自動車保険の一括見積といえば

カービックタウン

20歳が自動車保険に安い保険料で加入する方法、等級引継ぎって?

20歳前後の若い方が自動車保険に加入を検討するときに一般的にどの保険会社でも保険料が高くなってしまいます。しかし、できることならば少しでも保険料を安くしたいですよね。そこで等級を引き継ぐことで保険料を安くしましょう。今回は20歳が等級を引き継ぐための方法をお伝えしていきます。

20歳の自動車保険はナゼ高い?

自動車保険の見積もりを取った時に保険料が高くなりがちなのが、新規で加入する未成年から20代です。
ナゼでしょうか?

保険会社は、交通事故について事細かに調べ上げ、それを元に保険料を算出しています。一般的に自動車免許を取得する人が多い20歳前後の事故率が、他の年齢よりも高い為に保険料が高く設定されています。

だからといって年齢を偽って加入する事は出来ませんよね。
そこで今回は、20歳が免許取得しクルマも購入、自動車保険に加入するといった時に、知っておきたい制度、『等級引継ぎ』について解説します。

尚、ご家族と同居されている20歳で、今後も自動車が一台・既に自動車保険もある場合には、その条件が変わった事について保険会社に届け出ることで、保険の対象とする事が出来ます。加入している保険会社に問い合わせをしてみましょう。

初めての自動車保険、20歳が知っておくべき事

初めて免許を取得した方や自動車を購入した方の為に安い保険料の自動車保険に加入するいくつかのポイントを押さえておきましょう。

自動車保険の考え方

自動車保険は大きく分けると、自分の『身体』『物』に対して、そして事故相手の『身体』『物』に対しての4つに分けられます。
・身体の補償
・事故によって負った怪我や後遺障害、死亡などの損害に対する補償
・物への補償
・事故で生じた自動車の故障や、建物の損壊などの損害を賠償する補償

20歳で保険料を安くしたい場合には、自分の『物』への補償を下げる事を検討しましょう。
例えば、自動車の事故で故障した際に修理費や買替費用が補償される車両保険です。
この車両保険は、保険料の内訳の中で占める割合も大きいので、適用される条件を車対車といって相手がいる場合に限るタイプにする事で保険料を抑える事ができます。
ただし、自分でローンを組んだ車で自損事故を起こしても、ローン支払いは続きます。金銭的に余裕がなくても、付けておくべき場合もあります。

自動車保険の等級制度

自動車保険には等級制度という保険料の割増や割引を行う制度があります。初めて自動車保険に加入する時は6等級からスタートします。一年間、自動車保険を使うような事がなければ等級が1つ上がって7等級になります。最高20等級まであり、等級が上がるほど割引も大きくなっていきます。

同じ等級であっても、前年に保険を使う事故を起こして14等級という場合と、13等級から無事故で14等級の場合は、保険料が違ってきます。

自動車保険へ20歳で安く加入できる『等級引継ぎ制度』

同居している両親などが既に自動車保険に加入している場合に、是非オススメしたい制度が、家族間の等級引継(等級継承)です。
20歳が新規で加入する場合よりも手順は多くなりますので、早めの手続きが必要となりますが、その分低廉な保険料で自動車保険に加入する事ができます。

20歳の太郎さんが免許を取得し新たに乗る車をA、同居している太郎父さんが乗っている車をBとすると、手続きは以下の通りです。

車Aの納車日に、車Bにかけている保険の対象を車Aに変更し、主に車Aに乗る太郎さんを記名被保険者と名義人にする。
車Bにかける保険は太郎父さんの名義で新しく加入する

太郎父さんのBという車にかける保険の年齢条件を絞る事ができれば、太郎さんがAという車の保険に新規で加入するよりも、保険料を抑えて加入する事が出来ます。

ここでポイントとなるのが、同居の家族が原則という点です。配偶者、同居の子供、同居の親族、配偶者と同居の親族に限られます。
のちのち一人暮らしをする場合などは、免許を取って自動車に乗り始める時に手続きをしなければなりません。早めに保険会社へ相談することが重要ですので、見積依頼や問い合わせの電話やメールは、早めに行いましょう。

考え方をシンプルに、逆算して選ぶ自動車保険とクルマ

色々な知識を得て迷ってしまった時には、逆算して自動車保険や車を選ぶ方法もあります。

逆算する時には、まず車の購入費と自動車保険料を支払うのは誰なのかを明確にします。次に、その人が支払える金額はいくらなのかを考えます。

車の購入はローンで自動車保険料も自分で、といった場合には、注意が必要です。
つい浮かれてしまう車の購入時に、必ず保険料や税金なども視野に入れておきましょう。

月々支払う事が出来る金額に限りがある場合には、購入する車をワンランク落としてローン支払い額を下げたり、保険料が安価な車種にするなどの対策も行う必要があります。

高額になりがちな20歳の間は、身の丈にあう車に乗る事も大切です。

ハタチの自動車保険選びで大切なポイント

20歳で自動車保険に加入する時は、その保険料に驚く事も少なくありません。
それでも、任意保険の加入率が高いのは、自賠責保険では補償に限りがある事が周知の事実だからです。

色々な保険会社での内容が分かる一括見積サービス

自動車保険は、保険会社によって保険料が変わってきます。一括見積サービスを利用すると、保険料だけでなく、その保険会社が何に力を入れているか知ることができます。
一括見積サービスを利用する際は、同じような名称の特約でも細かい違いなどがありますので、補償内容をよく見比べる事も必要です。

免許取得日や納車日の前から、手続きを始める

等級引継ぎなどで保険料を賢く節約し、自賠責保険とセットで任意保険に加入しましょう。
そして、等級引継ぎを行う場合には、新規加入時よりも手続きの手順が増えます。

保険会社によっては、手続きが遅れても補償してくれる、といった場合もありますが、ギリギリに手続きをしていると、思ったような手続きが出来ない場合もあります。
免許を取得した日や自動車の納車日から補償が始まるように早い段階からの一括見積などの資料請求、保険会社への問い合わせを行ってくださいね。

保険スクエアbang!

見積費用 保険会社数 見積依頼時間
0円 約20社 約3分

平均2万も安くなる

×