自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

割高な業務使用の自動車保険を安い保険料にする方法

業務使用の自動車の保険料にお悩みの方も多いのではないでしょうか。しかし安い保険料にしようと、節約に偏った知識だけで自動車保険の新規契約や更新をしてしまうのはキケンです。事故に遭ってしまった時に加入状況が不適切で保険金が支払われない事もあります。今回は、業務使用の自動車保険を安い保険料にする為の方法と併せて、損害保険会社がどのような基準で保険料を定めていて、どのように判断するのかを解説していきます。

どうして安い?なぜ高い?自動車保険の保険料の決め手、使用目的

損害保険会社は、様々な項目毎に事故に遭う確率を導き出し、それを元に保険料を決めています。自動車保険の加入時に使用目的を申告するのはそのためです。
使用目的は「業務使用」「通勤・通学」「日常・レジャー」という3種類に分類され、それぞれの事故に遭う確率が保険料に反映されています。

損害保険会社は、

  • 仕事として月曜日から金曜日まで一日8時間車に乗っている
  • 平日は車を使わず、休日にレジャーに行く時だけ車に乗る

といった二つの乗り方の場合に、前者のリスクの方が高いと判断し、保険料は高くなります。

業務使用は、3種の使用目的の中で事故に遭う確率が最も高い為に、保険料も割高になります。次いで通勤・通学、最後に一番自動車に乗る頻度が少ない日常・レジャーが最も割安な保険料となります。
保険料の決め手になっているという事は、保険会社が重要視しているともいえます。

高くなる業務使用の自動車保険、正しく加入するワケ

自動車保険加入者の中には、本当は業務使用しているのに使用目的を通勤・通学や日常レジャーと届け出ている人がいるかもしれません。
しかし、契約者側が意図的に事実と異なる告知をしてしまった場合、損害保険会社はその保険を解除、つまり一方的に解約することができます。

告知で使用目的を日常・レジャーと偽った車で、業務中に事故を起こしてしまうと、使用目的を正しく告知していないと保険会社に判断され解除され兼ねません。
保険金が下りないのに被害者へ賠償金の支払いが生じる…といった最悪のケースも考えられます。

安くなる方法として知人から使用目的を偽ることを勧められたり、ネットでそういった節約コラムを見たとしても、告知をした自分の責任なのです。
そうなると、折角かけていた自動車保険も、一体何のために加入していたか分からなくなりますよね。
正しい使用目的を申告し、自動車保険に加入することが最も大切です。

ちなみに自動車保険加入時には、使用目的の他にも、車種や登録番号、記名被保険者の氏名や免許証の色など、保険料を定めるのに必要な項目などについて、正しく告知しなければなりません。

自動車保険の使用目的、正しく選んでいますか?

3種類ある使用目的ですが、どのように分かれているかご存知でしょうか。

業務使用 業務の中で自動車を使う場合。
通勤・通学使用 通勤や通学に使う場合。または通勤通学の送迎に自動車を使う場合。
日常・レジャー使用 業務使用にも通勤通学にも該当しない場合。

これから自動車保険の見積もりをする方や、契約を考えている方は、上記の中から自分の乗り方にあったものを選びましょう。
既に自動車保険に加入している方は、保険料を左右する部分ですので、現在の使用状況にあったものになっているか一度証券を確認してみましょう。

詳しく知りたい保険会社の判断基準

もしも自分の使用目的に迷った場合は、損害保険会社が設けている判断基準を見てみましょう。

業務使用 1年間を通して1週間に5日間以上、月に15日以上仕事に使用する場合。
通勤・通学使用 業務使用ではなく、1年間を通して1週間に5日以上、
月に15日以上の通勤・通学に使用する場合。
またその頻度で、会社・学校に送迎する場合。
日常・レジャー使用 業務使用にも通勤通学にも該当しない場合。

見積時に保険会社に相談した際や、保険金請求時に保険会社が状況を調べて判断する場合は、上記のような規定のもとで判断されます。
通勤・通学使用で契約していて、たまたま業務使用していた時に事故に遭ってしまった場合にも、保険が適用されることがありますが、
これは「1週間に5日以上、月に15日以上の業務使用ではない」と判断されるからです。

業務使用の自動車保険を今よりも安い保険料にするには

業務使用でも安い保険料にするには、使用用途以外の項目で節約できるところはないかを確認し、
複数の自動車保険の見積もりをとってみる事をお勧めします。
まずは、使用目的以外に目を向けてみましょう。年齢条件を適切な範囲に絞ったり、車両保険の適用条件を狭める、
車両保険の補償金額を下げることなどによって、保険料を下げられないかを見てみるのです。

次に、走行距離を重視する保険会社かどうかを見てみましょう。業務使用する自動車は、どうしても年間走行距離が多くなります。
加入している、または加入を検討している自動車保険が、走行距離区分によって保険料に差をつける保険会社かどうかを必ず確認しましょう。
走行距離によって保険料に差を付けている保険会社の場合、走行距離区分の無い自動車保険会社の自動車保険にする事で、
保険料が大幅に下がる事があります。一度、見積を取ってみると違いに驚くかもしれません。

そして業務使用の自動車保険の保険料を安いものにしたい時は、複数の保険会社の保険料を見比べる事もポイントになります。
見積結果を見比べて悩む事もありますので、見積する場合は早めに依頼しましょう。保険会社1つ1つのサイトを見て資料請求をしていくのは大変ですが、
一括見積サービスなどでは基本的な入力事項は共通して見積依頼が出来るので、気軽に一括見積が行えます。

まとめ

事故を起こしてしまったり、事故に巻き込まれた時の為の自動車保険で、自分のせいで事故時に支払われないのは本末転倒ですよね。
万が一事故に遭ってしまった時にきちんと保険金が支払われるよう、自動車保険の使用目的は正しい告知を行った上で契約しておかなければならない項目です。
業務使用の自動車保険を少しでも安い保険料にしたい時は、他の項目で節約出来ないかを検討する事も有効です。

そして一つの保険会社だけではなく、複数の保険会社での保険料を知る事もポイントになるので、一括見積サービスを上手に利用し、賢く節約出来ないか検討してみましょう。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×