自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

自動車保険の等級引き継ぎを行うために知っておくべき条件

自動車保険の等級は、引き継ぐことができるのは知っていますか? 例えば、初めて自動車保険の契約をする子どもは、6等級からのスタートとなるものの、父親の高い等級を引き継ぐことで、保険料を安くすることができます。 せっかく積み上げてきた高い等級がリセットされてしまったら、もったいないですよね。 そこで今回は、自動車保険の等級を引き継ぐための条件について説明をしましょう。

自動車保険の等級を引き継ぐためには同居していることが絶対条件

父親が無事故運転を続けて20等級で、子どもが免許を取り、車を購入して自動車保険に新規で加入するというケースを考えてみましょう。

このケースでは、子どもは6等級からスタートするのが一般的です。しかし、親の20等級を引き継ぐことができれば、保険料を安くすることができます。

この点、自動車保険の等級は、家族間で引き継ぐことが可能です。ただし、引き継ぎができる「家族」の範囲には注意が必要です。

  • 契約者(記名被保険者)の配偶者(内縁関係でも可)
  • 契約者の同居の親族
  • 配偶者の同居の親族
  • ※親族とは「6親等内の血族」と「3親等内の姻族」のこと

家族で引き継ぐ際、重要なのは「同居」をしているということ。子どもは当然親族に含まれるものの、同居をしていなければ等級を引き継ぐことはできません。

例えば、就職や結婚などで親元を離れた子どもに対しては、等級の引き継ぎができないわけです。

等級の引き継ぎができる期間は決まっています

自動車保険の等級を引き継げない場合もあるので注意が必要です。

例えば、保険の始まる日(保険始期日)が、前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」でなければ、等級の引き継ぎはできません。「7日」を超えてしまうと、等級を引き継ぐことができなくなるわけです。

引き継ぎができる車両についても、保険会社で条件が定められています。車を買い換える際、車両入替の手続きが必要です。車両入替の手続きをするにあたって、入替後の車の所有者が入替前の所有者と同一、あるいは記名被保険者と同一などの条件を満たさなければなりません。

入替前と後の車種についても、制限が設けられています。二輪自動車から自家用普通乗用車への入替はできないのです。

さらに、入替車両は新しく取得したものである、入替前の車両が廃車や譲渡され、すでに所有している別の車両に入替をするなど、入替をする理由の条件も満たさなければなりません。

等級の引き継ぎする際、引き継ぐ期間はどのぐらいあればいいのか

前述のように、等級を引き継ぐには、保険始期日が前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」であることが必要です。これを等級継承期間と言います。

自動車保険の等級を引き継ぐと、保険料はどれほど安くなるの?

それでは、自動車保険の等級を引き継いだ場合、保険料はどれほど安くなるのでしょうか。ソニー損保で、以下の条件で見積もりをしてみました。

【父親】対象車両:レガシィ(スバル)
型式 DBA-BRM
現契約中の保険会社 東京海上日動火災
現在の等級 20等級
契約年数 1年契約
現在の保険契約の満期日 平成30年1月1日
事故あり係数適用期間 0年
現在の保険期間中に保険を使った
あるいは保険を使う予定の事故はあるのか
なし
ナンバープレート 3ナンバー
初度登録年月 平成25年1月
保険始期日 平成29年5月1日
用途車種 自家用普通乗用車
記名被保険者 契約者自身
記名被保険者の生年月日 昭和40年8月1日(52歳)
使用目的 家庭用
運転者限定 記名被保険者(本人)限定
年齢条件 30歳以上補償
免許書の色 ゴールド
走行距離 5,000km以下
保険証券の発行 発行しない
車両保険 付帯しない
インターネット割引 あり
セカンドカー割引 なし
保険料 10,020円/年(スタンダードプラン)
12,260円/年(グレードアッププラン1)
13,460円/年(グレードアッププラン2)
【子ども】対象車両:プリウス(トヨタ)
型式 ZVW35
初度登録年月 平成28年1月
保険始期日 平成29年5月1日
用途車種 自家用普通乗用車
記名被保険者 契約者自身
記名被保険者の生年月日 平成7年1月1日(22歳)
使用目的 家庭用
運転者限定 記名被保険者(本人)限定
年齢条件 21歳以上補償
免許書の色 ブルー
走行距離 5,000km以下
保険証券の発行 発行しない
車両保険 付帯しない
インターネット割引 あり
セカンドカー割引 なし
等級 6等級
保険料 70,840円/年(スタンダードプラン)
73,080円/年(グレードアッププラン1)
74,280円/年(グレードアッププラン2)

この点、車種や記名被保険者の年齢条件などによって異なるものの、「子どもが新規で契約する場合(※6等級)」と「親の等級(※20等級とする)を引き継いで契約する場合」とでは、6万円〜8万円ほどの差があるようです。

会社間で自動車保険の等級の引き継ぎはできます

民間の保険会社間での等級の引き継ぎは可能です。
この点、契約中の自動車保険の等級は、保険会社を変えてもそのまま引き継ぐことが可能です。
民間の保険会社と共済、農協との間で一部引き継ぎができない場合もあるので事前に確認しておきましょう。

会社間で自動車保険の等級の引き継ぎが行えない2つのケース

自動車を知り合いから買ったとき、等級を引き継ぐことはできません

友人などの知り合いから車を譲り受けた場合は、等級を引き継ぐことはできません。そのため、基本的に新規で自動車保険に加入し、6等級からのスタートとなります。

※知り合いから車を譲り受けるタイミングとすでに持っている車を廃車にする場合のタイミングが同じ場合は、
車両入替の手続きによって現在加入している自動車保険の等級を引き継ぐことができます。

満期日から7日以内までに契約をしなければ等級は失効されます

前途したように、「前契約の満期日」から「新契約の始期日」が7日以内であれば、「他社継続(満期越え)」と考え、無保険期間が発生しなかったときと同じように等級継承することができます。

バイクの等級の引き継ぎは自動車保険で行えません

バイクにかけている保険と車にかける保険では事故リスクが異なるからです。
車に乗る際は車の保険に加入しましょう。

法人から個人(個人から法人)への引き継ぎはできません

個人と法人ではそもそもの契約形態が違い、保険のリスクも異なります。そのため、基本的に自動車保険の等級を引き継ぐことはできません。

しかし、例外的に次のような場合であれば引き継ぎができます

  • (1):法人契約の記名被保険者が「個人」である
  • (2):(1)に該当し、個人契約へ変更した場合に、記名被保険者を同一または配偶者もしくは同居親族とする場合

家族間の自動車保険の等級引き継ぎには同居が必要

自動車保険の等級は、家族間で引き継ぐことが可能です。

  • 契約者(記名被保険者)の配偶者(内縁関係でも可)
  • 契約者の同居の親族
  • 配偶者の同居の親族

親族とは「6親等内の血族」と「3親等内の姻族」のことであり、子どもも含まれます。ただし、「同居」をしていなければなりません。そのため、どれだけ血縁の濃い親族であっても、別居をしている場合には等級を引き継げません。

家族間で等級を引き継ぐ場合、保険会社に連絡をすることが必要です。後は、保険会社の指示どおりにすれば問題ないでしょう。父親が車を運転しており、同居をしている子どもが車を購入して親の等級を引き継ぐ場合、具体的には次のような流れになります。

  • 親の車から子どもの車へ車両入替の申請を行う
  • 子どもの車へ車両入替をした後、保険名義を親から同居の子どもに変更する
  • 親の車は、親の名義で任意保険に新規で加入する

また、父親がもう車に乗らないので等級を子どもへ引き継ぐ場合には、次のような流れになります。

  • 高い等級の車(父親)とそれより低い等級の車(子ども)で車両入替の申請を行う
  • 低い等級の車(子ども)の保険は解約
  • 子どもの車への車両入替後、保険名義を父親から子どもに変更する
  • 父親の車は、廃車手続きを行う

親の等級を子どもへ引き継ぐ場合

先に述べたように、自動車保険の等級は、配偶者や親族に引き継ぐことが可能です。ただし、親族に引き継ぐ場合、「同居」をしていなければならない点には注意が必要です。
親族には、子どもも含まれるものの、同居をしていなければなりません。そのため、就職などで親元を離れた子どもには、等級を引き継げません。

また、友人などから車を譲り受けた場合にも、等級を引き継ぐことはできません。

自動車保険で等級の引き継ぎで家族間での名義変更はできます

車を運転することがなくなった場合、名義変更をすれば家族などに譲渡が可能です。その際、等級の引き継ぎができることについては、前述のとおりです。

「車両」「保険契約者」「記名被保険者」について名義変更をすれば、譲渡する車両の等級を引き継ぐことができます。

なお、記名被保険者とは主に車を運転する、補償を受ける人のことです。一般的に「保険契約者」と「記名被保険者」は同じであるものの、必ずしも同一にならないケースもあります。

結婚、離婚、別居をした際は、等級の引き継ぎはできません

結婚や離婚によって姓が変わった、あるいは別居をした場合、自動車保険、特に等級の引き継ぎにどのような影響があるのでしょうか。
結婚をして別世帯となった場合、等級の引き継ぎ範囲のところで説明した「家族」に含まれなくなります。

そのため、結婚により実家を出た場合には、等級の引き継ぎはできません。結婚前の同居をしているうちに引き継ぎをしておくといいでしょう。
なお、家族限定特約の場合には、「別居の未婚の子」が含まれます。この点、等級の引き継ぎと混同しがちなので注意が必要です。

記名被保険者の死亡により変更をする場合でも、等級を引き継ぐことができます

保険契約者が死亡した場合、保険契約者を変更するか、解約をするか、いずれかの手続きが必要になります。

もし、死亡した人の保険契約を相続する場合には、名義変更手続きを行う必要があります。そして、保険の対象となっている車両の使用を続けるのであれば、記名保険者を変更する手続きをしなければなりません。

保険の契約者が死亡した場合、まずは「記名被保険者」が誰なのかに注意すべきです。記名被保険者が変わると、補償範囲も変わってしまうからです。

保険契約者と記名被保険者が異なる場合には、保険契約者の名義を変更するだけで済みます。

保険契約者と記名被保険者が同じであり、その人が死亡した場合、保険の対象となっている車両の使用を続けるのであれば、保険契約者と記名被保険者の両方の名義変更をしなければなりません。

その際、記名被保険が死亡した場合、記名被保険者の配偶者や同居の親族などに変更をすると、等級を引き継ぐことが可能です。それ以外の人に変更をすると等級はリセットされ、6等級からスタートすることになるので注意しましょう。

自動車を知り合いから買った場合は、等級を引き継げません

前述のように、等級を引き継げる範囲は決まっています。そのため、友人などの知り合いから車を買った、あるいは譲り受けたときには、等級を引き継ぐことはできません。

このような場合、基本的に新規で自動車保険に加入する必要があります。そのたため、6等級からのスタートとなってしまう点には注意が必要です。

自動車保険の会社間で等級を引き継ぐ◯な方法

この点、現在加入している自動車保険と変更する自動車保険が保険会社(損害保険会社)であれば、等級は問題なく引き継ぐことが可能です。もちろん、通販(ダイレクト)型、代理店型に関係はありません。

ただし、保険の始まる日(保険開始日)が、前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」という条件があります。つまり、満期や解約日から次の保険開始日まで8日以上空いてしまうと、6等級に戻ってしまう(※7等級以上の場合)という点には注意が必要です。

自動車保険で等級の引き継ぎを行う際の必要書類が知りたい

等級の引き継ぎに必要な書類というよりも、保険会社の乗り換え・解約に必要な書類というほうが正しいでしょう。

保険会社の乗り換えをするうえで、必要な書類は以下のものです。

  • 現在加入している自動車保険の保険証券
  • 車検証
  • 運転免許証

会社間で自動車保険の等級の引き継ぎを行うには解約手続き必要です

保険会社間で等級の引き継ぎを行う場合、まずは現在加入している保険会社(自動車保険)の解約手続きをする必要があります。

まずはそちらに解約の意思を伝え、解約申込書を送付してもらい、そちらに必要事項を記入のうえ、提出をすれば解約の手続きは完了です(※ほかに必要書類を一緒に送付する場合もあり)。

乗り替え先の保険会社には、前もって他社から乗り換えをする旨を伝えましょう。加入している自動車保険の満了日に乗り換えの手続きをすると、場合によっては補償が受けられない(=自賠責保険の補償範囲内でしか保険金を受け取ることができない)「空白の期間」が生じてしまう可能性があるからです。

なお、現在加入している自動車保険の保険料については、残りの保険期間に応じて戻ってくるので心配はいりません。

自動車保険の乗り換えをしなければならない期間

前述のとおり、等級の引き継ぎをするにあたって、保険の始まる日(保険開始日)が、前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」に行うという点には要注意です(等級継承期間)。

満期や解約日から次の保険開始日まで8日以上空いてしまうと、6等級(※7等級以上の場合)に戻ってしまいます。

そのようなことにならないためにも、満期日にスムーズに引き継ぎができるように、保険の乗り換え手続きは満期日の2ヶ月ほど前など、ある程度余裕を持って行いましょう。多くの保険会社では、保険始期日の3ヶ月前から申し込みを受け付けています。

こんな場合は自動車保険の等級に影響はあるの?

自動車保険の等級は引き継ぐことができるのは、前述のとおりです。

そして、保険の始まる日(保険開始日)が、前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」に引き継ぎをしなかった場合、基本的に新規で自動車保険に加入する必要があり、6等級からのスタートとなります。

それでは、5等級以下(デメリット等級)も引き継いでしまうのでしょうか。新規契約の場合、6等級からのスタートとなります。それよりも下というのは、事故を起こして保険を使ったことを意味し、保険料が割増されます。

この点、デメリット等級についても引き継ぎが行われます。引き継ぎが行われなければ、割増分の保険料をリセットできることになってしまうためです。

このデメリット等級については、13ヶ月以内に契約された保険には引き継がれるのです。つまり、1年以上は等級が消えないことになります。

この点、本当の等級を隠して契約(乗り換え)をすること可能なのでしょうか。

残念ながら、保険会社間では契約者の情報について共有・交換を行っており、契約後には以前の保険会社での情報開示が行われます。そのため、後から正しい保険料が請求されることになります。

しかも、契約者には告知義務があるので、虚偽の申告をした場合、契約の解消や事故に遭っても保険金が支払われないというケースもあります。

そのため、等級を含めた保険会社に伝えるべき情報については、正しいもの申告するようにしましょう。

中断証明書を利用すると等級が維持できます

一般に、自動車保険を解約して13ヶ月超の期間が経過すれば、等級はリセットされます。

しかし、せっかく積み上げてきた高い等級がリセットされてしまうのはもったいないと言えます。しかも、将来また車を運転する可能性があるのなら、なおさらでしょう。6等級よりも高い人は、積極的に利用をしたいところ。

そのような人は、「中断制度」を利用すれば(中断証明書を発行すれば)、将来、再び車を購入したときに、それまでの等級を引き継ぐことが可能です。

具体的には、海外不妊や渡航など、事情により車を手放す、廃車にするという場合には、「中断制度」を利用して等級を最大で10年間は保存(維持)することができます。

中断制度を利用する場合、まずは現在加入している自動車保険を解約する必要があります。解約手続きを保険期間中に行う場合、残りの期間に応じた保険料が戻ってききます。

中断証明書の発行に必要な条件について知りたい

中断証明書を発行してもらうには、以下の条件を満たすこと必要です。

(1) 自動車保険を中断(解約もしくは満了)する時点で、等級が7等級以上であること
(2) 自動車保険を中断(解約もしくは満了)するまでに、次のいずれかに該当すること

・契約車両を廃車や譲渡、あるいはリース業者へ返還していること
・車検が切れて乗れない状態であること
・車両の登録を抹消して乗らない状態にあること(登録抹消)
・契約者が海外へ渡航する場合
・契約車両が盗難、災害によって手元にない場合

(3) 自動車保険を中断(解約もしくは満了)してから13ヶ月以内に、中断証明書の発行手続きをすること

また、中断証明書を利用して将来的に自動車保険を再契約する際にも、以下の条件を満たす必要があります。

(1) 自動車保険の加入日が、中断証明書の有効期限内であること
(2) 新しい車の取得日から1年以内に契約をすること
(3) 中断証明書に記載のある記名被保険者と新たな保険の記名被保険者が同一である、もしくは記名被保険者と配偶者その同居の親族のいずれかの人物であること

これらの条件を満たさなければ、中断証明書があったとして、中断制度を利用することはできないので注意しましょう。

なお、中断証明書を使って自動車保険の再契約をする場合、次の書類を用意しておきましょう。

  • 中断前の自動車保険の中断証明書
  • 車検証
  • 新たに取得した車であることを証明する書類

また、海外渡航などの場合には、「パスポートのコピー」と「中断理由が海外赴任や海外留学などの海外渡航であることを証明する書類」の提出も必要になります。つまり、観光を目的とした一時的な海外旅行などは、対象外になるということです。

自動車保険を解約したら、等級の引き継ぎはできなくなります

前述のように、中断制度で等級を保存(維持)できるのは最大で10年間です。そして、その間に再契約をしなければ、等級を引き継ぐことができなくなります。

なお、中断制度を利用する条件に、「自動車保険を中断(解約もしくは満了)してから13ヶ月以内に、中断証明書の発行手続きをすること」というものがありました。

この点、自動車保険を解約してから13ヶ月を超えてしまうと、等級がリセットされることになります。これにより、それまでの悪い等級をリセットすること可能ではあるものの、1年以上は無保険状態となります(※補償は自賠責保険のみ)。

そもそも等級が低いということは、事故を起こしやすい人だと言えます。そのため、このような無保険状態で車を運転するの絶対にやめましょう。

新車や買い替えを行った際は、等級は引き継げます

新車を購入した場合や車を買い換えた場合、自動車保険の対象を新しい車に変更する、「車両入替」の手続きを必要があります。この「車両入替」の手続きを行わないと、新しい車は補償の対象外となってしまいます。

車両入替をするには、以下の条件を満たすことが必要です。

(1) 入替後の車両が、新たに取得された車両であること
(2) 入替前後の車両の用途車種が、入替可能な範囲の車両であること
(3) 入替後の車両所有者が次のいずれかの人物であること
・入替前の車両所有者
・入替前の記名被保険者
・入替前の記名被保険者の配偶者
・入替前の記名被保険者もしくは配偶者の同居親族

なお、「入替前後の車両の用途車種、入替可能な範囲の車両であること」については、一般に次の「自家用8車種」と呼ばれる用途車種であれば、車両入替は可能です。

  • 自家用普通自動車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪自動車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  • 特殊用途車種(キャンピングカー)

自動車保険の等級を引き継ぎする際、自動車保険の満期を過ぎてしまっても可能かどうか知りたい

前述のように、保険の始まる日(保険始期日)が、前の契約の満期日(または解約日)もしくは満期日(または解約日)の翌日から起算して「7日以内」であれば、等級の引き継ぎは可能です。

「7日」を超えてしまうと、等級を引き継ぐことができなくなり、割高の保険料を支払う結果となります。

せっかく積み上げてきた等級を無駄にしないため、自動車保険の満期日には注意をしましょう。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×