクトには「インターネット継続割引」もあります。これは、2年目以降にWebサイトから継続契約の手続きをすると1,000円の割引が適用されるというもの。ぜひ活用したいところです。

人気の保険を一括比較

「事故対応力」で比較してみたランキングTOP3

事故対応の自動車保険ランキング(J.Dパワー引用)
1位 ソニー損保 705ポイント
2位 富士火災自動車保険 696ポイント
3位 チューリッヒ保険 687ポイント

※J.D.パワーのサイトより引用
コンサルティング会社であるJ.D.パワーの調査によると、2016年の事故対応満足度ランキングは、1位が2年連続でソニー損保、2位が富士火災、3位がチューリッヒ保険となっています。

これは、過去2年以内に事故連絡を入れた5,775人に以下6項目の満足度のアンケートを取り、1,000ポイント満点で評価することでランキングを付けた結果です。

  • 事故受付体制
  • 事故対応担当者
  • 調査/認定結果
  • 修理サービス
  • 代車/レンタカーサービス
  • 保険金支払

特に事故対応の満足度に影響を与える項目は「保険金支払」です。実際、保険会社の対応が遅れてしまい、1年以上保険金が支払われないケースもあるようです。

同じ保険会社でも担当者によって当たり外れがあるとはいえ、契約の際にはその保険会社で保険金の支払いが滞っていないかどうか、チェックが必要です

事故対応力ランキング「1位」のソニー損保

事故対応力ランキング「1位」のソニー損保
ソニー損保の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

ソニー損保の事故対応の特徴

ソニー損保の事故対応の特徴点は大きく2つあります。

  • 「即日安心365」サービス
  • 1事故1担当者+チームサポート制

ソニー損保は、事故発生当日の初期対応のスピードにこだわりを持っており、事故で困っている人の不安をいち早く解消するために、24時間365日の事故受付を行っています(※「即日安心365」サービス)。

当日20時前に受付を完了した場合は、その日のうちに関係各所(相手方や病院・修理工場・代車の手配など)に連絡し、対応結果を報告してくれます。

また、1つの事故に対して1人の専任担当者と、サポートチームがついてくれます(※1事故1担当者+チームサポート制)。

示談交渉も外部に委託せず、ソニー損保が対応してくれるので、契約者がたらい回しになることなく、スムーズな事故解決が期待できます。

また、事故直後に連絡があり次第、事故現場へ駆け付ける「セコム事故現場かけつけサービス」もあります。セコムの緊急発進拠点数はセキュリティ業界No.1の約2,800カ所(※2016年9月末時点)。

事故対応力ランキング「2位」の富士火災

事故対応力ランキング「2位」の富士火災
富士火災の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

富士火災自動車保険の事故対応の特徴

富士火災の自動車保険は代理店型なので、電話やメールでのやり取りに加え、対面でも安心感のある対応をしてもらえると評判です。

富士火災の特徴は、事故が起きたときのスピーディーな対応力としっかりとした法律相談ができることです。

  • スピーディーな事故対応
  • もらい事故でも安心(弁護士費用等特約)

万一日曜日の夜に事故を起こしても、富士火災の自動車保険なら、24時間365日、常駐している社員が対応してくれます。

また、受付完了から1時間以内に対応状況を知らせてもらえるサービスもあります。事故受付完了から48時間以内に、担当スタッフが自宅まで出向いてくれるので、事故対応の早さを実感できるでしょう(スピーディーな事故対応)。

自分がどんなに気を付けていても、相手の運転手の不注意により、もらい事故が起こることもあります。そんなときに備えて「弁護士費用等特約」を付帯していると、とても助かります。

この特約を付帯していると、保険会社が弁護士費用を300万円まで、法律相談費用を10万円まで負担してくれます。また、富士火災では弁護士の紹介や電話での法律相談にも対応しているので、きっと、いざというとき頼りになるでしょう。

事故対応力ランキング「3位」のチューリッヒ保険

事故対応ランキング3位のチューリッヒ保険
チューリッヒ保険の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

チューリッヒ保険の事故対応の特徴

チューリッヒは、事故受付から保険金の支払いまでを一括して対応できるシステムを採用しています(※Z-TRUSTシステム)。そのため、保険金の支払いは迅速かつ確実。

他の自動車保険会社と比較すると、次のような特徴があります。

  • 事故受付から保険金支払まで一括管理
  • 事故対応、保険金支払処理の経過報告が充実
  • データ管理により、担当者不在でも的確な対応が可能

もちろん、緊急ヘルプデスクは24時間365日稼働しており、20時までに受付完了した場合はその日のうちに事故対応をしてくれます。

人気の保険を一括比較

「ロードサービスの充実度」で口コミ比較してみたランキングTOP3

ロードサービスの自動車保険の口コミ比較ランキング
1位 そんぽ24
2位 アクサダイレクト
3位 イーデザイン損保

※当サイトが集めた口コミからの結果であり、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。
※「そんぽ24」は価格.comでは見積できません。

    アンケート実施概要(当サイト運営者実施)
  • 調査対象-自動車保険のロードサービスを利用したことがある方
  • 調査期間-2017年5月1日~5月31日
  • 調査対象人数-男女100人
  • ランキング算定方法-自動車保険会社のロードサービス満足度1~5の平均値から算出

事故時のサービスで重要なことは、事故対応力だけではありません。

ロードサービスの質が低いと、バッテリーが上がったり、パンクやガス欠で帰宅できなくなったりしたときに適切なサポートを受けることができません。

高いお金を払ってでも自力で何とかするしかなく、最悪の場合、野宿をしなければならないことも…。

ロードサービスの充実度ランキングは、各社の自動車保険のロードサービスの内容に関するアンケートを実施し、アンケートの回答結果からランキングをつけたものです。【次の表は上位3社の詳細です。

そんぽ24 アクサダイレクト イーデザイン損保
レッカーサービス無料の範囲 100km 35km 60km
バッテリー上がり
パンク時のスペアタイヤ交換
ガス欠
キー閉じ込み
落輪
宿泊費用限度額 搭乗者全員分の宿泊費1泊まで 搭乗者全員分の宿泊費1泊まで -
帰宅費用限度額 搭乗者全員分 搭乗者全員分 -
車両搬送限度額 限度なし 限度なし 10万円

ロードサービス充実度ランキング「1位」のそんぽ24

ロードサービス充実度ランキング「1位」のそんぽ24
そんぽ24の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

そんぽ24のロードサービスの特徴

そんぽ24の自動車保険にはロードサービスがもれなくセットされています。約9,500ヵ所(※2017年7月現在)ものロードサービス拠点が日本全国を網羅してるため安心です。

何より特徴的なのは、無料のレッカーサービスの範囲が100kmとかなり広いこと(※実走行距離)。

通常の無料レッカーサービスは10km程度、長くても50kmまでであるのに対し、そんぽ24は関東圏内全域を覆うほどの100kmのサポートです。


※東京駅を中心とした半径100kmの円(参考)。

ロードサービスが充実していると、ちょっとしたドライブも安心して楽しめそうですね。

ロードサービス充実度ランキング「2位」のアクサダイレクト

ロードサービス充実度ランキング「2位」のアクサダイレクト
アクサダイレクトの自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

アクサダイレクトのロードサービスの特徴

アクサダイレクトのロードサービスの特徴は、他の自動車保険会社と比較するとトラブル発生時の宿泊費・帰宅費の補償があることです。

ビジネスホテルクラスであれば搭乗者全員分の宿泊費を1泊分まで、帰宅する場合は、搭乗者全員分の交通費を負担してくれるのです。

また、ほかの自動車保険にあまりない特徴として、ペットの宿泊費用を負担してくれるサービスもあります。ペットを車に乗せる機会が多い人には、アクサダイレクトが人気です。

ロードサービス充実度ランキング「3位」のイーデザイン損保

ロードサービス充実度ランキング「3位」のイーデザイン損保
イーデザイン損保の自動車保険の補償内容・事故対応・保険料まとめ

イーデザイン損保のロードサービスの特徴

イーデザイン損保の特徴は、レッカーサービスに加え、応急対応のサービスです

  • バッテリーのジャンピング
  • カギ開け
  • パンク時のスペアタイヤ交換
  • 各種オイル、冷却水の補充
  • 各種バルブ、ヒューズの取り替え
  • ボルトの増し締め
  • サイドブレーキの固着解除
  • その他、30分までの応急作業

これらのサービスの利用料はすべて無料。中古車を利用している方や車の整備に自信がない方は、イーデザイン損保の充応急対応サービスの活用も検討しましょう。

人気の保険を一括比較

割引制度から自動車保険を比較

自動車保険の割引制度には、「インターネット割引」「エコカー割引」「セカンドカー割引」などさまざまなものがあります。

保険料の安さだけを見て自動車保険を選んでも、割引制度を考慮して考えると、別の自動車保険のほうが安い可能性もあります。

各社の割引制度が気になる方のために、まとめて比較してみました。

エコカー割引で比較!

エコカー割引とは、電気自動車やハイブリッド自動車を対象とした割引のことです。

エコカー割引の対象車種は、具体的に指定されているわけではありません。そのため、契約前にエコカー対象かどうかを見極めるためには、車検証の表記を確認する必要があります。

ソニー損保 名称:電気自動車割引
割引額:1,000円
適用条件:次の3つを満たしている場合
・自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車のいずれかであること
・電気を燃料とし、車検証に電気自動車と記載されていること
・保険開始月が初度登録後(または初度検査後)37ヶ月以内であること
あいおいニッセイ同和損保 名称:ECOカー割引(先進環境対策車割引)
割引率:3%
適用条件:自家用自動車の電気自動車、ハイブリッド車、または圧縮天然ガス自動車で、契約期間の初日の属する月が初度登録から13ヶ月以内の場合
チューリッヒ保険 名称:エコカー割引
割引率:明記なし
適用条件:被保険自動車が、「ハイブリッド自動車、電気自動車(燃料電池自動車を含む)、メタノール自動車、天然ガス自動車、自動車重量税および自動車取得税の特例措置の対象となる自動車」のいずれかであること
東京海上日動 名称:Eco割引(ハイブリッド車・電気自動車割引)
割引率:3%
適用条件:自家用自動車の電気自動車、ハイブリッド車、または圧縮天然ガス自動車であることが確認でき、かつ契約期間の初日の属する月が初度登録の翌月から13ヶ月以内の場合

セカンドカー割引で比較!

セカンドカー割引とは、車を2台以上保有している人のための割引制度です。通常、2台目の車もほかの車と同様、自動車保険に加入するとノンフリート等級は「6等級」からスタートします。

しかし、セカンドカー割引が適用されると、2台目以降は「7等級」からのスタートになります。

そのため、セカンドカー割引はを活用すると保険料が約20~30%引きになることも。

車2台目購入で保険料が高くなる…自動車保険料を抑える2つの節約術

ただし、セカンドカー割引を利用するには、満たさなければならない適用条件があるので、契約前によく確認しましょう。

    【セカンドカー割引の3つの適用条件】

  • 1台目の自動車保険契約がノンフリート等級11等級以上であること
  • 2台目以降の車の自動車保険契約の記名被保険者、車両所有者は個人であること
  • 2台目以降の車の記名被保険者が本人・配偶者・同居の親族であること

新車割引で比較!

新車割引とは、車検証の初度登録が25カ月以内の新車のみに適用される自動車保険の割引サービスのことです。新車は大事に扱う人が多く、事故を起こしにくいということで、各保険会社の保険料は大幅に安くなっています。

【最新】2018年5月版!当社調べ
新車割引幅が大きい自動車保険ランキング
1位 SBI損保 -7,070円
2位 イーデザイン損害保険(損保) -6,420円
3位 アクサダイレクト -5,200円

※上記結果は実際に見積もりをとった人にインタビューをした結果であり、条件により金額は異なります。また、特定の損保会社の商品をおすすめするものではありません。

自動車保険の新車割引を比較した見積もり結果の条件

実際に見積もりをした方の中から新車割引が適用された保険料についてインタビューを行い、その結果をまとめました。
条件の違いは「初度登録年月が25か月以内かどうか」のみです。

項目 新車割引適用不可 新車割引適用可
メーカー名 トヨタ
車名(型式) プリウス(ZVW35)
見積もり時期 2017年5月
初度登録年月 2015年1月 2017年5月
記名保険者の生年月日 1987年(昭和62年)1月10日
車の使用目的 通勤・通学
婚姻状況 既婚(子供あり)
運転者条件 配偶者限定
年齢条件 26歳以上限定
免許証の色 ゴールド
車の使用目的 通勤・通学
保険証券 発行する
予想年間走行距離 5,000km超~10,000km以下
等級 17等級
補償内容 付帯していない
事故あり係数適用期間 0年
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
搭乗者傷害保険金額:1,000万
人身傷害保険金額:3,000万
車両保険の有無:無

新車割引の活用で自動車保険料がより安く!新車購入で使うべき裏ワザ

インターネット割引で比較!

インターネット割引とは、主にダイレクト型の自動車保険で導入されている「Webサイトから申し込みをすること」で適用される割引です。多くの保険会社で最大10,000円も安くなるので、ぜひ活用しましょう。

インターネット申込割引を実施している保険比較一覧
保険会社 概要 割引金額
ソニー損保 新規加入、契約継続両方が対象 新規:10,000円
継続:¥2,000
アクサダイレクト
(アクサ損害保険)
新規加入のみ 最大 10,000円
SBI損保 新規加入、契約継続両方が対象 新規・継続ともに 10,000円
イーデザイン損保 新規加入、契約継続両方が対象 新規・継続ともに 10,000円
セゾン自動車火災保険 新規加入、契約継続両方が対象 新規・継続ともに 10,000円
三井ダイレクト 新規加入、契約継続両方が対象 新規:10,000円
継続:¥3,000
チューリッヒ保険 新規加入、契約継続両方が対象 新規:10,000円まで
継続1回目:¥5,000まで
継続2回目以降:¥3,000まで※

※保険開始日が2017年8月1日以降の契約の場合

ゴールド免許割引で比較!

ここではゴールド免許割引で自動車保険会社を比較します。「ゴールド免許割引」とは、記名被保険者(メインドライバー)が保険の開始日時点でゴールド免許証(優良免許証)を持っている場合に自動車保険料が安くなる制度のことです。

3種類の免許の色

運転免許証の色 有効期間 備考
グリーン 免許を取得した日から3回目の誕生日の1ヵ月後まで 初めて免許を取得した場合
ブルー 3年間
5年間(※過去5年間に軽微な違反が1回のみのドライバー)
初回の更新手続き後
ゴールド 5年間 5年間無事故・無違反

等級での割引率で比較!

自動車保険には、等級という制度があります。
初めて自動車保険に加入する場合は6等級から始まり、1年間無事故であれば1等級ずつ上がっていきます

つまり、等級が高いということはそれだけ事故を起こしていないということであるため、保険料の割引があります。

逆に事故を起こしてしまうと、等級は1回あたり3等級ダウンして、さらに3年間は「事故あり等級」として割引率が低くなります。

「事故有」の割引率が適用される期間を「事故有係数適用期間」といいます。
事故有係数適用期間は3等級ダウン事故の場合は3年間、1等級ダウン事故の場合は1年間です。
また、事故有係数適用期間中に再び事故を起こすと、最大6年間、事故有係数適用期間が延長されます。

そのため、同じ等級であっても事故をしたことがある、つまり「事故有」は無事故の場合と割引率が異なるため注意しましょう。

なお、車を買い替えたり保険会社を乗り換えたりしても、等級は保険会社に申請を出すとそのまま引き継ぎをすることができます。

等級ごとの割引率は以下の通りです。

等級 事故有 無事故
20等級 -44% -63%
7等級 -20% -30%
6等級 -19%
3等級 +12%
1等級 +64%

※-は割引、+は割増を意味する。

得する保険を探す

自動車保険のキャンペーンで比較!

自動車保険会社や一括見積もりサイトでは、見積もりをとる、友人を紹介する等の条件でキャンペーンを実施しているところがあります。
安い保険を探しつつ、お得なキャンペーンも受けられて一石二鳥です。

まずは、自動車保険各社のキャンペーンを見ていきます。

保険会社 キャンペーン内容
ソニー損保 家族・友人紹介で、紹介した方にクオカード500円をプレゼント。紹介された方には1,000円の紹介割引適用
〆切:設定なし
チューリッヒ保険 家族・友人紹介で、紹介された方の保険料最大2,500円割引。紹介した方にはお米ギフトカード1,500円相当をプレゼント
〆切:設定なし
SBI損保 家族・友人紹介で、紹介した方・された方にお米やカレーなど5種類のうち1種類をプレゼント。
紹介された方はさらにもう1種類プレゼント、紹介した方はクオカード1000円プレゼント
〆切:設定なし
SBI損保 新規契約で1,500円相当の選べるプレゼントを進呈
〆切:2018年9月30日
おとなの自動車保険 新規契約で1,000円相当のお米ギフトカードをプレゼント
〆切:2018年7月31日

続いて、一括見積もりサイトのキャンペーンを見ていきましょう。

一括見積りサイト キャンペーン・特典内容
価格.com 見積もりで掃除機やドライブレコーダー等の家電が合計20名様に当たる
〆切:2018年8月1日
保険スクエアbang! ・見積もりで全員に新潟魚沼産コシヒカリ2合をプレゼント
〆切:2018年7月31日

・見積もりで全員にモスバーガー1個またはケンタッキーのオリジナルチキン2ピースをプレゼント
〆切:2018年7月31日
保険の窓口インズウェブ 見積もりで全員にケンタッキーのオリジナルチキン3ピースをプレゼント
〆切:設定なし
楽天 見積もり+アンケート回答で千葉県産コシヒカリ約6合をプレゼント
〆切:設定なし

自動車保険を比較するポイントは「キャンペーン」と「特典」の2つ!

保険会社によっては、上記のようなキャンペーン・特典以外にも、TポイントやPonta、マイルが貯まったり、景品やプレゼントがもらえたりするところもあります。

もちろん、基本的にはもらえるものはもらったほうがオトクですが、自動車保険を比較するなかで受けられる最大の特典は、「保険料が安い自動車保険と出会えること」に尽きます。

最安値の自動車保険を探し、その保険会社でキャンペーンや割引制度などを実施していないかチェックしたうえで申し込むのが、賢い方法と言えるでしょう。

安い保険を一括で探す

1日自動車保険で比較!

「1日だけ」や「すぐに」保険に入りたい人におすすめなのが、「1日自動車保険」です。
1日自動車保険とは、自分が所有していない車を運転する際に入る保険で、保険期間は基本的に24時間から受け付けています。

例えば、友人の車を借りて運転したり、実家に帰省した際に親の車を運転したりする際に加入します。

ただし、1日自動車保険は、車の名義が運転者本人であったりその配偶者であったりすると加入できないので注意が必要です。

保険料は、24時間あたりで計算されます。一律の値段になるため、等級は引き継がれません。等級がいくつであっても、保険料は同じです。
ただし、同じ24時間の保険でも、細かい補償を変えることで保険料は変わってきます。

1日自動車保険の申し込みは面倒な契約などをする必要はなく、スマホやPCから申し込んですぐに加入できます。
さらに、コンビニからいつでも申し込むこともでき、レジで保険料を支払えます。

以下の表は、1日自動車保険を扱っている主な会社です。

1日自動車保険は、すべての自動車保険会社が扱っているわけではありません。
例えばソニー損保は、本人や配偶者以外の車を借りて運転する場合「1日自動車保険」ではなく「ドライバー保険」として1年単位で保険が適用されます。

サービス名 保険会社 料金
ちょいのり保険 東京海上日動 1日あたり
500~1,500円
ワンデーサポーター あいおいニッセイ同和損保 1日あたり
500~1,500円
1DAY保険 三井住友海上 1日あたり
500~1,800円
ワンタイム保険 株式会社NTTドコモ
東京海上日動
1日あたり
500~1,800円

それでは、詳しい補償内容と保険料についてそれぞれ解説していきます。

ちょいのり保険

「ちょいのり保険」は、東京海上日動が提供している1日自動車保険です。

運転者を事前に登録しておくと、いつでもインターネットで簡単に申し込むことができます。
また、登録していない場合でもコンビニから簡単に申し込めます。

ちょいのり保険の保険料は、以下のようにわかれています。

補償プラン 保険料
車両補償なし 500円
車両補償あり(スタンダード) 1,500円
車両補償あり(プレミアム) 1,800円

すべての補償プランで、対人・対物賠償やロードサービスなどが付いています。

プレミアムプランは唯一、「弁護士費用特約」が付帯されています。
スタンダードプランと車両補償なしプランの違いは、事故で借りた車が故障した際に修理費用を補償してくれる「車両補償」の有無です。

なお、保険料の支払いはauやソフトバンク、NTTドコモなどの携帯電話料金やコンビニの店頭から可能です。
そしてちょいのり保険を利用して無事故だった場合、利用日数に応じて次回申し込み時に保険料が最大20%割引になるという嬉しいメリットもあります。

ワンデーサポーター

「ワンデーサポーター」は、あいおいニッセイ同和損保が提供している1日自動車保険です。

au、ソフトバンク、NTTドコモなどのスマートフォンから簡単に申し込めるのが特徴です。

ワンデーサポーターの保険料は、以下のようにわかれています。

補償プラン 保険料
ベーシックプラン 500円
ワイドプラン 1,500円

すべての補償プランで、対人・対物賠償やロードサービスなどが付いています。

ベーシックプランとワイドプランの違いは、事故で借りた車が故障した際に修理費用を補償してくれる「車両補償」の有無です。

なお、保険料の支払いはauやソフトバンク、NTTドコモなどの携帯電話料金から可能です。

ワンデーサポーターには複数人で車を運転する場合の割引や、利用回数による割引制度があります。
1回目の保険料は500円、2回目は480円というように、利用するほど保険料がお得になります。

1DAY保険

「1DAY保険」は、三井住友海上が提供しているサービスです。

NTTドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンや、セブンイレブンの店頭で簡単に申し込むことができます。

1DAY保険の保険料は、以下のようにわかれています。

補償プラン 保険料
Aプラン 500円
Bプラン 1,500円
Cプラン 1,800円

すべての補償プランで、対人・対物賠償やロードサービスなどが付いています。

Cプランのみ、「車内手荷物等特約」が付いており、借りている車の車内やトランク内にある個人の所有物に損害が生じた場合に補償されます。
また、車両補償においてBプランは免責金額(自己負担額)が15万円なのに対し、Cプランは10万円の設定となっています。

AプランとBプランの違いは、事故で車が故障した際に修理費用を補償してくれる「車両補償」の有無です。

保険料は、携帯料金から合算して支払われるか、セブンイレブンの店頭で支払いができます。

三井住友海上の1DAY保険は、渋滞などで保険期間を過ぎてしまいそうな場合でも、保険期間終了の1時間前に確認メールを送ってくれるというサービスもあります。

さらに1DAY保険には、複数人で車を運転する場合の割引や、利用回数による割引制度があります。
1回目の保険料は500円、2回目は480円というように、利用するほど保険料がお得になります。

ドコモ ワンタイム保険

「ドコモ ワンタイム保険」はNTTドコモが東京海上日動とコラボして販売した、通信事業者初の自動車保険です。

ドコモユーザーでなければ加入することができない点には注意が必要です。
NTTドコモの携帯電話やスマートフォンに対応しており、iモードやdメニューから簡単に申し込むことができます。

ワンタイム保険の保険料は、以下のようにわかれています。

補償プラン 保険料
車両補償なし 500円
スタンダード 1,500円
プレミアム 1,800円

すべての補償プランで、対人・対物賠償やロードサービスなどが付いています。
また、車両補償においてスタンダードプランは免責金額(自己負担額)が15万円なのに対し、プレミアムプランは10万円の設定です。

自動車保険を日本で初めて販売した大手保険会社とのコラボであり、事故に遭った際のサポートやロードアシスタントサービスがあります。

自動車保険と自動車共済を比較

自動車共済のメリットとデメリット

自動車共済のメリットとデメリット

自動車保険のほかに、交通事故の損害や傷害を補償してくれる「自動車共済」というものがあります。たとえばJA(農協)で取り扱っている「マイカー共済」などです。

自動車保険と自動車共済の違いは、主に「取り扱い先」「(取り扱い先の)活動目的」「根拠となる法律」「等級制度」の4点です。

自動車保険 自動車共済
取り扱い先 保険会社 共済組合
(取り扱い先の)活動目的 営利目的 相互扶助
根拠となる法律 保険業法 農林協同組合法や消費生活協同組合法など
等級制度 最大で20等級まで 最大で22等級のものもある

似ているようでちょっと違う「自動車保険」と「自動車共済」を比較

自動車共済には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
・保険料が安い ・補償内容の組み合わせが難しい
・共済組合の信用性(破綻のリスク)
・割引制度が少ない

自動車共済は保険料が安いとはいえ、割引制度が少ないので、実質的にはダイレクト型の自動車保険のほうがお得ということも。

また、補償内容を自分で組み合わせる必要があるため、自動車保険に詳しい人でないと選ぶのは難しいでしょう。

さらに、自動車保険の場合は万が一保険会社が破たんしても、「損害保険契約者保護機構」が契約を補償する仕組みとなっているのに対し、共済組合はこの機構に加入していません。総合的に比較してみると、やはり自動車保険のほうがおすすめです。

得する保険を探す

自動車保険を比べるなら、一括比較サイトが一番おすすめ

一括比較サイトなら、保険会社「7社」もの自動車保険が一度に比較できる

同じ補償内容であれば、誰だって保険料の安い自動車保険に加入したいですよね。

昔は自動車保険というと、保険会社によってそれほど差はありませんでした。しかし、「ダイレクト型自動車保険」や「リスク細分型自動車保険」の登場により、補償内容が多様化し、保険会社によって保険料に差が生じるようになったのです。

そこで、今よりも保険料を安くするために、自動車保険の見直しを検討する人が増えたのです。

しかし、今加入している自動車保険を比較して見直したいが、結局どうすればいいのかわからないという人も多いはず。

そこで役に立つのが、複数の自動車保険の保険料をまとめて見積もりすることのできる「一括比較(一括見積もり)サイト」です

一括比較サイトなら、同じサービス内容や補償範囲で、複数社の自動車保険の保険料を一度で簡単に比較できます。

補償内容は変えずに、今よりもっと保険料を安くするチャンスですよ。

一括比較サイトなら、スマホからでも利用OK!

一括比較サイトは、パソコンはもちろん、スマートフォンからでも利用が可能

しかも、情報の入力に必要な時間は最短で数分ほど。カンタンに複数社の自動車保険の保険料や契約内容を比較することができます。スマートフォンを使えば、場所も選びません。

すき間時間を使って一気に見積もりを取れるので、忙しいビジネスマンや子育て中の主婦の方も、気軽に利用できます。

    【ポイント】

  • 一括比較サイトを利用すれば、7社の自動車保険が一度に比較できる
  • 一括比較サイトは、パソコンやスマートフォンから利用可能
  • 一括比較サイトで見積もりを取っても、保険会社からの営業電話はかかってこない

人気の保険を一括比較

ダイレクト型(通販型)と代理店型の自動車保険、一体何が違うのか

人件費や店舗のコストがかからない、ダイレクト型のほうが保険料は安い

代理店型とダイレクト型の比較グラフ

自動車保険には「代理店型」「ダイレクト型」があります。ダイレクト型は「通販型」「ネット保険」とも呼ばれています。

「代理店型」は、保険会社や代理店の担当者を通じて契約をする自動車保険です。担当者に疑問点や不明点などを直接聞くことができるので、自動車保険に詳しくない人でも安心。サポートも充実しており、事故対応などの利用者へのサービスもしっかりと行ってくれる保険会社が多いです。

ただし、人件費や店舗のコストなどがかかるため、一般的に保険料は高くなってしまいます。

「ダイレクト型(通販型)」は、電話やインターネットを通じて契約をする自動車保険です。人件費や店舗のコストがかからないうえ、「インターネット割引」もあるので、基本的には保険料が安くなります

例えば、ソニー損保や三井ダイレクト損保などがダイレクト型の保険会社です。

【代理店型とダイレクト型(通販型)のメリット・デメリット】

メリット デメリット
代理店型 ・自動車保険に詳しくない人に適している ・保険料が高い
ダイレクト型
(通販型)
・保険料が安い ・自動車保険に詳しくない人に不向き
・インターネットが使える環境が必要

どちらがいいのかは人によりますが、自動車保険に関する知識があるのなら、保険料を安くできる「ダイレクト型(通販型)」を選ぶほうがいいでしょう

    【ポイント】

  • 自動車保険には、「代理店型」と「ダイレクト型(通販型)」がある
  • 「代理店型」は、自動車保険に関する知識がある人向け
  • 人件費や店舗コストなどがないため、ダイレクト型(通販型)のほうが保険料は安くなる

保険会社によってなぜ保険料が違う?比較する前に知っておきたい基礎知識

保険料は車種、年齢、等級、年間走行距離、使用目的などで違うため難しい

車種や型式により保険料が違う

自動車保険では、車種や型式により「車両料率クラス(型式別料率クラス)」というものが異なります。これは、車の型式ごとのリスクを表したものであり、保険料を決める要素の1つです。

車両料率クラスは「対人賠償」「対物賠償」「傷害(人身傷害・搭乗者傷害)」「車両保険」の4つの項目について、安全性や損害額がどれだけ高くなるかなどの指標を基に、自動車の型式によって「1〜9」のクラスに分けられています。

通常、スポーツカーなどは保険料が高く、コンパクトカーは保険料が低くなります。

この契約車両のクラス(数字)が高いほど、事故リスクが大きいとみなされ、保険料が高くなります

保険料が安い ←← →→ 保険料が高い
1 2 3 4 5 6 7 8 9

例えば車両料率クラスが高くて、事故発生率も高い高級車と、車両料率クラスが低くて安全性が高く、お手頃価格のコンパクトカー。この2パターンでは、保険料が大幅に変わります。

「車両料率クラス」は損害保険料算出機構が毎年一度、見直しを行っています。

なお、この車両料率クラスが適用されるのは、用途車種が「自家用普通乗用車」と「自家用小型乗用車」の場合のみです。「自家用軽四輪乗用車(※いわゆる軽自動車)」や「自家用軽四輪貨物車」などには適用されません。

自家用普通乗用車
自家用小型乗用車
自家用軽四輪乗用車 ×
自家用軽四輪貨物車

運転する人の年齢でも保険料が違う

「年齢」も自動車保険の保険料に影響する要素の1つです。

自動車保険には「運転者年齢条件」という、契約する際にあらかじめ自動車を運転する人の年齢を制限することで、保険料を安くする仕組みがあります。

一般的な年齢条件には「条件なし(年齢問わず補償)」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」などがあり、年齢条件が高くなるほど保険料は安くなります
「区分なし」とは、特に年齢条件を設定しないものであり、何歳でも補償され、保険料は最も高くなります。

以下の表は、主な自動車保険会社の年齢条件です。

東京海上日動 損保ジャパン 三井住友海上 保険料
全年齢補償(年齢を問わず補償) 全年齢補償(年齢を問わず補償) 全年齢補償(年齢を問わず補償) 高い









安い

21歳以上補償 21歳以上補償 21歳以上補償
26歳以上補償 26歳以上補償 26歳以上補償
35歳以上補償 区分なし 35歳以上補償

なぜこのように年齢によって保険料が違うのかというと、年齢の若いドライバーのほうが事故を起こしやすいからです。

年齢を高く設定すれば保険料は安くなるものの、その条件を満たさない人が運転をして、万が一交通事故を起こした場合には補償されないため注意が必要です。

ただし、年齢条件に該当するのは「記名被保険者(主に車を運転する人)」か「配偶者・同居の親族」に限られています。
そのため、他人の車を運転したり、他人が自分の車を運転したりしても事故や故障は補償されます。

年齢条件適用者 本人、配偶者、未婚の子ども、同居の親族
年齢条件適用外 別居の親族、既婚の子ども、友人

上の表で年齢条件適用外であれば、年齢が下回っていても補償されます。
同じ家族でも一人暮らしをしている大学生などの別居をしている未婚の子どもも、年齢条件の対象外です。

そのため、例えば18歳で一人暮らしの子どもは年齢条件が35歳以上であっても補償の対象です。

別居の子はその車を運転する機会が少ないと想定されるため、年齢条件においては同居の家族とは区別されています。

ただし、年齢条件適用外でも補償されない場合があります。
「運転者条件」といって、年齢条件とは別に、補償される運転者を制限する条件で制約があると、年齢条件適用外でも補償されません

運転者条件には「運転者本人限定」「運転者夫婦限定」「運転者家族限定」などがあります。
例えばこの運転者条件を「本人限定」にしていると、年齢条件適用外の別居の子でも補償されなくなるため注意が必要です。

同じ年齢でも運転者の条件で保険料が違う

補償されるドライバーの範囲を限定する「運転者条件」で制限することも、保険料を安くすることにつながります。
運転者条件は「運転者限定特約」や「運転者限定割引」とも呼ばれます。

基本的には、契約車両の運転者の範囲を「本人」「夫婦(配偶者)」「家族」のうち、「家族」にすると最も保険料が高く、「本人」にすると最も安くなります

なお、自動車保険における「配偶者」や「家族」は、一般的な意味とは少し異なります。

「配偶者」というと、戸籍上の夫や妻だけと考えがちです。しかし、自動車保険の場合には、法律上は婚姻関係を結んでいない、いわゆる内縁の夫や妻も配偶者とみなされます。
また、自動車保険における家族とは、本人(または配偶者)と同居している親族、あるいは別居している未婚の子が含まれます。

「運転者限定特約(運転者限定割引)」の「家族」の範囲
(1) 記名被保険者
(2) 記名被保険者の配偶者
(3) 記名被保険者、あるいは記名被保険者の配偶者と同居している親族
(4) 記名被保険者、あるいは記名被保険者の配偶者と別居している未婚の子

同じ補償内容や特約でも保険料が違う

「等級」「年間走行距離」「使用目的」も保険料を決める要素になります。これらのリスクの判断(計算)は保険会社によって異なるので、補償内容や特約が同じであっても、保険料に差が出てしまいます。

特に、現在の自動車保険の多くは「リスク細分型」となっており、前述の「車種」「年齢」「等級」「年間走行距離」「使用目的」などを基に、リスクを細かく計算されます。

    【ポイント】

  • 自動車保険では、主に「車種」「年齢」「等級」「年間走行距離」「使用目的」が保険料を決める要素になる
  • 契約車両のクラス(数字)が高いほど、保険料が高くなる
  • 年齢条件が高くなるほど、保険料は安くなる

保険料で「損」をしたくないのなら、一括比較サイトで見積もりを取ろう

見積もりを取ることで、実際の保険料が分かる

自動車保険の更新のタイミングで、もう少し保険料を安くできないかと考えてはいるものの、結局同じ自動車保険を継続して契約している人も多いのではないでしょうか。

しかし、更新前に自動車保険の保険料の見積もりを取り、定期的に見直しを行うことは重要です

なぜなら、更新の時期までにカーライフが変化していれば、あなたにとって必要な補償あるいは自動車保険は変わるからです。

また、車を買い換えた場合にも、必要な補償は変わります。そのため、保険会社で定期的に見積もりを取るようにしましょう。

その際、複数の保険会社で見積もりを取れば、自動車保険の保険料の「相場」を知ることができるはず。しかし、1社1社見積もりを取るのは、手間も時間もかかって大変。そんなときにぜひ活用したいのが、自動車保険の一括比較サイトです。

続いて、一括比較サイトの利用方法などを紹介していきます。

今の自動車保険でどれくらい「損」をしているか、一括比較サイトで確認を

自動車保険の保険料を見直すなら、まずは一括比較サイトを利用して見積もりを取ってみましょう。フォームに必要な情報を入力すれば、各社の保険料の試算を確認でき、見積もりを一度で取ることが可能です。

「一括見積もりって、営業電話がたくさんかかったくるんじゃないの?」
そんな方もご安心を。一括比較サイトを利用しても、保険会社からの営業電話はかかってきません。基本的にはメール連絡のみです。

一括比較サイトを利用してみると、同じ条件なのに、「保険会社によってこんなにも保険料が違うのか」とあなたもきっと驚くはずです。

一括比較サイトのなかで「価格.com」をおすすめする3つの理由

(1)7社もの保険会社に見積もり依頼が可能

「価格.com」を利用すると、7社もの保険会社に見積もりを依頼することが可能です。そのなかには、大手の保険会社も数多く含まれています。1社1社見積もりを取る必要はありません。

【「価格.com」で見積もり依頼ができる保険会社】

  • イーデザイン損保
  • ソニー損保
  • 三井ダイレクト損保
  • チューリッヒ保険
  • アクサダイレクト(アクサ損害保険)
  • SBI損保
  • おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)

(2)入力は最短5分で完了

フォームに入力する情報は車の登録状況や使用状況、現在の契約内容など。早ければ、入力は5分ほどで完了します。

フォームに入力する前に、「免許証」「保険証券」、あるいは「車検証」を手元に用意しておきましょう。

(3)見積もりの結果がすぐ分かる

必要情報を入力した後、保険会社や保険代理店から、メール等で見積もり結果が届きます。メールの場合には、すぐに見積もり結果を知ることができます。

    【ポイント】

  • 自動車保険の保険料について、定期的に見直しを行うことは重要
  • 一括比較サイトを利用すれば、自動車保険の保険料の「相場」を知ることができる
  • 一括見積もりサイトの利用で現在よりも保険料が安くなることも

価格.com

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 7社 約5分

一括見積もりしてみる

自動車保険の比較・ランキング

カテゴリ一覧

人気記事

子供の加入で自動車保険は年間10万円上がる!安く抑える3つの方法

【18・19・20歳・学生向】安い自動車保険に入るただ1つの方法

車両保険の必要性はない?外してもいい理由と加入の判断基準3つ

車両保険金額の目安はいくら?設定額を高めにした方がお得な理由2つ

自動車保険の等級引継ぎを行う前に必ず知っておくべき3つの条件